deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールヤリモク】清楚な爆乳奥さんと不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はあいわらず出合い系サイトでかわゆい女性と出会いまくって、即ハメsexに励んでいます((^┰^))
 
さて、今回は秘密の出会いができる最大手の出逢い系マッチングサイトのハッピーメールで出会った深田恭子似のセックスレスの清楚な爆乳奥さんと埼玉県富士見市で会ってセフレにしていますぐ不倫オフパコセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メが多く撮れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいSNSのハッピーメール(happymail)で出会った女は奥様で、名前はチヅルちゃんといい、顔は深田恭子似の超美人でした(^_^)
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での新婚の奥さまのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのセフレの美人妻の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
スレンダーな若妻とは、であいけいコミュのハピメで知り合ってラインでやり取りした後、みずほ台駅周辺の洒落た個室居酒屋に飲みに行った後sexしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行って即ハメエッチをしました。
 
若妻と会う当日、会社を出たのが五時三十分。それから埼玉県富士見市のみずほ台駅まで、二十分以上かかった。約束の時間ぎりぎりになってしまっていた。 みずほ台駅前に出た。するといきなり、深田恭子激似の若妻の顔が僕の視界に飛び込んできた。「あ、あの女だよな……そうだよ、あれだっ」 出会い系アプリのハピメのプロフィールの写真そっくりの、いやそれより三割増しで美人の主婦がみずほ台駅前に立っていた。混み合っていたが、その中でも奥様のかわいさは際立っている。「まじ、やばいぜ……」 出会い系サイトのハッピーメールのようなマッチングアプリで知り合っても、実際会ってみると容姿的にはそうでもなかった、という話はよく聞く。俺もだが、みんな最高に写りのいい画像しかアップしないからだ。 実際には、会ってしまえばあとは、どうにかなることが多いらしい。 が、三割増しというのはあまり聞いたことがない。 ラッキーすぎる。あんないい女とこれからセックスやれるのだ。でもやっぱり、話がうますぎる。これは罠なんじゃないか。 女がらみでいい思いなど一度も経験していない俺は、どうしても悪い方に想像してしまう。 が、ここで立ち去ることはありえない。相手がいい女過ぎてやめるなんて、なんのために出会い系アプリのハッピーメールをしたのか、わからない。 ほぼ同時に奥さまも僕に気がついたようで、すぐに笑顔になり、こちらに向かって手を振ってくる。 信じられなかった。奥さんが、僕に向かってうれしそうに手を振っているのだ。 俺は震えはじめていた。たぶん、今日が人生最良の日だ。もしくは最悪の日になるかもしれない。いずれにしても、僕の人生の最大の転機だった。 人妻が手招き、俺はそれに吸い寄せられるように近寄っていく。 人妻は紺の長袖のブラウスに、紺のタイトスカートを穿いていた。アラサーの人妻にしては丈が短いミニスカだった。 人妻らしい絖白い太腿と、やわらかそうなふくらはぎが、みずほ台駅前で輝いて見えている。 まじかよ、まじかよっ。 興奮する僕に、さらに驚くことが起きた。セックスレスの人妻がこちらに寄ってきたのだ。出会い系サイトのハピメで出会った奥様が、待ちきれずに自分から、俺に近寄ってきてくれた。 近くに来るなり、「良かった」 とスリムな奥さんが言った。「えっ……」「いやあ、プロフィール写真とまったく同じだから、良かったって思って」「僕も、それ思いました。プロフィール写真の三割増しだって」 興奮して、思わず正直に言ってしまう。すると、うふふ、と細身の主婦が笑った。「三割増しだなんて、うれしいこと言ってくれるじゃないの、ゆうきさん」 と言い、アラサーの主婦は照れ臭そうに叩く真似をする。 たまらない。みずほ台駅の路上でいちゃついているのだ。「ごめんなさい。お仕事大丈夫だったかな」 と奥さまが聞いてくる。
 
「大丈夫です」「そう。じゃあ、行きましょう。七時半までには帰っておきたいから」「七時半ですか」「旦那が八時には帰ってくるの。ご飯の支度もあるから。」 若妻は言って、舌を出す。交差点を渡っていく。出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会った女性とこうして並んで歩くのもはじめてだ。 「ゆうきさんて、あたしと同い年よね。なら、もう敬語は使わなくていいんじゃない?」「はい……」「タメ口でいいじゃない。ねっ」「はい……あ、いや、うん」 とにかく、セックスフレンドの人妻はドストライク過ぎた。元がドストライクで、さらに三割増しなのだ。しかも、美しい主婦はとても気さくで、こちらの緊張を解いてくれている。 爆乳の若妻のブラウスの胸元が高く張っている。もうすぐ、セフレの主婦の豊満な巨乳のオッパイを鷲つかみに出来るんだと思うと、心臓がばくばく鳴ってくる。「でも、驚いたわ。身に覚えのないハッピーメール(happymail)のマッチングアプリから、ゆうきさんのプロフィールが出てきたんですもの」「出会い系アプリのハッピーメール(happymail)のアプリは、どこかでインストールしてたの?」「それが、出会い系アプリ自体を入れた覚えがないの。起動もしていないのに勝手に、ゆうきさんのプロフィールがポップアップされてきたし……。こんなアプリ、初めてよ」「そうですか、いや、そうか」まさかアプリの方で勝手に俺のことを気に入りそうな相手を探して、マッチングするよう仕向けるのか。 しかも相手がアプリを入れていなかろうが関係なしだ。 ということは、日本じゅうのスマホを持っている女から探してくるのか。 自然に、僕の顔に笑いが浮かぶ。 それを見て、うふふ、とまた若妻が笑った。男好きのする顔だけに、笑顔がまた色っぽい。人妻の厚ぼったい唇に、早く俺のおちん○んを突っ込みたい。しゃぶらせたい。「怪しいとは思ったんだけど、ビンゴだったわ」「なにが?」「もちろん、ゆうきさんがに決まっているでしょう」 もうっ、とセックスフレンドの奥さまが俺の腕をつんつん突いてくる。たまらない。もう死んでもいい。いや、巨乳の奥さまとsexしないで死ぬわけにはいかない。「怪しいとは思ったけど、あなたがタイプ過ぎて、とりあえずグッドを送ってみたくなったの」 タイプ過ぎるって、この俺がかっ。やはり、出会い系サイトのハッピーメールで探せば、こんな女性がいるのだ。これまでなかなか出会えなかっただけなんだ。 二人はラブホ街に通じる横道に入った。「どこがいい? ゆうきさん」「えっ、そ、そうですね」 ちらほらとカップルらしき男女が歩いている。若い男女よりも、中年くらいの男女が多い。平日の昼間から、ラブホテルでにをやっているんだっ。「ここにしよう」 そう言うなり、若妻が僕の手をくんできた。「あら、すごい手汗だね」「す、すいません……」 思わず、謝ってしまう。「可愛いわ。だから、セフレくんは好きなの」「あの、やっぱり、グッドをくれたのって、俺がイケメンだからですか」「んー、顔がもろタイプなんだけど、イケメンっぽく見えたってところも大きいよね」 そう言いながら、新婚の専業主婦が積極的にラブホの一つに入ってゆく。「顔が、タイプ……」
 
「そうよ。だって、ゆうきさんも私の顔がタイプだったから、グッドを返してくれたんでしょう」「はい、まあ……」「正直それ以外、選ぶ基準がないわよねえ」「そうですね」「私、イケメンが好みなんだけど、アプリだけじゃイケメンかどうかなんて、わからないでしょ。結局は、この人だって、ピンと来るかどうかよね」 ラブホのパネルの前に立つ。空いているのは三つだけだった。平日の昼間から、いったいラブホでみんななにをやっているんだっ。「どの部屋にする?」「えっと、そう、そうですね」 俺は緊張でガチガチだ。はじめての相手が気さくな奥さまで、つくづくよかった。ラブホテルに行くというだけでも、どのラブホにするか、どの部屋にするか、と続けて決めなくてはいけないことがある。 モテる連中はこういうことを、日常的に難なくこなしているに違いない。「これにしよう」 と清楚な奥さんが三つの中で一番安い部屋のパネルを押そうとする。「いや、これで」 僕は見栄を張って、一番高い部屋のパネルを押した。「うわあ、広いね」 ラブホの部屋に着いてみると、なるほど高いだけあって、かなり広い。それにお洒落だった。「ゆうきくんは、あたしのどこがタイプなの。なにを気に入ってくれたの」 両手を伸ばしてネクタイを緩めつつ、新婚の奥さんが聞いてくる。向こうから事を進めてくれるので、俺はとても助かった。「全部タイプです」「うれしいわ。特に、どこかな」「いや、その。その唇が……なんか、見ているだけで、あそこがむずむずしてきて」「そうなの。ち○こを咥えて欲しいのね」 そう言うなりセフレの若妻はしゃがむと、スラックスのジッパーを下げてくる。「えっ、なにっ、ちづるちゃんっ、なにっ」 トランクスがあらわれた。もっこりとふくらんでいる。それを、欲求不満な奥様がそろりと撫でてくる。「あっ……」 トランクス越しだったが、ぞくぞくする刺激を感じ、僕は思わず腰をくねらせる。「ズボンも脱がせた方がいいわね」 と言うと、美しい専業主婦がスラックスのベルトに手をかけ、外してくる。「えっ、チヅルさんっ」 スラックスを下げられた。瞬く間にトランクス一枚となる。そのトランクスもあっさりと引き下げられる。と同時に、弾けるように勃起したチン○ンがあらわれた。「あら、もう」 とセックスレスの若妻が指を伸ばし、鎌首を撫でてくる。鎌首には先走りの汁がにじんでいたのだ。「あっ、それ、あっ、それっ」 オチンチンを指の腹で撫でられるのがたまらない。鈴口から、さらにどろりと我慢汁がにじんでくる。「たくさん出てきたわ」 爆乳の奥さんは言って、ドストライクの美貌を寄せるなり、美人妻がぺろりと鎌首を舐めてきた。 いきなり、びりりっと電撃が走った。「あんっ……」 と俺は思わず、女のような声をあげていた。自分でもはじめて聞く声だ。
 
セフレの若妻はねっとりとオチン○ンの先端を舐めてくる。ガマン汁を舐め取ってくれているが、その行為自体が気持ち良すぎて、あらたな先走り汁が出てしまう。それをまた、主婦が舐め取ってくる。「あ、ああ……」 僕は声を洩らしつつ、腰をくなくなさせる。「うれしいわ。感じても、男の人って、声を出さないでしょう。なんか、声を出すのは男らしくないとか思ってて……。でもゆうきさんは、そうやって声を出してくれるから好きなの」「そ、そうですか……」 またも敬語に戻っている。同い年であったが、セックスの経験値は比べものにならず、セフレの専業主婦主導で進んでいる。 まさか、女みたいな声を出すのがウケるとは、わからないものだ。「もう、きりがないわね」 と言うなり、セックスフレンドの奥さんが厚ぼったい唇でぱくっと鎌首を咥えてきた。くびれまで咥え、じゅるっと吸ってくる。「ああっ、それ、ああっ、それっ」 僕にとって、生身の女性にち○ぽを吸われる快感は、これまで駆使してきたどんなオナテクよりも遙かに気持ち良かった。 セックスフレンドの奥さまはじゅるじゅると鎌首だけを吸いつつ、喘ぎ続ける僕を見上げてくる。その目がまた、たまらなく色っぽい。なんせ、人妻はドストライクの顔なのだ。その顔でおちん○んを咥え、こちらを見つめているのだ。 清純な若妻が反り返ったち○こまで唇を下げてきた。そしてぬるーっと引き上げていく。「うんっ、うっんっ」 セックスフレンドの主婦はゆったりとドストライクの美貌を上下させる。とても美味しそうにしゃぶっている。ち○ぽに対する愛情のようなものを感じるフェラチオだ。 ち○こがとろけるくらい気持ちいいのと同時に、しゃぶられていると、落ち着いてくる。緊張が解けていくフ○ラだ。 主婦にして良かった、と思う。「うっんっ、うんっ、うんっ」 ほお美貌の上下が速くなってきた。根元まで咥え、そして、オチンチンの付け根まで引き上げる。それを繰り返してくる。「あっ、ああっ、千鶴ちゃんっ……ああっ」 やばいですっ、と言いそうになるが、あまりに興奮の上昇が速くて、そんなことを言う余裕さえない。 が、しゃぶっていて僕が限界だと察したのか、スレンダーな人妻はフェラ○オを止め、ゆっくりとオ○ンチンから唇を引き上げた。唾液が糸を引き、若妻は俺を見上げつつ、じゅるっと吸う。 その瞳は妖しい絖りを湛えていた。「まだ、だめよ」 ちょんと鎌首を突き、欲求不満な奥さんが立ち上がる。 奥さんって素晴らしいっ。痒いところに手が届きすぎだ。「まあゆうきさんなら、ここで出してもすぐに大きくなりそうだけど……」 そう言いつつ、清純な奥様がブラウスのボタンを外しはじめる。ひとつ、二つ、三つ、と外すと、爆乳のおっぱいの隆起があらわれる。 四つ、五つと外すと、ブラからはみ出しそうな豊満な巨乳の乳房あらわとなる。 ブラは赤だった。ハーフカップで、乳首がぎりぎり隠れている。 セフレの若妻は妖しい絖りを帯びた瞳で僕を見つめつつ、ブラウスを脱いでいく。そして、タイトミニのサイドのホックを外し、ジッパーを下げていく。 僕は生唾を飲みつつ、セフレの人妻が脱いでいくところを凝視している。「ゆうきさんも脱いで」 とキュートな人妻に言われ、ジャケットすら脱いでいないことに気づく。それでいて、勃起させたままのチン○ンは出している。 セフレの人妻がスカートを脱ぐのを見ながら、ジャケットを脱ぎ、ワイシャツのボタンを外していく。 キュートな奥様のパンティがあらわれた。ブラと揃いの深紅のパンティだ。フロントが透けていて、べたっと恥毛が押さえつけられているのがパンティ越しにわかる。 新婚の奥様のアンダーヘアーを隠すためにパンティはあるのに、ヘアーだけが透けて見えている。それがたまらなくエロい。「あら、うれしいわ。下着姿を見て、喜んでくれているのね」 セフレの人妻の視線は、僕の股間に向いていた。ち○こがひくひく動いている。 僕はワイシャツを脱ぎ、Tシャツも脱いだ。「あら、胸板、意外と厚いのね」
 
素敵よ、と言いつつ、ブラとパンティだけのセックスレスの奥さんが手のひらで、俺の胸板を撫ではじめた。 やっと身を結んだ、と俺は泣きそうになる。モテた時のために、大学生の頃から腕立て伏せや胸筋が太くなる運動を。しかも、若妻はすぐに反応してくれた。 女性にそろりと撫でられるだけで、感じてしまう。「乳首、勃ってきたわね」 言われて見下ろすと、いつもは乳輪に眠っている僕の乳首は、硬く勃っていた。 セフレの主婦がすうっと美貌を寄せるなり、乳首をぺろりと舐めあげる。「あっ、それっ」 またも、僕は声をあげてしまう。 三十路の美人妻はちろちろ、と乳首を舐めしゃぶっている。「ああ、ああ……」 気持ち良かった。AVなどで、女優に乳首を舐められて喘いでいる男優を見るたびに、絶対うそだろう、と思っていた。だが、実際自分が舐められてみると、声を出してしまっている。 俺は自分は乳首が性感帯なのだと知った。「ゆうきさんって、すごく反応してくれるから、責め甲斐があるわ」「いやあ、千鶴ちゃんの舐め方が、すごく上手で……。つい、声をあげてしまいます」「いいのよ、それで」 奥さまが右の乳首から唇を引き、左の乳首にしゃぶりついてくる。こんどは乳首を含み、じゅるっと吸ってくる。と同時に、可愛い奥様は唾液まみれの右の乳首を摘まんで、軽くひねってきた。「ああっ、それ、いいですっ」 左右の乳首をいっしょに責められ、俺は上体をくねらせる。 まさか、出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレとラブホに入って、僕の方が乳首責めに声をあげることになるとは、想像もしていなかった。逆のパターンを夢想していたのだ。「ああ、カウパー氏腺液が、物凄いわ」 巨乳の奥さんに言われ、おのがチ○コを見ると、先端が先走り汁で白くなっていた。 深田恭子激似の美人妻がそこに手のひらを被せてきた。カウパー氏腺液を潤滑油代わりにして、撫でてくる。「ああっ……」 震えがくるような快感に、僕は腰をうねらせる。「ああ、責めていたら、胸がきつくなってきたわ」 そう言うと、清楚な人妻が両手を背中にまわし、ブラのホックを外した。細いストラップがずれて、ブラカップがめくれる。 すると、たわわに実ったセックスレスの人妻の爆乳のオッパイがこぼれ出た。「おうっ、おっぱいっ」 新婚の若妻の見事な巨乳のオッパイに、僕は思わず声をあげる。「うふふ。おっぱい出すだけで喜んでくれるから、ゆうきくんは好きなの」 男が自分の肉体に興奮するさまを、綺麗な専業主婦は楽しんでいる。爆乳の美人妻はかなりな男キラーなのかもしれない。OKだっ、俺も思う存分喰ってくれっ。「あ、あの、触っていいですか」「もちろん、好きにしていいのよ」 ありがとうございます、と右手を伸ばすと、セフレの若妻の豊満な巨乳の乳房をもむ。奥さまは巨乳過ぎて、手のひらから爆乳のおっぱいがはみ出してしまう。が、ある深さまでいくと、美人妻の今度は爆乳の乳房が押し返してくる。それを揉むと、押し返される。それをまた、揉み込んでいく。「はあっ、ああ……ちょっと強いかな」 夢中になって繰り返していると、つい力が入ってしまったようで、色っぽい人妻にたしなめられた。「すいませんっ、つい……」「いいのよ。いいの。でも、優しくね」「はいっ」 やっぱり出会い系アプリのハッピーメールで出会った美人妻で良かった。会社の同僚相手だったら(万が一にもないが)、痛いと眉をひそめられ、にらまれそうだった。 俺は優しく左の爆乳のオッパイを揉んでいく。すると、手のひらに、乳首を感じた。手を引くと、さっきは乳輪に埋まっていたセフレの若妻の乳首が、俺以上にとがっていた。
 
俺はそれを目にするなり、若妻の巨乳のオッパイに顔を埋めていった。とがった乳首を口に含むと、ちゅうっと吸っていく。さっき、新婚の専業主婦がやっていたことのお返しだ。 とがった乳首を見ると、こうして吸いたくなるのだと身を以って知る。「はあっ、ああ……」 30代の奥さまが火の息を洩らしはじめる。その声に煽られ、ちゅうちゅうと吸っていく。「あんっ、もんで、ゆうきさん」 吸いつつ、えっ、と三十路の若妻を見上げる。若妻はうっとりとした表情を浮かべている。 俺は巨乳の主婦の乳首にそっと歯を当てていった。 そして、じわっと甘がみしていく。「あうっ」 欲求不満な人妻の声が大きくなって、あわてて歯を引く。「あんっ、やめないでっ。もんでっ、さっきみたいにもんでっ」 若妻にねだられ、俺は再び乳首の根元に歯を立て、甘がみしていった。加減に気を使う。「ああ、いいわっ、ああ、上手よ、ゆうきさんっ」 と新婚の人妻が甲高い声をあげる。 そうなのか。上手なのか。お世辞かもしれないが、上手と言われると、うれしくなる。 僕は若妻の左の乳首を甘がみしつつ、右の爆乳のおっぱいをもんでいく。そして、やわやわと揉んでいく。「はあっ、ああ……いいわ……ああ、素質あるわ、ゆうきさん」 そうなのか。俺は女を泣かせる素質があるのか。機会がなかっただけで、埋もれていた俺の才能が、今、開花しているのだろうか。 欲求不満な人妻の右の乳首もぷくっととがっていく。それを察知した俺は左の爆乳のオッパイから顔を上げるなり、右の乳首にしゃぶりついた。じゅるっと吸って唾液を塗すと、左の乳首同様、歯を立てて、甘がみしていく。 そしてsexフレンドの奥さまの左の乳首を摘まみ、こりこりところがしていく。「あっ、あんっ、いっしょがいい……ああ、ゆうきさん……上手だわ……」 若妻のような若妻に褒められると、それだけで全身の血が沸騰する。 奥さまがペ〇スをつかんできた。「ああ、すごく硬いっ」 奥さんがぐいぐいしごいてくる。「るっ、ちづるちゃんっ、そんなにしごかれたら……」「ああ、ごめんなさいね……」 セフレの若妻はオチン○ンから手を引き、最後の一枚に手をかける。 sexフレンドの奥さまは妖しく濡れた瞳で俺を見つめつつ、深紅のパンティをお尻の方からひき下ろしていく。すでに恥毛は透けて見えていたが、やはりドキドキする。 奥さまがフロントをめくると、濃いめの恥毛があらわれた。 清純な若妻はそのまま中腰になり、パンティを太腿から膝小僧へと下げていく。すると、ただでさえ豊満な爆乳の胸がさらなる量感を見せる。ふたつの乳首はとがりきったままで、どちらも俺の唾液で絖っている。 あれは俺がつけた唾だぜっ、と僕は心の中でガッツポーズを作る。 セフレの奥さまはついにパンティを足首から抜くと、それを僕に投げて寄越した。 キャッチした俺は、どうすればいいの、と目で新婚の人妻に聞く。「好きにしていいのよ。男って、脱いだばかりのパンティの匂いを嗅ぐのが好きでしょう」 「嗅いで、いいんですか」「いいわよ」 嗅いでいい、と言いつつも、新婚の奥様は真っ赤になっている。太腿と太腿をすり合わせてもぞもぞさせている。「じゃあ、失礼して」 と言い、パンティを目の前で広げる。「あんっ、だめよ。じっと見ないで」 若妻のアンダーヘアーが押しつけられていたシースルーの部分に、数本恥毛が貼り付いていた。 僕はそこに鼻を当てていく。すると、さっきからずっと淡く薫っていた清純な人妻の匂いを濃くしたような匂いが鼻孔を包んでくる。「ああっ、千尋さんっ」 と僕は鼻だけでなく、顔面そのものをセフレの奥さんのパンティに押しつける。 本人の前でパンティを顔に押しつけるなんて、まさにヘンタイだったが、体裁なんて構っていられないほど、僕はアラサーの専業主婦のパンティの匂いに昂ぶっていた。「ああ……気に入ってくれたかしら」「もちろんですっ。ああ、千尋さんっ」 なおも、俺はくんくんとパンティの匂いを嗅ぎ続ける。「じかに、嗅いだ方がいいんじゃないのかしら」「えっ……じかに……」 とパンティから顔を上げると、全裸になった爆乳の若妻がマンコの割れ目を開いていった。
 
三十路の奥さまの濃いめの陰りの奥に、赤いものがのぞいた。 あれは、まんこ、ま○こだよね。「さあ、じかに嗅いで」 セフレの奥様は自分の指でマンコの割れ目をくつろげ、あらわにさせた媚肉で誘ってくる。「あ、ああ……マンコ、マンコ」 僕はパンティを握りしめたまま、セフレの若妻の股間に寄っていく。 全裸のまま立っているセフレの主婦の足下にしゃがみ込むと、新婚の主婦のオマンコが目の前に迫る。 巨乳の人妻はさらに大きくくつろげていく。俺の前で、出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの美人妻のまんこが開陳される。 セックスフレンドの奥さんの媚肉は濃いピンクだった。清廉ではない。エッチだ。いや、スケベだ。幾重にも連なった肉の襞が、俺を誘うように蠢いている。「生きています」「当たり前でしょう……ああ、そんなにじっと見ないで……恥ずかしいわ」 セックスレスの専業主婦は自分からマンコの割れ目をくつろげておいて、そんなことを言う。 俺は鼻をくんくんさせる。パンティの匂いよりもっと濃いめの、もっと直接的な匂いが、あらわになった媚肉から薫ってきている。 もっとま○こ自体を見ていたかったが、僕は顔を30代の主婦の恥部に押しつけていった。鼻がおんなの粘膜にめりこんでいく。と同時に、30代の若妻のマンコの匂いに襲われた。「うう、ううっ」 俺はうなりつつ、ぐりぐりと鼻をセックスフレンドの主婦の肉の襞にこすりつけていく。「あっ、ああ……あんっ、クリに当たる」 狙ったわけではなかったが、額が若妻のピンク色の突起に当たり、強く押しつける格好になっていた。 クリはやはり急所中の急所のようで、ぴくぴくっと若妻の股間が動く。と同時に、媚肉がきゅきゅっと締まってきた。俺の鼻に肉の襞がからんでくる。「う、ううっ」 僕は窒息しそうになる。このままアラサーの若妻のお○んこに顔を押しつけたまま、昇天するのも悪くないだろうか。いやだめだっ。まだsexははじまったばかりじゃないか。オマ○コの匂いを嗅いだだけで満足してどうするっ。「入れたいっ、ここにおちんちんを入れたいですっ」 股間から顔を引き上げるなり、僕はそう叫んだ。 そして、奥さまの太腿に抱きついていく。あっとバランスを崩した30代の奥様が倒れ込み、僕はそのまま、スタイルのいい奥さんの両足を割り広げた。おめこの秘裂は閉じ、今は濃いめの草むらしか見えていない。「ここで、するの。意外とワイルドなのね」 と美人妻に言われ、ラブホテルの部屋に入ったばかりの床に、全裸の専業主婦を押し倒していることに気づく。 見上げると、大きなベッドが鎮座している。「すいません。ベッドに行きましょう」 はい、とセフレの若妻が両腕を差し上げてくる。これはなんだ。ああそうか。お姫様だっこか。出来るだろうか。いや、この日のために、筋トレで腹筋を鍛えてきたのだ。 僕は清楚な若妻の裸体を抱き寄せる。すると細身の主婦が僕にしがみついてきた。両腕をうなじにまわしてくる。顔が近い。キス出来そうだ。 そういえば、まだキスしていないことに気づく。「どうしたの? キスしたいの?」「したいです」「じゃあ、すればいいじゃない」「そうなんですかっ。していいんですかっ」「マンコに鼻を埋めておいて、いいんですかもな……う、むっ……」 ないでしょう、と若妻が言う前に、俺は口を清楚な専業主婦の唇に押しつけていた。
 
お姫様だっこは続けたまま、二人は熱い舌を絡めるキスを交わす。 すぐに30代の若妻の方から舌を入れてきた。そして俺の口の中で、舌をからませあう。「う、うんっ、うっんっ」 主婦がうっとりと目を閉じて、悩ましいうめき声を洩らす。 僕はねちょねちょと舌をからめる。ベロチューは想像以上に気持ちよくて興奮する。欲求不満な美人妻の唾液は甘く、まさに舌がとろけそうだ。 お姫様だっこのままキスしているため、腕がぶるぶる震えてきた。まずい、とベッドに向かう。もちろん舌はからめたままだ。 ベッドに着くと、若妻を投げ出した。あっ、と奥様が仰向けでバウンドする。 ロングヘアーがふわっと広がり、たわわな爆乳のオッパイがゆったりと揺れる。「ちづるちゃんっ」 俺はすぐさまベッドに上がり、あらためて巨乳の若妻の両足を広げさせる。そして、股間に腰を進めていった。鎌首はすでに前触れの露だらけで、チン○ンまで滴りはじめている。 そうだ。我慢してきたのだ。もう、我慢しなくてもいいんだ。入れる穴がそばにあるんだっ。「来て、ゆうきさん」 と三十路の奥さまが言う。「入れますっ、入れさせて頂きますっ」 そう言うと、俺は亀頭を濃いめの茂みに押しつけていく。が、入り口がはっきりしないため、闇雲に突くことになる。 運良く入ることはなく、鎌首で清楚な若妻の一番敏感な豆を突いてしまう。「あんっ、じらさないで……清純な人妻も欲しいわ」 じらしているわけではなかったが、なかなかめりこまない。 すると巨乳の主婦がち○ちんをつかんできた。優しい手つきで、先端を導いてゆく。「このまま、突いて」 とアラサーの主婦が言い、はい、と僕は腰を突き出していく。ずぶりと先端がまんこへとめりこんでゆき、いきなりおめこのぬかるみに包まれる。「あっ、入りましたっ。チンポ、入りましたっ」「ああ、わかっているわよ……ああ、もっと入れて」 はいっ、と俺はオチン○ンで肉の襞をえぐるようにして、進めていく。「ああっ、硬い、すごく硬いわ」 若妻の中は、熱かった。どろどろだった。肉の襞がざわざわと僕のち○こにからみついてくる。進めていくだけでもたまらない。 奥まで貫いた。剛毛と恥毛がからまりあう。「ああ、入りました。全部、入りました」「そうね。感じるわ。ゆうきさんをすごく感じるわ」「僕も感じますっ。ちづるさんを感じますっ」 sexって、いいな、と俺は思った。やっぱりペニスはちん○んに入れるためにあるのだ。オマンコに入れて一人前なのだ。「あんっ、じっとしているだけなの?」 すいませんっ、と僕は謝る。このままでも充分気持ちいいのだが、自分ばかりよくてもだめだ。突かないと。泣かせないと……。 でも、この俺がオ○ンチンで女を泣かせる!? そんなことが出来るのだろうか。「あんっ、じらさないで……はやく、突いて」 すいません、今すぐにっ、と僕はずどんっと猛烈に突いた。先端が子宮を叩く。「あうっ……」 三十路の美人妻のあごが反る。 俺は腰を前後に動かしていく。ぐぐっとえぐり、鎌首を引き上げ、そしてまた突いていく。「あっ、ああっ、ああっ、あんっ」 一往復ごとに、奥さんが甘い声をあげる。その声がどんどん高くなっていく。 泣かせているんだっ。俺がちんぽ一本で出会い系アプリのハピメで出会ったセフレの奥さまをよがらせているんだっ。いや、まだよがらせているという感じではない。 俺はくびれたウエストを?み、がんがん突きはじめる。すると、たわわな巨乳のバストが前後に重たげに揺れていく。「ああっ、ああっ、いい、いいっ」
 
スタイルのいい若妻の声がさらに甲高くなっていく。たまらない。女を泣かせるのが、こんなに気持ちいいことだったとは。 気持ちのよさはたまらないが、その分、はやくも出そうになってきていた。 さすがにまだ早すぎる。いくらはじめてとはいっても、アラフォーの男なのだ。 俺は突きを緩める。「あんっ、いいのよっ、すぐに出してもいいのよっ、気にしないで、突いてっ」「千鶴ちゃん……」 男キラーだけあって、男の気持ちは手に取るようにわかるようだ。「突いてっ、ちんぽで突いてっ」 わかりました、と僕は再び、力強く突いていく。「いいっ、ああっ、すごく硬いのっ」 爆乳の奥さまが瞳を開き、こちらを見上げてくる。ねっとりとからむような眼差しがたまらない。ああ出そうだっ。まずいっ、と目を瞑って視覚を遮断する。 巨乳の専業主婦の色っぽいよがり顔を見ながら突きたいところだったが、あまりに刺激が強すぎる。俺は目を閉じて、突いていく。「いい、いいっ……ああ、好き、チンコっ」 と主婦が叫ぶ。オマンコの締まりがより強烈になってくる。「ああっ、千鶴さんっ、もうだめですっ」 ごめんなさいっ、と謝ろうとした時、美人の主婦がさっと腰を引いた。 燃えるような粘膜に包まれていたオ○ンチンが、宙に出る。ぎりぎり暴発していない。大量の先走り液がにじんでくる。 セフレの若妻が上体を起こしてきた。そして、僕の胸板を押して仰向けに倒してきた。 そして、清純な主婦はむちっとあぶらの乗った太腿を開き、僕の腰を跨ぐと、自分の蜜汁でぬらぬらのち○こを逆手に持った。股間を下げていく。「あっ、千尋さんっ」 僕の目の前で、亀頭がマンコの割れ目に呑み込まれていく。それがはっきりと見えた。 ずぶずぶっ、と垂直に深田恭子似の奥様のおめこの穴に入っていく。「あうっ、うんっ」 セフレの人妻がうっとりとした美貌を反らせ、白い喉を震わせる。 その間にもチ○ポが呑み込まれ、完全に若妻の中に消えた。恥毛と剛毛がからみあう。「ああ、入ったわ」 奥さんがゆっくりと腰をうねらせはじめる。「ああっ、チヅルさん」「これくらいは大丈夫よね」 そう言いながら、若妻が腰をのの字に動かしていく。巨乳の奥さんのまんこの中で、僕のおちんちんも動いていく。「あ、ああ……ああ……」 気持ちいい。でも、ゆったりとした動きゆえに、射精にまでは至らない。 爆乳の奥さまが僕の射精をコントロールしていた。さすがだ、と感心する。そもそも、俺には体位を変えるという考えがすっぽり抜けていた。正常位のまま、出すか耐えるかだけを考えていたのだ。 そうだ。sexって、途中で体位を変えるものだった、と気づく。AVではいくつも形を変えているじゃないか。「はあっ、ああ……あんっ……」 人妻は俺のオ○ンチンを味わうように、腰をうねらせている。オ○ンコもきゅきゅっと締めてくるのではなく、ねっとりと硬さを堪能するように蠢いている。 もしかして、若妻はオ○ンコの動きをコントロール出来るのでは、と思ってしまう。 とはいっても、ゆったりタイムは長くは続かなかった。「ああ、突いてっ」 はい、と俺は腰を突き上げていく。セフレの人妻の子宮を鎌首で叩く。「ああっ、いい、それいいわっ」
 
と若妻自身も腰を上下に動かしはじめる。僕の突き上げと、専業主婦自身の腰の動きが相乗効果を呼ぶ。「いい、いいっ、ああっ、いいっ」 セックスフレンドの人妻は歓喜の声をあげ、重たげに揺れている爆乳の乳房をもみ、こねるように揉んでいく。「ああ、ああっ、チヅルちゃんっ」「いいわっ、出していいわっ」 再び人妻の許可が出る。が、もう我慢しなくていいと思うと、不思議と出ない。 僕は激しく突き上げ、もどかしい思いを女体にぶつけた。「いい、いいっ、それ、それっ、ああ、すごいわっ、ゆうきさんっ」 突き上げるたびに、専業主婦が愉悦の声をあげ、爆乳のオッパイを両手で揉みしだく。セフレの奥様の手で形を変える爆乳の胸はエロすぎた。 おおうっ、やっと出そうだっ。「あっ、来て、来てっ」 媚肉の中の微妙なチ○ポの変化に気づいたのか、スリムな若妻が出すように迫ってくる。「ああ、ああっ、いきますっ、ああ、出ますっ」「来て、来てっ」「あ、ああっ、ああっ、出るっ」 セフレの奥さまの中で、僕のち○ぽがぐぐっと膨張し、そして爆ぜた。 どくどく、どくどくと凄まじい勢いでスペルマが噴射する。「あっ、い、いく……」
俺は深田恭子似の美人妻のおまんこの中に精子をいっぱい中出しした。奥様がいまわの声をあげた。いかせたぞっ、初セックス、出会い系アプリのハピメで出会ったセフレの奥さまをいかせたんだっ。 射精の喜び、男になった感激、そして専業主婦をいかせた歓喜に、僕はぞくぞくと快感が湧き上がり、その身を震わせた。 脈動が終わると、セフレの専業主婦が上体を倒してきた。汗ばんだ爆乳のオッパイを胸板に押しつけつつ、火の息を吐く唇を、俺の口に押しつけてきた。 ぬらりと舌が入ってくる。射精した直後に相手と深くディープキスするのは、格別の味だった。セックスレスの人妻の中で、萎えつつあるちんこがひくつく。 欲求不満な若妻が唇を引いた。「良かったわよ」 専業主婦が笑顔でそう言う。「千鶴さんっ」 僕はすでに主婦に惚れていた。これを機会に、付き合って欲しい、とまで思う。 セックスフレンドの若妻が腰を浮かせた。半勃ちのペ〇スが大量のザーメンと共に、どろりと出る。「ああ、中出しして良かったですか」 精液を目にして、急に気になった。「良かったもなにも、もう中出ししているでしょう」「ああ、すいませんっ、勝手にっ」「ううん。中出しされるのが好きなの。ゆうきくんの溜まりに溜まったザーメンを子宮に受けるのが好きなのよ」 そう言いながら、若妻が裸体を下げていく。もしかして……と期待する。 すると、若妻がちゅっと精液まみれのオチンチンにキスしてきた。そして俺を見つめつつ、舌を出すと、ぺろぺろと舐めはじめる。 お掃除フェラだっ。感動に、チ○ポがひくつく。 清楚な人妻は先端から付け根まで舐めると、ぱくっと咥えてくる。根元まで呑み込み、じゅるっと唾液を塗しつつ、吸ってくる。「あっ、ああっ……」 これが、噂のくすぐった気持ちいいか、と俺は腰をくねらせ喘ぐ。 巨乳の若妻の口の中で、オ○ンチンが瞬く間に大きくなっていく。 新婚の若妻が唇を引いた。スペルマから唾液に塗り変わったペニスが、専業主婦の鼻先で、ぴくぴく動く。「元気ね」 若妻がちょんと先端を突く。 もう一回セックス出来るぞっ、と僕は上体を起こしてセフレの若妻を抱き寄せようとした。 だがセックスレスの専業主婦は、無情にも立ち上がった。
 
「ごめんなさいね、もう帰らないと」「もう一回、もう一回どうですか」「だけどゆうきさん、もうはめてじゃないでしょう?」「えっ……」「だから、今、私とエッチしたから、もう私とはじめてじゃないわけでしょう」「そ、そうですね……」 きょとんとする俺をよそに、美形の人妻はパンティを穿き、ブラを着け、スカートを穿いていく。 えっ……はじめてじゃないから、もう、俺には興味がなくなったってことっ?「あの、SNS、聞いていいですか」「えっ……」 セックスフレンドの奥様はすでにブラウスのボタンを嵌めている。「連絡先を交換しませんか」「もうはじめてじゃないでしょ」「そ、そうですけど」「じゃあ、さよならよ」 そう言って、sexフレンドの主婦はあっさり出て行ってしまった。 僕は裸でおち○ちんを勃起させたまま、呆然と新婚の奥さまを見送るほかない。 清純な若妻はサクラでも援交でもなく、まさに、ヤリモクの人妻だったのだ。しかも、男食いするだけの。
 
出会い系サイトハピメでの細身の美人妻とのただまんセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

























































 
今回30代の人妻と今すぐオフパコセックス出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチできる奇麗な女の子と出会ってセフレにしてオフパコセックスできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出合い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。


 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.