deaikeitaiken_novel

【出会い系ハメ撮り】新婚の爆乳若妻と今すぐ不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は飽きもせず出会い系コミュで綺麗な女性と出会いまくって、即ハメセックスに励んでいます(^_^)
 
さて、今回は秘密の出会いができるおすすめの出会系マッチングサイトのハピメで出会った小川彩佳似の新婚の爆乳若妻と福岡県柳川市で会ってsexフレンドにしてすぐオフパコ不倫中出しsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮影できましたのでリポートします。
 
※この記事には過激なセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会った女の子は主婦で、名前はヨウコちゃんといい、顔は小川彩佳似のすごく美人でした\(^o^)/
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセフレの若妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでのセックスレスの主婦の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
小川彩佳似の若妻とは、であいけいコミュのハッピーメール(happymail)で知り合ってラインでやり取りした後、西鉄柳川駅近辺のお洒落な個室居酒屋に飲みに行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってただまんセックスをしました。
 
僕と主婦が福岡県柳川市の西鉄柳川駅近辺のラブホの部屋に入った。「あの……。曜子さん……。僕、これ以上我慢できません。ただ曜子さんを見ているだけでは物足りない。美しい陽子ちゃんに……。エロ綺麗なヨウコさんに触れたいです!」 思い切って僕は人妻に求愛した。どう言葉にすれば判らないから直截な表現をあえてした。隠さず、自らの欲求を伝えることが、若妻を傷つけることなく、その欲求を鎮めてあげられる近道と考えたのだ。 途端に、セフレの人妻の若々しい美貌が朱に染まった。「うれしい……。それは、こんなようこのコスプレが、ゆうきくんにも愉しんでもらえたってこと……? 少しは魅力的と感じたから、こんなおばさんのカラダでも、エッチな気分になってもらえたのよね?」「おばさんなんてそんな……。曜子ちゃんは、若いです! それに、ええ。曜子ちゃんは、魅力的です。カワイイし、綺麗だし、すごくエロい! 俺、もうこんなになって、我慢できません!」 あえて僕は、自らのズボンのベルトを外し、パンツ一丁のだらしない恰好となった。痛々しいまでに膨れ上がらせたチ○チンを見せつけ、いかに自分が興奮しているか、セックスレスの奥さんをおんなとして見ている証しを晒したのだ。「ようこさん。誓います。俺は、ようこさんに寂しい思いをさせません。未熟者で、半人前の俺だけど、陽子さんをしあわせにするよう努力します。だから、どうかお願いです。俺、曜子ちゃんとエッチしたい! 若々しく魅力的なボディを味わわせてください!」 若気の至りといえばそれまで。直情に任せ、僕は熱烈で、直截な求愛を人妻に繰り返す。「ゆうきくん……。本気なの? 本当にようこなんかでいいの? そんな熱いセリフ、ようこは本気にしちゃうわよ……」「本気にしてくれていいです。俺、すっかりようこちゃんに魅せられました。曜子さんの美しさ、色っぽさに俺はすっかり骨抜きです!」 言いながら僕は少しずつ、スリムな奥さまに近寄ると、そっと手を伸ばし、清純な若妻の手を取った。 美しい指先が俺の掌をやわらかく握り返してくれる。若妻のやわらかく華奢な手指に触れただけで、俺の発情はいや増した。
 
「ようこちゃん……」 やさしくセックスレスの人妻の名を呼びながら、漆黒のオニキスのような瞳を覗き込む。ベールの中の黒目がちの瞳は、キラキラと潤み輝いている。 俺は、そっとベールを持ち上げ、主婦の花びらのような唇を求めた。 新婚の若妻の小顔がくいっと上に向けられ、キスを待ち受けくっきりとした二重瞼が閉じられていく。セフレの専業主婦の長い睫毛が、繊細に震えている。(これは誓いのキス。曜子ちゃんを俺の花嫁に変えさせる魔法のキス……) それは俺の妄想なのだろうか、ファンタジーなのだろうか。いずれにしても僕の興奮を高める思いには相違ない。 ベールに秘められていた人妻の唇は、ローズピンクに色づいていて、いかにも衣装に似合う瑞々しくも清楚な装い。 俺は息を詰め、ふっくらした唇に向かい、そっと重ね合わせた。 そのやわらかさ、ほっこり感たるやマシュマロにフレンチキスするよう。スリムな人妻は上唇に比し、下唇がその倍ほどもあるせいか、受け口気味にやさしく俺を受け止めてくれる。 ちゅちゅっと二度三度と啄んでは、すぐにその感触が恋しくなり、また美人妻の唇を求めてしまう。しかも、二度目より強く、三度目より激しく、俺の激情を揺さぶる唇の感触。セフレの主婦の小さな鼻翼が空気を求めて膨らむのも愛らしい。「むふん、うふぅ……。ゆうきくん……んふぅ……」 情念のままキスを重ねる。ただ触れるだけでは飽き足らず、舌を伸ばし、セフレの奥様の清楚な唇を破っては、唇の裏側や白い歯列を舐め啜り、ついには巨乳の若妻の朱舌と交わる。 ねっとりと絡めあわせてから、今度は喉奥にまで舌を挿し込み、主婦の口腔粘膜を隅々まで味わいつくす。 ねっとりしたディープキスに、セックスフレンドの主婦はさらに上気していく。「むふぅっ! んんっ……。ほふぅ、ほおぉぉっ……」 セックスレスの若妻の息遣いが荒くなるのは、口腔を蹂躙されているからばかりではない。僕の掌が、そのスレンダーな背筋をやさしく這い回りはじめたからだ。 三十路の専業主婦の美麗な女体を愛し尽くす挨拶代わりに、フェザータッチを彷徨わせる。30代の主婦の雪花美肌は、薄いレース地越しにもなめらかに僕の手指を滑らせる。 アラサーの人妻の常に清流に洗われているような瑞々しい肌。抜けるように白く、純白ベールをさらにもう一枚纏っているかのようだ。しかも、美人妻の肌は透明感に富み、艶めかしくも絖光りして、触り心地ばかりでなくビジュアル的にも俺を愉しませてくれる。「んんっ……。ぬふんっ! ふむん、むむふぅ……。んっ! んんんっ、んふううぅぅぅ……」 手指愛撫に、時折、人妻の女体がヒクつく。そこに性感帯があることを艶めかしい反応で知らせてくれるのだ。 そこをもっと触ってと訴えるようなアラサーの人妻の身悶えに、僕は緩急をつけ焦らす。すぐには触れてやらず、たっぷりと他をあやしてから、思い出したようにまた手指を彷徨わせる。すると、主婦の女体は待ちわびていたことを隠しきれず、先ほどよりももっとあからさまな反応を見せてくれるのだ。「あっ、ああぁ……。ゆうきくん、上手ぅ……。あはぁ、それにとっても情熱的なフレンチキス……。あぁん、忘れていたわ。男の人に触られることが、こんなにしあわせなこと……。あん、あっ……。ごめんね、ゆうきくん。久しぶりだから、声も抑えられない」 アラサーの専業主婦は恥じらいつつも扇情的に艶声を漏らす。早くも表情を蕩けさせている。巨乳の主婦の清楚な美貌が官能に染まると、とてつもなく淫らで猥褻になる。(以前出会い系アプリのハピメで出会ったセフレもそうだったけど、ようこさんもそうだ。整った美貌が歪むと、こんなにどエロくなるんだ……) 猛烈な興奮に苛まれながらも、頭の片隅に覚めた部分を残す術を出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレとの関係で学んできた。お陰で、美形の美人妻が相手でも、かろうじて溺れずにいられる。 かわゆい主婦の反応を観察しながら女体をあやしている俺は、頃合いとばかりに可愛い奥さんのカラダの側面に手指を這わせた。 途端に、ぴくんと若妻の女体が揺れる。腋下に向かい手を這わせていくと、さらにビク、ビクンと悩ましく若妻の肩が痙攣した。 見つけた性感帯の穴場をさらに刺激すると、欲情の焔が爆乳の奥さまの双眸から迸る。熱せられたフェロモンが清楚な若妻のの肢体から揮発して、ラブホの部屋に淫靡な薫香を充満させていく。「んんっ、あっ、あぁん……。そんなところくすぐったいばかりだったのに、こんなに感じてしまうなんて……」 身悶えるセックスレスの奥さまに、俺はたまらずにその唇を白い首筋に這わせた。「んふぅ……。あはぁ……。ようこ、どこも敏感になっている。ふしだらね。こんなにはしたない姿、見られたくないのに……っく……。あさましく肌を火照らせて、発情している……あぁ、あなたごめんなさい。本当のヨウコはこんなにふしだらなのです」 主婦は夫に詫びながら乱れゆく1。最早、立っているのさえ辛そうな様子に、僕は傍らに置かれていた椅子へと手を伸ばし、そっと爆乳の奥さまを座らせた。 欲求不満な若妻の媚尻がそこに収まったのを確認すると、僕は身をかがめさせ、主婦のつやつやと滑り輝く肩口から腕にかけて、ゆっくりと撫で回していく。再びその唇を首筋に吸い付けると、アラサーの主婦の透明感あふれる美肌を舌で嘗め回した。「ものすごくなめらかな肌……。シルクよりもすべすべで、こんなに艶々して……。たっぷりとクリームを塗りつけたみたい……。それに、あぁ、甘い……」 感極まりながら、爆乳の奥さまの透明度の高い美肌に手指を這わせる。俺が触れるたび、ぴくんと震える爆乳の若妻の体反応が、さらにあからさまになっていく。美人妻の カラダの側面から徐々に手指を中心へと移し、首筋に吸いつけた唇も、ゆっくりと鎖骨、そして胸元へ。
 
「くふっ……んっ、んふん……あっ、あぁ……っ!」 スレンダーな若妻は小鼻を愛らしく膨らませ、鼻にかかった甘い吐息が漏れる。セフレの奥さまの小顔が左右に振られるたび、白いベールとセミロングの黒髪が馥郁たる薫香をたなびかせ妖しく揺れた。 美人妻の雪白の美肌とその甘い香りを愉しみながら、あえて手指は魅惑の爆乳の胸をスルーして、男好きのする肉付きのお腹のあたりを這い進む。「ああ、ゆうきくん、焦らしちゃいや……。ずっと我慢してきたようこをこれ以上……。切ないおっぱいにもしてください……」 視線を逸らしながらも小川彩佳激似の人妻が訴えてくる。それも無理はない。その胸元に目をやると白いレース地の下、乳頭が純ピンクに恥じらいながらも、筒状に頭を持ち上げしこらせているのだ。「判りました。じゃあ、陽子さんのおっぱいに触りますね」 こくりと頤は頷くが、人妻の美貌は羞恥から背けられている。 その羞じらうさまは初々しくも少女のようなのに、奥様の女体は熟れた反応を見せるのだからそそられる。 もちろん俺にとって、sexフレンドの人妻を悦ばせることは至福の瞬間であり本意だ。「それじゃあ、ヨウコちゃんのおっぱいに触らせてもらいますね」 言いながらそっと嫋やかな双の巨乳の胸の外側に手指を添わせる。「ああ、恥ずかしいわ……。こんなおばさんの爆乳の乳房、ゆうきくんがっかりしないでね」 アラサーの主婦は触ってと懇願しておきながら、奥ゆかしい言葉を口にする。俺は、そんなことはないと首を左右に振りながらレース越しの新婚の奥さまの巨乳のオッパイに意識を集中させた。 スレンダーに見えても、セフレの人妻の女体はおんなとしての成熟に満ちている。中でも爆乳のオッパイは、その成熟がどこよりも進んでいる。 大きさだけで言えば、これまで出会い系アプリのハピメで出会ったセフレには敵わない。けれど、かえってそれゆえに均整がとれ、ひどく美しい。それも、きれいなまん丸のフォルムを描いている。 小川彩佳激似の奥さまのレース地の薄布コスチュームは、ブラジャーのようには、爆乳のバストを支えない。にもかかわらず、巨乳のバストは垂れることも流れ出ることもないのだ。それでいて、いざセフレの人妻は爆乳のオッパイに手指を添えてみると、生硬い印象はなく、むしろ俺の手指をどこまでも受け入れてくれるやわらかさに満ちている。全てはハリのある爆乳の若妻の艶肌のなせる業であり、奇跡のような爆乳の胸なのだ。「ああ、曜子さんのおっぱい……。なんて悩ましいのでしょう。上品で美しくて、なによりものすごくエロい!」 レースの中に秘された奥さんの爆乳のオッパイを、目を皿のようにして透かし見る。 清純派と呼べる人妻の甘い貌立ちにふさわしい清楚で上品な巨乳のおっぱい。三十路に入ってなお、瑞々しさを感じさせる官能の果実だ。 奥さまの肌は白く、静脈を透けさせている。それもただの白さではなく、艶めいた白さ。「あぁん。恥ずかしい感想はいいから……。ゆうきくんの好きに弄んで……」 若妻の官能味溢れる唇から熱に浮かされたようなセリフが零れた。俺の視線に灼かれ、セフレの奥様の乳肌がぼうっとピンクに煙っている。 清純な人妻が女体を捩るたび、爆乳のおっぱいが悩殺的に揺れる。その頂点で純ピンクにほのめく乳頭が、右に左にふるふると首を振った。「こんなに美しいおっぱいを弄んでいいだなんて……。僕は果報者です」 若妻を褒めそやしながら、なおも爆乳のおっぱいの外周を大きく開いた掌でそっと擦る。巨乳の奥様の女体はぴくんと蠢くも、抗う様子は見られない。 レース越しの触り心地であっても、感動のあまり肌が粟立ってしまう。若妻のしっとりと湿ったような乳肌は、舌を巻くほどやわらかく、それでいて弾力性もたっぷり。 すぐにでも、主婦の巨乳のオッパイに激情の全てをぶつけたい欲求に晒されたが、俺は、なけなしの理性を総動員して自制した。滑らかな肌触りとその温もりを堪能することだけに集中し、再び奇麗な人妻の爆乳のオッパイの中に手指を埋めようとはしなかった。「やっぱりヨウコのおっぱいでは、気に入ってもらえないの? ゆうきくんのような男の子には、物足りないのね……」「そんなことありません。陽子さんのおっぱいは、逆に俺なんかにはもったいないくらいです。適度な大きさ、美しい色つや、ふるんふるんのやわらかさ、揉み応えのある弾力。どれをとっても最高です!」「じゃあ、どうして……。あんっ、な、何かしら? おっぱいがじんわり温かくなってきたわ……。ゆうきくんの掌の熱が伝わって、胸元がジーンって、火照ってきちゃうう……」 若妻の女体全体が熱を帯びるのをじっくりと待っていたのだ。 それも以前出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレが教えてくれたやり方だった。「ああ、うそっ……まるでおっぱいに埋め火をされたよう……。いやだわ。おっぱいの火照りが全身に広がっていく……」 空調の効いたラブホだからこそ奥さまの巨乳の胸は芯まで冷やされている。それが感じるためには妨げになるらしい。 セックスレスの奥様は発情してはいても爆乳のオッパイだけは温まり難く、それ故に感度を下げてしまう。だからこそ、俺は焦らずにセフレの主婦のの爆乳のおっぱいを掌で温めていたのだ。 清楚な奥さまの汗が乳肌をじっとりと濡らし、つーっと谷間に流れていく。 スタイルのいい奥さんの清楚な美貌も、ますます紅潮を強め、官能味溢れる唇は、息苦しそうにわなないて熱い吐息を漏らしていた。「ああ、切なくなる……お願い、ゆうきくん、ヨウコのおっぱいを揉んでぇ」 sexフレンドの美人妻はじっとりと濡れた瞳でも「お願いだから」と訴えかけてくる。
 
 頷いた僕は、小川彩佳激似の専業主婦の巨乳のオッパイから掌の位置をずらし、中腹のあたりに添えた。そしてお待ちかねのように、ゆっくりと開いては閉じの運動を加えていく。「ああ、すごい弾力っ! ぷにょんとした手触りで、掌にまとわりつきます」 感極まったような声が染みるのか、セフレの奥様の女体がぶるぶるっと震えた。 セフレの奥さまは下半身をはしたなくもじもじさせ、その太ももで甘く熟れた果肉をぐじゅぐじゅと擦りつけている。「うふぅっ……い、いいわっ……気持ちいいっ……この感覚久しぶり、ゆうきくんっ!」 丸い稜線にあてがった手指を連続してセックスフレンドの若妻の巨乳のオッパイに食い込ませる。その圧迫は、俺の昂りと比例し、爆乳のオッパイを隔てて親指の先と薬指の先がくっつくほど強く潰した。「はうううっ……あ、あはぁ……あうん……うぅっ、うああぁ、あぁん……」 行き場を失った爆乳のおっぱいが、容のよいフォルムをぱんぱんに張りつめさせる。爆乳の人妻のハリに満ちた爆乳のおっぱいには、俺がまともにその劣情をぶつけても、受け止めてくれる安心感がある。 事実、強すぎる圧迫に痛みもあるはずだが、30代の専業主婦は巨乳のバストをぐいっと突き出すようにして、それを上回る快い電流に身を任せている。「すごいっ……すべすべして、ふわふわで……揉み心地抜群! こんなに興奮するおっぱい、いつまでも揉んでいたいですっ!!」 アラサーの奥さまの巨乳のおっぱいを揉み潰すたび、物欲しげに膨らんだ乳頭が、「ここも触って」と主張して左右に首を振る。「極上のおっぱい素敵です。そそられまくりです。それにしてもヨウコちゃんって、こんなにすけべだったのですね」「ああん、いや~ん。すけべなんて言わないで」「だって本当のことです。いやらしく反応して。ほら、乳首だって、こんなにコリコリに尖らせて……。でも、いやらしいけど綺麗です!」 僕を誘うスタイルのいい奥さまの双の純ピンクの乳頭を、レース地ごと親指と人差し指に挟み、外側にねじるようにくりくりっと捻る。「ふひっ! ああぁ……ち……くびぃっ……そ、そんなにしないでぇ……くりくりするのいやぁん……!」「触ってって、おねだりしたのヨウコちゃんですよ。注文が多いなあ……。じゃあ、吸っちゃいますね!」 唇をタコのように窄め、三十路の主婦の爆乳の胸をちゅうちゅうと吸いつけた。「あん、そんな、いやああっ、そ、そんなに吸わないでぇ」 唇の及ばない方の乳頭には、なおも指先で甘くすり潰している。 べろん、れろん、べろべろべろ、びちびちびちゅーっと、わざと卑猥な音を立てさせ、舌先を高速に動かしては乳頭をなぎ倒す。 奥さんの純ピンクの乳首が、濡れ光り妖しくもねっとりと輝く。巨乳の主婦の清楚な小さめの乳暈が、官能の刺激に一段小高くなった気がする。欲求不満な奥さんの乳頭もさらにしこりを帯びて、小指の先ほどであった大きさが、今や人差し指の先ほどにまで肥大している。「あん、ああん、うふん……うふうう……あはぁ、はああ~~……っ」 セフレの奥さんの悩ましい喘ぎが、そのオクターブをさらに上げ、より淫らさを帯びるにつれ、セフレの若妻の身悶えも、より奔放なものへと変化していく。人妻はスレンダーな女体を右に左に捩りながら、くの時に折ったり前のめりに倒れてきたりと激しく乱れるのだ。「ぁあん。感じちゃう。おっぱい凄いのぉ……。ねえ、ゆうきくん……もっと、もっと弄って、ヨウコのおっぱいめちゃくちゃにして……」 舌先に涎を溜め、ぬるりぬるりと主婦の乳頭を口腔内で躍らせる。舌先に引っ掛かる布地の感触と甘い乳首の味わいに、さらに勢いをつけていく。 乳頭を強く吸い付けながら歯先で甘がみしてやると、人妻は背筋をぐんと椅子の背もたれに反らせた。 乳肌が見事な桜色に染まっている。僕が与える刺激に若妻は巨乳のおっぱいを張りつめさせ、全身を性色に染めて、その悦びを伝えてくれるのだ。「あ、あぁん、背筋にぞくぞくってエッチな電気が走るの……。ひぅっ! あはぁ、気持ちいいっ。ああん、おっぱい感じすぎちゃうぅ……っ!」「ヨウコさんって、物凄く色っぽく啼くのですね」「ば、ばかあぁっ……嫌なゆうきくん……おばさんをからかわないで」「また、おばさんだなんて。そんなことありませんよ。曜子ちゃんは、最高にセクシーで、美しくって、間違えてもアラサーに見えません」「あん、うれしいことを言ってくれるのね……。ゆうきくんの褒め言葉が快感に変わっちゃう。オマンコが疼くの……」 その言葉通り僕が褒めるたび、美人の人妻の美貌が冴えていく。女性ホルモンが多量に分泌され、肉体が活性化されるのだろうか。わずかの間に、さらにおんな振りを極めるような専業主婦に、僕は目を奪われ通しだ。 しかも、セフレの奥さんはその美を咲き誇らせるばかりではなく、妖しい官能味までをも深めていく。sexフレンドの若妻はジンジンと子宮を疼かせ、椅子に座ったまま太ももを擦りあわせる。爆乳の専業主婦はひと時もじっとせずに、艶めかしくその発情を露わにするのだからエロフェロモンが振りまかれて当然だ。「それにしても、陽子さんって感じやすいのですね。いやらしいくらいカラダをビクンビクンさせて」「感じやすくなったのは、最近になってからなの……。太ももの内側辺りに小さな虫がいつもムズムズと這いまわるようで……。女盛りってようこには残酷なものだったわ……。でも、いまはゆうきくんに慰めてもらえているから……」 セフレの若妻はいよいよ漆黒の相貌を潤ませ、うっとりと教えてくれる。(陽子さんが、色っぽくなるのも、三十路のせいか……。でも、ヨウコちゃんは、それが俺によるものと勘違いしているのだな……)
 
 清楚な若妻はそう勘違いしているからこそ己が肉体の疼きを恥じらい、貞淑であろうと歯を食いしばってきたのだろう。それが突如、解放されてしまったから、ふしだらに乱れてしまうのだ。「ゆうきくんが上手なせいもあるかな……。ゆうきくんにしてもらうの本当に、気持ちいいの……。触られるのって、こんなに気持ちがよかったかしらって思うほどよ」「うれしいです。じゃあ、今度はこんなのどうです?」 力任せに俺は欲求不満な主婦の爆乳のおっぱいを揉みしだき、乳首を掌底に擦りつける。多少、激しくしてもここまで敏感になったアラサーの若妻の乳肌であれば、十分快感を得られるものと踏んでの所業だ。「うわ、やっぱり! ヨウコちゃんのおっぱい弾力があるから、揉んでいるだけで気持ちいいです!」 涎でねとねとになった奇麗な人妻の乳首が掌底をくすぐる感触。むにゅんと潰れては反発する心地よさ。掌に擦れる滑らかな乳肌の擦れ心地。可愛い主婦のの極上巨乳のオッパイは、たまらなく俺の手指性感を刺激してくる。「あ、ああん、激しいっ……だめよ、そんないやらしく揉まないで……」「だって、もっと弄んでって、ヨウコさんは言いましたよ」 文字通り乳繰る僕。掌の中で揺れ動くセフレの若妻の爆乳のオッパイを、くにゅん、ぐにゅんと揉みしだいては、他に例えようのない唯一無二の感触を愉しみ尽くす。「はぁあん……両方ぅぅ……ああん、おっぱい溶けちゃうぅ!」「本当に、この滑らかさは溶けちゃいそうですね。でも、溶けちゃう前に僕が食べちゃいます」 大きく口を開けた僕が、またしても人妻の乳首を口に含み、いやらしい舌使いで転がす。「あ、あはぁ……また乳首、そんなに舐めるの……? あ、ああぁ、はあぁぁん!」 セフレの奥さまの爆乳のオッパイの片方を舐め啜っては、もう一方に唇を飛ばし、ちゅっぱちゅっぱと吸い付ける。 鷲つかみにした爆乳のおっぱいを荒々しく揉む眺めは男心をくすぐる。こうしてずっと、sexフレンドの奥さまの爆乳のバストを弄んでいたいのはやまやまだが、やるせないまでにちんちんが疼き訴える。もちろんそれは、セックスレスの人妻のオ○ンコに埋めたい衝動からだ。「ねえっ……もう、だめ、ゆうきくん、もう奥さん我慢できない。お願い。ゆうきくんのチ○コ、曜子のオマ○コに挿入れてぇ!」 セックスレスの若妻のおねだりが俺の欲求とシンクロした。二重瞼を閉じ、快感に身を委ねていた清純な主婦だから僕に忖度したわけではない。 淫らな肉欲に負け、はしたなくも可愛らしく僕を求めてくれるのだ。 本来であれば、欲求不満な奥様のオマンコやクリちゃんも愛撫して、挿入前に一度若妻を絶頂に導きたいと思っていた。以前出会い系サイトのハピメで出会ったセフレに手取り足取り教えてもらったことを披露すれば、それも可能と踏んでいたが、あまりにも清楚な若妻が魅力的すぎて俺もその余裕を失っている。「俺からもお願いします。陽子ちゃんに挿入れたい! 美しいようこさんが欲しいです!」 盛んにさんざめくオチ○チンの疼きに負け、素直に僕はセックスレスの人妻に求愛した。「ちょうだいっ! ヨウコのここに、ゆうきくんのちんちんを……」 俺の求愛に、美貌をさらに赤く染め専業主婦が応えてくれた。 しかも、そうすることが当然とばかりに、若妻は力の入らない膝を叱りつけるようにしてノロノロと立ち上がると、椅子をクルリと反転させ、その背もたれに両腕を置き、今にも裂けそうなほど柔肉が詰め込まれた媚尻をこちらに向けて突き出してくるのだ。「お願い。来てっ! ゆうきくん、お願いっ!」 三十路の主婦の腰高の美臀をくねくねと揺すらせた甘い誘い。どんな男もたちどころに悩乱させてしまう若妻の女豹のポーズ。それに似つかわしくないほどの清楚な純白レースに身を包み、奥様はプライドもかなぐり捨て、ただひたすら一匹の女として若男を誑かすのだ。「曜子ちゃん……!」 本来の30代の主婦は、男に奉仕することに歓びを感じるタイプのおんな。 男の顔が見えず、ただおまんこに抜き挿しされる後背位は、下手をするとおんなに自分が精子を注がれるだけの、排泄器となった屈辱感すらもたらしかねない。 にもかかわらず、セフレの主婦はこうして自らバックを選択するのは、男に女を飼い慣らす歓びを与えたいと願うからだろう。小川彩佳激似の若妻が淫らなまでに男を挑発するのも、きっと相手を悦ばせる術として身に着けたもの。でなければ、いくら清楚な主婦が発情に女体を疼かせているからといって、奥ゆかしいまでに恥ずかしがりやの若妻が、ここまであからさまに誘うはずがない。 そうと判っていても俺は、新婚の主婦の悩ましい腰つきの引力には勝てない。 下半身に残されていたパンツを脱ぎ捨てると、ふらふらと若妻の細腰に近づいた。「ああ、ゆうきくん……。ここに……専業主婦のおめこに……」 背後に僕の気配を感じ取った清楚な若妻が、さらに自らの下腹部に片手を運び、ぱっくりと開いた白いショーツのクロッチ部をさらに寛げた。
 
 露わとなったのは、セックスレスの専業主婦のあまりに美しいオマンコ。全長五センチほどの紅い縦割れ。それがまるで唇のように、ひくひくと喘いでいるのだ。人妻のマンコの内部には、さらにいやらしい肉襞が、幾重にも折り重なって、水中にゆったりと漂うように蠢いている。 セフレの美人妻は人一倍肌が白いせいもあり、熟しきったざくろのような赤みが、いっそう鮮やかに際立つ。立ち昇らせているのは、生々しさを増した濃厚な専業主婦にフェロモン。止めようもなく発散してしまう淫らな香りは、罪深く若男を誘惑する。 まさしく淫靡としか言いようのないまんこなのに、セフレの若妻に上品であり楚々とした印象すら抱くのは、縦裂を飾るおまんこがあまりにも儚く、美しいシンメトリーを成してしるからか。「あぁ、そんなに……熱い視線で灼かれると、おまんこが疼いちゃう……」 若妻は元モデルであるだけに視線には敏感なのだろう。俺の背後からの視姦さえも、セフレの主婦はそれと察し、膣口をヒクヒクと蠢かせている。「うああぁっ。曜子さんのお○んこエロイ! 視線を感じてヒクついている。僕のチンコを待ちわびているのですね!」 扇情的な眺めに居ても立ってもいられなくなり、爆乳の主婦の豊かに発達した尻朶に片手を置き、もう片方の手を脈動する己がち○ちんに添えて、レース地のぱっくり割れた中心に先端を当てた。「ああ、来てっ……!」 ビクンと震える専業主婦の細腰。パクパクと開け閉めするおめこが切なげに囁く。「おおぉ……。き、気持ちいいですっ! オマンコがそよいでチンコにキスします……。ようこちゃんは、こんなにいやらしいマ○コの持ち主なのですね」 僕はうっとりした表情で、分泌液にぬめるおまんこにあて擦りを繰り返す。 事ここに至り、焦らすつもりなど毛頭ないが、先走りの汁に潤った亀頭部でも、さらにマン汁をまぶさなくては円滑な挿入は望めないと踏んだのだ。そう思うほど専業主婦のマンコは楚々としている。「ううっ……恥ずかしいわ……。ゆうきくんが欲しくって……勝手に、ほうううっ」 言葉の途中でも、ずりずりとオチン○ンを擦りつける俺に、主婦がビクンと女体を痙攣させる。 十分に発情している奥さまだからオマンコもひどく敏感だ。「挿入れますね。陽子さん」 了承を与える以前に清純な人妻は、熟れたヒップをわななかせている。擦りつけだけで達するかのような勢いだ。 奥さんはそれほどまでに昂ぶり、たまらなくなっているのだろう。 久しぶりの男とのセックスに、小川彩佳激似の人妻は眠らせていた女性が根底から揺さぶられ、おんなを疼かせているのだ。「あぁ、来て……っ!」 俺はセフレの主婦の躍る艶尻を両手で鷲つかみ、痛いくらいに勃起したチンポを充血したオ○ンコに突き立てた。けれど、小川彩佳激似の奥様のオマンコのぬかるんだ粘膜表面を擦っただけで上手く挿入らなかった。 懸念した通り、爆乳の人妻のまんこの入口は相当に狭い上に、しばらく使われていなかったこともあり処女の如く拒絶されたのだ。「やぁん、まだ曜子を焦らすの? お願いよっ。ゆうきくん……!」 焦らされたと勘違いする若妻に、それは誤解と俺は頭を振った。「ち、違います。焦らすつもりは……。ようこちゃんのオマ○コの入口が小さすぎるから……」「あん、大丈夫よ。ゆうきくんが思っているよりずっと、おんなは柔軟なのだから……。ほら、ここに思い切って突き立てて……。焦らずに、ゆっくりと挿入すれば、ちゃんと……」 後ろ手に回された欲求不満な主婦の細指がおちんちんに添えられる。清純な若妻の繊細な手指が、正しい角度に導いてくれた。「そう。そのままゆっくりと……あ、ああっ……」 俺は小川彩佳似の主婦の細腰をしっかりと両手に挟み、自らの腰を押し出すようにして鈴口をピンクのまんこに突き立てた。 ぬぷんっと卑猥な水音がするや否や、「ああぁ、あああ~~っ!!」と、かくも甘く、かくも艶やかな啼き声が、清楚な若妻の喉奥から搾られた。「んくっ……ゆうきくんが……ようこのなかに挿入って……くるっ!」 膨れあがった竿先を、一ミリ一ミリマンコに漬け込んでいく。sexフレンドの美人妻のまんこがパツパツに拡がり、くぷんと亀頭エラを呑みこむと、そのままズルズルッと膣洞の天井を擦りつけながら奥へとめり込ませた。 30代の奥さまのおまんこの複雑なうねりが適度にザラついて、やわらかくペ〇スを扱いてくる。 太すぎるオチン○ンにも専業主婦のまんこは、その柔軟さと欲求不満な人妻らしいこなれ具合で、俺のち○ぽを呑み込んでいく。(狭いかも……。あぁ、チンポが締め付けられる……!) 後背位の生々しいビジュアルを愉しみながら僕は、その猛々しいちんこを清楚な主婦のマンコに慎重に埋めていく。でないと、すぐに射精させられてしまいそうなのだ。 清楚な専業主婦のおまんこは、甘味を感じるほどぬるっと滑らかなオマンコで、ねっとりおまんこが吸い付いてくる。 入り口ばかりでなく、その膣中も雅より狭隘に感じられる。ゼリーを塗ったチンチンを切っ先で掘り起こすようにして進める感覚。それでいてセックスレスの主婦のおま○こは思いのほか肉厚で、俺のチ○チンを伸縮自在に包み込んでくる。
 
しかも、セックスレスの主婦のお腹側の膣肉は、紙やすりのようにザラついていて、後背位の体位ではしこたま裏筋を削られる。「いいです! ヨウコさんのオマンコ、超気持ちいいっ! ペニスが蕩け落ちそう!」 おべっかなど微塵も必要ないほど具合のいいカズノコ天井。俺が誉めると、爆乳の主婦は羞恥と歓びがない交ぜとなり、入り口を巾着のようにキュッと締めながら亀頭部とちんこに強い圧迫を加えてくる。さらにはセフレの人妻はオマンコがうねるように絶妙な蠢動をはじめる。「ぐおおぉっ! な、何これ? うわああああっ!」 俵締めと呼ばれる名器に俺は目を白黒させて慌てふためいた。 少しでも気を抜けば早打ちしてしまいそうだ。その癖、腰の突き入れを止めることができない。押し寄せる射精衝動を奥歯でかみ殺し、チ○チンを全て呑み込ませることに集中した。「ほうぅぅっ! あっ、あはぁ……。わ、判っちゃうっ! お腹の中にゆうきくんのオチ○チンが挿入ってくるの……ずるずるって、陽子の奥まで……」 奥様の方も挿入愉悦は、相当なものであるらしく、ぐいっと背筋を仰け反らせ、ぶるんと美乳を震わせている。「ううっ……お、大きいっ、ああ、奥まで拓かれちゃう……。曜子のオマンコ、ゆうきくんのおちん○んに開拓されてしまうぅ……っ! あの人ですら、こんなに奥まで挿入ってきたことないのにぃ……」 未開の地まで貫こうとする僕に、三十路の人妻はうろたえる。椅子の背もたれに手をついた立ちバックの女体が、逃げるように腰を引く。しかし、僕がしっかりと小川彩佳激似の若妻の細腰を両手でつかんでいるため逃れようがない。「ああ、ウソっ。まだ挿入ってくるの……。あっ、あぁ~~っ!」 ゆっくりとした挿入は、俺にオチンチンでまんこを切り開く様子を想像させる。押し開かれていく小川彩佳激似の奥さんには、もっと強い衝撃だろう。ちんこを奥へ奥へと受け入れながらも、ふるふると媚臀が震えている。大きな質量に驚いたのか、専業主婦のオマ○コのさんざめきがさらに大きくなる。 ぢゅちゅるるるっ、ずりゅっ、ずずずずずっ──と、引き攣れるような挿音に煽られながら付け根までちん○んを埋め込んだ。腰部が主婦のふっくらした尻朶にぶつかると、くんと押し込むようにして奥を捏ねた。 あわや陰嚢まで呑み込ませる勢いに、背筋がざわざわと粟立つ。奥さんに嵌入した実感が、凄まじい歓びに変換されていく。「あっ、あっ、ああああああぁ~~っ!」 主婦の嬌声が、切なくラブホに響き渡る。 まさしく新婦を犯しているかのようなビジュアルが、さらに僕を興奮させた。清純な若妻の純ピンクのおまんこを赤黒い魁偉で押し開き、ち○この全てを呑み込ませているのだ。「はううううううううううっ!」 椅子の背を握りしめる美人妻の両腕がぶるぶると震え、左右に張り出した媚尻を生贄として捧げる。セフレの人妻はベール生地に包まれた背筋を美しく撓ませている。「ああん、すごいっ……ダメよっ……おめこ、切な過ぎるわっ!」 奥の奥まで貫かれる被虐に、人妻は膝から下をジーンと甘く痺れさせ、腰が抜ける寸前なようだ。 わななくおまんこは、挿入しただけでアクメが兆していると訴えている。「……んふぅ、ふぅ、ふぅ……あはぁ……」 sexフレンドの奥さんは重々しく吐息を漏らしては、ぐぐっと頤を天に突き出している。セックスフレンドの人妻の愛らしいお尻の孔がきゅんと窄まっては、ひくひくと蠢いた。「か、硬いわ……。硬くて熱い……ッ! かわいい主婦の奥で、ビクンビクンしてる……。ねえ、熱すぎて奥が切ないわ!」 我慢できなくなった清楚な専業主婦がくなくなと腰を揺すらせオチ○チンを追い出そうとする。チ○コに居座られる膨満感にセックスレスの人妻はオマンコをヒクつかせ、充溢を悦ぶ肉襞をうねるように収縮させている。「うお、おあ、いいっ! そんなに腰を揺すられると、もうだめです! 俺も動かしたくなります!」 泣き出したいくらいの愉悦を、再び奥歯をかみ縛り、懸命にやり過ごした。「ああん、だって奥が切ないの……。ゆうきくんの熱いチ○ポをおま○こに覚え込まされているみたい」「僕も、まじでヤバいです。曜子ちゃんのまんこにおちんちんを吸われているみたいで、気持よすぎです!」 具合のよさを褒められたのが嬉しかったのか、はしたなく出会い系アプリのハピメで出会ったセフレのチンチンを咥え込む自分を恥じらったのか、若妻のま○こがきゅうんと窄まった。喰い締めるような締め付けが、盛んに勃起ちん○んの崩壊を促している。「う、動かしてもいいですか? 僕のチ○ポで、ようこさんを狂わせたいです!」 切なく求愛しながら前かがみになって、スケスケのベールに覆われた背筋に抱きつくようにして爆乳のオッパイを捕まえる。若妻の豊かな髪に鼻先を埋めながら硬く勃った乳首を指先に捉え甘く擦り潰す。途端に、きゅぅうんとまんこが締まった。 切なげな表情でこちらを振り向く美人妻の朱唇を俺は即座に奪う。「ふむう、あふう、むむんっ」
 
 爆乳の奥さまのぽってりした唇を思う存分舐めすする。「あんっ、激しいキッス……ふむぉうぅっ……そんなふうに求められるの嬉しい」 荒く鼻で息を継いでから、さらに主婦の朱唇を貪る。差し出された薄い舌に舌腹をべったりとつけ舌と舌を絡ませる。「ふおん、はあああっ、ふむむむっ」 美人妻の弾力に満ちた巨乳のオッパイをたっぷりと揉みしだきながら激しいベロチューを愉しむ。息苦しくも甘い愉悦。時間までがねっとりと流れていくよう。「オ○ンコジンジンしちゃう……。おっぱいを弄ばれながら、おま○この隅々までゆうきくんのチ○ポの容に作り替えられているみたい……。もう忘れられなくなりそう……。ああ、もうダメッ。ねえ、動いて、動いてくれないと切ない……!」 すっかりチ○ポに馴染む姿からは、若妻の寂しげな雰囲気は消え、ひたすら発情したおんなの性を発散させている。「動かしますよ……。でも、僕、動かしたらすぐに……」 切羽詰まった物言いに、すぐにセフレの専業主婦が察してくれた。「いいの。ヨウコも動かされたらすぐにイッてしまいそう。だから、ねえ、お願い、ようこのはしたないオマンコに中出しして……」 やるせなさそうに、またしても清楚な奥さんが媚尻をモジモジと蠢かせる。ペ〇スの中、巻き添えを食ったおちん○んが射精衝動をやるせなく訴えた。 たまらず俺は腰を引いた。 ずるずるずるっと返しの効いたち○ちんが、小川彩佳激似の主婦のマンコをかき毟りながらギリギリまで引きだされる。「はううううっ……。ダメぇッ! そ、そんな急にぃ……。あううぅぅっ、あ、あぁ、ゆうきくん!」 艶っぽく名を呼ばれる悦びを味わいながら一転、退いたチ○コを素早く押し戻す。「あっ、ああん! ダメぇぇぇ~~っ! ひうっ、イ、イクっ……。ああ、イクぅううう~~っ!」 淫らな女と化した欲求不満な若妻が、汗まみれの女体をのたうたせ、オチ○チンをキリキリと締めつけてくる。 爆乳の奥さまのアクメ痙攣が収まるのを待ちきれず、再びぢゅぶちゅるるっと腰を引いた。「きゃうぅ~~っ! ダメよ、ダメ、ダメっ! イ、イッてるの……。イッてるのに動かされたら……曜子……おほおぉ~っ……おかしくなるぅ……!」 新婚の主婦はイキ涙にむせびながら淫靡に絶頂を極めまくる。よりうねりと締め付けがきつくなった女体に、俺はなおも律動をくれる。 入り口付近で小刻みに擦り上げると、ずーんと奥まで貫く。九浅一深の腰使いを見舞い、さらには、それを六浅一深とピッチを早め、ついにはパンパンパンと、外連味なくsexフレンドの主婦の尻朶に打ち付ける激しい抽送に変化させた。「あああぁ~っ! 痺れる、痺れちゃう……。またイクっ、ああ、またイクのっ……。こんなにイクの初めて……。止まらないわっ、イキとまらないぃぃ~~っ!」 奥さまは甲高く啼き、立て続けにイキ極める。そのあさましくも美しいイキ様に、ついに俺もリミッターを外した。「中出ししますよようこちゃん! ヨウコさんのイキオ○ンコに、俺の精子をぶちまけます!」「おほぉぉぉぅっ。い、イクっ! 専業主婦、イッ、イクっ! 早く、早くゆうきくんのスペルマをようこのお○んこにいいいいいいぃ~~っ!」 清楚な若妻のエロ女体が、汗を吹き上げながら大きく仰け反り、僕の側に倒れ込んでくる。奥さんのスレンダーグラマーの体を抱きしめながら僕は、全ての戒めを解き、チン○ンを嘶かせた。「うおぉぉ~~っ。で、で精るぅ~~ッ!」 セックスフレンドの主婦の容のよい爆乳のバストをすっぽりと両手に収め、ねちねち揉み回してはザーメンが尿道を遡る喜悦に身を任せる。 どぷんっと一塊になったスペルマを放つ快感。凄まじい多幸感に浸り、僕が「いく!いくいく、出るっ!」と言いながら新婚の美人妻のおめこの中にザーメンをたくさん中出しした。「きゃうううううっ!」 オ○ンコに着弾したスペルマが、またしても若妻の絶頂を誘発した。僕の腕の中、アラサーの主婦の媚麗な女体がぶるぶるっと痙攣した。「熱うぃ……ああ、子宮いっぱいに射精したのね……お腹の中が、精子で灼かれてるうっ」 おまんこにじゅわっと拡がる精子の熱さを、細身の人妻はそう教えてくれた。 人妻は女体をびくんびくんと波打たせ、絶頂の余波に身を浸している。二弾、三弾と撃ち抜かれるたび、奥さんの女体は天へと昇り詰めるのだ。「ほううぅっ。ゆうきくんのザーメンで、お腹の中がいっぱい……。あぁ、こんなに凄い中出し、妊娠させられてしまいそう……」 勃起チン○ンを跳ねあげなおも射精する俺に、うっとりした表情でセフレの主婦が言った。 眩い女体は、いつまでもイキ戻らず連続絶頂に揺れている。 抱きしめていた三十路の奥様の女体を僕は、力任せにお姫様抱っこする。 にゅぽんと抜け落ちたペ〇スは、あれだけザーメンを放ったにもかかわらず、それまで以上にギンギンに勃起反りして縮もうとしてくれない。「あれっ? まいったなあ……。壊れちゃったか?」 スタイルのいい若妻のイキ乱れる嬌態と、立て続けに強い刺激を受け過ぎ、バカになったみたいにチンポしている。 我がオ○ンチンに呆れながらも、僕は抱きかかえたセックスレスの主婦の甘い朱唇を、ちゅちゅっと掠め取る。 さらにほおを紅潮させ一段と色香を増した爆乳の主婦に、「もう一度sexさせて」と求愛したものだ。 ひどく濡れ潤んだ若妻の瞳は、扇情的に黒く輝き、若男に再び突き立てられるのを想像しているかのようだった。
 
出会い系サイトハッピーメールでの爆乳の専業主婦とのタダマンセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回激カワの美人妻とすぐタダマンセックス出来た出会い系はハッピーメール(happymail)です。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐセックスできるかわいい女と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出会い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.