deaikeitaiken_novel

【PCMAXセフレ】加藤紗里似のビッチなキャバ嬢と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は日々出逢い系コミュで可愛い女を釣って、ただまんセックスをやってヤりまくっています(^_^)
 
さて、今回は即日即ハメできるサクラ無しであいけいSNSのPCマックスで出会った加藤紗里似のビッチなキャバ嬢と茨城県牛久市で会ってセフレにして即ただまんエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メが多く撮れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのPCMAXで出会った女の子はキャバ嬢で、名前は麗華さんといい、顔は加藤紗里似の超美人でした(o^∇^o)
 
出会い系サイトPCマックスでの美巨乳のキャバ嬢のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでのパイパンのギャルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
ホステスとは、出逢い系SNSのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、牛久駅周辺の高級個室居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホに行ってハメ撮りエッチをしました。
 
俺とスレンダーなギャルが茨城県牛久市の牛久駅近くのラブホテルの部屋に入った。「コーヒーでも淹れようか。呑むでしょう?」 キッチンスペースに向かおうとするきれいなホステスの女体を、咄嗟に僕は抱きしめた。 男らしく、カッコよくやるつもりが、清楚なホステスを抱き寄せた瞬間にバランスを崩し、二人はそのままカーペットの床に尻もちをついた。「きゃあっ!」と、セックスフレンドのキャバ嬢の短い悲鳴があがったのが、さらに俺の欲情を誘う。(ラブホテルに来たってことは、そういうことですよね、レイカさん!) ホステスをかばうように倒れたから、ヤリマンのギャルは驚いただけで痛くはなかったはず。僕は、床に足を投げ出したまま、再びセフレのホステスを抱き寄せた。「ああん、もう。ゆうきくんのせっかちぃ……」 ギャルはいつになく甘えた口調で、顔に落ちてきた髪をかき上げている。 セックスフレンドのホステスの胸元まであるロングスタイルの髪から、ふんわりと甘いローズ系の香りが漂った。「玲香ちゃん……」 彼氏がいるはずのsexフレンドのキャバ嬢だったが、そっと顔を近づけると、長い睫毛を震わせながらすっと瞳を閉じてくれた。 僕は、細身のギャルのふっくらとした唇に自らの同じ器官を押し付けた。 美乳のキャバ嬢の肉厚の唇はどこまでもグラマラスで、触れた途端、ふんわりと溶けてしまいそうだった。「ん、ふむん、んんっ!」 上下の唇で美乳のギャルのツヤめく上唇を摘み、やさしく引っ張ると、心地よくぷるんぷるんと弾ける。(どうすれば、こんなにやわらかくなれるのだろう……) こうしてヤリモクのギャルと唇を合わせあっていると、恋人同士のようだ。(もしかして、僕、レイカちゃんの彼氏になれるかも?) そんな期待も込めてパイパンのキャバ嬢の瞳の奥を覗くと、困ったような表情でパイパンのキャバ嬢は苦笑した。「この間、見ちゃったの。ゆうきくんが、女の人とラブホに入るところ……。私にも彼氏がいて、文句を言う筋合いじゃないけど。なんとなく嫉妬けちゃって……。だからその、一度だけゆうきくんと……」 どうやら出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレと一緒のところをセフレのホステスに目撃されたらしい。つまりは、ギャルは寂しくなったのだろうか。(そっか、そうだよな……。れいかさんの彼氏になれるなんて奇跡、そうそう起きないよな) 期待した分、少しだけがっかりした。その様子にホステスも気がついたようだ。「可愛いsexフレンドを取られたからって、こんなふうに奪い返そうとするのは、いけないかな」 自らの行いを恥じるギャルに、けれど僕はその言葉に前向きなものも感じ取った。(もしかして、麗華さんは、俺に対する自分の気持ちを確かめたいのかも……) 自惚れに近い自分本位の感じ方かもしれないが、そうでも考えなければ、いくら小悪魔的な美乳のキャバ嬢でも、ここまで許してくれるはずがない気がした。「たとえ今夜だけってことになっても、僕、それでもいいです……」 やさしく微笑みかけると、翳りを帯びていたキャバ嬢の表情がパッと輝いた。「本当に、一度だけって約束できる?」「僕、レイカさんとならそれだけでも、うれしいです」「うふふ、やっぱりゆうきくん、やさしいね」 俺の首筋にすがりつくようにホステスがぎゅっと抱きついてきた。 美乳のギャルのやわらかな女体から、ふわりと甘い体臭が香り、鼻先をくすぐられると、一度萎えかかったチン○ンがまたすぐに力を取り戻した。「もう、しょうがないゆうきくん。ここは、こんなに素直。ねえ、れいかに何をして欲しい? 今夜だけは、なんでもしてあげるよ」 僕の想いを、美巨乳のキャバ嬢が気付いていないはずがない。それを知っていて、清楚なホステスは今頃になってその想いに応えようとする身勝手な自分を、恥じているのだろうか。だからこそ健気にもキャバ嬢は、奉仕する気になっているのだろう。「ええ? じゃ、じゃあ、れいかちゃんのパイズリ! れいかちゃんのおっぱいに擦りつけたいです! その後、レイカちゃんのオマンコをナメナメしたい!」 せっかくだからホステスが彼氏としたことがないようなエッチがしたい。「パイズリって、おっぱいでするの? やだぁっ! ゆうきくんのH! 思いのほか欲張りなんだね」 一瞬キョトンとした美乳のキャバ嬢の美貌が、すぐにパアッと紅潮していく。自分でも過ぎた要求と思った。それでもセフレのギャルは、体を起こして、その細い手指で濃紺のカーディガンを脱ぎ捨て、薄手のブラウスのボタンを外しにかかる。 かわいらしいギャルはカーペットに膝立ちになり、長い睫毛を伏せながら、いそいそと貝殻のようなボタンを外す悩ましい所作を、俺は固唾を呑んで見守った。(ああ、あの、麗華ちゃんが、僕の目の前で裸になっていく……) 薄生地のブラウスの前をくつろげると、ブラジャーに包まれた美乳のギャルの純白の胸元が現れた。 綺麗に均整のとれたボディラインは、小柄ながら思いのほか肉感的で、決して痩せている訳ではない。スタイルのいいギャルはいわゆるトランジスタグラマーで、推定Eカップの美乳のオッパイなどは、ぼんと前に突き出た印象だ。「もう、そんなに見ないでよ。恥ずかしいんだぞ!」 スタイルのいいキャバ嬢はキュートにほおを膨らませてみせる。あどけなさと大人っぽさが忙しく行き来する。そのアンバランスさが僕をいっそうドキドキさせた。
 
「だって、レイカさんのおっぱいですよ。見ない訳にいきません!」「ほんと、ゆうきくんてH。でも、いいわ。ずっと指を咥えて見ていたおっぱいだものね」 七分丈の白いパンツを手早く脱ぎ捨てた加藤紗里激似のギャルは、胸を張るような恰好で背後に手を回した。ついに、ブラジャーを外すつもりなのだ。「うそみたいだ……。夢を見ているのかなぁ……。おっぱいだ、れいかちゃんのおっぱいだ!」 頭の中だけで叫んだつもりだった。けれど、あまりにポーッとなり過ぎて、そのまま口を突いて出ていたらしい。「夢じゃないから。ほんとうに玲香のおっぱいだよ」 巨乳のホステスはほおを赤らめながらも、それでいておんなの誇りを刺激されて、キャバ嬢はご満悦にも見える。 背後に回っていた手指が、慣れた手つきでホックを外すと、ビッチなホステスはすばやく片手でブラカップを押える。腕に押さえつけられたお蔭で、悩ましい谷間が一層深くなった。「もったいつけているわけじゃないからね。恥ずかしいんだからぁ」 大人の無垢さは、そのまま色気につながることを、俺はあらためて見せつけられた。 ただただ体を硬くして、眼を獣のように光らせ、ホステスの美しい素肌を見つめるしかない俺。痛いほどの視線を浴びてか、ホステスの白い肌が純ピンクに染まっていく。「いいわ。ゆうきくんに見せてあげるって決めたんだから……」 美乳のキャバ嬢は肉厚の唇でそうつぶやくと、自らブラ紐を抜き取るようにして畳んでいた腕を開いてくれた。 ブラカップが滑り落ちるようにして外れると、ギャルの白い巨乳の乳房がふるんと現れ出でた。「大きい……」 陶然とつぶやく俺。20代のキャバ嬢の巨乳のバストのあまりの美しさに、それ以外に言葉が浮かばなかった。 誇らしげにツンと上向く巨乳のおっぱいは、いわゆる鳩胸と言うのだろう。ハリ、ツヤ、ボリュームどれ一つとっても申し分なく、完璧なフォルムだ。 ヤリマンのキャバ嬢の白い乳肌に彩りを添える薄紅の乳暈は綺麗な円を描き、乳首は小粒のベリーを思わせる。乳暈が一段小高くなって、よりホステスの乳首がぷっくらとした印象を持たせている。「き、きれいです。レイカちゃん……」 無防備に素肌を晒した憧れのれいかちゃんに、俺は感嘆した。「ありがとう。でも、私ばかり恥ずかしいのはアンフェアだよ。ゆうきくんも脱がせちゃう」 本気で照れている表情を少しだけ小悪魔的なそれに変え、セフレのキャバ嬢が僕に迫ってきた。 ギャルの繊細な手指が、僕のズボンのベルトを外しにかかる。 どうしていいか判らなくなっている俺は、結局大人しくホステスのするに任せた。「うわああっ。こ、これって、本当に? ゆうきくんのチ○コ、こんなに大きいの?」 決して手馴れているとは言えないが、その分丁寧な手つきで全てを脱がせてくれるキャバ嬢が、驚きの声をあげた。 セフレのキャバ嬢の丸く窄めた肉厚の唇が、ものすごくセクシーに映る。「足で悪戯した時は、硬いのは判っていたけど、こんななんだぁ……」 パイパンのホステスの大きな瞳が、好奇心にきらきらと輝いている。それでいて、性色にじっとりと潤んでいるのだ。 キャバ嬢のそんな眼を見ただけで僕は昂ぶり、チ○チンをぶるんと跳ね上げた。「ああん、すごいっ! ちんこが、いなないたみたいっ」 まさしくその通りで、早く弄ってほしいと勝手にオチ○チンが先走ったのだ。「それで、レイカはどうすればいいの? これをおっぱいに挟むの?」 キャバ嬢にパイズリをリクエストした俺も、そう問われてどうするべきかを考えた。「えーと、じゃ、じゃあ、俺、仰向けになりますね。その方が、やりやすいですよね」 大急ぎで俺は、その場で仰向けに寝そべった。 起毛のモコモコとしたカーペットの感触が、ちょっと気持ちよかった。 けれど、その感触はすぐにさらに気持ちのよい感触の前に色あせていった。仰向けの僕の上に、巨乳のホステスが上体をまとわりつけるようにして、素肌を擦りつけてくれたのだ。「うわあああっ! 蕩けるぅ~っ!」 クホステスのツルスベの美肌。ピチピチとハリがあって、それでいてしっとりしているから不思議だ。「もう! ゆうきくん、なんでも大げさだよぉ」 恥じらいを浮かべた表情のキャバ嬢は、けれどどこか誇らしげでもある。(ああ、やっぱり麗華ちゃん、カワイイっ! なのになんて色っぽいのだろう……)
 
 セフレのキャバ嬢が髪を何気なくかき上げると、丸く窪んだ腋の下が丸見えとなった。 どこもかしこもが色濃くおんなを感じさせるギャルに、僕はまたしてもぎゅっとアナルを絞り、たっぷりと血液を集めたチン○ンを跳ね上げた。「やだぁっ、本当に待ちきれないのね……。チン○ン、びくんびくんしてるよ」 蠢く強張りを加藤紗里激似のキャバ嬢の手指が、恐々といった感じでつかまえた。「硬くて、熱い……。これを胸の谷間に挟めばいいのね?」 ホステスはゆっくりと上体を傾がせて、魅惑の谷間がちん○んに近づいた。 sexフレンドのキャバ嬢のたっぷりとした乳丘は、けれどその肌のハリのせいか、前かがみになってもさほど容を変えさせない。「うわああっ、せ、れいかさんのおっぱいに包まれるぅ!」 その官能は、いきなりはじまった。ビッチなキャバ嬢のスライム状の美乳のおっぱいが、敏感な裏筋に沿って、まとわりつくのだ。セフレのホステスのなめらかな乳肌が、むにゅりと押し付けられ、やさしい圧迫に思わず尻を持ち上げていく。「あん、だめよ。じっとしていて……。玲香がしてあげるのだから……」 ヤリマンのキャバ嬢の声が詰るような甘えるような、聞いたことのない響きで掠れた。「だ、だって、レイカちゃんのおっぱい、気持ちよすぎで、やばいです!」 素直に誉めそやすと、ギャルの上目遣いの瞳がうれしそうに輝いた。肉厚の唇から白い歯列が零れ、キャバ嬢は艶めいた表情を見せてくれる。「玲香も興奮してきたみたい。ゆうきくんのオチン○ンがすごいからだよ。ドクンドクンおっぱいのあいだで脈打つんだもの……」 巨乳の胸の左右から手をあてがい、圧迫していたパイパンのキャバ嬢は、少しずつ上体を揺らしはじめた。 そそり立つオチン○ンに沿わせて、擦りつけを味わわせてくれるのだ。「ぐはあああっ! せ、れいかちゃんっ! そ、それ最高! 超いいっ!!」 ローションなど必要がないほどすべやかな肌に、俺が吹き零したカウパー液がなすりつけられると、加藤紗里似のギャルのパイズリはさらに熱を帯びた。「ああん、こんないやらしいこと、はじめてするの……。彼にだってしてあげたことないんだぞ! ああ、なのにどうしよう、本当にレイカ、興奮してるぅっ!」 たぷたぷ、ずちゃずちゃと巨乳の胸を揺すらせて甲斐甲斐しく擦りつけながら、ホステスは持ち上げたお尻を愛らしく左右に振っている。 ホステスは太腿をモジつかせ、昂ぶる花びらを擦りあわせているのだ。(すごい、すごい、すごいっ! あの玲香さんが発情してるよ!) 首を持ち上げて様子を窺っていた僕には、キャバ嬢の疼きが手に取るように判った。おちん○んにこそばゆさが走るのは、奇麗なホステスが乳首を勃起させているからだ。 パイズリにいそしむ美乳のおっぱいが、激しく上下に動くたび、ギャルの乳首がくにくにとよじれていく。その可憐で健気な佇まいに、僕は歓びの溜め息をこぼした。「ぐううううっ! うおっ、うぐぐぐぐっ。くはおぉぉ~っ」 美乳のホステスは息を弾ませ、美乳のオッパイを揺らしている。巨乳のキャバ嬢の胸元にのぞく充血しきった亀頭が、ぬらつきはじめた白肌に淫らに映える。「我慢しなくていいから、いつでも射精してね」 圧倒的なホステスの乳圧に負けた亀頭は、先端の鈴口を、ぱくり、ぱくりと開閉させる。それを見て、何を思ったのかギャルが舌を出し、あえかに開いた小便穴に、固く尖らせた舌先を、ずぷと浅く突き刺した。「はぉ、あぁっ!」 あまりの衝撃に腰から力が抜け、放出しそうになる。かろうじて堪えられたのは、長らく想い続けたパイパンのホステスへの執着に過ぎない。 そんな僕を、上目遣いに一瞥すると、本格的な舌遣いがはじまった。 ちろちろ……れろ、れろれろん……ぐに、ぐにぐにぐに……きゅぽっ、くぽっ──。 ホステスのピンクの舌が、亀頭表面を舐め回り、尿道の内側粘膜に、硬直させた先端を容赦なく突き刺してくる。しかも、加藤紗里似のギャルの美乳の乳房の左右からの乳圧が、ぱふぱふとやわらかくも悩ましく攻め続ける。「ぐぬぅっ! お、あっ! ん、んごぉっ!」 キャバ嬢の舌が、濡れ音を響かせるたび、俺は喜悦の叫びで後を追う。ガマン汁が、舌と穴との隙間から、じわじわだらだらこぼれ、勃起ちんちんに沿って垂れ流れ、乳肉摩擦に攪拌された。「ま、待った! レイカちゃん、ちょっと待って、ストップ!」 すさまじい悦楽に耐え切れなくなった僕は、ついに細身のキャバ嬢に待ったをかけた。「だめっ。待ったはなし。イキそうだからって、ゆうきくん、ずるい!」
 
 射精寸前であることを見透かされ、詰られても、僕は待ったを言い募った。「ちょっと待ってください。ずるいのは、麗華ちゃんです。おしゃぶりまで、されたらたまらなくなるのは当然です!」「たまらなくなって、いいじゃない。何が不満なの?」 スレンダーなキャバ嬢に言い返されて、言葉に詰まった。確かにその通りで、気持ちよくなって射精することに否やはない。けれど、僕には、憧れのレイカさんを攻略したい気持ちもあるのだ。「ナメナメしたいのは、俺の方です! だから、待った!!」「うふふ、わがままなゆうきくんねえ。でも、カワイイっ。それで、今度はどうしてほしいの?」 ようやく引き下がるセフレのギャルに、僕はさらなる要求を突き付けた。「まずはれいかさんのま○こが見たいです!」 美乳のキャバ嬢の紅潮させていたほおが、さらにのぼせたように真っ赤になった。それでも加藤紗里激似のホステスは、こくりと頷き、自らのネービーのパンティに手をかけた。 立膝となった加藤紗里激似のキャバ嬢は、一瞬ためらいを見せたものの、思い切ったように一気にパンティをずり降ろした。「ああっ!」 羞恥の吐息を漏らしながら美巨乳のホステスは太腿を閉ざした。 ついに、何も身につけていない、生まれたままの姿となった憧れのキャバ嬢がそこにいる。「すごく……綺麗です」「もう、ゆうきくん、玲香を恥ずかしい目にあわせてばかり……」 ホステスは紅潮させたほおを拗ねたように膨らませる。やはり清純なキャバ嬢は、カワイイおんななのだ。「う、うん。すみません。でも、やっぱり麗華さんのまんこ、見たい!」「ほんとうに、恥ずかしいのよ……でもいいよ。見て!」 美巨乳のキャバ嬢はカーペットの上に腰を降ろし、閉ざした太腿を、ゆっくりと横に開いた。ギャルの美脚がかすかに震えている。大人に見えていたセフレのホステスも、やはりひとりのおんなであり、懸命に羞恥を堪えながら、俺にすべてを晒してくれるのだ。「レイカさん、広げてくれますか? 自分の指で、おまんこを思い切りいやらしく」 身を乗り出した俺は、興奮に息を乱し、さっきよりも強い調子で激カワのキャバ嬢にねだった。「普段はおとなしいゆうきくんに、れいかが火を点けてしまったみたいね……」「ごめんね、玲香ちゃん。僕、ひどいお願いをしてるのかなぁ。でも麗華さんのHな裸を見てたら我慢できなくなって。どんどんおかしくなってきちゃうんです」 俺はせつない声で謝りながらも、懸命に訴えた。苦しげに息を荒げ、ケダモノじみた手つきで天を衝く極太オチ○チンを扱いている。「ああん、やっぱりゆうきくん、カワイイ! れいかもおかしくなっちゃう……。ゆうきくん、こうなの? ねえ、こうかしら?」 聡明であったはずの理性を芯まで蕩けさせ、ホステスが悩ましくぶるぶると女体を震わせた。 すっかり女体を火照らせて、僕同様にハアハア熱い息を吐いている。「いいわ。広げるのね。レイカのおまんこ、奥まで見てっ!」 半ば被虐的に巨乳のホステスはつぶやき、鼠蹊部の腱を思いきり引きつらせた、清楚なホステスはあられもないガニ股ポーズのまま、身体を二つ折りにして仰向けとなった。 明らかに僕の視線を意識しつつ、セフレのキャバ嬢はお尻を浮かせ、内ももに両手を潜らせている。キャバ嬢は細い指を伸ばして股のつけ根に伸ばした。 ごくりと僕が生唾を呑む音さえ、大きく聞こえるほど部屋の中は静まり返っている。 繊細な指先が、今にも満開にほころびかけた二枚の花びらをクチュッと割り開いた。にちゃ、ぴちゅっ……。 淫らがましい濡れ音と共に、ついに肉の帳が開き、秘しておきたいはずの膣粘膜をあけすけに晒してくれた。「おおおぉ、オマンコだ。レイカさんのHなオマンコだ!」 美巨乳のキャバ嬢がオマ○コを広げるやいなや、俺の興奮はさらにボルテージを上げた。乗り出していた体を、今にも食いつかんばかりに巨乳のホステスのおまんこに近づけ、疼く勃起チン○ンを自らの手指で宥めている。「いやん、近い。ゆうきくん。顔が近過ぎる。ああん、恥ずかしい……」 加藤紗里似のキャバ嬢のひし形にひしゃげたお○んこは、薄赤い肉が切れ込んだようになっていて、左右を幾重にも折り畳まれた肉襞が密集している。 新鮮な肉色をした膣襞は、透明な膣液にねっとりと濡れていた。「ああ、まんこがいやらしく濡れ光ってる。見えてますよ。綺麗なピンク色。こ、ここ、ここに、ペ〇スが入るなんて、たまりません!」 生温かな吐息を、セフレのキャバ嬢のすべすべした内ももに吹きかける。敏感になった素肌は、それだけでも感じてしまうようで、ざわざわと鳥肌立った。「いやん、そんなHなこと言わないで。ああン、そんなに近くで見ちゃ……」 ぶちゅぶちゅ。ぶちゅちゅう──。
 
「きゃああ。だめ。見ないで。お願いっ!」 無防備に発情しきったセックスフレンドのキャバ嬢が本能的におま○こを蠢かしたらしい。ヒクヒクとマンコが震えたかと思うと、オマンコが淫らに収縮をはじめ、さらなる粘り汁を搾り出していた。 周囲にさらに濃密な発情臭が香り立ったばかりか、加藤紗里激似のキャバ嬢のオマンコから漏れ出した汁が糸を引いてカーペットの床に滴った。「ああ、こんなにお汁を垂らして、もったいないです!」 僕は手指を伸ばし、トロトロのマン汁をすくい取り、自らの唇に運んだ。 セフレのキャバ嬢の甘酸っぱくも塩辛いマン汁は、本気汁らしくねっとりとした粘り気を含んでいる。 キャバ嬢は羞恥にほおを染めながら、官能に潤んだ瞳で僕の様子を見上げている。「うわああ、濃厚なお汁っ! すごく美味しいです。本当にもったいないから全部飲んじゃいますね」「ああん、舐めちゃうの? こんなにぐちょぐちょの、レイカのオマンコ、舐めちゃう気なのね……。きっと、麗華乱れちゃうよ。それでも、軽蔑しないでね……」「軽蔑なんかしません。どんなに乱れても大好きな玲香ちゃんですから」 僕はべーっと舌を伸ばし、加藤紗里激似のキャバ嬢のおめこに近づけた。ギャルのおまんこに沿って、ぞぞぞっと舐めあげる。ぬるぬるとした感触が舌先にまとわりついた。「はうんっ……。ああ、感じちゃうっ! 敏感すぎて、怖いくらい。ねえ、ゆうきくん、優しくして……はぉぅン……その上のほうにある小さなお豆みたいなのわかる? 陰核……女の子の身体で一番感じる場所、そ、そこも……あっ、ああんっ!!」 ホステスのおまんこの合わせ目を凝視すると、包皮に隠れたピンク色の小さな豆が恥じらい深く覗いているのが判った。僕はsexフレンドのキャバ嬢のおまんこから漏れ出るクリトリスを舌先でこそぎ、濡れを運ぶようにして加藤紗里似のキャバ嬢の肉豆を捉えた。 途端に折り畳まれていた美乳のギャルの美脚が、ばたばたと宙を蹴った。「あああああっ!」 肉厚の唇が甲高い官能の叫びをあげ、巨乳のキャバ嬢の女体が派手にひくついた。「気持ちいいですか?」「はぅぅっ、す、すごいの……だめになってしまいそう……。頭のなかがぐるぐるするの……ああン、身体が溶けていくぅ」 さらに僕は舌先をすぼめ、ギャルのお○んこめり込ませた。 つぶつぶした肉壁の舌触り。密生した襞の一つ一つを舌先でまさぐるようにして、ギャルの性神経を味わうのだ。「本当に気持ちよさそうですね? れいかさん、すごく色っぽいです」 誉めそやしても、美巨乳のキャバ嬢は恥ずかしそうだ。それでいて、背筋をふるわせ、艶めかしい喘ぎは収まらない。キャバ嬢はほとんど泣きじゃくるようにして、悦楽に痺れている。「ヒ……ゆうきくんの舌が……ああん、おなかのなかを舐めている……。こんなに恥ずかしいのに、でも気持ちいいっ……。ああ、どうしよう。レイカ、もっと、して欲しくなってる……恥ずかしいのに、もっとして欲しいのっ……あ、ああンッ」 あられもなく蕩けるギャルの嬌態に、僕は信じられないものを見る思いがした。しかも、もう一押しもすれば、キャバ嬢は昇り詰めてしまいそうなのだ。 はしたなくも脚を大きく広げ、足をプラプラさせて身悶えるキャバ嬢に、俺は息を継ぐことも忘れておまんこを舐めしゃぶった。「くふぅん、気持ちいいよぉ……。こんなに気持ちいいの、初めて……。あ、あ、ああん」 キャバ嬢のまんこの縦割れにべっとりと唇をつけ、ずずずずっと吸い上げた。「ひあうっ! そ、それ、だ、だめぇっ、吸わないで、吸っちゃいやぁっ!」 ホステスの宙に浮いたままの細腰が、がくがくがくんと引き攣った。 パイパンのギャルの兆しきったほおが強張り、セクシーな唇がわなわなと震えている。 ここぞとばかりに俺は、情感に溺れるヤリマンのキャバ嬢の一番敏感な豆に指先をあてがった。 なるたけ優しくあやしたつもりが、陰核の包皮がつるんとむけておんなの芯が零れ出てしまった。その瞬間のホステスの乱れようは凄まじかった。「ひっ! んあ、ああああああぁっ!」 スレンダーなキャバ嬢の美声が、一気にオクターブを上げた。 大きな眼がぐっと見ひらかれる。それでいて、キャバ嬢の妖しく濡れた瞳は、焦点を失っていた。「ゆうきくん、もう許して……。巨乳のギャル、イッちゃうよう……」 うれしい告白に、俺の脳髄は痺れきっている。 見境を失くし、ただひたすら20代のキャバ嬢のイキ様を見たくて、再びずずずっとまんこを吸い上げた。「あはあっ、ほんとうにもうダメぇっ、ゆうきくん、ああ、ゆうきくん ホステスは追いつめられて、身を捩り叫ぶ。俺は恍惚の表情で、ヤリマンのキャバ嬢の淫液を飲み干していく。 指先では肉芽を捉え、熱い快楽の源泉をゆらゆらと刺激しつづけている。それに応えるようにキャバ嬢の腰は悶え、はしたなく肉悦のダンスを踊り狂っていた。もう自分の身体ではないかのようだ。
 
「ああ、イクっ! 麗華、イッちゃうっ。イク、イク、イクぅっ!」 清純なキャバ嬢のオマ○コの奥から飛沫を上げて、どっと本気汁が吹き零される。 絶頂に押し上げられたホステスの女体が、ぶるぶるぶると瘧のように震えた。 間欠泉のように噴き上がった分泌液が、惜しげもなく僕に浴びせかけられる。「すごいっ。レイカさんがイッてる。あの玲香さんが、潮を吹いてイッてるんだ!」 熱く快哉を叫びながら、それでも僕は肉責めを止めようとしない。 ビッチなキャバ嬢のつんと尖りきった一番敏感な豆に吸いつくと舌先で突っついた。さらには、キャバ嬢のアナルをあやすように優しく転がしておいて、唇に含んでチューッと吸いあげる。「ひああああっ! だめっ、今イッてるのに……。だめ、だめ、だめぇ……っ」 せり上がる快感に身を仰け反らせながらも、セフレのキャバ嬢の女体はアクメを貪っている。 鋭く全身を走る、得も言われぬ快感に、細身のキャバ嬢は感極まって美貌が歪んでいる。にもかかわらず、どこまでも巨乳のキャバ嬢は美しい。「イッてください。いっぱいイッて! よがりまくるれいかちゃんを、覚えておきたい……」 色っぽいキャバ嬢の熱く痺れた女体は、二度三度と絶頂を極めている。オマンコに手指を挿し込み膣内をかきまわすと子宮が収縮し、膣口は感極まったように指の根元をキューンと締めつけた。「もうだめ、ゆうきくん、麗華、壊れちゃうよぉ……」 20代のホステスは泣き言を吐きながらも、ぐっと息んでは、豊麗な女体を派手に震わせる。セフレのホステスは連続絶頂にイキまくり、色気をたっぷりと載せたヒップを淫らに旋回させている。(こんなにいやらしい表情の玲香ちゃん、見たことない!) ギャルの狂おしいばかりの嬌態を見せつけられ、責めに忙しくてしばらく触っていなかったおちんちんが、じんじんと痺れきっていた。「もう限界。玲香ちゃんが欲しいっ! 挿入させてください……」 本能に任せた超絶クンニに、清純なキャバ嬢は息も絶え絶えだ。それでいて期待に満ちた微笑を口元に浮かべている。「こ、今度はどうすればいい? ゆうきくんの好きにさせてあげるはずでしょう?」 かわした約束を免罪符に、キャバ嬢はおんなを解放させている。「うん。そうですね。じゃあ、ぎゅっと抱き合うようにして、ひとつになりましょう」 それがどういう交わりか、清楚なキャバ嬢には想像がつかなかったようで、一瞬きょとんとしたように小首を傾げた。 俺は、微笑みながらカーペットに腰を降ろし、上体を起こした。「来てください」 両腕を広げホステスを促すと、美貌がこくりと頷いた。 ホステスはしなやかな女体を四つん這いにして、雌猫のように近づいてくる。 胡坐を組んだ僕に、おずおずと清楚なキャバ嬢が跨った。「このままつながるのね。ああん、なんだかいやらしい……」 自らが迎え入れる形となるため、加藤紗里激似のホステスは余計に羞恥を煽られるらしい。 それでも、キャバ嬢のるつるした腕が首筋に絡みつき、sexの準備が着実に整えられていく。(ああ、レイカさんが、自分から俺のオ○ンチンを嵌めようとしている……) 僕は欲情の業火に身を焼きつくしながら、ゆっくりとしたホステスの動きを視姦した。 どくどくと激しく脈打つ血管が、浅黒いちんこをパンパンに張りつめさせている。 その艶光りする亀頭部に、セックスフレンドのギャルのぬめるお○んこが触れた。「い、挿入るね……」 美貌を真っ赤にしながらギャルが艶冶に微笑んだ。 くにゅぽっと、亀頭部がオマ○コを潜ると、ぬるぬるのオ○ンコに包みこまれる感触が続く。「あぁっうっ!」 ホステスの可憐な美貌が半ば仰け反りながらも、ゆっくりと細腰が沈んでくる。
 
「ひうっ、あぁっ!」 優美な眉根をきゅっと寄せ、肉厚の唇をあえかに開く加藤紗里似のキャバ嬢の表情。僕を切なくもやるせない気持ちにさせる扇情的な艶姿。まとわりつくキャバ嬢の素肌やまんこの凄まじいまでの心地よさ。出会い系サイトのPCマックスで出会っってこれまで体験させてくれた誰よりも、狭隘なまんこの締め付け。そのどれもこれもが、20代のキャバ嬢が極上の女であることを証明している。「ああ、ゆうきくんすごい。おっきなち○ちんに、なかを拡げられているみたい……。ああ、苦しいくらいにすごいのぉっ!」 細管のようなkeyword1の中では、さすがにいちどきに迎え入れるのは難しかったらしく、セフレのキャバ嬢は僕の首筋にすがりつくようにして挿入を止めた。「大丈夫ですか? 無理しなくてもいいですからね……」 細腰を両手で支えながら、キャバ嬢を気遣った。大切な相手なだけに、痛みはなるべく与えたくない。「う、うん。大丈夫。ちゃんとゆうきくんとひとつになるから任せて……」 セフレのキャバ嬢はふう、ふうとお腹から息を吐き出すようにして、力を緩めようとする。めり込んだペ〇スにオマンコが慣れるのを待っているのだろう。「いいわ。もう大丈夫。続き、するね……」 セフレのギャルの均整の取れたボディラインが、思い切ったようにさらに沈み込んでいく。内側に体重を支えていた膝小僧が徐々に開かれて、ヤリモクのキャバ嬢のマシュマロヒップがついに僕の太腿に到達した。「ああ、挿入った……。ゆうきくんのチ○コ、レイカのなかに!」 はぁはぁと、辛そうな息を吐きながらも、ホステスは健気に笑って見せる。そのやさしさが身に染みて、俺は眦に涙を浮かべた。「玲香ちゃん……」「やだ、ゆうきくん泣いてるの? 感激し過ぎ……」 子供をあやすような口調で、キャバ嬢が頭をむぎゅっと抱きしめてくれた。 胸板にキャバ嬢の汗まみれの巨乳のオッパイが、押し付けられる。最高に気色いい。「ほら、ゆうきくん。気持ちよくなろう。ちゅーしようよ」 照れるような表情ながら、あっけらかんとキスを求めるセフレのホステスは、やはり無防備でカワイイ。「うん。レイカちゃんとちゅーしたい! んーっ」 唇を窄め、セフレのホステスから近づいてくるのを待ち受ける。すると、ホステスがぷっと吹き出した。「ええ、何かおかしいのですか?」「ごめん、ごめん……。だって、泣いていたくせに、そんなすぐに唇を窄めて……」 20代のキャバ嬢が屈託なく笑ってくれると、それだけで俺はしあわせになれる。まして、今はそのパイパンのキャバ嬢とつながっているのだ。感情が激しく左右に振れるのも、仕方がなかった。「変顔になってました?」 こくんと頷いたヤリモクのホステスは、それでもすぐに真顔になって、その唇を近づけてきた。 半開きにした唇に、可愛いキャバ嬢の肉厚の唇がピタリと重なる。パイパンのギャルのヌラヌラした舌が触手のように、口の中を占めてきて、べったりと舌を絡めてくる。その舌を僕は、強く吸った。「んんんっ、んんんーっ」 濃厚なディープキスに、マンコがざわざわっと蠢いた。加藤紗里激似のキャバ嬢の濡れた瞳が、さらにうっとりと蕩け出し、虚ろな表情を浮かべている。「むほん、ほふぅっ……あ、はあァ……くふうううん」 息苦しくも激しいキスは、攻守を変えて唇を求めあう。 小鼻を膨らませ息継ぎする加藤紗里激似のキャバ嬢は、ハッとするほど色っぽい。薄目でその様子を眺めていた俺と、ふいに目を開けたギャルと視線までもが絡み合った。「そんな、ジッと観察していたのね」 弾かれたように顔を背けたビッチなホステスは、情感に溺れている自らを恥じるようにつぶやいた。 僕は汗に湿った綺麗なホステスの髪を梳り、白い首筋にねっとりと熱い舌を這わせた。「あふうッ、た、たまらないッ……」 ゆっくりとギャルの両手を持ち上げ、量感たっぷりな美巨乳の乳房を下方からこねあげる。ずっしりとした重みを、十本の指で揉みしだき、淫猥にひしゃげさせる。「はふんっ! ああ……お願い、もう許してぇ」 ついに、キャバ嬢がなんとも切なげに訴えてきた。「どうしたの? 痛かったです?」「ち、違うの……動かしてほしいの……ねえ、ちょうだいっ!」 うれしいおねだりに、僕は内心で「やった!」と快哉を叫んでいた。けれど、そこは自制して、はやる気持ちをなんとか抑える。「だったら、れいかさんから動かしてください。レイカさんが気持ちいいように、動かしてくださいよ!」「ああ、そんな、キャバ嬢からだなんて……。でも、こんなに気持ちよくなったら、今すぐにでも動かないと我慢できないっ!」
 
 sexフレンドのキャバ嬢は切なげにひとりごちてから、躊躇いがちに腰部を動かしはじめた。 20代のギャルは蟹足に折った膝を使い、俺の太腿の上をマシュマロヒップが退いていく。「くふっ……は、あ、あぁっ……。あん、いいっ! ねえ、いいっ」 カリ首が抜け落ちる寸前、一転して美乳のホステスの腰が戻ってくる。「は、んああっ、んっ、んんふっ!」 野太いち○こを根元まで呑み込もうと、キュートなキャバ嬢が腰をくねらせる。しかし、やはり羞恥が勝るのか、ヤリモクのホステスの動きはなんとも遠慮がちなものだった。「もっと動かして。もっと気持ちよくなりたいのでしょう?」 僕は親指と人差し指でギャルの乳首を摘み、きゅっとひねりあげた。「んああっ!」 ヤリマンのキャバ嬢の体が感電したように引き攣り、オマンコが驚いたように引き締まる。敏感になった加藤紗里激似のホステスの肉体は、もはや乱暴に扱っても問題ない。むしろ、手荒いくらいの方が、刺激的らしく感度もいいようだ。「あうぅっ……麗華……はしたない……ああ、でもやめられないっ」 ほおを薔薇色に染めながら、清楚なキャバ嬢は円を描くように腰をくねらせはじめる。クチュクチュと、オチン○ンがおめこをかきまわす音が淫らに響く。 緩やかな腰使いだったが、亀頭のエラ部と柔襞は十分以上に擦れている。俺は腰から下が蕩けるような官能に浸された。 セフレのギャルは眉間に深い皺を寄せて、後ろ手に僕の膝部をギュッとつかんだ。 上体に少し距離ができたお蔭で、互いの結合部がはっきりと丸見えになった。 ぱつぱつに拡がったマンコに、極太のお○んちんが突き刺さっている。セフレのギャルのまんこの肉がすがるように、チ○ポにぴっとりとまとわりついている。 トロトロと滲みだした淫液が攪拌されて、白い泡混じりにオチン○ンにまぶされている。「ああっ……」 スリムなキャバ嬢の裸身がピクッと震える。 チン○ンの半ばほどまでを、呑み込んでは抜き出し、膣の浅瀬に擦りつけている。俺は、挿入のタイミングで腰を強く押し出し、20代のギャルのおま○この膣奥深くまでをぎゅんと抉った。ごりんとした手応えを確実に感じた。悦楽に降りてきた子宮口に、鈴口が当たったのだ。「ほううううっ!」 甲高い声でパイパンのキャバ嬢が呻いた。「ああ、すごいっ! ゴリゴリ奥で擦れてる。ねえ、すごくいいっ!」 巨乳のキャバ嬢は厚みのある悦楽に酔い痴れる。マンコの壁という壁が一度に擦られて、ギャルの感覚を狂わせている。「ほら、もっと自分でも激しく動かしてください! もっと、もっと気持ちよくなれるでしょう?」 虚ろな眼差しがこくりと頷くと、キャバ嬢の細腰がクンと持ち上がり、抽迭のピッチを上げはじめた。「おうん、んふんっ、あううっ……」 ずちゅっ、ぢゅぷっ! ぬちゅっ、ぬぽゃっ! ぐちゅっ、にゅぴゅっ──。 長い睫毛を色っぽくしばたたかせながら両手で身体を支え、美乳のキャバ嬢が激しく下腹部を揺すらせる。悩ましい艶声を絶えず漏らしながら、細身のホステスは勃起ペニスに肉襞を擦りつけ、僕を追いこもうとするのだ。「ああん、ダメになる。こんなに気持ちいいの覚えたら、レイカ堕落しちゃうっ!」 清楚なホステスは淫らなリズムを取りながら、蠢くおまんこがちんちんをしごきたてる。強い締め付けと共に、ギャルのまんこのざらついた天井部に亀頭部が擦れ、さらには、ずっぽりと付け根までを呑み込まれ、たっぷりと刺激してくれるのだ。「あっ、あっ、あぁぁっ……だ、だめっ! 気持ちよすぎ、これ以上しちゃうと……」「これ以上すると、どうなるのですか?」「麗華……ん、ああん……またイッてしまう」「イッてもいいですよ、レイカさんっ!」 僕はホステスを串刺しにするような勢いで、腰をぐいと浮かしておまんこを抉った。 ギャルの薄いお腹の肉が、おち○ちんの容に盛り上がるのではないかと思うほど、強い突き上げた。「はああっ! 奥にっ! ひあぁぁっ、いいっ! いいぃぃ……!」 キャバ嬢のあられもないよがり声に、僕の理性がぶち切れた。さんざめく射精衝動に、我慢の限界がきたのだ。「ぐおおっ、玲香さんっ!」 がばっと、20代のキャバ嬢の女体を背後に押し倒し、正常位に整え直すと、猛然と腰を打ち振りはじめる。
 
「え、あ、ゆうきくん? ああっ、ダメぇ、そんなに激しくしちゃあ、sexフレンドのギャル、イクぅっ!」 暴れるような抽迭に晒され、ホステスは泣きじゃくるようにして横たえた裸身をくねらせる。sexフレンドのギャルも完全に官能のスイッチが入り、自分を抑えられなくなってしまっているらしい。「うおおおおっ、中がうねって……超きもちいいですっ、玲香ちゃん、俺、おれぇっ!」 出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったセフレのキャバ嬢を組み敷いて、激しい打ちつけをくりかえす満足感。僕の頭の中で、いくつもの花火が誘爆した。 おちんちんをくまなくマンコにしごかれ、柔襞に亀頭を舐め回されたうえ、根元まで締め付けられては、俺にはもう余裕がない。とっくに感覚のなくなった勃起チ○コから、すさまじい快感の波が次々と押し寄せ、もはや射精することしか考えられないのだ。「くふうん、もう限界。ゆうきくん、玲香イクッ、ああ、イク、イクぅっ!」 くねり悶えてはキャバ嬢の腰部がドスンと床に落ちる。パイパンのギャルの汗まみれの女体が、びくびくびくんと派手に引き攣った。 sexフレンドのキャバ嬢のまんこは、急に締め付けが止み、バルーン状に膨らんだ。 女の本能が受精しやすいように備えているのだ。子宮の位置が下がっているのも、スペルマをより多く迎え入れるためのもの。「きて、ゆうきくんの精液、ビッチなギャルのおまんこの中に……」 肉体ばかりではなく、言葉でも中出しを許してくれるキャバ嬢に、俺は漲る亀頭部で子宮壁を強打した。 ごつごつと激しく当たるたび、熱い射精衝動が限界を迎える。「ぐあああっ、イキますっ! お、僕も、射精るうぅぅ~っ!」 とどめの一突きとばかりにマ○コの最奥に埋め込み、鈴口と子宮口を熱く口づけさせる。がばっと上体をキャバ嬢の美しい女体に覆い被らせ、肉厚の唇を奪い取った。「ふむん、うぶううっ、ああ、きてる、レイカのなかに、くふううううっ」 びゅびゅ、びゅびゅ、びゅるるる──。そして僕が美巨乳のホステスのおまんこの中に精子をいっぱい中出しした。ぶびゅ、ぶちゅるる、どっぷ、どっく──。 猛々しい勃起おちん○んを何度も跳ね上げ、セフレのキャバ嬢のオマンコの中に夥しい中出しをひどく長く続ける。 それも当然だった。僕はいま、最高に、しあわせなのだ。ビッチなギャルのつんと上向きの美巨乳の胸を掌に収め、チャームポイントの唇にキスを見舞いつつ、極上のお○んこの中に中出ししているのだから。(ずっと、こうしたかった。玲香さん、ああ、レイカちゃんぃ~っ!) キャバ嬢の全身が間欠的にヒクついた。震えは断続的に全身に拡がり、とくにおまんこ周辺から太腿までの震えが激しくなっている。「ぬふうぅっ、ふおおお、ふぬぅぅっ」「ぐふっ、むぬうううっ、がふぅぅっ」 同時に達したふたりは、とめどなく続く愉悦に、同じように喉を震わせている。 濃厚な舌入れキッスが止んだのは、たっぷりと中出しして、すっかりおちんちんが萎えてからだった。「れいかさん、最高でした」「うふふ、ゆうきくんもよ」 美巨乳のギャルの例の照れたような表情も、きらきらとおんなの満足に輝いている。その貌を見ているだけで、またしても俺はムラムラしてしまう。「ええ、うそっ! ど、どうして?」 ザーメンをたっぷりと吸った肉襞でヤリモクのギャルは、俺のお○んちんが徐々に復活していくのを感じ取ったようだ。「だって、麗華ちゃんがもの凄く素敵だから……」 その夜、ふたりはもう二回愛しあった。どちらも半ばまどろんだまま身体を押し付け、互いが互いの腕の中で意識を失うまで、全てを欲望のままに貪りあったのだった。
 
出会い系サイトPCMAXでのかわいらしいキャバ嬢とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


























































 
今回セフレのホステスと今からすぐオフパコセックス出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即セックスさせてくれる美人の女性と出会ってセックスフレンドにしてオフパコエッチできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出合い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.