deaikeitaiken_novel

【出会い系体験談】可愛い爆乳グラドルとビキニ水着でsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は何時ものごとく出会系コミュニティでかわいい女の子漁りをして、ハメどりセックスにいそしんでいます\(^o^)/
 
さて、今回は即会いできるサクラ無し出合い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会ったちとせよしの似の可愛い爆乳グラドルと京都府長岡京市で会ってsexフレンドにしてすぐビキニ水着でただまんエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メが多く撮れましたのでレポします。
 
※この記事にはエロいエッチのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのハッピーメールで出会った女性はグラドルで、名前は南那ちゃんといい、顔はちとせよしの似のものすごく美人でした(^_^)
 
出会い系サイトハッピーメールでのちとせよしの激似のグラドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での20代のグラビアアイドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
グラドルとは、出逢い系コミュニティのハピメで知り合ってLINEでやり取りした後、長岡京駅近辺のおしゃれな個室居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってはめ撮りsexをしました。
 
僕とグラビアアイドルが京都府長岡京市の長岡京駅近辺のラブホテルの部屋に入った。(もしかして、菜々さんとエッチできる……?) 想像するだけで、下腹部が膨らむのを禁じ得ない。(あんなことや、こんなことを、ナナさんにしちゃえるのかなあ……) 俺は、恐る恐るグラドルに近づいた。「菜名さん……もっと近くで見せて頂いていいですよね?」 歩を近づける僕に、グラビアアイドルは一瞬怯えるような気配を見せたものの、小顔は小さく縦に振られた。期待と興奮に、正常な判断をできない俺は、間近に迫ったセフレのグラドルの女体にゆっくりと手を伸ばした。「菜名さん……」「あっ……」 朱唇から小さな悲鳴が上がったが、ちとせよしの激似のグラビアアイドルは逃れようとする気配を見せない。 それをいいことに俺は、爆乳のグラドルの腕を捕まえ、やさしくその女体を自らの懐に引き込んだ。 見た目以上に、華奢で繊細なグラビアアイドルの女体。それでいてふんわりと抱き心地がよく、官能的な肉づきをしている。「ゆうきくん……」 名前を呼ばれたが、そこに咎めるようなニュアンスは含まれていない。「南那ちゃん……。ああ、なんて素敵な抱き心地なのでしょう……」 情熱的に囁きながら、清純なグラドルのすべすべの背筋をやさしく撫ではじめる。「こ、こんなこといけない……。水着姿で出会い系アプリのハピメで出会ったセフレに抱きしめられるなど……」 色っぽいグラビアアイドルが心中の禁忌をそのまま呟いた。「な、なのに……。どうしてだろう……きみに逆らえなくなる……」 睫毛を伏せた困惑の表情。それでいてグラビアアイドルは目元まで赤くして、これから起こることを受け入れる覚悟が滲み出ているように映る。 どこかしらヤリマンのグラドルの様子も急におんならしさを帯び、可愛らしささえ感じられるようになった。もしかするとグラドルにはツンデレの素養があるのかもしれない。(ああ、あの菜々さんが、僕の腕の中で、期待しちゃっているよ……) 半ば信じられない想いで、なおも僕はすべすべの背中に手指を彷徨わせる。「ん、んぅ……んふん……」
 
 フェザータッチを駆使すると、性感を煽られてしまうのか、グラドルの女体がビクンと揺れる。それが愉しくて、手指の動きを徐々に大胆にさせ、さらに20代のグラドルの性感帯を探っていく。「ナナちゃんの背中、触っているだけで気持ちいいです……。すっごくすべすべで……指が滑るほどです」 俺は、ビッチなグラドルの生肌を摩りながら、早くも硬くペ〇スさせた下半身を花柄のパレオに押し付けた。「あん。こんなに硬くさせて……。わたしの水着姿に興奮したのか? それとも直接肌に触れたから?」 これ以上赤くなりようがない程、ほおを紅潮させながらも、グラビアアイドルが訊いてくる。(ああ、言わせたいんだ……。やっぱ、菜奈さんもおんななんだなあ……) 期待するような、何かを確かめるような眼差しに、僕はそれに思い当たった。 巨乳のグラドルの大胆な水着姿に自信がないわけでもなさそうだが、それを確信したいのだ。あるいは、ビッチなグラドルは自らの魅力自体を再確認したいのかもしれない。 そんなおんな心の機微を、俺は出会い系サイトのハピメで出会ったセフレのお蔭で読み取れるようになっている。「両方です。菜奈ちゃんの抱き心地にも、素敵な水着姿にも……」「どうして……女性は初めてではないのだろう……? 水着姿などTVや雑誌で見慣れているだろうに」 20歳のグラビアアイドルの瞳には理知的な光が宿っている。けれど、どこかやはりその眼は潤んでいる。セフレのグラビアアイドルのそんな表情は、たまらなく色っぽい。「それはナナちゃんだからです。南那さんの水着姿だから……」 セフレのグラビアアイドルの魅力の顛末をさらに行動で示そうと俺は、硬くさせたオチ○チンをごりごりとグラドルの太もものあたりにこすり付ける。 何かを言いかけた朱唇は、自らの口腔で塞いだ。「んんっ、はむううう、ん、んんんんっ」 薄めながらグラドルのふっくらした唇の熟れた甘さに驚きつつ、その感触を味わい続ける。 一瞬見開かれたグラビアアイドルの瞳が、うっとりと閉じられていく。ここぞとばかりに、20歳のグラドルの朱唇の間に舌先を運ぶと、ためらいがちに開かれ、薄い舌が出迎えてくれた。「ほううう、はむん、ちゅぴちゅ、むふん、はふあああ」 爆乳のグラビアアイドルの膨らんだ小鼻から漏れる息が、ひどく艶めかしい。 生暖かい口腔の中、歯の裏側や歯茎を刺激し、舌と舌を擦らせて、グラドルの官能を呼び覚ましていく。 息継ぎにようやく唇を離すと、互いの間に透明な唾液がつーっと糸を引いた。「ほふうっ。情熱的なフレンチキスだ……」 爆乳のグラビアアイドルのクールビューティが蕩け、凄絶な色香を匂わせる。たまらず俺は、再びその唇を奪いにかかる。 互いの唾液を交換しあい、温もりを感じあい、存在を分かちあう。「ああ、素敵だ。キスって、抱きしめられるって、こんなに素敵だっただろうか。どうしよう、このままきみに身を任せたくなっている……。でも、それってセクハラとか、パワハラになるか?」 瞼までほんのり赤く染め、ついに清楚なグラビアアイドルが本音を吐いた。「セクハラになんてなりません……。本当にいいのですか? 僕、本気で菜奈ちゃんを求めちゃいますよ」「本気もなにも、きみは、ずっとここをこんなにさせている……」 しきりにスレンダーなグラドルの太ももに擦らせているチ○コに、グラドルの繊細な手があてられる。 グラドルは恥ずかしげに美貌こそ僕から逸らしたものの、股間にあてられた手指は、大切なものを扱うように、強ばったズボンの上を摩ってくる。 大胆な行いでありながら、どこかもどかしいくらいおずおずとした手つきが、爆乳のグラドルの羞恥と貞操観念を物語っているようで俺の発情はいや増した。「ナナさんのおっぱい、触らせてくださいね」 僕の胸板にひしゃげているボリュームたっぷりの爆乳の胸を、僕はその側面から寄せ集めるようにむんずと捕まえた。「あ、ああ……。ほぅ、ほううぅ……」 sexフレンドのグラドルの零れ落ちる悦びの声は、どこか遠慮勝ちで控えめなもの。それでいて十分に、艶めかしい。 水色の花柄ビキニ越しには、ビッチなグラドルの乳肌のぬくもりや肌触りはさほど味わえないが、そのやわらかさや存在感は存分に味わえる。「すごいです。やわらかいのに弾力がすごい……。ああ、僕、南那ちゃんにいけないことをしていますね……」 大きな俺の掌にもあまる巨乳のおっぱいを、側面から頂点に向かってゆっくりとしごく。さらには、爆乳のグラドルの巨乳の胸を下方から持ち上げるようにして揉みしだき、その重さを実感した。 みっしりと遊離脂肪が詰まった爆乳のオッパイは、ほっこりぷるんと、僕の掌性感を悦ばせてくれる。「はふうう、あ、あうっ……。そう。これはいけないこと……。出会い系サイトのハピメで出会った男におっぱいを触らせるなど……。それもラブホで……ああ、なのに、わたしは、どうしたのだ……。おっぱいがどんどん火照ってくる……」 sexフレンドのグラドルとしてのの理性と教養が、出会い系サイトのハピメで出会ったセフレとの関係を躊躇わせるのだろう。それでいて俺の求愛を拒絶できずにいるらしい。 (信じられないけど、不思議な力でも働かなければ、菜名ちゃんにこんな淫らなことできるはずない……。ってことは、俺、本当に菜名さんとエッチやれちゃうんだ……!) ことここに到りようやく確信を持った俺は、なす術もなくおんなの本性を晒しているセフレのグラビアアイドルに心躍らせた。
 
(ななさんは徹底的にイキまくる……。そうか、このクールビューティが、僕の愛撫で、あられもなくよがり啼くのだ……!) 僕は、高まる期待を懸命に押え、その手指を清純なグラドルの爆乳の乳房からその細腰へ、さらには手を回し逆ハート形のヒップへと運んだ。「あっ!」 20代のグラビアアイドルの短い悲鳴の様な声が漏れるのを尻目に、僕はパレオとビキニごと魅惑の尻丘を両手でがっしりと捕まえた。(おおっ。なんてやわらかいお尻なんだ……) 揺れるグラドルののお尻を幾たびうっとりと眺めたものか。決して触れることのないと思っていた肉果が、現実に僕の掌中にあるのだ。「あうん……ああ、お尻をそんな……」 本能の赴くまま指を開閉させる。 爆乳のグラビアアイドルのひしゃげるヒップの触り心地は、巨乳のバストよりは硬く、お肉が詰まった感がある。けれど、男のそれよりも数万倍もやわらかいのだ。 グラビアアイドルの尻肌に吸い付く水着とパレオが渇いた衣擦れの音を立て、揉めば揉むほど薄布がTバック状によじれていく。(うわああ……なんだろうこのやわらかさ……。抜群の触り心地だ!) 硬すぎずやわらかすぎず、ふわっ、とろっ、もちっの絶妙の感触。グラビアアイドルのお尻とは、これほどまでに柔軟な触り心地であったのか、はたまたこれはグラビアアイドル特有のスペシャルな手応えなのか。「ふうん、ああっ、おかしい……お尻を揉まれてこんなに感じたことなかったぞ……」 元来、尻肉は、敏感な下半身の中にあって、さほど性神経は多くない。それでも、清純なグラビアアイドルが感じてしまうのは、出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレに触られている禁忌が加味されるからだろう。 頭脳明晰なちとせよしの似のグラビアアイドルゆえに、イマジネーションも豊かであり、結果、人一倍に神経を敏感にさせるのかもしれない。「もしかしてナナちゃんって、感じやすい方ですか? こんなにゴージャスなバディが、感じやすいだなんて、エロすぎて俺、たまりません!」 夢中でかわいらしいグラビアアイドルの尻肉をまさぐると、逆ハート形のフォルムが僕の手の中で自在に形を変える。「あうん、わ、わたしが、感じやすいだと……そんな淫らじゃないはずなのに……ああ、だけど、どうしてだ? こんなにお尻が火照る……あふうぅ、ビ、ビキニが……」 激しい揉みこみに、清純なグラビアアイドルの尻の谷間にさらにビキニが食い入っていく。それに気づいたグラドルはヒップを振りたくって、水着を元の位置に戻そうと、尻肉と布地の間に指先をねじこむ。 それを機会に俺は、手指をお尻から退かせると、グラドルの細腰へと滑らせていく。「あっ! ダメっ、今そこを触られたら……」 まるで魔法のように、僕に触られた場所から火照りだすのを戸惑うセフレのグラビアアイドル。ビクンビクンと女体を反応させる度、20代のグラドルはその仮面をはぎ取られていくように、甘い素の顔をさらけ出してくれる。「どうでしょう。この腰のくびれは……。すっごく深くて、とても女性らしいフォルムなのですね」 腹部からくびれのあたりを摩り、清楚なグラビアアイドルの魅惑のボディラインを確かめながら、ゆっくりと手指を前方へと移動させ、垂れ下がるパレオを潜り抜けた。「あ、ああん……」 やはり、グラビアアイドルはツンデレであるらしい。官能につかまれ、甘えるような声を抑えきれずにいる。グラドルはムチムチのナイスバディを、ぶるると震わせ、肌という肌を敏感にさせるのだ。 色っぽいグラビアアイドルのほこほこの温もりの下腹部からは、心なしか湿度までもが感じられた。「ああ、わたし、濡れているのだな……。この下腹部の違和感は……。ドキドキするから、ジュンって恥ずかしいほど濡れてしまうんだ……」 掌を縦にあてがうと、水着の下、シャリシャリとした手触りが感じ取れる。細い毛質が密に恥丘を飾っているのだ。 さらに手指をぐぐっと潜り込ませると、さらに湿度が濃厚になり、指先にも粘液らしきものが感じられた。「本当だ。菜名ちゃん、濡れている。少し愛撫されたくらいでも、感じてしまうのですね」 水着の股布に指先で円を描くと、清楚なグラドルの濃厚な女香が弾けこぼれる。「ほうううっ、ああ、ダメっ、っく、ふぬうぅ……っ!」 中指を掌の内側に巻き込む要領で、粘液が染み出すように縦筋のあたりをなぞる。 ビッチなグラビアアイドルの引き締まった女体が僕にしなだれかかり、びくびくんと震えた。可愛いグラドルは僕の胸板に美貌を擦りつけ、漏れ出る喘ぎを押しとどめようとするのだ。「おおおおおっ! すごい。菜奈ちゃん、色っぽすぎです。ちょっと触っただけで、こんなになっちゃうのですか?」「だ、だめなのだ。こんなこと久しぶりだから、敏感になり過ぎているのかも……」 わずかな愛撫でも、これほどの反応を示すちとせよしの激似のグラドルに、僕が我を忘れぬはずもない。知的オーラを身にまとい、グラドルのゴージャスこの上ない美貌と肉体で感じまくるのだから、僕の淫らな欲望がさらに膨れ上がるのも無理からぬ話だ。「もしかして、指先でこうされているだけで、イッちゃいます?」 言いながら指先を突き出し、再び縦筋のあたりをなぞっていく。しかも、今度は先ほどよりも圧迫の度合いを強め、水着をヤリモクのグラビアアイドルのおま○この筋に食い込ませるように中指を進めた。「ほうぅっ、ん、んんんっ、あうん、ううううっ。だ、ダメだ……。そんなにされたら、本当に恥をかく……」
 
 びくびくびくんとグラドルの女体の震えは、先ほどよりも派手なものとなっている。 ヤリマンのグラビアアイドルは甘い匂いの身体をぴったりと俺に寄り添わせ、股間を襲うその手にすがりつき、いかにも恥ずかしそうに美貌を伏せる。sexフレンドのグラドルのセンター分けのロングヘアが女体に合わせ悩ましく揺れている。 薄紅に色づきはじめた、グラビアアイドルのうなじや首筋からは、濃厚なフェロモンが漂いはじめた。「これ、脱がせてもいいですね? もっとナナさんを気持ちよくさせてあげますから……」 手指の可動域を広げるために、パレオと水着を脱がせたい。グラドルのの悩ましい肢体を目に焼き付けたい欲求がある。それでも、すぐ脱がせずに、あえて許可を求めたのは、美人のグラビアアイドルの羞恥を煽るためだ。「うん、いいよ……。わたしも、きみに抱かれたい……。ふしだらでもいい。この気持には逆らえそうにない……」 寄り添わせた女体が、少しばかり背伸びして、清純なグラドルの方からチュッと舌を絡めるキスをくれた。 邪魔なパレオのなくなったグラドルの生脚は、溜息が出るほど美しく、逆に息がつまるほどのエロチシズムを湛えていた。「ああ、恥ずかしい。そんなに見るな……」 グラドルは両の掌をこちらに向けて下腹部を必死で隠し、腰をクネらせている。それもそのはず、かわいらしいグラビアアイドルは水着のパンツも脱がされてしまったため、心細いわ恥ずかしいわで、じっとしていられないのだ。「見るなもなにも、菜々ちゃんのこんな悩ましい姿、見ないわけにいきません」 そう言う僕も、既に全裸になっているため、すーすーする股間がやはり気になる。真夏だけに寒くはないが、恥ずかしさは伝染するものらしい。「さあ、ななさん。もっとこっちに来て。そこに立ってください」 照れ隠しの命令口調。相手がセフレのグラビアアイドルであるために、スリルのようなドキドキが感じられる。sexフレンドのグラドルも、今は色っぽくほおを紅潮させ、その指図通りにしてくれる。「テーブルに後ろ手を突いて、腰を前に突き出して!」「そんな恰好をさせるなんて、わたしを辱めたいのだな……」 口調だけは相変わらずだが、恥じらう姿はまさしくおんな。それでもヤリモクのグラドルは、意を決したように、僕の求め通りの姿勢を取った。 ラブホテルの部屋の中央に据えつけられた、楕円形の3名ばかりが席に着けるほどのテーブルに、グラビアアイドルは後ろ手を突き、美脚を逆Vの字に伸ばすように、腰を浮かせる姿勢を取った。 俺は、グラドルのの美脚の間ににじり寄ると、椅子にどっかと腰を降ろし、前かがみになって、まじまじと清純なグラドルの下腹部を凝視した。「あっ……」 目と鼻の先に露わとなっているのは、むき玉子のようなつるんとした肢体。恥丘のみが、薄めに生えた漆黒の陰毛に覆われている。 スタイルのいいグラビアアイドルの素晴らしい女体に、僕はごくりと生唾をのんだ。「そんなにじっと見るな。そこは一番恥ずかしいところなんだぞ……」「なぜ恥ずかしがるのですか? ななちゃんのおまんこ、すごくきれいです。」 セフレのグラドルの爆乳のおっぱいの豊満さに負けないくらいムチムチと発達した太ももの奥で、やわらかいアンダーヘアに飾られた縦割れ。シミひとつないないばかりか、グラドルのきめ細かい肌の太ももよりもさらに瑞々しいクレヴァスが、美しくピンクの唇を上品に合わせている。 セフレのグラビアアイドルが何人の男たちとエッチ経験があるのかは判らない。セフレのグラビアアイドルは例え処女であってもこれ以上新鮮なオマンコはあり得ないだろうし、逆に悦びを知り尽くした女でも、これほどの官能美に満ちてはいないだろうと思える。 先ほどの覗きでは、ただグラビアアイドルの裸身の素晴らしさに見惚れるばかりであったが、今はその震えがくるほどの美しさと初々しさを放つ、細部の造形のことごとくまでを目に焼き付けている。「ああ、顔、近過ぎ……本当に恥ずかしいのだぞ……それに、荒い鼻息がくすぐったい!」 ちとせよしの激似のグラビアアイドルの鮮なオマンコが、じゅくじゅくと透明な蜜汁に濡れ光りひどく淫靡だ。 セックスフレンドのグラドルが、オ○ンコを晒す恥ずかしさはいかばかりか。そもそもおんなを淫蕩にさせる器官を、理知的なグラビアアイドルが持っていること自体不思議に思える。「菜名ちゃん、もうぐしょ濡れじゃないですか……蜜をこんなにあふれさせて……」 海苔のように下腹部に張りつく繊毛が微かにそよいだ。激しい視姦をおま○こで敏感に感じ取り、グラドルはかえって女体を火照らせているのだ。「もう南那ちゃんは止してくれ……今は菜名と……。ほら、いつまでも見てばかりいないで……こんなことわたしからお願いするのは、とても恥ずかしいけど……」
 
 セフレのグラドルの美脚がさらに大きく開かれた。白魚のような指が、自らの股間に降りてきて、じっとりと露を含むおまんこを人差し指と中指を使って左右にくつろげるのだ。「こ、ここを……触って……ください」 ついにグラドルの口調もおんならしい従順なものに変えさせ、自らの股間を覗きこむようにして、じっと俺を見つめてくる。(ああ、眼差しでも懇願している……) たまらずに僕は、ほおの手指をひらめかせた。「ななちゃん……」 望まれた通りその名を呼んでみるが、何となく気後れして「さん」をつけてしまう。それでも、ヤリモクのグラビアアイドルのもう一つのおねだりには、きっちりと応えるべく、中指を縦に伸ばし、亀裂に沿ってそっと撫であげる。「ここですか? それともこっちの方が、気持ちがいいです?」 グラビアアイドルに尋ねながらも、花びらを摘むようにして、親指と人差し指の腹で揉みつぶす。 ヤリマンのグラドルのオマンコの頼りなくもふるふるの感触は、羽二重餅を連想させた。(うわあっ、マン肉、ぷっくり、ぷにぷにだあ!!) その感触だけでも、僕は背筋を震わせてしまう。なんせこのマ○コの持ち主は、グラドルなのだから。グラビアアイドルは柳眉を八の字に寄せ、下唇をかみしめ、快楽に溺れまいと耐えているようにも映る。けれど、グラビアアイドルの艶声と表情は、明らかに官能的で悩ましい。「ああ、っくふぅ……ん、あ、ああん……ふぅんっ、んっく……」「菜奈ちゃん感じますか? もっと淫らに感じてください!」 乾いた喉から声を絞り出し、グラドルのマンコの縦割れの左右を飾るピンクの肉花びらに指先を進めた。フルフルと頼りなくそよぐまんこの表面に、指の腹で八の字を描き、さらには表面の細かい皺を辿るようにあやしてやる。「んんっ……くふっ、はっく……ふむう、ひうう……んぐぐくふぅ……」 次々に漏れだしてしまう艶声を抑えるように、グラビアアイドルの細首が儚く左右に振られる。それでも?みしめていた唇は徐々にほつれ、妙なる淫声を聞かせてくれる。うっとりするほどの反応に、俺は股間に彷徨わせていた手指を、ヤリモクのグラビアアイドルのまんこの中心に突きたてた。「んんっ……!」 熱くぬかるんだまんこに、指を包まれる感覚。しかも、セフレのグラドルのおまんこは無数の肉襞がひくひくと蠢いて、指肉にまとわりつく。「うああっ! 菜奈さんのお○んこ、すごい! 僕の指が奥に持っていかれるっ!」 あっけにとられた俺のセリフに、泣き出しそうな表情で、清楚なグラビアアイドルが首を振った。色白の整った美貌は、せいろで蒸されたように見る見るうちに紅潮していく。「いやっ……。そんなこと言っちゃいやっ」 ちとせよしの激似のグラビアアイドルは己のふしだらさに狼狽した。さらにおんなっぽさを露わにした声を上げた。グラビアアイドルは弱々しく左右に首を振った。けれど、その声とは裏腹に、肉体は確実に歓んでいる。ま○こが別の生き物のように蠢き、俺の手指をさらに奥へ奥へと引きずり込むのだ。「ナナさんの膣中、熱いです……。熱くて蠢いていますよ……」 灼熱の坩堝と化したグラビアアイドルのオマ○コに、風を送るように右手中指を抽送しはじめる。左手は、ヤリマンのグラドルの肉付きのよい臀部にあてがって、支えながら揉み回す。「ふああぅ……あはあ、ああん……ど、どうしよう……気持ちいい!」 ついにグラドルの朱唇が、あからさまな喜悦を漏らした。セックスフレンドのグラドルはかみ縛っていた歯列をほつれさせ、歓びの喘ぎを響かせる。「なんて色っぽい声! 魂が震えちゃいます」 興奮を隠せなくなった俺は、ねっとりと弄ぶ手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけたラブジュースがぴちゃぴちゃと飛び散った。「あううぅっ、あ、ああ、そこ激しいっ、ああァ……ああああん!」 スタイルのいいグラドルのマンコの入り口付近の浅いところを筒状に沿ってたっぷりとあやしてから、その矛先を深部へと向ける。「南那さん、どうです? 気持ちいい?」「い、いいっ……。ああ、どうしよう、すごくいいっ!!」 ちとせよしの激似のグラビアアイドルは飢えたように、快楽を貪る。奔放に欲情を露わにし、上品で理知的なスタイルのいいグラドルの仮面をかなぐり捨て、淫らなおねだりを繰りかえす。「そこよ、ああ、もっと、そこを……。いいの、気持ちよすぎちゃうの! ああ、南那、おかしくなるぅ……」「ここですか? ここですよねっ。ほらこうですか。ほら、ほら、ほら……!」 嬉々として応え、指戯のリズムを速める。内奥からラブジュースをかき出すように、手指を蠢かせ、手首を捏ねまわす。マンコと指先の擦れ合うクチュクチュという淫音が、ビッチなグラビアアイドルを悦楽の頂点へと導いていく。「ああん……いいっ、ねえ、いいの……。はあっ、あ、あああ!」 セフレのグラビアアイドルの艶声が、さらに大きくなっていく。肉孔に差しこんだ中指が、柔肉によって小気味よく締めつけられた。「ナナさんっ!」
 
 興奮に居たたまれなくなった僕は、もう一方の手指をつんとしこったちとせよしの似のグラビアアイドルのピンク色の突起へと運び、やさしくあやした。「ああ、ダメ、ダメっ、そこはしないでぇ……ひいっ、そ、そこは敏感すぎるのぉ……あひぃ、しないで、そんなにしないでぇ……」 ルビーに尖る肉豆を弄びながら、20歳のグラドルの火照った膣穴に挿しこんだ指を、大胆かつスムーズに柔肉の奥まで潜りこませ、なかに溜まった媚汁をねちっこく?きだす。「いやぁ、堕ちてしまいそう……。ああん、ダメぇ、ダメぇっ……」グラドルは啜り啼くように哀願するのは、このまま続けられたら、異常に膨れあがった快感と興奮の行き着く果てに想像がついたからだろう。「んほおおッ!……もうッ、もうっゆるしてッ」 ビショビショになった自分の右手をチラッと見て、俺はやわらかく微笑んだ。「もうイキそうなのですね、ななさん。いつでもイッていいですよ……」 僕の指は休むことなく動きまわり、グラビアアイドルのおまんこを強烈に刺激しまくる。敏感な内ももにキスまでくれると、かわいらしいグラビアアイドルはついに身体中を性の悦楽で満たしきった。「ほおおおっ、あああ、感じるっ……。どうしよう、本当に恥をかいてしまいそう」 ぶるぶるとsexフレンドのグラドルの太ももが震えだし、しきりに僕のほおにあたっている。 ふつふつと湧きあがる快感に、ビッチなグラドルの足の裏が拳を握るようにギュッと丸まった。次々に襲いかかる喜悦をやり過ごそうと、ふくらはぎをググッと充実させている。 小刻みに腰をよじり、お尻を振っているヤリマンのグラビアアイドルは、少しもじっとしていられない様子で、扇情的なよがり声をあられもなくラブホに響かせている。「あ、ああぁ、あん……か、感じる……あぁ、だめっ。おかしくなりそうぅっ」 グラビアアイドルのやわらかな肉びらを指で挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、指から滑り落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。「ひゃああ、だ、だめぇぇぇ……そ、それ、響いて、切な過ぎるぅっ」 戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。セックスフレンドのグラビアアイドルのおめこ全体がいやらしくヒクついている。紫色のお尻の孔までが、ぎゅぎゅっと絞られ、爆乳のグラビアアイドルの女体の緊張がそれと知れる。「菜奈ちゃん、肉芽、こんなに充血させて……」 刺激され包皮から顔を覗かせた肉豆を、再び指先でツンツンと小突いてやる。すぐに、ビクンビクンと鋭い反応が返ってきた。「ひうんっ、あ、ああ……そ、そんな意地悪ばかりぃ……」 指先であやしながら、そのまま無防備となったグラドルのマ○コに指を二本にして再びねじ込む。左の人差し指でめしべの周囲をやさしくこね廻すと、オマ○コがきゅうっと収縮して、埋め込んだ指が締め付けられる。「ああ、いやっ、そんなにかきまわしちゃだめぇ……はぐぅ、陰核も……もうダメっ……イクっ……ああ、イッちゃうぅ~~……っ!」 あられもなく切羽詰まったsexフレンドのグラビアアイドルを尻目に、すっかり頭に血を昇らせた俺は、セフレのグラドルの制止も聞かず、人刺し指の先で可憐なクリトリスから薄い包皮をクリンとむいた。「あ、ひぃいいいいいっ!」 清楚なグラドルの一際甲高く上がった悲鳴は、痛みのためではないはずだ。その証拠に、峻烈な淫波に打たれたグラドルの美貌が、強ばりながらもぐぐっと淫らに天を仰いでいる。休む間を与えず、むきだしのチンポを親指と人差し指に軽くつまみ、甘くすり潰した。 爆乳のグラビアアイドルの背筋が大きく撓み、ぶるぶるぶるっと大きく震えた。「ふむうぅっ、おおぉおっ……おおおおんっ……」 僕の魂を抜き取らんばかりのよがり啼きは、さらに啜り啼きへと変化した。「はん! ああぁ、だめよっ……もう許して、なな、イクっ、ああ、イクうぅっ!」 欲情しきったおんなの凄まじさを、はっきりと爆乳のグラドルは晒していた。右手で自らのロングヘアをつかまえ、キリキリと身をよじって泣きじゃくる。美貌をくしゃくしゃにしてよがり崩れるグラドルは、ひどく妖艶だった。 俺は、グラドルのひくひくと喰い締めているおまんこからゆっくりと指先を退いた。 しかし、肉豆にあてがったままの手指はそのまま肉萌を、ぬちゅん、にゅちゅんとあやし続ける。「ひうっ! ……だ、だめっ、イッたばかりで、そこは敏感すぎる……」 途端に、グラビアアイドルの腰高のムチムチお尻が左右に踊る。「ひやぁぁっ! だめ、だめ。本当にだめっ……また恥をかいちゃう……」「いいじゃないですか。恥をかいても。イキ乱れる菜奈ちゃん、ものすごく色っぽいのだから……」「いやよ、恥をかくのなら今度は、きみと一緒に……。お願い、ね、そうして?」 一度イキ貌を晒したせいか、セフレのグラビアアイドルが大胆なおねだりをしてくる。もちろん、僕に異存あろうはずもない。 朝から出会い系アプリのハピメで出会った別のセフレたっぷりと中出ししてきたものの、グラビアアイドルを弄ぶ興奮に、コチコチになったチ○ポを早く沈めたくてうずうずしている。「それじゃあ、今度は逆向きに手をついてください」 セフレのグラドルのぱーっと赤みを帯びた首筋が、こくんと縦に振られた。
 
 僕の手助けを借りながら、ちとせよしの激似のグラドルは応じる。女体を持ち上げたかと思うと、くるりとその身を反転させ、その上半身を折り曲げてテーブルに両手をついた。 従順なビッチなグラビアアイドルにゾクゾクしながら、俺はその背筋についたチューブトップのホックを何の前触れもなく外した。 ちとせよしの激似のグラドルの前屈みの女体から、ボタンの花が落ちるが如く、はらりとビキニが床に落ちる。 途端に、ビッチなグラビアアイドルの深い谷間を作っていた爆乳のおっぱいが、釣鐘型に垂れ下がり、ふるんふるんと上下に揺れた。「ああ、ちょうだい。きみのチ○コをわたしのお○んこに……」 グラビアアイドルの薄い上品な唇が、淫語を口にする。出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの男の興奮を誘うために、グラビアアイドルは意図的に口にしているのだろう。 ビッチなグラビアアイドルは左右に張り出した婀娜っぽいお尻をぐいっとこちらに突きだし、くなくなと細腰を振ってくる。 たまらず僕は、美臀に飛びついた。「きっと、わたしのマンコかきまわされ過ぎて、きみの目の前で緩んで、いやらしく口をあけているのだろう?」 爆乳のグラドルは身をよじり、背後の僕を拗ねたように睨みつけてくる。けれど、ツンデレのグラビアアイドルの眼には、おんならしい甘えと上品な愁眉しか含まれていない。「ええ。ぱっくりと口を開けて、いやらしく中でうねっています」 嬉々として俺は、蹂躙されてなお唯一無二の美しさと初々しさを誇る美しいグラドルの花唇の光景を実況してやる。「ほ、本当に恥ずかしい……。でも……ほら、お願いだから早く挿入て。きみのオチンチンを緩んだわたしのおま○こに……」 イマジネーションを逞しくさせ、セフレのグラドルが我が身を羞恥で焼いている。「うん。挿入るね。僕も、ななさんとつながりたい!」 すでに十分以上に硬度を得ているオ○ンチンを自らの手でしごく。鮮烈な淫波が全身を覆い尽くし、そのまま一気に昇りつめたい衝動に駆られた。 無言のまま腰を突き出し、スタイルのいいグラドルの縦溝に切っ先を導く。「ああ、わたしたち契るんだね……」 ちとせよしの激似のグラビアアイドルは少し古風な物言いをして身悶えた。「そうです。菜名さん。ひとつにつながりますよ」 先走り液で汚れた亀頭をマン汁まみれのおめこにくっつけ、そのままおまんこをなぞった。 ぬぷ、びちゅり──っと卑猥な水音を立て、やわらかな肉びらを巻き添えに、オ○ンチンの切っ先を挿入させる。「あうあぁああっ!」 爆乳のグラビアアイドルの艶めかしい呻き。粘膜同士が触れあった瞬間、互いの境界がなくなっていくような感覚に酔い痴れる。「挿入ってくる……挿入ってきちゃう!! sexフレンドのち○こがわたしの中に……」 さらに腰を繰り出すと、ビッチなグラドルがぶるぶると女体を痙攣させた。「んんんんんっーーーっ!」 これだけのナイスバディが、しばらく放っておかれたらしく、グラドルのおまんこは処女の如く狭隘だった。「おっきい……ああ、大きなおちん○んで、拡げられているっ」 僕は、お○んちんがオマンコを切り開く様を連想した。押し拡げられていくグラドルには、もっと強い衝撃だろう。勃起ペニスを奥へ奥へと受け入れながら、ふるふると艶臀が震えている。大きな質量に驚いたグラドルの膣襞が、きゅんっと甘く収縮した。「俺が大きいのじゃなくて、菜奈ちゃんが狭すぎなのです」 狭いチューブに、ずるずるずるっと滑り込ませる快感。しかも、そのチューブは、複雑な起伏と蕩ける滑らかさで、凄まじいまでの具合のよさを実現している。「ヴわああ、す、すごい! ナナちゃんのお○んこ、最高のハメ具合ですっ!」 チ○コ全体が深くやわらかく、細かい襞が幾重にも密集し、しっとりと吸いつき、むぎゅうっと締めつけてくる。 ぬるっとしながら熱を帯びた、最高級のシルクもベルベットも及ばない、極上の膣粘膜が瑞々しくもねっとりと吸い付いてくるのだ。 イキ極めてすぐのマンコには、細かな蠕動も起きていて、まるでオチ○チンをゼリー状の細かな突起で舐められているようにも感じられる。 感触ばかりではない。 背後から獣のように、色っぽいグラビアアイドルを犯している悦び、精神的充足感は凄まじい。 ぴちぴちとした、身の締まったセフレのグラドルの眩いばかりの裸身。 セックスフレンドのグラビアアイドルの犯しがたい気品と優美さを湛える顔立ちと、十人の男とすれ違えば、十人全てが振り返るであろうほどの素晴らしいプロポーション。 巨乳のグラビアアイドルのの爆乳のおっぱいなどは美しい隆起を微塵も崩さずに張り詰め、見事なまでにキュンと上向く魅惑のふくらみなのだ。ビッチなグラビアアイドルの尻肉のふわとろのやわらかさと弾力も凄い。 かくもゴージャスで、知的で、しかも超絶エロボディの爆乳のグラビアアイドルと一つになれた歓びが、僕を必要以上に高ぶらせる。「はうううううっ。ま、まだ挿入ってくる? あ、あああああああああっ!」 膨れ上がったちんちんをしこたまマンコにこそぎ付けるようにして、残りのち○こを埋め込んでいく。 懸命に歯を食いしばり、付け根がビッチなグラビアアイドルのマシュマロのようなお尻にまで到達するまで押し込んだ。「ふ、深い……わたしの……ちとせよしの激似のグラドルの奥にまで届いているっ!」 粘膜同士が互いの熱で溶けあい、なくなっていきそうな快感。ちんことおまんこの性神経が直結してしまい、少し身じろぎするだけでも凄まじい漣が湧き起こってしまうほどだ。
 
 何という肉体だろう。ヤリモクのグラビアアイドルはこれほど美しいくせに、こんなに官能的で甘美であろうとは。「ああ、うそっ。こんなセックス知らない……。セックスってこんなに凄いものだったの?」 スタイルのいいグラビアアイドルのマ○コは、僕のちんぽにぴったりとすがりつき、互いの寸法にあつらえたように収まっている。「どうしよう……。こんなSEX覚え込まされたら……クセになってしまいそう」「うれしいです。僕、菜々さんのこのお尻に見とれていたのですよ」 正直に白状すると、スレンダーなグラビアアイドルの潤んだ瞳がこちらに向けられ、色っぽく微笑んだ。「知っていた……。きみの視線、いつもナナのお尻に張り付いていた。熱くて、恥ずかしいのに、不思議と不快じゃなかった……」 20代のグラビアアイドルのクールな美貌が蕩けると、これほど扇情的になることを、俺ははじめて知った。 自分の知らないグラビアアイドルの姿を、俺は驚嘆と劣情のこもった眼差しで見つめた。「好きです。僕、ななさんのこと好きです……」 ねっとりとちんちんを熱いおま○こで包み込まれていると、自然とグラドルを愛する気持ちが湧き出てくる。そもそも嫌いなおんな、興味のないおんなと関係を持つ男はいない。好みのタイプであり、そそられる相手だからこそ、追いかけ、モノにしたいと望むのだ。(二人とも愛しているから、許してください……) ついこの間まで、自分を草食系と自認していた僕だけに、いささか調子よすぎると思わぬでもないが、胸の内のどこをどう探ってもそれが偽らざる気持ちなのだから仕方がない。「わたしも……。ななもきみが好き……。ああ、カラダの火照りが胸まで熱くさせる……ゆうきくんっ!」 初めて下の名を呼ばれ、俺の昂ぶりも頂点に達した。ペ〇スから伝わる極上の感触を耐えることもままならない。 たまらずに、べったりと爆乳のグラドルのマシュマロヒップにつけていた腰部をずるずるずるっと退かせると、抜け落ちる寸前で一転、ゆっくりとまた熱い膣洞へと埋め戻していく。 ことさらスローテンポを心がけ、清純なグラドルのマ○コの隅々までに亀頭エラやゴツゴツしたおちん○んを擦りつけてやる。「あ、あああぁぁぁぁあああぁ……あ、はぁ……んんっ……んんんんんんんんっ……」 ちん○んがずるずるずるっと抜き挿しされる度、グラビアアイドルの口からは長い悲鳴のような溜息のような声が漏れる。「菜々さん……ああ、ナナちゃん好きです……大好きです……」 溢れんばかりの愛しさに、獣欲が加味され、俺の理性は焼き切れていく。「あぁ、俺、いい……ねえ、いいよぉ……スローな出し入れにも、きみの愛情が感じられる……。南那のオマンコ、好きに使っていいよ……俺の想いを……清純なグラドルにぶつけて……ああ、ゆうきくん!」 いかにも愛しげに繰り返し名前を呼んでくれるセックスフレンドのグラビアアイドルに、俺は硬く、太く、熱いお○んちんの抽送を速めた。 勢いよくグラドルの膣肉をかき回し、抉り、捏ね、打ち付けて、雄々しいオチン○ンの存在感を20歳のグラドルに味わわせてやる。「ああぁ、すごい……僕……すごい……ああ、激しいの素敵だ……ああぁっ……」「菜名さんもすごいです……。こんなにトロトロで……温めたゼリーに出し入れさせているみたい!」 セフレのグラドルのマ○コが妖しくさんざめき、肉襞がそよいでおちん○んをくすぐってくる。猛々しい合一を悦び、熱烈に歓迎してくれるのだ。「とろとろでやわらかいのに、ちゃんと締めてくる! ぬるぬるしているくせに吸い付いて……うぐぅっ! まだ吸い込まれますよぉっ!」 ぐるぐると膣内を捏ねまわすようにしては、グラドルのふかふかのヒップに強く恥骨をぶつけ膣奥を突き上げる。 ちん○んの切っ先が、がつんと底を突いた手ごたえがあった。「ほうぅううううっ!! あ、ああああああああぁ~~っ!」 甲高くビッチなグラビアアイドルが呻いた。 白い歯列を、がちがちとかみ鳴らす音が響く。「こんなに深いの、はじめて……。菜名の一番奥まで……あぁっ! はああん! あん、あぁ、だめ、たまらない……。またイキそう……あ、ああぁ」 切羽詰まった様子のグラドルに、僕は入り口近くまで引き返し、そこから一気に子宮口を突き上げるロングストロークを繰り出した。「あはああああああああぁ……イ、イクっ! あぁ、ズンってくるの、すごくいいっ! あぁ……奥まで……いいのぉ……イク、菜々、またイクぅうううっ!」 わなわなと女体を震わせてグラビアアイドルがアクメを極める。強烈な喜悦に、ヤリモクのグラドルのむっちりとした太ももが鳥肌を立てぶるぶると震えている。 俺とて深い悦びは同じだ。際どく射精だけは免れているが、頭の中では色鮮やかな火花が何度もさく裂している。(またひとり高嶺の花が、僕のものに……。菜奈さんが、僕のち○ぽで喘いでいる!) 幾度妄想したか知れぬ願望が、またしても叶ったのだ。
 
 獣欲に駆られた僕は前屈みになり、グラドルの紡錘形に垂れさがった大きなグラドルを掌にすくい取った。 容のよいセフレのグラドルの爆乳の乳房は、Fカップはあるだろう。 そのまろやかな爆乳のおっぱいが、ずっしりと僕の掌を埋め尽くす。驚いたのは、その手触りのよさだった。ヤリマンのグラドルの美肌には気づいていたが、そこに巨乳のオッパイ特有のやわらかさと弾力が加わると、この世のモノと思われぬほどの感触で、俺の手指性感を悦ばせてくれるのだ。「うわあああ。何、このおっぱい。シルクよりもしっとり滑らか……。掌に吸い付いてくる感じといい、ふわとろのやわらかさといい……。ななさん、こんなにエロイおっぱいしていたのですね……」 僕は心ざわめかせながら、グラドルの爆乳の乳房のやわらかさ、弾力を確かめるように、むにゅりと手指で潰していく。「あ、ああん……。南那、おっぱいも敏感になっている!」 その言葉通り、グラドルは乳白色の背中にざわざわと鳥肌を立たせている。 よがり啼くヤリモクのグラビアアイドルを尻目に、僕は夢中でその魔性のふくらみを揉みしだく。否、揉み続けずにはいられないほど心地いいのだ。 ちとせよしの似のグラドルの硬くさせた乳首が掌底に擦れるのが判る。開いては閉じるを繰り返すと、セフレのグラドルのなめらか乳肌の下で、スライム状の遊離脂肪がむにゅにゅにゅっと移動していく。行き場を失ったスライムは、指と指の間を埋め尽くし、得も言われぬ感触で応えてくれた。「ああ、菜々さんのおっぱいやばすぎる! なんていいおっぱいなんだ!」 僕は清楚なグラビアアイドルの爆乳のおっぱいから手を放すことができなくなっていた。とっておきの好物を取っておくつもりでグラドルの爆乳のおっぱいへの愛撫を自重してきたが、いざ直接触れてしまうと、あまりにも魅力的すぎる感触に、激情の全てをぶつけた乳揉みを繰り返してしまうのだ。「すべすべして、ずっしりふわふわで、おっぱいって、菜々ちゃんのおっぱいってこんなに官能的なのですねっ!!」 浮かされたような俺の声が、そのまま乳肌に染み入るのか、グラビアアイドルもそのふくらみを熱くさせ快感に溺れている。勃起を咥え込んだまま下半身を、はしたなくもじもじさせ、僕の腰部や太ももに甘く熟れた艶尻をぐじゅぐじゅとなすりつけている。「うおっ、オマンコに擦れてる。そんなにもじもじされると、挟まれたオチンチンがよじれてしまいます……」「だ、だって、じっとなんか、していられない。切なくて、勝手に腰がくねってしまう……」 グラビアアイドルはじれったそうに女体を揺すらせ、抜き挿しを求める。グラビアアイドルのマンコも複雑な蠢動を繰り返し、律動を促してくる。「それじゃあ、また出し入れさせますね! いっぱい、いっぱい突いてあげますから、はしたなくイクのですよ!」 囁いてからぐりぐりと腰でのの字を描き、再びセックスフレンドのグラドルのマンコを抉りたてた。「うぐっ……あ、はん……。ああ、もっと、もっと激しく、激しくぅっ!」 単調な抜き挿しにならぬよう、入り口付近で小刻みにあやしてから、ずぶずぶずぶんと一気に埋め込む。「あ、感じる……感じてしまう……あっ、あっ、ああああああぁぁぁっ」 括約筋に引っ掛けるように擦り上げ、押し込んでいく。それが「いい!」と、ヤリマンのグラドルの兆した声が妖しく震えながら呻吟する。 あまりの喜悦におんなの嗜みを忘れ、20代のグラドルも艶尻を練り腰でクナクナとくねらせている。しかも、挿入させた膣中では、快楽を搾り取るように、セックスフレンドのグラドルは肉襞をヌチュヌチュと蠢かせているのだ。「や、やばすぎです! 菜奈ちゃんのお○んこ、気持ちよすぎ!」 僕がほめそやすたびマンコは、うれしいとばかりに締めつけ、蠢き、吸いついてくる。しかも、セックスフレンドのグラドルは、群発アクメにさらされ、オ○ンコを快感痙攣にわななかせて、僕を官能の道づれにするのだ。「はううううっ、ああぁ……だめ、またイク……ああぁ、またっ……イキ過ぎて、壊れそう……っ!」 セックスフレンドのグラドルは啜り啼くように、喘ぎまくる。爆乳のグラドルはロングヘアをおどろに振り乱し、襲い掛かる目くるめく悦楽に溺れている。ナイスバディを純ピンクの発情色に染め上げたグラビアアイドルは、凄まじく淫靡でありながら神々しいまでに美しい。「ぶわあああ、もうだめです! でるよ……でちゃう……菜名ちゃん……」 射精衝動を堪えるのも限界だった。おちん○ん全体がやるせなく疼きまくっている。「でそうなの? ああ、だして……かわいいグラビアアイドルの奥に、いっぱい……僕の精液……」「ヴあああああ……。出る、でるよ! 大好きな菜々さんのま○こに……いっぱい……ぐわあああああ……イクっ!」 俺は、細身のグラドルの太ももの付け根に両手をあてがい、ぐいぐいっと引きつけた。 根元までの深挿しに、ぞわぞわぞわっと背筋を鮮烈な快感が走る。受精態勢を整えるオマンコも、その収縮を一段と増した。「きゃううううっ!」 セフレのグラビアアイドルの朱唇から兆しきった淫声があがった。 荒々しいストロークに、本格的なアクメを迎えたらしい。 グラドルの官能に蕩けた熱い女体を背後から抱きしめるようにして、俺もまた凄まじい絶頂を迎えている。「ひ、ぎいっ! ああああああああああぁぁっ! あ、ああっ! 熱いのを奥に浴びてる……熱いっ……ああ、熱いっ! あ、ああああああああああぁぁんっ!!」 そして俺が「う、ああ、出すよ」と言いながらグラビアアイドルのおめこの中にスペルマを勢いよく中出しした。びくびくんとスリムなグラビアアイドルの白い背筋が痙攣し、ま○こがチ○コをひしとばかりに締めつける。 俺の精子を一滴も残さずに搾り取る勢いだ。
 
(す、すごい! これが熟れたおんなの本性!! なんて色っぽいのだろう) グラドルの貪婪な変貌ぶりにど肝を抜かれながら、俺は二度三度と激しい痙攣のような放出を繰り返す。「ああ、すごい量っ……菜奈の子宮いっぱいに、精子が……。あうぅ、なな、またイクッ……いっぱいの精子に溺れて……イクぅぅぅッ!!」 連続アクメに晒されたグラドルが、女体のあちこちを痙攣させている。 僕は、膣奥に留めさせたまま、玉袋に残る全てのザーメンを迸らせ、グラドルに中出しする悦びに浸った。 グラビアアイドルのオマ○コを隅々まで満たした本気汁と精液は、ついにはその多量さに入り口から溢れ、ラブホテルの部屋のタイルにどろりと滴り落ちた。
 
出会い系サイトハピメでのsexフレンドのグラビアアイドルとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






































 
今回セフレのグラビアアイドルといますぐタダマンsex出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチできるきれいな女の子と出会ってセフレにしてただまんエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハピメのような出会系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.