deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールセフレ】セックスレスの爆乳主婦と不倫セックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は日々であいけいコミュでかわいらしい女と即会いして、ただまんsexに励んでいます\(^o^)/
 
さて、今回はセフレを量産できる最大手の出会系コミュのハッピーメール(happymail)で出会ったスリムな専業主婦と東京都東村山市で会ってセフレにして即即ハメセックスをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った女性は奥さんで、名前は洋子さんといい、顔は夏目三久似の非常に美人でした(^○^)
 
若妻とは、出会系コミュのハッピーメール(happymail)で知り合ってLINEでやり取りした後、東村山駅周辺の高級海鮮居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホに行ってオフパコエッチをしました。
 
僕と主婦が東京都東村山市の東村山駅近くのラブホテルの部屋に入りました。
 
すると「あの……お手伝い…しましょうか?」若妻の顔が近くにあった。潤んだ瞳で僕を見つめてくる。 「あ、えっと…あの…い、いや…大丈夫です」  彼女に突然そんなことを言われても、心の準備ができていない。 「でも…辛そうだから」 (辛そう? 僕が? 何で?)  彼女の言葉に戸惑う。すると、若妻は恥ずかしそうな顔をしながら視線を僕の下半身へと移した。釣られて俺も自分の下半身へと視線を移す。
 
「わわわわわっ! あの、これは…その…」  ズボンを押し上げ、盛り上がった股間が目立つ。 「…お手伝い…しますね」  新婚の人妻はそう言うと、盛り上がった僕の股間にそっと手を触れた。細く長い指が、ズボンにくっきりと浮かぶ竿に沿って滑ってゆく。 「あっ…ああっ」  セックスフレンドの若妻にチンチンを触られているという有り得ない出来事にドキドキしてしまう。ちょっと触れられただけで、いつも以上に感じてしまう。 「すごい…」 新婚の人妻が小さく呟いたその言葉を、俺は確かに耳にした。直接面と向かって言われるよりも、無意識のうちに呟いたその言葉の方が余計に興奮する。男にとってスゴイという言葉は何よりの褒め言葉なのだ。ズボンに浮かぶオチンチンに沿って、彼女の指が優しく滑る。チンポの先っぽの敏感な場所に指先が触れると、背中をゾクゾクとした快感が駆け抜けた。すでにちんぽの先っぽから我慢汁が出ている感覚がある。 「…このままじゃ…汚れちゃいますよね…」  俺の気持ちを悟ったかの様に爆乳の若妻が言った。 「そ、そうですね…」 「…脱いじゃい…ますか?」  彼女のその言葉に、胸がドクンと激しく脈を打つ。いいのか? 出しちゃってもいいのか?  胸の鼓動がどんどん速くなってゆく。
 
 「…いいんですか?」 「…はい…私のせいでこんなことになってしまったから…でも…」 「でも?」 「恥ずかしいので…目隠しをしてもらってもいいですか?」 「め、目隠し…ですか? 僕が?」  僕が言うと、彼女はコクンと頷いた。 (僕が目隠しをするのか? それって主婦より俺の方が恥ずかしくないか? 何だか僕が羞恥プレイをされてるみたいだぞ? でも…無理って言ったらこの行為も終わってしまいそうで勿体ないよな…) 「分かりました…。疲れ目解消用のアイマスクがあるので、それを使いますね」  僕は物入れからアイマスクを取り出した。封を開けるとすぐに温度が上がってきた。 「こ、これでいいですか?」  アイマスクを着用して若妻に尋ねる。 「はい。それなら恥ずかしくないです。ありがとうございます。じゃあ…脱いでもらっても…いいですか?」  何も見えない状況でズボンと下着を脱ぐ。彼女はどこを見ているのだろうかと思うとドキドキしてしまうが、アイマスクをずらすワケにもいかない。きっとずらさないように警戒しているだろうし……。  どうなるか分からないドキドキ感に襲われながら待っていると、下半身にしっとりと、そしてひんやりとした感触が襲うに触れられた瞬間、胸が大きくドクンと脈を打った。 
 
 スリムな専業主婦がしなやかな指で俺のち○ちんの裏側を撫でてくる。優しく柔らかな動きに、身体中にゾクゾクとした感覚が駆ける。 「うっ…あっ…」  思わず声が出てしまった。恥ずかしさで顔が熱くなる。きっと顔が真っ赤になっているに違いない。彼女はそんな俺の姿を見てどう思っているのだろうか? そんな事を考えていると、専業主婦が敏感な部分を指先で撫でてくる。彼女のすべすべな指で撫でられるだけで感じてしまうのに、さらなる衝撃が僕を襲った。指先が何故かヌルヌルしているのだ。一瞬、僕のカウパー氏腺液かと思ったが、それにしては量が多すぎる。 「はぁっ…何だかヌルヌルして…うっ、気持ちがいいです」  僕が正直な感想を言うと… 「良かった…ちょっとヌルヌルした方が気持ちいいかなと思って、唾をつけちゃいました」  人妻のその衝撃的な言葉が俺の心を打ち抜く。僕のおちん○んに若妻の唾が……? (どうやったんだ? 一体どうやってやったんだ?)  俺のち○こに向かって唾を垂らしたのだろうか? それとも指を舐めて唾を絡めたのだろうか? 見えない分、妄想が暴走する。清楚な主婦の行為を想像すると、余計に下半身が反応してしまう。ビクンビクンと脈を打っているのが自分でも分かる。隣の彼女の前で俺はパンパンにち○ぽを勃起させ、それが勝手にビクビクと動いているのだ。
 
(恥ずかしい! これは恥ずかし過ぎる!)  人妻の滑りを帯びた指先で敏感な部分を撫でられると、身体が勝手に反応してしまう。視覚を奪われているから、余計に感覚が鋭くなっている。指の動きに合わせて勝手に反応してしまう身体に恥ずかしさを覚えながら奉仕を受けていると、突然、右の耳元に熱い息が掛かった。 「すごいですね…すごく熱くなってます…」 (どういう状況? ソファーにもたれている僕の横に座りながら、竿をしごいているのか?)  sexフレンドの若妻と僕の位置を想像してみる。想像するととてもエロいシチュエーションが頭に浮かぶ。美人妻の口元が僕の耳の近くにあり、そしてきっと勃起したチ○コを見つめながらそれを手で奉仕しているのだ。 (見たい…奥様が僕のチンチンを見ながら手でしてくれている姿を見たい…)  アイマスクを外してしまいたい衝動に駆られるが、もしそれをしたらどうなる? 美人妻は恥ずかしがって行為の質が下がるのではないか? それはイヤだ。この美味しいシチュエーションをもっと味わいたい。そう思っていた時だった。
 
 「おかず…欲しいですよね?」 (お、お、おかずって何だ? もちろん唐揚げとか卵焼きではない。この状況でのおかずって……)  一人でするときのおかずと言えば、映像とか写真などだ。この状況下でのおかずとは一体? 「そ、そうですね…できれば、おかず…欲しいですね…」 僕から言い出したのではない。美人妻から言い出したのだ。我慢できなくなって俺から求めたのではない! 繰り返す! 我慢できなくなって僕から求めたのではない! 「分かりました…ちょっと恥ずかしいですけど…」 (恥ずかしい? 何が? 何をする気だ? えっ? 何をするんだ?)  僕が戸惑っていると、若妻が俺の手を握ってきた。しっとりとした手で握られ、ドキドキ感はさらに増す。そしてスタイル抜群の若妻は俺の手を優しく引いた。次の瞬間、手の平を柔らかな感触が襲った。 「んんっ…」  耳元に奥様の声が届く。何かを我慢しているような、息を殺した声だった。 (こ、これって絶対に奥さまの…)  指先に力を入れてみる。柔らかなものが手にすっぽりと収まる感触と共に、手のひらの中心に硬いものが触れた。 「っっあっ…んんっ」  硬いものが触れた瞬間に、耳元に彼女の熱い吐息が掛かる。鼻にかかる甘えたような熱い吐息に、身体中がゾクッとした。 (も、もしかして彼女…下着を捲ってるのか?)  手のひらに当たる硬い感触が、俺の想像と股間を膨らませる。一旦手のひらを離した後、もう一度硬い部分に手のひらを当ててみる。
 
 「っあっ…んんっ」  目隠しをしていても、声を我慢しようとしているのがありありと感じられる。声を出したいのに出せずに我慢している姿を想像すると余計に興奮してしまう。その気持ちが如実に下半身へと伝わり、僕のそこは更に硬さを増していた。そのことに気づいたのか、握っている綺麗な若妻の手にも力が入る。 (おっぱいは爆乳だけど、乳首は普通よりちょっと大きいな。程よい膨らみの上で、ちょっと大きめな乳首がツンと立っている…俺の理想のバストだ。悪戯したくなるよな…夏目三久激似の専業主婦から触らせてくれたんだから、ちょっとぐらい悪戯しても…)  指を広げて反らし、手のひらを軽く回し動かす。手のひらの表面が乳首の頭を、触れるか触れない程の距離感で撫でてゆく。 「あっ…ああんっ!」  先程までとは声色の違う吐息が耳元にかかる。彼女ともっと距離を縮め、手のひらを乳首の上で回してゆく。表面に乳首が引っかかり、手の動きに合わせて、乳首がコロコロと手の平の中で転がる。 「あっ…はぁん…それ…だめっ…ああんっ…私…乳首、弱いんです…ぁああんっ!」  突然の若妻のカミングアウトにドキドキしてしまう。
 
乳首を刺激する度に専業主婦の手に力が入り、オチ○チンを強く握られる。程良い握り感と上下に動かすスピードが心地良い。オチ○チンをしごいてくれているのが爆乳の若妻だと言う事実が加わり、いつも以上に感じてしまう。 (ああっ、やばい! イキそうだ! まだイキたくない! ここでイッてしまったらこのエッチな時間が終わってしまう…でも爆乳の美人妻の手の動きが気持ち良すぎて…ああ、ダメだ! で、出る!)  セフレの専業主婦の手の動きに我慢が出来ず、思わずザ○メンを射精してしまう。周期的にち○こが脈を打ち、脈打つ度にその先端から熱い白濁液が溢れ出す。 「いっぱい出ましたね…気持ちよかったですか?」  ウエットティッシュの冷たい感触が、まだ熱の冷めやらぬ亀頭を優しく包み込む。主婦にチ○コの表面を撫でられる度に、腰がビクンと勝手に動いてしまった。丁寧におちんちんを掃除してくれた後、彼女は僕の下着とズボンを優しく上げてくれた。そのタイミングでアイマスクを外す。そこにはすでに僕の期待している風景はなく、うちへ来た時と同じ姿の彼女の姿があった。それからしばらくの間、嫁のいない時にこの行為は何度か続いた。回数を重ねても、アイマスクをしたままの行為に変わりはなかった。それがちょっと残念でもあった。
 
(もっとドキドキしたい…できれば手だけではなく…)  テコキの更なる上を求めてしまうのは至極自然の欲求であり、俺はそれを求めて行為の前に、少し準備をしておいたのだった。   左手で自分でするのはやっぱりやりにくい。が、更なる行為のためにはやっぱり出しておかなければならない。いつもより少し時間をかけて一人でおなにーをした後、僕は三十路の美人妻に「またお願いします」とラインを送った。送った後、その日の午後に東京都東村山市東村山駅近くのラブホテルで再び会う。俺はいつものように、横にアイマスクを用意してソファーに座っていた。 「こんにちは。今日もよろしくお願いします」  いつものようにsexフレンドの人妻と挨拶を交わす。 「はい。分かりました。じゃあ、今日も…しますね」  始めるときは最初にアイマスクを付ける。これがいつもの決まりだ。奥さまは決して行為中の姿を見せてくれないし、おかずと称して触らせてくれる奥さんのおっぱいすら未だ見たことはない。指で触るだけだし、その乳首の様子を見ることもできない。でも今日は…。  いつものように下着を脱ぎ、セフレの人妻の乳首を触りながら手でしてもらう。指で乳首をいじる度に、耳元にかかる夏目三久激似の若妻の甘い声。いつもはその声と、見えない若妻の乳首の妄想に下半身を勃起させ、加えてアラサーの人妻の絶妙な指使いのおかげですぐにザ○メンを射精してしまう。だけれど今日は一度抜くという手段に出た。そのおかげでいつもよりも感覚が鈍くなり、膨張率もいつもより低めだ。
 
 「…気持ちよく…ないですか?」  いつもと違う俺の様子に、清純な人妻は少し不安げな口調で尋ねてきた。 「…そうですね…やっぱり、ちょっと最初に比べてドキドキ感が薄れて来たのかな…」  ドキドキ感は全く薄れてなどいない。ようこちゃんのオッパイを触りながらてこきをされているんだ、ドキドキしないわけはない。だが、僕はもっとドキドキしたいんだ。そんな気持ちを隠しつつ、俺はそう答えた。 「…そうですか…どうやったらドキドキしますか?」 (キタ! 一歩先に進むチャンスが来た!!) 「そうですね…ちょっとお願いし辛いのですが…指で乳首を触るだけじゃなくて…」 「触るだけじゃなくて?」 「…えっと…舐めてもいいなら、きっと興奮すると思います」 「……」  返事がない。黙られると、こちらもドキドキしてしまう。もしも嫌われてしまったら、今のこの状況までも失ってしまうからだ。どっちだ? ヨウコちゃんの返事は?  ドキドキしながら待っていると… 「分かりました…ちょっと恥ずかしいですけど…」  新婚の美人妻の答えに胸がドキンと大きく鳴った。奥様が僕の頭に優しく手を置く。そして次の瞬間、硬いものが俺の唇に触れた。 「あっ…んん…」  奥さんの口から吐息が漏れる。舌先をチロリと出して、スレンダーな若妻の乳首の感触を確かめてみた。指で触ってある程度は分かっているが、舌での感覚はまた違う。舌先を30代の人妻の乳首の下に当てて動かすと、口の中でコロコロ転がる。
 
それを追いかけて舌を合わせると、更に舌先から逃げてしまう。 「ぁあ、あああっ…ああんっつ」  乳首が転がる度に、彼女の鼻にかかった甘い吐息が漏れる。舐めるほどに乳首は硬くなり、唾液で滑りが良くなったそれは、舌先からコロコロ転がり逃げる。 「あっ、あっ…だめっ…あああん…気持ちよくなっちゃう…あぁあんっ!」  かわいらしい美人妻のその言葉と、乳首を舌で転がしながらてこきをされるシチュエーションにどうして耐えられよう。一度出したにも関わらず、お○んちんは痛いぐらいに勃起し、唾を垂らされ滑りの良くなった手の動きに耐えることはできなかった。ビクンと腰が浮き上がり、それと同時に精液が先端から飛び出す。 「き、気持ちよかったです…また、お願いします」  それしか言葉がない。ザ○メンが出てしまった後に、更なる行為を求める事はできない。次はもっと先の行為を…テコキが終わった後、奥さんと少し雑談しながら、俺はそんな思いを抱いていた。 (今度はちょっとやそっとじゃ出ないだろう…)  彼女との約束の日、僕は朝から二回出した。さすがにすぐにはイカないだろう。それを利用して今度はもっとドキドキする事をしようと思っていた。どんなことをするかは頭に思い描いている。もしもそれが出来たら本当にドキドキするだろう。期待を胸に主婦にラインをする。程なくして玄関のドアが開く音がした。 「こんにちは…今日も…お願いします」  ソファーに座りながら、いつものように挨拶を交わす。いつもならこちらを向いてニコリとしてくれるのだが、今日は何だか様子が変だ。僕とは目を合わせず、どこか顔が赤い気がする。体調でも悪いのだろうか? 「あの、大丈夫ですか? 何だかいつもと雰囲気が違いますけど…」  俺が尋ねると、綺麗な専業主婦は「そんなことないですよ」と僕の顔を見ていつものようにニコリと笑った。どうやら僕の思い過ごしだったようだ。
 
「じゃあ早速、お願いしてもいいですか?」  僕はアイマスクを着用し、ソファーに身を預けた。いつものように露出した僕の下半身を、清楚な奥さまが優しく撫で始める。そして程なくして自分から俺の唇に乳首を押し付けてきた。やはり一度した行為に対しては、それほど抵抗はないのだろうか? 最初から頼んでいたら引かれたかもしれないが、ある程度回数を重ねたこともあり、安心感もあるのだろう。俺は口元に突きつけられた彼女の乳首を、舌先で転がすように舐め回した。 「あっ…はぁああんっ!」  少し篭った声だった。もしかして手で口を押さえている? その行為が妙に興奮する。押さえているという事は、声が出てしまう事が分かっていたという事だ。歯で軽く乳首を噛んでみる。するとアラサーの主婦の身体がビクンと震えるのが分かった。歯軋りをするようにギリギリと歯を動かす。 「アッツ、アッっんんんっ!」  その動きに合わせ、専業主婦が大きな声で喘いだ。押さえていた手が思わず離れたのか? 声の大きさにドキッとした。 「気持ちよくなってしまいましたか?」  清楚な若妻の反応に、尋ねずにはいられなかった。 「…はい…恥ずかしいですけど…」 「そうなんですね。それは嬉しいです。乳首…敏感なんですね」 「そう…ですね。前から敏感だったんですけど、子供を産んでから余計に敏感になってしまって…」 「そうなんですか。だから指で触っただけでも声が出ちゃうんですね」 
 
 勃起した夏目三久激似の人妻の乳首を指でいじってみる。 「あっ…ああんっ」  乳首の頭を軽く撫でただけで体をビクビクさせているのが分かる。 「本当に敏感ですね。あの、ひとつお願いがあるんですけど」 「何ですか?」 「乳首に、唾を垂らしてもらってもいいですか?」 「つ、唾…ですか?」 「ええ。滑りが良くなると、きっともっと気持ちいいはずなので」 「…分かりました。恥ずかしいですけど、それでゆうきさんがドキドキしてくれるのなら」  言った後、少しの沈黙。そして乳首をいじる俺の右手の指先に、なま温かい、ぬるりとしたものが触れた。思わずニヤけてしまう。俺はすぐさま指を離し、唾液にまみれた新婚の若妻の乳首に吸い付いた。 「っっああっはあああんっ!」  僕は指先のヌメリが欲しかったのではない。欲しかったのはスタイル抜群の専業主婦の唾液だった。乳首に垂らされたセフレの主婦の唾液を舌で舐め取りながら、口の中で味わう。濃厚な間接キスにドキドキしてしまう。 「こっちもいいですか?」  弄っていた左の乳首を指でグリグリしながら主婦に言った。言った後、指先にヌルリとしたものが纏わり付く。指を離し、素早く唇を合わせた。唾液に濡れる乳首に吸い付き、彼女の唾液を再び味わう。ほのかな甘い味が口の中に広がる。濃厚な間接キスに興奮がどんどん高まっていった。
 
  ちんちんの勃起はするが、なかなか射精までには至らない。それはそうだ。行為に及ぶまでに2回もザーメンを出したのだから、ちょっとやそっとじゃ射精しない。チン○ンに唾液を垂らし、手でピストンをしてくれているが、なかなかイカない。 「すいません。この間みたいに、ちょっと興奮が足りないみたいです…このままだと彼女が疲れてしまうだけなので、ちょっとドキドキさせてくれませんか?」 「どうしたら…ドキドキしますか?」  彼女が尋ねてくる。 「えっと…前に座ってもらって…息を吹きかけながら…してもらってもいいですか?」  頭の中にその状況のイメージが浮かぶ。ブラを胸の上までずらした彼女が、ソファーに座っている俺の足の間に体を入れて、勃起するオチンチンを目の前にして、それに向かって唇を近づけ息を吹きかけるのだ。想像しただけでイッてしまいそうだ。ドキドキしながら美形の主婦の返事を待つ。 「い、いいですよ…でも、恥ずかしいので、絶対に目隠しをしたままにしてくださいね?」 「分かりました…じゃあ、お願いして、いいですか?」 「…はい」  照れている様子が主婦の口調で伝わってくる。恥ずかしがっている姿を想像すると興奮が収まらない。その気持ちが下半身に伝わる。血潮に合わせ、勝手にビクビクと動くチ○チン。破裂しそうなほど勃起しているそれを夏目三久激似の人妻の目の前に晒す行為が更に興奮を煽る。気配から、若妻が俺の前に座った事を悟る。何だか股間のあたりに気配を感じる。
 
(ああっ! 見えない分余計に興奮する。なんか彼女の顔がめちゃくちゃち○ちんの近くにあるように感じるのは気のせいか? いや、きっと近くにあるに違いない!)  そんな妄想が頭の中で駆け巡っていたとき、ちんちんの先端に冷たい感覚があった。 「こんな感じでいいんですか?」  セフレの人妻が戸惑い気味に尋ねてくる。 「は、はい、そんな感じでお願いします。息を吹きかけながら、手でしてもらえたら最高です」 「分かりました。男の人がどうすれば気持ちいいのか、あまりよく分からないので、他に何かあれば、遠慮なく言ってくださいね」  そう言いながら、奥さまは息を吹きかけつつ、握ったちんぽを上下にゆっくりとスライドさせる。亀頭に触れる程近くにある唇。そこから放たれる美人妻の息が絡まりながら、しなやかな指で、握ったチンチンがシコシコとしごかれる。 (ああっいい! なんてドキドキするシチュエーションなんだ! 気を抜くとイッてしまいそうだ! でもまだまだ我慢だ! ここでイッてしまえば行為が終わってしまう! 俺はこの先の行為も体験してみたいんだ!)  気合でイクのを我慢する。こんな事でイッてしまってはもったいない。必死で絶頂を我慢していると、清純な若妻が僕に尋ねてくる。 「もっと気持ちよくなってもらうにはどうしたらいいですか?」 「えっと…唾を先端に垂らしてもらって、指で先端を撫でながら、裏側に息を吹きかけてもらえたら」
 
 (ぬおおおおお! しまった! 思わず正直に答えてしまった! そんな事をされたらすぐにイッてしまうではないか!!)「こ、こうですか?」  俺の言った通りの事を彼女が実行する。当たり前だ。言っちゃったんだもの…。そしてその行為が俺を追い詰める。 「アッ…ううっ…ああっ、それやばいです…ああっ!」  上下の手の動きに加え、唾でヌルヌルになった先端を指で優しく撫でられながら、亀頭のつなぎ目に唇を近づけられ、勃起したチン○ンを見つめられながら息を吹きかけられる。天国のような状況。このままでは本当にすぐにイッてしまう。俺は最近仕事で失敗してこってり怒られたときのことを無理やり思い出した。絶頂へと向かっていた感覚は急速に萎んでいったが、俺のメンタルも急速にダメージを受ける。どんどん萎んでいく気持ちとおちん○ん。それに新婚の主婦も気づいたのか、快楽の宝石箱のような一連の動作も止まってしまった。 「ごめんなさい…私…やっぱり、下手ですよね?」  もちろんその逆である。気を抜くとすぐにイッてしまいそうになる。萎んでいったのはこちらの都合です。ごめんなさい。と、彼女に心の中で謝罪していた時だった。 「あの…絶対に目隠しを取らないでくださいね」  セフレの奥さんが念を押してくる。何でだろう…疑問を抱きつつも、 「も、もちろんですよ」  と、答える。
 
すると次の瞬間、亀頭の先端が、何か、なま温かい柔らかなものに包まれた。 「ああっ…何だかそれ、気持ちいいです」  咄嗟に答えてしまう。この感触は絶対に手ではない。こ、これは明らかに…。  想像の中の映像と、実際の感触がリンクする。この気持ち良さは明らかに奥さんのお口である。専業主婦が僕のおちん○んを口で奉仕している事実に、思わずアイマスクに手が伸びてしまう。 「ダメです! 絶対に取らないでください!」  夏目三久似の若妻が言った瞬間、その快感から解放される。さっきまでの気持ち良さの根源は奥様のお口であることが証明される。 「す、すいません、気持ち良すぎてつい…あの、続きをお願いします」 「絶対に目隠しを取らないって約束してくれるなら」 「します! します! します! します! します! します! します! します!」 「クスッ…そんなに必死にならなくても」  30代の人妻のクスッと笑った声が聞こえる。 「いや、だってあまりにも気持ちよかったので…あの、絶対に目隠しを外さないので、お願いしてもいいですか?」 「分かりました。絶対に外さないでくださいね」 「はい」  俺が答えると、再びあの心地よさがおち○ちんを襲う。亀頭に絡まるヌメリを帯びた柔らかな感触。そしてスリムな若妻の柔らかな手にチン○ンを挟まれている心地よさ。そして上下にピストンするたびに聞こえてくるジュプジュプという水音が興奮を誘う。 「ああ彼女、これめちゃくちゃ気持ちいいです」
 
 僕がいうと、 「そうれふか…うれひいれふ…」  という、明らかに口を何かに使っている事がバレバレな口調。口を離さずに答えてしまう天然な清楚な奥さまに胸がキュンキュンする。 (ああっ…ようこさんが俺のモノをしゃぶってるなんて…その事実だけでもうイッてしまいそうだ…ううっ、それにめちゃくちゃ上手いし…旦那のオ○ンチンもいつもこうやってしゃぶってるのか? ああっ、ヤバイ!!)  亀頭にまとわりつくような心地良い動きと、清楚な奥様の上下のピストンの滑らかさにどんどん絶頂へと上り詰めてゆく。しゃぶっているのが、あの八重歯の可愛いセフレの若妻だという事実がそこに加わり、僕の気持ちを高めてゆく。 「ああっ、洋子ちゃんっ、ダメだっ、いきそうだっ、あ、あ、あ、出る、出る、出る出る!」  あまりの気持ち良さに訳が分からなくなり、思わず隣の30代の奥さまを名前で呼んでしまう。腰が勝手に浮き上がり、ビクビクと痙攣させながら、チンコの先端からオ○ンチンが飛び出す。先端はまだ含まれている感触が。僕は大量のチンコを、隣のスレンダーな奥様の口の中へと放出していったのだった。  放心状態で動けないでいると、彼女が僕に話しかけてきた。 「ちゃんと気持ちよくなってもらえてよかったです…あの、私ちょっと用事を思い出したので、これで失礼しますね」  目隠しをしたままソファーでぐったりとしている僕に細身の若妻が言った。 「あ、はい、分かりました。ありがとうございました」  いまだ息の整わぬ僕を残し、程なくしてドアが閉まる音がした。僕はソファーにもたれながら、快楽の余韻に浸っていた。ある思いを抱きながら……。
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのsexフレンドの人妻とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
















































 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexさせてくれる綺麗な女と出会ってsexフレンドにしてただまんセックスできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出逢い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメールは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.