deaikeitaiken_novel

【PCMAXハメ撮り】処女のロリ巨乳美少女と中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は何時ものごとく出会い系コミュニティで奇麗な女の子と即会いして、タダマンsexにいそしんでいます(^_^)
 
さて、今回は知り合える評価の高い出会系サイトのPCMAXで出会ったセフレの美少女と東京都豊島区で会ってセフレにして即オフパコsexをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮影できましたので報告します。
 
※この記事にはエロいsexのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系サイトのピーシーマックスで出会った女性はお嬢様で、名前は友美さんといい半端なく美人でした(*^^*)
 
未成年のロリお嬢様とは、出会い系アプリのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、池袋駅近くのお洒落なイタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホに行ってはめ撮りsexをしました。
 
俺は美少女池袋駅に車で迎えに行った後、高速に乗ってドライブすることにした。軽音楽は流れているが、高速で景色は単調である。やがて高速を降りて県道に入った。 すると近くにモーテルがあり、僕とお嬢様はためらいなくそこへ向かい、駐車場に入ったのである。 コテージ式で下が駐車場、階段を上ると個室があった。 部屋に入ると、彼女はさっさと布団をめくってベッドに横になり、僕はドアを内側からロックして説明書きを読み、壁のパネルを操作して一万円札を機械に入れた。 何しろ初めてで戸惑うことばかりだったが、従業員と顔を合わせることなく、あとは出るとき精算して釣りをもらえば良いらしい。 すでにセックスフレンドのロリお嬢様は服のまま横たわり、軽やかな寝息を立てていた。 俺は室内を見回し、小さな冷蔵庫からサービスドリンクの烏龍茶を出して飲み、バスルームも探検してから、思い出したように夕食後の歯磨きと小用を済ませた。(まさか、出会い系サイトピーシーマックスで今日初めて会ったロリお嬢様と密室に二人きりなんて……) 部屋に戻ってソファに座り、僕は烏龍茶を飲みながら思った。 見ると、お嬢様のブラウスの胸の膨らみが寝息とともに微かに上下していた。(抜いてしまおうか……)
 
俺は、彼女の寝顔を見ながらオナニーしたい衝動に駆られた。 それだけでも、ソープ嬢のパターン化されたサービスよりときめく気がした。 どちらにしろ俺女の熟睡ぶりからすれば朝まで起きないかも知れないし、元よりベッドは一つきりだ。 密室に二人きりなのだから、一緒に横になったからといって咎められることはないだろう。 本当なら自分だけソファで寝るのが紳士たるものだろうが、これは清純な青春ドラマではない。むしろ俺は余人より性欲で悶々としている。 そっとベッドに上がり、僅かにクッションが沈んでもセフレのロリ美少女の寝息は乱れなかった。そのまま添い寝すると、何とロリ美少女がいきなり俺に身を寄せてしがみついてきたのである。 目が覚めているのか、あるいは幼くて単に無意識に人の温もりを求めているだけなのだろうか。 僕はロリ美少女の温もりを感じながら抱いてやり、顔を寄せた。 長い睫毛が伏せられ、化粧っ気のない素顔が迫っている。 笑窪の浮かぶほおの丸みに水蜜桃のような産毛が輝き、ぷっくりした無垢な唇が何とも魅惑的だった。 そっと指先で唇に触れても、ロリ美少女の反応はない。 何度か触れて大丈夫と思うと、そのままそっと顔を寄せて唇を触れ合わせてしまった。 柔らかく神聖な感触とグミ感覚の弾力、ほのかに生温かな唾液の湿り気が伝わってきた。(とうとうキスしたんだ。相手は眠っているけど……) 僕は興奮と感激に包まれながら、お嬢様の鼻から漏れる吐息を嗅いだ。それは無臭に近いが、ほんのり鼻腔に温もりと湿り気が感じられた。 目を覚ますといけないので、舌も入れずに口を離すと、「脱がせて……」 俺女が小さく言った。
 
「お、起きているの……?」 俺は驚いて囁いたが、もう俺女の返事はなく、規則正しい寝息が繰り返されていた。寝言だったのだろうかとも思ったが、はっきりそう言われたのだから、僕は身を起こして美少女を仰向けにさせ、震える指先でブラウスのボタンを外していった。 左右に開くと、内に籠もっていた熱気が甘ったるい匂いを含んで立ち上った。 さらにブラも外したいが、ホックが背中なので仕方なく上へとずらすと、白く張りのある胸がはみ出し、可憐な薄桃色の乳首も顔を覗かせた。 吸い寄せられるように顔を埋め、チュッと乳首に吸い付いて舌で転がし、顔中を押し付けて膨らみの弾力を味わった。 しかし美少女は、ピクリとも反応せず寝息も乱れない。 やはり寝言だったのだろうかと思いつつ俺は左右の乳首を含んで舐め回し、さらに乱れたブラウスに潜り込み、ジットリ湿った腋の下にも鼻を埋め込んでいった。 甘ったるい汗の匂いが生ぬるく籠もり、悩ましく鼻腔を刺激してきた。 僕はうっとりと胸を満たしてから、いったん身を起こして綺麗な美少女の下半身に移動していった。 左右のソックスを脱がせ、愛らしい素足を露わにすると、俺は堪らず指の間に鼻を押し付けて嗅いでしまった。
 
そこは生ぬるい汗と脂にジットリ湿り、ムレムレの匂いが濃厚に沁み付いて鼻腔を刺激してきた。(ああ、ロリお嬢様の足の匂い……) 僕は酔いしれながら思い、蒸れた匂いを貪ってから足裏に舌を這わせ、爪先にもしゃぶり付いた。 左右とも順々に全ての指の股に舌を割り込ませて味わっても、やはり彼女は昏睡しているように反応はなかった。 そして僕はスカートをめくり上げ、可愛い下着に指をかけて引き下ろし、僅かに腰を浮かせて尻の丸みを通過させると、とうとう両足首からスッポリと引き脱がせてしまった。 下着を観察して嗅ぎたかったが、今は生身の方が優先である。 いよいよ神秘の部分を観察するのだ。 その前に俺も手早く全裸になり、激しく勃起しながら腹這いになって俺女を大股開きにさせた。 そして美少女の白くムッチリした内腿を舐め上げながら股間に迫っていった。 神秘の部分に顔を寄せると、股間に籠もった熱気と湿り気が顔中を包み込んできた。 ぷっくりした丘には楚々とした若草が淡く煙り、丸みを帯びたお○んこの割れ目からは薄桃色の花びらがはみ出し、僅かに露を宿していた。 そっと指を当てて陰唇を左右に広げると、微かにクチュッと湿った音がして全開になり、中身が丸見えになった。
 
ロリ美少女のお○んこは中も綺麗なピンクの柔肉で、そこは驚くほど大量の蜜にヌメヌメと潤っているではないか。(やはり、気がついているんだな……) 俺は思い、これほど濡れていることが嬉しくて、さらに観察した。 無垢な膣口は花弁状に襞が入り組んで息づき、ポツンとした小さな尿道口もはっきり見えた。 そして包皮の下からは小粒のクリが、真珠色の光沢を放って精一杯ツンと突き立っていた。 もう堪らず、僕は吸い寄せられるように顔を埋め込んでいった。 柔らかな若草に鼻を擦り付けて嗅ぐと、腋に似た甘ったるい汗の匂いに、ほんのりとオシッコの匂いも蒸れて混じり、悩ましく鼻腔をかき回してきた。 嗅ぎながら舌を挿し入れて柔肉を探ると、生ぬるいヌメリは淡い酸味を含み、すぐにも舌の蠢きが滑らかになった。 息づく膣口の襞を?き回し、味わいながらゆっくりと一番敏感なところまで舐め上げていくと、「アア……」 とうとうお嬢様が小さく喘ぎ、ヒクヒクと白い下腹を波打たせはじめた。 その反応に悦び、僕がチロチロと肉豆を舐めると、たちまち潤いが増し、奇麗なお嬢様の内腿がムッチリと僕の両?を挟み付けてきた。 さらに俺はセフレのお嬢様の両脚を浮かせ、オシメでも替えるような格好にさせると、白く形良い尻の谷間に迫った。 奥にはピンクの蕾がひっそり閉じられ、鼻を埋め込んで嗅ぐと、弾力ある双丘が顔中に密着してきた。 細かな襞の息づく蕾にも、蒸れた汗の匂いが微かに籠もり、俺は充分に嗅いでから舌を這わせ、ヌルッと浅く潜り込ませてみた。「あう、ダメ……」 彼女が目を開いて呻き、キュッとお尻の孔できつく舌先を締め付けてきた。 僕が内部で舌を蠢かせ、滑らかな粘膜を味わうと、むずかるようにお嬢様が腰をよじって脚を下ろしてしまった。 僕は再び濡れたマ○コの割れ目を舐め回してヌメリをすすり、クリちゃんに吸い付いては悩ましい匂いに酔いしれていった。
 
「ダメ、いっちゃいそう……」 美少女が嫌々をして言うので、僕も舌を引っ込めて身を起こした。「してもいい?」 股間を進めて訊くと、俺女も目を閉じて小さくこっくりした。 枕元を見るとコンドームが備えられているが、彼女はそれを察したように、「大丈夫、中に出しても……」 そう言い、すっかり覚悟を決めたように身を投げ出した。 僕も股間を迫らせ、急角度にそそり立っているチンポに指を添えて下向きにさせると、先端を濡れたオ○ンコの割れ目に当てて擦り付けた。 そして充分にヌメリを与えながら位置を定めると、僕女も僅かに腰を浮かせて誘導してくれた。 グイッと押し込むと、張り詰めた亀頭が潜り込み、処女膜が丸く押し広がる感触が伝わってきた。 スレンダーなロリ美少女のおま○こ少々きつい感じはするが、何しろ潤いが充分なので、そのまま押し込むとチンコはヌルヌルッと滑らかに根元まで吸い込まれていった。「あう……!」 美少女が微かに眉をひそめて呻き、僕もとうとう女体と一つになった感激を?み締めながら、股間を密着させておまんこの摩擦と温もりを味わった。 そろそろと両脚を伸ばして身を重ねていくと、ロリお嬢様も下から両手を回してしがみついてきた。 胸の下では胸が押し潰れて弾み、恥毛が擦れ合い、奥にある恥骨の膨らみまでコリコリと伝わってきた。
 
何という心地よさであろうか。 俺は挿入時の摩擦だけで、あっという間に果てそうになるのを懸命に堪えた。だからじっとして、お嬢様の温もりと感触を味わいながら再び唇を重ねた。 今度は舌を挿し入れ、滑らかな歯並びを左右にたどると、すぐ彼女も歯を開いて侵入を受け入れてくれた。 生温かな唾液に濡れた舌を探ると、「ンン……」 俺女も熱く呻きながら、チロチロと滑らかに蠢かせてくれた。 動かなくても、息づくような膣内の収縮に、僕はジワジワと高まってきた。 そして快感に任せ、小刻みにズンズンと股間を突き動かしてしまった。「アア……」 少し前まで女子高生のお嬢様が口を離し、破瓜の痛みに熱く喘いだ。 口から吐き出される息は熱く湿り気を含み、まるでイチゴかリンゴでも食べた直後のように甘酸っぱい芳香がした。 やはり彼女は常に可憐な匂いをさせているものなのだろう。「大丈夫? 痛ければ止そうか」「ううん、平気……」 気遣って囁くと、俺女がか細く健気に答えた。 それに僕も、いったん動いてしまうとあまりの快感に腰の動きが止まらなくなってしまった。 リズミカルに腰を遣いはじめると、何とも心地よい襞の摩擦ときつい締め付けが僕自身を包み込み、動きに合わせてクチュクチュと淫らに湿った音も聞こえてきた。 そして限界が迫ると、もう俺は気遣いも忘れて股間をぶつけるように突き動かし、激しく昇り詰めてしまった。「く……!」 俺は突き上がる大きな絶頂の快感に呻き、熱い大量の白濁液をドクンドクンと勢いよくま○この奥に中出しした。「あう、熱いわ……、いい気持ち……!」 噴出を感じた清楚なロリお嬢様が呻き、まるで内部に放たれたセーシを飲み込むようにキュッキュッときつく締め付けてきた。まるで僕女も、初回なのにオルガスムスを得たような反応であった。 その収縮に駄目押しの快感を得た俺は、心置きなく最後の一滴まで出し尽くしていった。「ああ……」 俺は、すっかり満足しながら喘ぎ、徐々に動きを弱めていった。 これは、風俗での初体験の何百倍もの快感だろうと思った。
 
力を抜いてもたれかかると、いつしか色っぽいお嬢様も破瓜の痛みが麻痺したように肌の硬直を解き、グッタリと四肢を投げ出していた。 まだ膣内は息づくように収縮し、刺激された幹が内部でヒクヒクと過敏に跳ね上がった。「あう、まだ動いてるわ……」 彼女が呻き、熱い呼吸を繰り返した。 僕は身を重ねながら、お嬢様の甘酸っぱい吐息を胸いっぱいに嗅ぎ、うっとりと快感の余韻を味わったのだった。 ようやく呼吸を整え、そろそろと股間を引き離しておまんこの割れ目を覗き込むと、陰唇が痛々しくめくれ、膣口から逆流する精子に、僅かに鮮血が混じっているのが見えた。 ティッシュを取ろうとするとセフレのロリお嬢様が身を起こし、乱れていたブラとブラウス、スカートを完全に脱ぎ去ってベッドを降りた。 俺も起き上がって美少女を支えながら、一緒にバスルームへと移動した。 シャワーの湯で互いの全身を流すと、俺女もおま○この割れ目を念入りに洗った。「やっと十九になる前に体験できたわ……」 ほっとしたようにロリ美少女が言う。「やはり初めてだったんだね。僕なんかで良かったのかな」「ええ、ずっとゆうきさんだといいなと思ってましたから……」 俺女が言い、俺は限りない幸福感に包まれた。
 
やはり相手がいるというのは、空しく処理するオナニーとは段違いなのだと、あらためて実感したものだった。「どうする? もう少し寝る?」「ええ、夜中に着いても仕方ないので」 訊くとお嬢様が答えたので、僕も少し眠ることにした。 しかし、湯に濡れたロリ美少女の肌を見ているうち、またおち○ちんがムクムクと鎌首を持ち上げてきたのだ。 オナニーですら連続三回ぐらいすることもあるし、今は全裸の美少女がいるのだから無理もなかった。「ね、こうして」 僕はバスルームの床に座ったまま言い、俺女を目の前に立たせた。「オシッコしてみて。どうしても見てみたい」「そ、そんなこと無理です……」「天使のような子でも出すのかどうか知りたいので」 僕は言いながら、彼女の片方の足を浮かせてバスタブのふちに乗せ、開いた股間に顔を埋めて腰を抱えた。 湯に湿った恥毛の隅々からは、もう悩ましい匂いは消えていたが、オマンコの割れ目を舐めると新たな愛液が溢れ、すぐにも舌の動きがヌラヌラと滑らかになった。「あん……」 セックスフレンドのお嬢様は喘ぎ、ガクガクと膝を震わせながら両手で僕の頭にはまった。
 
さらにオ○ンコの割れ目の膨らみに吸い付くと、「あう、吸うと本当に出ちゃいそう……」 俺女が言うので、さらに吸引と舌の蠢きに熱を込めた。 すると奥の柔肉が迫り出すように盛り上がり、温もりと味わいが変化してきたのだ。「で、出ちゃうわ、離れて……、アア……」 彼女が言うなり、同時に熱い流れがチョロチョロとほとばしってきたのだ。 それを口に受け、味わってみると実に淡く清らかなもので、まるで薄めた桜湯のようだった。 僕はためらいなく喉に流し込んだが何の抵抗もなく、味も匂いも実に控えめであった。 しかし勢いが増すと口から溢れた分が温かく胸から腹に伝い流れ、すっかりピンピンに回復したチンコが心地よく浸された。「ああ、信じられない、こんなこと……」 ゆるゆると放尿しながら清純な美少女が息を詰めて言い、もう止めようもなく最後まで出し尽くしてしまったのだった。 流れが治まると、俺はポタポタ滴る雫をすすり、残り香の中で濡れたオマンコの割れ目を舐め回した。すると新たな愛液が溢れ、残尿が洗い流されるように淡い酸味のヌメリが満ちていった。「も、もうダメです……」
 
美少女が言って足を下ろすと、力尽きたようにクタクタと椅子に座り込んだ。 それを支えると、僕はもう一度互いの全身にシャワーを浴びせた。 そして彼女を立たせて互いの身体を拭き、全裸のままベッドに戻っていった。 添い寝すると僕は、すぐ眠る気にもならず、俺女の手を握ってチン○ンへと導いた。 お嬢様も恐る恐る触れ、やんわりとオ○ンチンを手のひらに包み込むと、ニギニギと動かしてくれたのだった。「ああ、気持ちいい……」「こんな太くて大きなおちん○んが入ったのね……」 俺がヒクヒクと幹を震わせて喘ぐと、ロリ美少女も好奇心いっぱいに答え、とうとう身を起こしてチン○ンに顔を寄せてきたのだった。俺が仰向けで大股開きになると、彼女も真ん中に腹這い、可憐な顔を股間に迫らせてきた。「おかしな形……」 無心な眼差しを注いで囁き、いつしか僕女も大胆にいじり回した。 幹を撫で、張り詰めた亀頭に触れ、陰?もいじって二つの睾丸を確認した。 さらに袋をつまみ上げてア○ルの方まで覗き込まれると、俺は清純なお嬢様の熱い視線と息を股間に感じ、もう一回射精しなければ治まらなくなってしまった。
 
「ね、少しでいいから、お口で可愛がって……」 俺が言うとロリ美少女もためらいなく口を寄せ、幹の裏側をペローリと舐め上げ、粘り汁が滲みはじめた尿道口も、チロチロと舌先で愛撫してくれた。「あう、いい……」 僕は快感に呻き、懸命にアヌスを引き締めて暴発を堪えた。もしさっき精液を射精していなかったら、あっという間に漏らしていたことだろう。 恐る恐る股間を見ると、可憐なロリ美少女の最も清潔な舌先が、排泄する尿道口を無邪気に舐め回しているのだ。目が合うと、俺女は恥じらうようにクスッと肩をすくめた。 そして舌を引っ込めると、ロリお嬢様は僕の両脚を浮かせ、自分がされたように尻の谷間を舐めてくれたのである。「い、いいよ、そんなことしなくても、あう……!」 チロチロと尻穴に舌が這い、ヌルッと潜り込んでくると僕は思わず呻き、キュッとアナルで10代のロリ美少女の舌先を締め付けた。 セックスフレンドのロリお嬢様は厭わず、熱い鼻息で陰?をくすぐりながら内部で舌を蠢かせてくれた。 ソープでこんな愛撫はしてくれるのだろうか。しかも相手は、処女を失ったばかりの可憐なセフレのロリお嬢様なのである。
 
僕は浮かせた脚をガクガク震わせながら、股間に籠もる熱い息を感じ、申し訳ないような快感に酔いしれた。 やがて俺女が舌を引き離して脚を下ろし、そのまま陰?も舐め回してくれた。 ここも妖しい快感であり、やはりおちん○んのみを刺激するオナニーと違い、相手がいると自身の肉体にも多くの新鮮な発見があった。 美少女も舌で二つの睾丸を転がし、袋全体を生温かな唾液でヌルヌルにまみれさせてくれた。 そして再び幹の裏側を舐め上げて先端まで来ると、今度は丸く開いた口で張り詰めた亀頭を含み、そのままスッポリと喉の奥まで?み込んでいった。「ああ……」 先端が喉の奥にヌルッと触れるほど深々と含まれ、俺は快感に喘ぎながら、清純な美少女の口の中でヒクヒクと幹を震わせた。「ンン……」 清純なお嬢様も熱く呻いて息で恥毛をそよがせ、笑窪の浮かぶほおをすぼめて吸い付いてきた。幹が丸く締め付けられ、口の中ではクチュクチュと舌が蠢き、たちまち肉棒全体が清らかな唾液にどっぷりと浸った。 俺は快感に任せ、思わずズンズンと小刻みに股間を突き上げた。 すると喉の奥を突かれたロリお嬢様も、新たな唾液を溢れさせながら顔を上下させ、濡れた口でスポスポと強烈な摩擦を繰り返してくれたのだ。「い、いきそう……」 僕はジワジワと絶頂を迫らせながら口走った。 このまま、清らかな天使の口を汚して良いものだろうか。しかし処女を失ったばかりなのに、立て続けに挿入するのも酷な気がする。 そしてロリ美少女も、一向に濃厚な愛撫を止めないのだから、このまま口に出されても良いと思っているのかも知れない。 それは何とも魅惑的な絶頂であった。
 
そうしているうちにも僕は、ロリ美少女のリズミカルな唇の摩擦と吸引、舌の蠢きと唾液のヌメリに高まっていった。 まるで全身が縮小し、彼女のかぐわしい口腔に含まれ、唾液にまみれて舌で転がされているようだった。「い、いくよ、離れて……」 口走りながらも、そのまま俺は大きな絶頂の快感に全身を貫かれてしまっていた。「く……!」 呻きながら、二度目とも思えない快感が得られ、ドクンドクンとありったけの熱い精液が勢いよくほとばしった。「ク……、ンン……」 喉の奥を直撃されて小さく呻きながらも、美少女は愛撫を止めずに噴出を受け止めてくれた。「アア、気持ちいい……」 俺は快感とともに、清潔なものを汚す禁断の思いに包まれながら喘ぎ、股間を突き上げ続けて心置きなく最後の一滴まで出し尽くしてしまった。 すっかり満足しながら硬直を解き、グッタリと身を投げ出すと、ロリ美少女も吸引と摩擦を止めた。 そして亀頭を含んだまま、口に溜まったセーシをコクンと一息に飲み込んでくれたのである。「あう……」 喉が鳴ると同時に口腔がキュッと締まり、俺は駄目押しの快感に呻いた。 ようやく彼女もチュパッと軽やかな音を立てて口を離し、なおも幹をニギニギとしごきながら、尿道口に脹らむ余りの雫までペロペロと丁寧に舐め取ってくれたのだった。
 
「く……、も、もういいよ、有難う……」 僕は降参するように腰をよじって言いながら、射精直後で過敏になっている幹をヒクヒク震わせた。 美形のロリお嬢様も顔を上げるとチロリと舌なめずりし、甘えるように添い寝してきた。 腕枕してやり、僕は美少女の温もりの中でうっとりと余韻に浸り込んだ。「不味くなかった?」「ええ、少し生臭いけど嫌じゃないわ……」 訊くとロリ美少女が答え、いつしか再び軽やかな寝息を立てはじめていた。 俺はそっと布団を引き寄せ、枕元のパネルを探って灯りを消すと自分も目を閉じた。 もちろん、すぐに眠れるものではない。 密着するバージンロリ美少女の温もりと、今日体験した数々を思い出すと、またムクムクと回復しそうになってしまった。 それでも肉体の方は疲れていたのだろう。 思いもかけない展開で遠出し、二回の射精をして、いつしか僕も深い睡りに落ちていったのだった……。 ──明け方、俺はちょっと前までJKのロリ美少女が寝返りを打つ気配で目を覚ました。 そっと時計を見ると、まだ夜明け前の午前四時だ。 ち○こは、朝立ちの勢いでピンピンに膨張していた。 するとロリお嬢様も目を覚ましたか、また寝返りを打ってこちらを向いた。「起きた? こうして」 僕は言い、僕女の腕をくぐって今度は自分が腕枕してもらった。 天使のような可愛らしいロリお嬢様の胸に甘えるのも、実に心地よいものである。 一晩眠ったので、もちろん俺はもう一度射精したくなったが、また挿入するのも口に出して飲んでもらうのも気が引けた。何しろロリ美少女はまたこれから長く運転するのである。「またこんなに大きく……」 ロリ美少女も、肌に触れる先端を感じて言った。「うん、自分でするのでしばらく抱いていて」 僕は言い、自分でしごきながら彼女の胸に抱かれ、甘酸っぱい吐息を嗅ぎながら高まっていった。「してあげます。こう?」 すると僕女が言い、僕の手をどかせて握ってくれた。
 
「どこが気持ちいいの?」「先っぽの、少し裏側……」「ここ?」 美少女は言いながら、指の腹でクリクリと感じる部分を刺激してくれ、さらに幹を握って上下運動を繰り返した。 僕もロリ美少女の指の動きに身を任せ、上から唇を重ねてもらった。 俺は舌をからめ、次第に高まっていった。 やはり慣れた自分の指と違い、ぎこちない愛撫の方が感じるし、時に予想もつかない動きをしたり、思いがけなく感じる部分が刺激されたりした。「唾を飲ませて……」「出るかしら……」 囁くと俺女も答え、そっと唇を重ねてトロリと口移しに注いでくれた。 生温かく小泡の多い唾液は、寝起きで多少粘つきがあり、俺は清らかなシロップで心地よく喉を潤した。 さらにお嬢様の口を開かせ、熱く湿り気ある吐息を胸いっぱいに嗅ぎながら絶頂を迫らせていった。これも寝起きで、甘酸っぱい果実臭が濃厚になり、悩ましく鼻腔を刺激してきた。 さらに僕女も開いた口で俺の鼻全体をスッポリ覆ってくれ、惜しみなくかぐわしい熱気を嗅がせてくれた。濡れた唇が密着し、彼女が舌でチロチロと鼻の頭や穴を舐め回すと、「ああ、いく……!」 俺は快感に昇り詰めて口走り、彼女にしごかれながら熱い白濁液をドクドクとほとばしらせてしまった。 そして全て絞り尽くし、なおも俺は執拗に美人のお嬢様の息の匂いで胸を満たしながら、うっとりと余韻を味わったのだった。
 
出会い系サイトPCマックスでのセフレのロリ美少女とのはめどりエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
















































 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐセックスさせてくれるきれいな女と出会ってセフレにして即ハメセックスできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.