deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】セックスレスの爆乳若妻と不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕はあいわらず出合い系サイトで綺麗な女と出会いまくって、ただまんsexをやってヤりまくっています\(^o^)/
 
さて、今回は出会いまくれる大手の出合い系アプリのPCマックスで出会った水卜麻美似のセックスレスのぽっちゃり爆乳若妻と千葉県銚子市で会ってsexフレンドにして不倫中出しsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいSNSのPCマックスで出会った女は奥さまで、名前はカズエさんといい、顔は水卜麻美似のとても美人でした((^┰^))
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの主婦のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでの30代の若妻の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
水卜麻美似の主婦とは、出逢い系アプリのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、銚子駅近くの洒落た個室居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホに行ってタダマンセックスをしました。
 
僕と30代の奥さんが千葉県銚子市の銚子駅近くのラブホテルの部屋に入った。俺は奥さまのしっとりとした手に触れた瞬間、理性が一気に焼き切れた。「かずえちゃん、ごめんなさい。一度だけ触らせてください!」 俺は突然、グラマーな奥さまの魅惑のお尻を鷲?みにしてしまった。まるで思春期のような欲求に、抗えなかったのだ。「きゃあっ!」 途端に、水卜麻美似の若妻の悲鳴が上がった。思いがけぬ痴漢行為に焦ったようだ。「うわあぁっ」 驚きながらも僕は、セフレの専業主婦の肉感的な女体をとっさに抱きとめていた。 気がつくと水卜麻美似の奥様が、腕の中で身を震わせている。「あっ……あっ……」 若妻は何か言おうとしているが、さすがに動転しているようだ。「ごめんなさい。カズエさん、僕がバカな真似したから……もう大丈夫ですよ……」 宥めるように、声をかけた。腕の中、爆乳の奥さまが罠にかかったウサギのように震えている。だからこそ、かえって俺は、落ち着きを取り戻すことができた。(なんて、ふんわりしているのだろう……) 人妻の豊かな巨乳の乳房が胸板に、やわらかくあたっている。奥様の肉感的な身体もあつらえたようにすっぽりと腕の中に収まり、最高の抱き心地だ。けれど、アラサーの人妻はいくら豊満に見えても、やはり女性らしく、骨格は華奢だった。刹那に消えゆく初雪を抱きしめているような儚さなのだ。「はうん……」 俺は若妻の身体をもっと実感したくて、つい腕に力を込めた。 強く抱きしめたためか、清純な若妻のぷるんとした唇から苦しげな呻きが漏れた。その響きがとても悩ましく感じられ、興奮をそそられた。「すごく、いい匂いなんですね……」 鼻腔をくすぐるのは、バニラビーンズをベースにした甘い香り。控えめな香水は、青果を扱う日常では決して用いぬもの。そんな特別感が、よけいに僕の男心をくすぐる。「ゆうきくん……そんなに強く抱き締めないで……」 パイパンの奥さんを窒息させてしまいそうなほどの力強さは、けれど、心地よい安らぎを与えているはずだ。奥さまの扱いは、しっかりと教わっている。それ以上に、いつまでも腕の中にいて欲しい率直な気持ちが、若妻をうっとりとさせるのだ。 事実、セックスフレンドの人妻のの美貌を覗き見ると、漆黒の瞳が妖しく潤んでいた。「ねえ、ゆうきくん、苦しいわ」 その言葉に力を緩めはしたが、腕はキュートな若妻の肉感的な身体に纏わり付けたまま離そうとしない。「もう大丈夫ですか? 落ち着きました?」 心配そうに、新婚の奥様の美しい瞳の中を覗き込む。
 
 ふいに、腕の中から奥様の両腕が抜き取られ、頭を優しく包み込まれた。「元はと言えば、ゆうきくんが悪いんじゃない。いけない人……」 腕の力を緩めたはずなのに、ぽっちゃりの主婦は僕の胸板に爆乳のオッパイを押し付けてくる。 やわらかな物体にくすぐられる幸せ。セフレの主婦の手にほおを包まれやさしくなでられる心地よさ。バニラベースの芳香にイチゴをつぶしたような甘酸っぱい匂い。 大人の専業主婦特有の抱擁感に甘えたくなるような、このまま眠ってしまいたくなるような、穏やかな幸福感に満たされていく。その一方で、何事かを期待して、ジーンズの前が大きく膨らんだ。 さすがにまずいと思った俺は、ごまかそうと腰を引いた。 察した主婦の右手に、細腰に纏わり付けたままの手指を捉えられ、無言のまま尻たぶへと導かれた。「和江ちゃん……」 30代の美人妻のゾクリとするほど色っぽい眼差しは、妖しく濡れていた。「お尻、触りたかったのでしょう? 触らせてあげる」 人妻の尻肉と甘手に俺の手が挟まれ、おんなの火照りが刻まれていく。「いいよ。でも、やさしくね」 奥さまの掠れた囁きが耳元で響く。「かずえさん……」 うわずった声で名前を繰り返し、ごくりと生唾を飲み込んだ。 指先をゆっくりと鉤状に曲げ、ジーンズごと爆乳の人妻の尻たぶを鷲つかみにする。「一恵ちゃん……」 三度目に呼んだ声は、興奮に揺れていた。 デニムの厚ぼったい生地の下、欲求不満な人妻のふっくらとした弾力が、指に心地よく反発している。その感触に途方もなく昂ぶり、脳髄が痺れていく。「一恵ちゃんのお尻、超やわらかい! 触っているだけですっげえ気持ちいいです……。やばい! やばいです! ずっと触っていたくなる」 反対側の尻たぶにも手を回し、爆乳の美人妻の肉の充実を確かめるように、むにゅむにゅと揉みしだいた。「カズエさんのお尻、どうしてこんなにやわらかいのだろう」 セフレの主婦の双臀に指を食い込ませ、ぐりぐりと捏ね回したり、左右に割り広げたり。さらには、力いっぱいに押し付けて、ジーンズにくっきりと尻の谷間を作り出す。 主婦の尻を持ち上げるように引っ張ると、重みがずしりと腕にかかる。その重量感が、内部に詰まった肉の豊かさを証明していた。「ああ、ほんとうにやばい! 僕、興奮しちゃうよ」 臀部ごとアラサーの人妻の身体を引き寄せると、豊満な爆乳のおっぱいがなおも胸板でやわらかく押しつぶれ、天に昇るほど心地よかった。 そっと見下ろすと、30代の奥さんは長い睫毛を震わせて、ゆっくりとしたリズムで瞼を開いたり閉じたりさせている。かわいらしい美人妻のふっくらした唇は、色っぽくぬめり、今にもそこからよがり声が漏れ出しそうに開かれている。人妻の白い歯から覗く、愛らしい朱舌が艶めかしさを添えていた。 素晴らしすぎる女体の感触と、初めて垣間見た若妻の艶表情に、俺は見境いを失いかけていた。一段と硬くさせたち○ぽを思い切りしごきたくてたまらない。そのやるせなさが、さらに指に力を込めさせるのだ。「ふむうぅ、うふぅん……」 奥様が思わず深い溜め息をついたのは、尻肉を持ち上げられた瞬間だった。堅いジーンズの生地が、オマ○コに食い込んだのだろう。 30代の主婦に生暖かく湿った空気を吹き掛けられて、僕の最後の理性が消し飛んだ。 ルージュの引かれた30代の奥様の朱唇に、自らの唇を重ねていた。「ふむっ、むうぅ……ほむん……むふう……」 清純な美人妻は抗議の声と共に抗う様子を見せはしたものの、ぴくんと女体を震わせただけで、すぐに大人しくなった。ゆっくりと人妻の瞼が閉じられ、その代わりに花びらのような唇があえかに開いた。 sexフレンドの主婦の唇は、その肉体同様に熟れが進んでおり、蜜のように甘くふっくらしている。 夢中で吸いつけると、爆乳の主婦は薄い舌を捧げるように伸ばしてくれた。「むふん……はむううっ……ふむう……ふぬぬむぅ……」 パイパンの人妻の舌腹に、自らの舌腹を擦り付け、なおも激しく尻たぶを弄ぶ。「んふう……んああ……ああ、ゆうきくん……激しいっ……」 清純な人妻は愛らしく小鼻を膨らませ酸素を求める。三十路の若妻は下腹部から込み上げる熱い快美感に戸惑うような素振りを見せるものの、徐々に漏れだす熱い喘ぎを抑えきれずにいる。
 
最初は、ほんのさざ波でしかなかった感覚が、次第に、官能的な疼きとなって若妻の女体を支配するのだろう。「あふぅ……こんなに激しいキッス、久しぶり……。こんなふうに身体をまさぐられるのも……ねえ、ゆうきくん。私、君にとってそんなに魅力的?」 セフレの専業主婦ははにかむような愛らしさを纏いつつも、妖艶な色香を漂わせはじめる。清楚な若妻の変貌ぶりに息を呑みながら、俺はぶんぶんと首を縦に振った。「もちろんです。カズエさん、魅力的過ぎてやばいです。すっごく美しいし、それに目のやり場に困るくらいにナイスバディですし……」 勢い込んで賛美する僕には、まったくウソや打算はない。清純な専業主婦に聞かれたことに、素直に答えているだけだ。それが、一番想いが伝わると、本能的に知っていた。「ふふふっ、もてはやされるのって気持ちいい。いいわ、決めた! ゆうきくん、sexしよう!」 決意を秘めた水卜麻美似の人妻の漆黒の瞳がキラキラと輝いている。あっけにとられる僕の掌を、水卜麻美激似の若妻の手がむぎゅっと握りしめた。「ねえ、ゆうきくん、こっちへ……」 美人妻のしなやかな肢体が、俺の手を引き、奥の部屋へと歩みだした。導かれたのは、綺麗な若妻の寝室だった。暗い部屋に三十路の人妻が照明を灯すと、どことなく淫靡なムードが漂う。 夫婦の寝室を連想したせいかもしれない。「夫のことは忘れさせて。ダンナ愛しているけれど、セックスはご無沙汰なの。もう私におんなを感じないみたい……」 おんなの憂いを露わに、三十路の主婦が言った。(こんなに魅力的な女性をほったらかしにする主人の気がしれないや!) 美人妻の夫婦のことなど、何も知らないくせに、僕は勝手に腹を立てた。同時に、より水卜麻美激似の美人妻を大切にしたい想いを強くしている。「恥ずかしいから、自分で脱いでもいい? ゆうきくんも、脱いで……」 そう言うとセフレの人妻はくるりと僕に背中を向け、グレーのカーディガンを脱ぎ始める。さらには、清楚な美人妻が白いブラウスのボタンを外しているらしい衣擦れの音が聞こえてきた。 思いがけぬ展開に、あっけにとられながらも、セフレの主婦のの美しい背中に目が釘付けとなる。僕の熱い視線に気が付いたのか、若妻が首だけをこちらに向けてきた。「ほらあ、ゆうきくんも……」 美人妻に促され、あわててセーターを脱ぎにかかる。首を抜くために、一瞬視界を遮られる間にも、セックスレスの専業主婦はブラウスを脱ぎ捨てていた。 俺がごくりと生唾を呑んだのは、爆乳の奥さまの乳白色の背筋の美しさだった。やせ過ぎず、太過ぎない肉付きは、オレンジ系の照明に照らされて、ひどく艶めかしい。 パイパンの主婦の柔肌はきめ細かく、さわり心地も抜群であろうと確信した。 俺を意識して、若妻はちらりとこちらを目線だけで覗き見たが、今度は促そうとはせずに、白いジーンズのファスナーを下ろしはじめる。美人妻はウエストの前ボタンも外し、お尻を後ろに突き出すように身体を折って、片足を抜き取った。「うわあああっ!」 僕は、思わず感嘆の声を上げてしまった。 主婦の迫力のある丸いお尻が、露わとなったからだ。前かがみになったポッチャリの若妻の巨乳のバストが、重々しくベージュのブラジャーをたわませるのも悩ましい。「もう、いやなゆうきくん。そんなに見るなぁ……」 セックスフレンドの奥さんの口調は咎めるようでありながらも、そのお尻がふるふると左右に振られる。 まるで妖艶なストリップを見せつけられているようで、ちん○んした股間が痛い。僕は、おなにーでも始める勢いで、ジーンズの前を解放した。(すっげえっ! 一恵さん、なんていい身体してるんだろう。ふるいつきたくなるってのはこういうのを言うんだろうなあ……) まだ爆乳のオッパイはブラジャーに覆われ、豊満な若妻の腰にはパンティが残されているというのに、僕はすっかりその女体の虜にされていた。 早く人妻が全てを脱いだ姿にお目にかかりたい気持ちと、もうしばらく魅惑的な下着姿を眺めていたい気持ちが、僕のなかで交錯している。「ま、待って、和江ちゃん。そのままの姿で、両手を後ろに回して、おっぱいを突き出して見せてください」「もう、ゆうきくんのエッチ!」 パイパンの人妻は恥じらうように振り返り、それでも言われるままに胸を突き出して見せてくれる。ベージュのブラカップから奥さまの乳白色がはみだし、たまらない猥褻感をかもし出していた。「こんなに大きなおっぱいだったのですね。ブラから溢れるほど……僕、おっぱい星人だけど、こんなに理想通りのおっぱい初めてだから、その中身にも超期待しちゃいます」 飾らぬ言葉で責めると、清純な奥さまもまた恥じらいと興奮の入り混じった表情を見せてくれる。「ああ、暑いわ……身体が火照ってきちゃう」
 
 ひんやりとした空気が部屋を占めているにもかかわらず、ポッチャリの主婦はほおを上気させ、うっすら汗さえ滲ませている。 二の腕をたふんと震わせて右手を挙げた清純な奥さんは、額の汗を掌で拭った。女性らしく手入れされた脇の窪みが、匂うように男を挑発している。 いつの間にか、僕も手に汗を握っている。喉がカラカラで、渇いた唇を何度も舌で湿した。「ねえ、そんなに私をいやらしい眼で見て……。ああ、もっと見たいのね?」 欲求不満な若妻は豊麗な肢体をよじり、はちきれそうな乳丘とパンティが食い込んだ股間を、左右の手で覆い隠している。けれど、グラマーな若妻が隠そうとするほど、かえって淫靡さが強調される。「見たいです……。カズエさんのおっぱい! マンコも!!」 自らのシャツを脱ぎ捨てながら俺は、足を一歩専業主婦へと踏み出した。 びくんと震える美人妻は、まるで怯えているようだ。それでいて、sexフレンドの美人妻は、その腕を背筋に回し、ブラジャーのホックを外しにかかった。「いいわ、見せてあげる。私のおっぱい。恥ずかしいけど、見てっ!」 後ろに回された爆乳の美人妻の指先がプッと音を立て、滑らかな肩からストラップがはらりと落ちた。 深いカップがめくれ、豊満な爆乳のおっぱいが支えを失って、ぶるんと零れる。セフレの美人妻の両腕が、露出した巨乳のおっぱいをすぐに抱き寄せた。「ああ……」 sexフレンドの主婦は夫以外の男には見せてはならぬはずの裸身を、俺の前に晒してくれている。欲求不満な若妻は恥辱に耐えかねてか、さすがにじっとしていられないようで、パンティ一枚だけとなったセミヌードをくねらせた。「一恵ちゃん、焦らさないで、ちゃんとおっぱいを見せてください!」 中々全容を明かそうとしてくれない水卜麻美似の若妻を促すと、ようやく両腕が解けていった。 絶対にEカップはありそうなセフレの若妻の巨乳のおっぱい、その重みに耐えかね、たゆんと下方へと垂れ落ちる。けれど、決してだらしない感じがしないのは、ツンと上向いた乳蕾のお蔭だろうか。奥さんは見られることに興奮しているのか、心なしかほころびかけている。 乳暈から続く色合いは淡いピンクを保ち、新鮮なグミ果実を連想させた。「ああ、見せてしまったわね。私、若妻なのにこんなに素肌を露わにして……。だけど、ゆうきくんに見られるのは、うれしいし誇らしい……。だってこんなに目の色を輝かせてくれるのだもの……」 熱に浮かされたようにアラサーの奥さんが、心情を吐露した。「カズエさん、僕に見られて興奮しているのですね。乳首まで勃たせて!」 俺の指摘に、狼狽するように30代の主婦が自らの胸の頂きを確認した。「いやだ、私ったら。ああでも、そうよ、興奮してる。淫らに欲情してるの……」 美人妻の掠れた声が白状するたび、薄紅の乳首は、それと判るほど花開いていく。 たまらなくなった僕は至近距離に歩み寄り、露出した人妻の爆乳のオッパイを覗き込んだ。 美人妻は後ずさりする気配を見せたものの、かろうじてその場に立ち止まっている。「触りたいのね。いいわよ……私もゆうきくんに触って欲しい」 奥さんは間近に迫った男に、アラサーの人妻は妖しい笑みを見せてくれた。 許しを得た手指が、貪欲に乳首を挟み込む。「ひゃん!!」 きれいな若妻は尖った蕾からの鋭い刺激にこらえきれず、甘い喘ぎが零れ落ちた。「そ、そんないきなり、摘んじゃうなんて反則っ!」 甘く詰る水卜麻美激似の奥さまが、急にかわいらしく映る。 俺は、セフレの主婦の爆乳のオッパイを下乳から支えるように持ち上げ、ゆっくりと掌に力を入れた。 蕩けるやわらかさの乳脂肪が、薄い皮下でむにゅんと揺れ動き、僕の掌性感を心地よく刺激してくる。「うわあっ、カズエちゃんのおっぱいなめらかあ……。超やわらかなんすねえ……それにすっごく感じやすいんだぁ。やっぱ、若妻はエロいなあ」 パイパンの専業主婦の性の秘密を発見したように俺は、意地悪く問い詰めた。「いやよ。そんな言い方! ああ、だけどそう。私のおっぱいいつもより敏感。主人とは違う触られ方をしているからかしら……」 セフレの主婦は熟れた女体をくなくなと揺すらせ、俺の手指をするりと逃れると、しなやかにベッドへと滑り込んだ。 毛布の中で、もぞもぞしていた爆乳の若妻は、靴下をポイポイと放ると、ベージュのパンティを僕に投げつけてくる。「ゆうきくん、早く来て……」 鼻のあたりまでを毛布で隠し、水卜麻美激似の美人妻が甘く誘ってくれた。
 
「かずえちゃん!」 僕は、大急ぎで残されていたものを全て脱ぎ捨て、清楚な美人妻が待つベッドへと飛び込んだ。 横たわる若妻の女体に沿うように、俺は足先から毛布の中に侵入した。「うわあっ、カズエちゃんのお肌すべすべです。それにつきたてのお餅みたいにやわらかい」「お肉がプニプニしてるって、言いたいんでしょう……」 拗ねた表情を見せながらも、セフレの若妻も身体を寄せ、その極上の熟れ肉を味わわせようとしてくれる。「ああっ、和江ちゃんっ!」 感極まった雄叫びを上げ、俺は若妻の女体をきつく抱き締めた。キュートな奥様の豊饒な肉体が、すっぽりと腕の中に収まる。しなやかでやわらかく、それでいて肉感的な抱き心地。激情がさらに募り、つい腕に力が入った。「あん!」 鼻にかかった甘い吐息が、さらに俺の興奮を煽る。 首をぐっと折り、僕は人妻の白い首筋に唇を吸い付けた。「んんっ……」 髪をぐっとベッドに擦りつけ、主婦のあごが持ち上がる。 ぢゅぶちゅっと首筋に唇を這わせ、舌先でくすぐるようにしながら、清楚な主婦の美しい鎖骨にしゃぶりついた。 抱きしめていた手を、一方は若妻の女体に沿わせて撫で付け、さらにもう一方は左側の大きな爆乳のおっぱいへと向かわせる。「あ、ふあああっ……」 手の甲で、つーっと滑らかな女体を刷くと、主婦のふくよかな腹部でくるりと掌を返した。愛しさを込め、繊細な恥毛をくしけずる。「んっ、ああ、そこは……」 毛先に湿り気を帯びているのは、グラマーな奥さまがもう十分以上に濡らしている証である。そうと判っても、確かめずにはいられない。 指先を蠢かせ、新婚の奥様の蕩ける内ももをやさしく撫でてから、人差し指をオマ○コへと運んだ。 左手は、爆乳の奥さまの爆乳のオッパイを離れようとはしない。やわらかくもしっとりと吸い付いてくる爆乳の胸に夢中なのだ。「一恵さん、もうこんなに濡れているのですね……」 耳元で囁くと、欲求不満な若妻の女体がぶるぶるっと震えた。「そうよ。ゆうきくんが欲しくて、濡らしているの……。ねえ、前戯はいいから、はやくちょうだい」 グラマーな奥さまが言う通り、前戯など必要ないくらい、オマンコはしとどに潤っている。「判りました。いいのですね?」 一度だけ確認してから、僕は寄り添う位置から、覆いかぶさる体勢に移動した。 清楚な若妻のすらりと伸びた白い脚がくの字に折られ、付け根からゆっくりと左右に開帳していく。けれど、僕はそれでも飽き足らず、sexフレンドの専業主婦の太ももの裏側に手をあて、ぐいっと拡がるだけ拡げさせた。 閉ざされていた帳が、くぱぁっと口を開いてしまうのが、若妻にも知覚できたのだろう。「ああ……」と呻きながら、恥ずかしげに美しい若妻の美貌が背けられた。 首を折って視覚でもまんこを確認する。 爆乳の人妻のオマ○コは、艶めかしく熟れ爆ぜ、ひどく卑猥に感じられた。 とろーりと滴り落ちた蜜汁が透明な糸を引き、濃厚な淫香をあたり一面にむんっと立ち昇らせた。 緊張にごくりと唾を呑む僕を、若妻の震え声が促した。「ゆうきくん、早く来てっ……。おんなは、この格好が一番恥ずかしいのっ」 ぱっくりと割れたセフレの人妻のまんこは、新鮮な純ピンクを覗かせて、入り口のビラビラを震えさせている。俺は昂ぶりに身を任せ、暴発しそうなチンポを、濡れそぼつ淫唇にあてがった。 猛り狂ったオ○ンチンで、セフレの若妻のオマンコのいたるところをやみくもに突く。分泌液に潤う肉びらやピンク色の突起を繰り返し啄むうちに、若妻の濡れが亀頭粘膜にまぶされた。「いきますよ!」「きてっ!」
 
 俺は腰位置を微修正して、ぐいっとペ〇スを突き立てた。 ぬちゅん―。 寝室に淫靡な水音が響いた。 引き締まった腰を、ぐぐっと押し込む。粘り汁でべとべとの亀頭で美人妻のおまんこの肉を割り、ずるずるずるっとオチンチンを胎内に侵入させた。「ああああああっ……来るっ……ゆうきくんが、挿入ってくる……っ」 亀頭を、主婦の膣の天井にぞりぞりと擦りつける。ぬるぬるなのにザラついた感触に、まるで余裕を失った俺は、ずぶずぶずぶっと一気に埋めてしまった。「ふあっ、あ、あぁ……」 ほおを強張らせ、爆乳の奥さんが呻いた。右手で自らの髪をかき毟り、左手では白いシーツを握りしめている。 sexフレンドの若妻の眉間には深い皺が刻まれ、朱唇が真一文字に結ばれた。「っく……んんっ、ふあああ……」 若男の蹂躙を耐えるばかりではない。確実に、若妻には快感が押し寄せている。 その証拠に、綺麗な人妻の腰が浮き上がり、俺を根元まで受け入れようとしてくれるのだ。「ああ、ゆうきくん、すごいのね。お腹の中が、ちんちんでいっぱい……。それとも、一恵がしばらく使っていなかったからかしら……充溢感がすごいっ!」 僕もまた、主婦の膣道が細いチューブのようにきゅんと窄まり、そこをぐりぐりと力強くこじ開けたような手応えだった。「かずえさんが、狭すぎるんですよ。処女みたいに締め付けて……。ああ、だけど、痛かったんじゃないです?」 我を忘れていた俺は、ようやくそのことに気が付き、思いやった。「大丈夫。でも、本当にすごいの……。太いちんぽ熱い……お腹の底からじんわり温められているみたい。ああ、身体が火照っちゃう……」 ポッチャリの主婦は兆した表情で、内臓を串刺しにされる満足を味わう。悦びに打ち震えるかのように、奥さんの膣肉が蠕動している。 カズノコ天井にチンチンを擦り上げられるのがたまらない。 歯を食いしばって俺は、大きく腰を引いて浅瀬に逃れた。「一恵さん、ほんとうにいい身体です……。この最高のオマ○コを味わい尽くしたい!」 ゾクゾクと湧き起こる愉悦をかみしめ、僕は囁いた。「いいわ。好きにして……。その代わりかずえにも、たっぷりゆうきくんを味わわせてね」「もちろんです。最後は、このおっぱいに顔を埋めて、ぐちょぐちょにマ○コを突きまくりますから!」 俺は、大きな爆乳の乳房を揺さぶるようにまさぐってから、右手を爆乳の若妻のひざ裏にあてがい、片側の太ももを持ち上げさせた。 自らは、亀頭エラを浅瀬につかませたままやや腰を浮かし、美人妻の左足に跨った。そのままの体勢で右足を抱き締め、ぐっと持ち上げる。「あんっ……」水卜麻美激似の主婦の肉感的だが割と軽い女体を横向きに寝かし付け、横臥位にした。「こうして、違う姿勢で、俺のち○ちんを感じてください」 ぐいっと腰を突き出しおめこの浅瀬にあったち○ぽを、ずるずるずるっと奥へと押し込む。 相変わらず太ももを抱き締め、セックスレスの若妻のの蕩ける肌触りを上半身でも堪能した。「ふああ、やああ、さ、さっきと違う場所に擦れてる! ああん、まんこ、捩れてるぅ!」 返しの利いたエラ首が天井部と底部をゾリゾリと抉る感覚を、奥さまはそう教えてくれた。 左手を伸ばし、またしてもセックスレスの奥さんの爆乳の乳房を捉え、やわらかく絞り上げる。途端に、きゅっとオ○ンコが窄まりチ○ポを喰い締めてくる。「うぐぅっ! やばいくらいに締まる!」 セックスレスの主婦は和式便所に跨るようにして、腰をくいっくいっと蠢かせる。その度に肉感的な女体が、たまらないと言わんばかりに、白蛇のようにのたうつ。 ぐぢゅ、ぶぢゅ、ぢゅる、ぶぢゅ―。 セフレの人妻のおまんこの浅瀬で数回腰を振り、ずんと奥深くにくれてやる。「ひああっ、響くぅ……。腰の奥から頭まで響いちゃうぅ~っ」 新婚の美人妻は髪を握りしめ、唇をわななかせる。主婦の妖しいまでの乱れっぷりに、僕は見惚れた。「じゃあ、今度は、この右足をこちら側に……」 さらなる快感を求め、俺はまたしても体位を変えた。抱きかかえていた右足を左足の上に揃えさせ、自らは清楚な美人妻の背後に。横向きの女体に沿って、僕も横向きになり、左手を水卜麻美似の若妻の脇を通して女体を支えた。 後背測位は、男側にも体力の消耗が少なく疲れにくい。穏やかに若妻の女体を堪能するのに適している。
 
「また違う感覚……。浅い挿入なのに、じわじわとまんこにち○ぽの容を覚え込まされているみたい……」 灼熱の勃起ち○ちんをオ○ンコに溶接するように、けれど、それだけでは刺激が少ないかと、左手を人妻の下腹部に伸ばし、合わせ目の頂に位置する一番敏感な豆を狙った。「あうっ、ああ、だめえぇっ、今、敏感なお豆を擦るなんてぇ……」 奥さまの詰るような口調には、甘い期待が見え隠れしている。兆しはじめた絶頂に、早く浸されたくて疼いているのだ。「今触られると、どうなるのですか? ほら、ほら、ほら……」 突き立てた中指で、パイパンの若妻の充血したクリトリスを弄りたおす。本能的に逃れようとしたものか、セフレの奥さまのお尻がぐぐっと僕のいる方に向かってくる。けれどそれは、マンコを占めるチンチンをさらに奥へと迎え入れる行為に?がる。ずずずっと根元までちんぽを咥え込んだ上に、逃げ場のなくなったクリちゃんをあやされるのだ。「あ、ああん、いやあん、バイブで悪戯されているみたい……お、奥まで届いてるぅ」 啜り啼く爆乳の人妻が、首を捻じ曲げて悦びを露わにした。その朱唇を掠め取った。 くん、くんっと腰を捏ねるのは、僕も兆しはじめた証だ。「っくう……カズエさん、すごくいいよ。く、くそぉ。もうムリっ、限界だぁ!」 長く持つはずの体位なのに、やるせない射精衝動が押し寄せる。「射精そうなのね。かずえももうイキそうっ、お願いよ、精子ちょうだいっ」 30代の若妻が中出しをおねだりしてくれるのは、人妻らしい心遣いなのか、それとも本当にアクメが近いのか。恐らくは、その両方なのだろう。「ありがとうかずえさん。それじゃあ、さっきの約束通り、かずえちゃんのおっぱいに顔を埋めて、思い切り突きまくって中出しするね!」 そう宣言すると俺は、ずるずるっと勃起オチ○チンを引き抜き、再びセフレの若妻を仰向けに寝かしつけ、ぐいっとその太ももを大きくくつろげさせた。「いいわ。来てっ!」 くぱあっと口を開け、泡混じりのラブジュースを滴らせるマンコに、勃起ペ〇スに呑み込んでいく。奥底でゴリンと手ごたえを感じて、最後に腰を捏ねさせた。「あ、ああ~~んっ!」 天使も嫉妬するほどの甘い声でsexフレンドの奥様が悦楽を謳い上げる。 僕は、ベッドについていた腕の力を抜き、パイパンの若妻の爆乳のおっぱいの上にぼふんと顔を埋めた。 コラーゲンの塊のようなツルツル感に顔中を覆われ、窒息してしまいそうなほどだ。その多幸感たるや何物にも替えがたい。 ずっとこうしていたい一方で、やるせないまでに膨らんだ射精衝動に苛まれている。 俺は、専業主婦の爆乳のオッパイを外側から寄せ集めるようにして、さらに自らの顔を覆いつくし、腰だけを思い切り引いた。「んあああっ、引き抜かれるのが切ない……」 いかないでとすがりつくオ○ンコの肉を袖にして、抜け落ちるギリギリまで引き抜くと、すぐに反転して力強く勃起チンコを押し込む。「はおおおっ、おまんこ、擦れちゃうぅ~~っ」 二度三度と大きな抜き挿しを繰り返し、腰をグラインドさせてから小刻みに奥を抉る。 せわしないまでの抽送に、「あん、あん、ああっ、イクっ! カズエ、いっちゃうぅっ!」 啼き呻くセフレの美人妻の腰付きも激しくなる。魔性のごとき女性を露わにしていた。(す、すごい! これが熟れたおんなの本性!! なんて色っぽいんだろう) 若妻の貪婪な変貌ぶりに、度肝を抜かれながらも、発射態勢を整えた。「和江ちゃん、イクよっ……俺もう、いっちゃいますうううっ」「おおんっ……出してっ! イクっ……若妻もイクから一緒に……一緒にぃ~っ!!」 絶頂に達した若妻が、僕を凄絶な色香で促した。たまらず僕は、チンコをぶわっと膨らませ、尻穴を引き絞った。 これを止めと、ずんと重いひと突きを食らわせ、劣情が迸る陶酔を味わう。精液が、尿道から精子がぶばっと飛び出す感覚。至高の悦びを、頭の中を真っ白にさせて酔い痴れた。 びゅびゅっ、どびゅびゅっ、どぴゅるるるっ―。俺が「ああ、俺も、おおっ、いくっ!」と言いながらセフレの若妻のオマンコの中に精子をいっぱい中出しした。 多量に注ぎ込んだザーメンを、セックスフレンドの奥さまはドクドクと子宮で浴びている。陶酔と絶頂の狭間でパイパンの奥さまは、ぐびぐびと精液を子宮で飲み干してくれるのだ。「あついっ……ゆうきくんの精子っ……あはん……精子ってこんなに熱かったかしら……ああ、子宮が悦んでいるわっ……」 未だ深いアクメから戻らぬまま清純な若妻は、うわ言のようにつぶやいた。「ぐふううっ……あぁっ、かずえさん、よかったよ……最高のセックスだった」「私も最高だったわ。おかげでおんなであることを、思い出させてもらえた……」 おんなとしての自信を取り戻したセフレの奥さまは、つやつやとほおを輝かせながら、そう褒め称えてくれた。
 
出会い系サイトPCMAXでの30代の若妻との即ハメsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓





























































 
今回セックスレスの美人妻と今からすぐオフパコセックス出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即sexできるきれいな女の子と出会ってセックスフレンドにしてタダマンセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.