deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールセフレ】ビッチな巨乳インストラクターとsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はせっせとであいけいアプリで美形の女を釣って、ハメ撮りセックスをやってヤりまくっています(^○^)
 
さて、今回はバンバン会える違法でない出逢い系SNSのハッピーメールで出会った細身のインストラクターと東京都武蔵村山市で会ってsexフレンドにして即オフパコsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く取れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのハピメで出会った女はインストラクターで、名前は安子ちゃんといい、顔は蛯原友里似のすげえ美人でした(^○^)
 
彼女とは、であいけいアプリのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、玉川上水駅近くの高級海鮮居酒屋に飲みに行った後エッチしてもOKとのことだったのでそのままラブホに行ってはめ撮りセックスをしました。
 
僕とインストラクターが東京都武蔵村山市の玉川上水駅近くのラブホテルの部屋に入った。交代でシャワーを浴び、二人でベッドに寝転がっていた。ヤリマンのインストラクターはロングTシャツ、僕はTシャツとスウェットパンツ姿だった。「結局あたしって、本命になれないセフレ止まりの女なんですよね」「違う、自分を卑下しちゃダメだよ。今回のことは、彼氏の女関係がメチャクチャだって、早めにわかってむしろよかったんだよ」「そうなのかな」「おれみたいなおっさんに慰められても嬉しくないだろうけど、泰子ちゃんは一生大切にしたいレベルのすごくイイ女だから、もっと自信を持っていいんだよ」「本当ですか? ゆうきさんみたいな大人の男性から見ても、あたしって魅力ありますか?」「ありまくりだよ。許してもらえるなら、抱きしめるだけじゃなくて、今すぐキスしたいくらい」 まごうことなき俺の本音である。綺麗なインストラクターのぽってりした唇を見つめていたら、ついつい欲望を口に出してしまった。「うふふ。キスくらい、してもいいよ」 彼女は嬉しそうに言って目を閉じた。そしてクンッと顎を上げ、魅惑的な唇を突き出す。 俺は、急に心がこそばゆくなった。なんだか甘酸っぱい感情が渦巻き、胸がキュンキュンと疼くのだ。
 
やけに懐かしい感覚で、まるで十代後半から二十代前半辺りに若返ったような気分になった。 キスをするのは初めてではないのに、口の中が渇いていくのがわかった。生唾をのみ込む音が聞こえないだろうかとか、唇がカサカサだと嫌がられるかもと気にしてしまう。 僕は自身の唇を舌で舐め少し湿らせてから、ヤリモクのインストラクターのぽってりした唇に近づけていった。 そして最初はチュチュッと、何度か唇を啄ばみ合うバードキスをした。軽い舌入れキスを終えて激カワのインストラクターを見ると笑顔を返してくれた。唇が触れているときよりも、離れて見つめ合うほうがはるかに照れくさい。 少なくとも唇を合わせている間は、気分だけヤリモクのインストラクターと同じ20代になって、青春を追体験していた。「ヤスコちゃん、すごく可愛いよ」 俺は精一杯の甘い言葉を口にしてから、彼女のほおを撫でた。」「ヤスコちゃんは、キスが好きなの?」「好きよ。もっと、いっぱいしてほしいな」 インストラクターは?に置かれた俺の手を握り、指を絡めた。「どんなキスをされたい?」「さっきのキスも、すごくよかったけど……」 そう言って、今度はヤリモクのインストラクターのほうから積極的に舌を絡めるキス。唇が少し開いており、生温かい舌先が少しだけ触れ合った。俺は舌を絡めようと試みたのだがかわされ、ヤリマンのインストラクターは彼の下唇をハムハムと甘がみしてきた。 さらに巨乳のインストラクターは中年男に乗っかって身体を密着させた。俺は小柄な身体を抱きしめる。そして上になったり下になったりしながら、しばらく舌と唇で濃厚な会話を交わした。 舌を絡め唾液が混ざり合うと、口腔内発の快感電流で全身が痺れてしまうほどで、メチャメチャ生々しくてエロかった。(信じられないけど、これは現実の出来事なんだよな)
 
 細身のインストラクターと目を閉じてキスをしている間、僕はインストラクターの姿を思い浮かべた。 腹の部分が丸見えの短いタンクトップと、太ももの途中までしかない丈のスパッツ姿で汗まみれになっている彼女は、とても健康的なエロティシズムに満ちていた。 巨乳のインストラクターの小麦色の肌は、サラサラの汗で濡れ光り巨乳のおっぱいで、六つに割れている腹筋が見事だった。インストラクターが背を向けているときは、プリプリ揺れ動く引き締まった小さめの尻がキュートなのだ。 その下にあるピチピチの太ももからも、躍動的なメスのフェロモンが漂っていた。インストラクターがピョンピョンと跳ねるように踊る姿は、可愛らしい小鹿のようだった。 (安子さんのヘルシーなエロボディを抱きしめ、あまつさえディープキスをしているなんて) ヤリモクのインストラクターへのキス&ハグの効果は絶大で、僕の欲望をダイレクトに刺激した。ムクムクと少しずつ膨張する感覚があり、ちん○んは勃起度三〇%という状態になっていた。 しかも添い寝だけのつもりだったのに、いつの間にか僕と美しいインストラクターはお互いに上半身のみならず下半身もまさぐるペッティングになった。
 
スウェットパンツの上からチン○ンを撫でていた彼女が、口づけを中断して不思議がった。「んんんっ、どうして? ゆうきさんのチン○ン、硬くなってないわ」 焦った僕は、アタフタと言い訳をした。「いや、これは、その、言ってなかったっけ。けっして、ヤスコさんに魅力がないからとかじゃなくて。教える余裕がなかっただけで、おれは最近EDなんだよ。だから、添い寝だけで一晩過ごせるとも思ったわけでさ……」 セフレのインストラクターはフムフムと頷き、意外なことを口にした。「よかった。男ってチン○ンがカチンカチンになると、途端に怖くなるもん」「怖いって、どういう意味だい?」「もう挿れたい熱が強すぎて、ケダモノみたいになるでしょう。それよりあたしは、延々とエッチなイチャイチャしているほうが好きなの。だから邪魔なものを脱いで、ゆうきさんと裸で抱き合いたくなってきた」「いいのかい?」 なんと、またEDゆえにチャンスに恵まれたわけだ。「だって、いっぱいチューしたら膣キュンしちゃったんだもん」 彼女は起き上がって、ロングTシャツの裾を持ち、一気に脱ぎ捨てた。「えっ、下着をつけてなかったんだ」 いつか一度は拝んでみたいと願った彼女の巨乳の乳房が、僕の目の前に出現していた。しかも想像と同じ巨乳のおっぱいなうえに、大きめの茶色い乳首と小さめの乳暈が可愛くて目が釘付けになった。「今夜はゆうきさんと一緒だからTシャツを着てたけど、あたしふだんはスッポンポンの裸族だもん」 
 
エロ視線に気づいた彼女は、膝立ちになって俺に近づく。「あたしのオッパイ、気になる?」「すごく綺麗な胸だから、さわりたくてたまらなくなってるんだ」 俺は、正直に言って起き上がり胡坐をかいた。「うふふ。どうぞ」「乳首が勃って、もう硬くなってるみたいだな」 僕はつぶやきながら、彼女の巨乳のおっぱいへ両手を伸ばした。「そうなの。Tシャツで擦れるだけでこうなっちゃうの」「敏感なんだねえ」 両巨乳のおっぱいをやんわりと揉むと、パンパンに張っていることがわかった。しかもインストラクターは乳頭に指が触れるだけで、激カワのインストラクターは上半身を、ビクンビクンッと震わせた。さらにピンピンになっている乳首をクニクニいじると、指のリズムに合わせて悶えた。「あふっ、すうううううっ、はおっ、すうううううっ」 息を吐くときだけでなく、むしろ吸いながら気持ちよさそうに喘ぐ。 それから俺は、親指と中指で乳首側面をつまんでキュキュッと揉んだり、人差し指の爪で頂上をカリカリしたりもした。二種の刺激が気に入ったようで、巨乳のインストラクターはさらに息を荒らげた。「すっ、すううっ、すううううっ。そうやってされると、うっく、たまらない」
 
 乳首への愛撫が下半身を刺激するのか、色っぽいインストラクターは腰をクネクネと揺らしながら、太ももを擦り合わせる姿が卑猥だった。(あっ。髪の毛は茶色いけど、下の毛は黒いのか) 胸ばかり見ていた俺は、初めて彼女の下腹部の状態に気がついたのだ。濃い目の陰毛は縮れておらず、興奮のためか逆立っていた。「オッパイ、舐めますよ」 俺は宣言して彼女の乳暈ごと口に含み、強く吸いながら、ピンピンの乳首を飴玉のようにしゃぶった。唇で数回甘がみした瞬間、「はおっ、はおおっ」というインストラクターの悩ましい吐息が聞こえた。「おぅふっ、そんなふうにオッパイ吸われたら、すぅうううっ、おっ、おかしくなっちゃう、すぅううううっ」 20代のインストラクターは巨乳のオッパイを痙攣させながら喘ぎ続ける。僕がもう片方の乳首を指で軽く弾くと、セックスフレンドのインストラクターはもっとしてほしいとばかりに、身体をよじって巨乳の胸を押しつけてきた。 ならばとしばらく、舌でも指でも乳首を弾く愛撫をほどこした。それから僕は途中で口と指を交代させ、両方の巨乳の乳房をまんべんなく可愛がった。 いつの間にかスタイル抜群のインストラクターは、中年男の肩に手を置いて身体のバランスをとっていた。乳首から口を離して彼女を見ると、目を閉じて完全に自分の世界に入っていた。
 
湧き上がる快感を堪能する恍惚の表情が、じつに悩ましい。 キスがしたくなった僕は、sexフレンドのインストラクターの鎖骨、喉、顎へと舌を這わせた。時間をかけて、ジワジワと唇までたどり着く。輪郭をなぞると、インストラクターも舌を出し絡めてきた。そして僕の舌を強く吸いながら愛撫した。(すごい、まるでベロを濃厚なフ○ラチオされているみたいだ) そう思いつつ俺は、しっとり汗ばんでいる体育会系女子の太ももに右手を、耳や首筋に左手を這わせていく。 すると乳首を愛撫していたときは閉じていた両足が、中年男の指を歓迎するかのように少しずつ開いていった。ほどなくビッチなインストラクターは濃厚なフ○ラみたいなキスを止め、俺の耳元で熱い吐息を漏らしながら囁いた。「あふぅ、あああっ、もう立っているのがつらいわ」 そして、俺のTシャツをグイグイ引っ張りながら言葉を続けた。「ゆうきさんも、早く脱いでぇ」「わ、わかった」 僕は返事をして、Tシャツとスウェットパンツとトランクスを素早く脱いで全裸になった。「た、楽しい。」 巨乳のインストラクターは言って、満面の笑みになった。さっきからずっと、全裸で仰向けになった僕の足の間に座って、僕のちん○んを楽しそうに可愛がり続けていた。
 
ちなみにお○んちんではなくホーデン、すなわち陰のうをいじっているのだ。「おれはそろそろ、ヤスコちゃんのクリを舐めたくなってきたな」 俺は、彼女のマ○コをじっくり見て舌と指でイカせたかった。「あたし、クンニは苦手なの」 ショックだった。女教師との情事で学んだクンニを試してみたかったのだ。「どうして?」「くすぐったくなっちゃうし、なんかベロってヌメヌメして、ナメクジみたいで気持ち悪いんですよね」「そっか、残念だな」 ディープキスや乳首を舐められるのは平気なのに、クンニには抵抗があるとは少々矛盾している気もしたが、感覚は人それぞれだから仕方ない。 そういえばこないだ出会い系アプリのハッピーメールで出会ったセフレは、まんこに口をつけるなんて不潔だという理由で嫌がっていた。「あたしのクリちゃんはベロよりもむしろ、硬くないオ○ンチンのほうが可愛くて好きかもしれない」「んんん、どういうことだい?」 暗黒世界に、一筋の光明が見えた気がした。「えへへ。だって最近お気に入りのセックストイって言うんだっけ? そういうお道具と同じくらいの柔らかさなんだもん」
 
「それって、おなにーで使う大人のオモチャのことかい?」 僕の疑問に、ビッチなインストラクターは玉袋を揉みながら答えた。「うふん、正解。シリコン素材でプニプニしたローターなのよ」「泰子ちゃんがオモチャを使うオ○ニー、見たいなあ」「イヤン、恥ずかしい。でもいつものオモチャじゃなくて、硬くないお○んちんを使ったお○にーだったら、見せてあげてもいいかなあ」「本当かい」「だってゆうきさんの身体全部をオモチャにして、攻めたくなってきたんだもん」 巨乳のインストラクターは言って、仰向けになっている僕の上に乗った。(よくわからないけど、いろいろ気持ちよくしてくれるみたいだな) などと快楽攻めを期待する中年男を、彼女は悪戯っぽく見下ろして、僕の唇や?にチュチュッとキスの雨を降らせた。もちろん顔面のみならず、スリムなインストラクターの口唇愛撫は首や鎖骨へ向かい、乳首をも啄ばみ始めた。「泰子ちゃん、そこはちょっとくすぐったいよ」 僕が言ってもインストラクターは止めなかった。強く吸いついたり、舐めたり甘がみしたり、男の両乳首にいろいろな愛撫を試した。 けれど僕としては、乳首に生じる微弱な快感より、半勃起状態のおちんちんを女体で圧迫される心地よさが勝っていた。
 
「ゆうきさんって、乳首は感じないのね。つまんないなあ」 つぶやきながら彼女はずり下がり、コリコリした乳首で男根の裏スジ辺りを微妙な加減でくすぐった。「うううっ、これは気持ちいい」 僕はもっと愛撫されたくて、腰を動かしおちん○んを乳首に近づける。ほんの少しだけど海綿体に血液が流れ込んだようで、チンポをビクンッと動かすことができたのだ。 たぶんキス&ハグのときよりも、大きさと硬度がアップして、総合すると勃起度が上がった。つまり自分のEDは、やはり自信喪失による心因性のもので、女体と親密に接する刺激が一番の回復ツールだと確信した。「やったー。これだと、あふぅん、あたしも気持ちいいわ」「本当かい。だったら、もっとおちん○んを可愛がっておくれよ」 そうすれば、一〇〇%勃起への道も遠くはない。「うふふ、いいよ」 彼女は頷き、ほぼ半勃起状態の柔らかチン○ンに手を添えて垂直に立てた。そして、亀頭にタラーッと唾液を垂らしてから、乳首で尿道口辺りをヌルヌルと擦り始めた。「んんんんんっ、あああああっ」 俺は息を詰めながら、背を反らした。あきらかにち○ちんの快感が増していた。萎えてしまうことはなく、この状態をずっと維持したかった。あまつさえ、もっと硬くなってくれればとも思うが、意識しすぎるとヤバい。「イヤン、可愛い喘ぎ声。もっといっぱい、気持ちよくしちゃおっと。ゆうきさん、タマタマって舐めても大丈夫ですか?」「もちろんだよ」 
 
玉舐め未体験の俺が頷くと、スリムなインストラクターは顔をおちん○んより下に潜らせ陰?に舌を這わせ始めた。ならばもっと舐めやすいように、僕は足を大きく開いて少し腰を浮かせる。するとセフレのインストラクターは右の玉を指で引っ張り、左の玉を口に含んで吸った。 特に痛みはなく、陰のうがくつろげられている感じがした。副交感神経が高められるからだろうか、たちまち身体全体が緩んでリラックス度合いが増す。睾丸は吸われるのみならず、舌で転がされるのも心地よかった。 二つの玉をもてあそんだあと、ヤリマンのインストラクターの舌はおちんちんに向かった。ヌルヌルの舌が根元から頂上近くまでユルユルと這う。裏スジに届くとチロチロ蠢き、また根元に戻った。それを数回繰り返されたら、とてつもなく焦れったくなった。(すごい、確実に性感が戻ってきているんだ) 俺が心の中で喜んでいると、ヤリモクのインストラクターはジュブジュブと淫音をたてながら亀頭を咥えた。たっぷりの温かい唾液と口内粘膜の心地よさに、俺は思わず「ほぉうっ」と溜息をつく。 舌先がヌメヌメと、尿道口やカリ首、裏スジなどにまとわりついてくるのがたまらない。なんと、スレンダーなインストラクターは頭をまわしながら舌を逆に回転させて濃厚なフェラ○オをしていた。(あああっ、気持ちよくて、おちん○んが溶けてしまいそうだ) 僕は、淡くてとても複雑な快感の波に包まれていた。このままいつまでも濃厚なフェラチオされていたい、と思っていたらセックスフレンドのインストラクターの口がちんこから離れた。
 
「それではあたし、ゆうきさんのち○ぽを使って一人エッチをしまーす」 セフレのインストラクターは言って俺の腰に跨った。そしてち○この裏側にワレメをあてがい、クイッ、クイッと腰を前後に動かし始める。きっと濃厚なフ○ラチオで興奮を高めていたのだろう、ワレメは粘り汁でヌルヌルだった。(そうか、チ○チンを使ったマスターベーションとは、騎乗位素股のことなのか) 僕は小さな謎が解けた喜びとともに、心地よいヌメリと圧迫感をおちんちんの裏側で味わった。しかも彼女が本当に勃起を求めていないとわかり、俺は安堵する。「ああんっ。クリちゃんがメチャクチャ気持ちいい」 彼女は悦びを口にしながら、ゆっくり円を描くように腰を回した。クニュクニュした一番敏感な豆が、ヌルリッ、ヌルリッと裏スジを集中的に擦る。素股行為ならば、四〇%が〇%に萎えてしまっても大丈夫だろうと僕は安心した。「いつも使ってる、お気に入りのオモチャよりも気持ちいいのかい」「人肌だと、温度が全然違うもん。うっ、ううーっ、うううううーっ」 彼女は突然目を伏せ、眉根を寄せた陶酔の表情で呻く。「どうした?」「んくっ、イキそうになってきたから、はううっ、オッパイさわってぇええ」 彼女は前傾姿勢になり、俺の胸に両手を置いた。
 
出会い系サイトハピメでのセフレのインストラクターとの即ハメsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


















































 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即エッチできるかわゆい女性と出会ってセックスフレンドにしてただまんエッチできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出合い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.