deaikeitaiken_novel

【出会い系大人の関係】清楚な新婚の巨乳主婦と不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は飽きもせず出会い系サイトでキュートな女漁りをして、オフパコエッチにいそしんでいます(^▽^)
 
さて、今回は知り合える詐欺でない出合い系マッチングサイトのハピメで出会った宇賀なつみ似の清楚な新婚の巨乳主婦と千葉県市原市で会ってセフレにしてすぐ不倫中出しセックスをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く撮影できましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなエッチのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系SNSのハッピーメールで出会った女の子は奥様で、名前はカズエちゃんといい、顔は宇賀なつみ似の半端なく美人でした(^▽^)
 
出会い系サイトハピメでのセフレの若妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハピメでのセフレの主婦の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
スリムな奥さんとは、出会系コミュニティのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、五井駅近くのお洒落なフレンチレストランに食事に行った後そのままラブホに行ってオフパコsexをしました。
 
僕とスレンダーな奥さんが千葉県市原市の五井駅周辺のラブホテルの部屋に入った。ラブホの部屋に入ると、主婦が先にシャワーを浴びてくるといって、浴室でシャワーを浴びていた。僕は期待に胸を膨らませて待っていた。すると
「ちょっと、ゆうきくん? なんかすごい音がしたけど、大丈夫?」 人妻の声が近くで聞こえて、ようやく我に返った俺だったが、顔を上げた途端に目を丸くしていた。 何しろ、セフレの若妻はバスタオルを身体に巻き付けただけの格好で、風呂から出てきていたのである。 セフレの主婦の髪はタオルで包んでおり、胸もほぼしっかり隠されているが、肩から腕のラインは丸見えになっており、巨乳のおっぱいの大きさが見て取れる。また、若妻の足も太股のかなり上のほうまで見えていた。顎などから水滴がポタポタと落ちているところから考えて、身体を拭くのもそこそこに、慌てて駆けつけたのだろう。 俺は専業主婦の今の格好が異常なくらい気になってくる。「ええと、事情は分かったんで、その……和江ちゃん、そろそろ服を……」 俺はどぎまぎしながら、そう口にしていた。「ん? ああ、男の子にはちょっと刺激が強かったかしら?」 今さら気付いたように、新婚の若妻がそう応じる。ただ、子供がいる人妻の余裕なのか、セックスレスの美人妻は動揺している様子がまったくない。 むしろ、僕のほうがこれ以上は正視できずに可愛らしい人妻から目を逸らしていた。 ほおが熱くなっているので、おそらくかなり紅潮しているだろう。「ふふっ。ゆうきくん、赤くなっちゃって可愛い。女の子の着替えを見たときも、そんな感じだったのかしら?」 細身の主婦からそう訊かれたものの、あまりにも図星なので、俺は答えることができなかった。 僕は異性との交際はおろか、風俗店に行った経験もない正真正銘の童貞である。 店へ行く金銭の余裕がないのは、もちろん大きな理由だが、俺hsお金を出して好きでもない女性とセックスする気にはならず、友人からその手の店に誘われてもすべて断っていたのだった。 ところが、今はバスタオルを身体に巻いただけの欲求不満な奥さんが、手を伸ばせばすぐ届くほど近くにいて、こちらを見つめているのだ。 これが、まったく好みから外れた相手なら興奮しなかったかもしれない。だが、子持ちの主婦ほどの美女となると、、自然に股間のチ○ポがふくらんできてしまう。(ヤバイ。こんなところを、カズエさんに見られたら……) もしも、興奮していることを若妻に知られたら、いったいどうなってしまうのだろうか? この時間にラブホテルの部屋を追い出されても、さすがに駆け込めるところなどまったく思いつかない。 しかし、奥様の次の言葉は、こちらが予想もしていなかったものだった。
 
「ゆうきくん、わたしで興奮しているのね? ふふっ、嬉しいわぁ」「えっ? 嬉しい?」「ええ。だって、興奮するってことは、わたしを『女』として意識してくれている証拠だもの。子供を産んで『母親』になると、『女』であることを後回しにしちゃうのよ。それに、わたし、昔よりもかなり太っちゃったし。それなのに、まだ男が魅力を感じてくれているんだから、嬉しいに決まっているじゃない?」 驚く僕に対し、奥さまが笑みを浮かべながら言う。(そういうものなのか? 僕には、よく分からないなぁ) 俺は混乱しながらも、そんなことを思っていた。 ただ、美人妻が性的な視線に怒ったり、嫌悪感を抱いているわけではないようなので、その点については胸を撫で下ろせた、と言っていいだろう。 しかし、奥様は「太った」と言っているが、普段の姿を見ていてもそうは感じなかった。もちろん、多少はウエスト周りはふくよかだが、胸が大きいのでそれほどの違和感はない。これまで出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレには、もっとふっくらした女性が何人もいるので、人妻が三十路でこのスタイルを維持しているのは、むしろ立派なほうではないだろうか? そんな出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの美人妻が、バスタオル一枚で目の前にいるのだ。これは、僕にはいささか刺激が強すぎる。「あ、あの……とりあえず、そろそろ服を……」 俺が、なんとかそう切り出すと、巨乳の若妻は妖しい笑みを浮かべて身体をかがめ、顔を近づけてきた。「あら、もう? うふふっ、やっぱりsexの経験があまりないみたいね? ほら、もっと見てもいいのよぉ」 からかうように言われて、半ば反射的に顔を上げると、清純な若妻がかがんでいることもあって豊満な巨乳のおっぱいの谷間がはっきりと見えた。と言うか、わざと見せているのは間違いあるまい。 ただ、それを目にしただけで心臓が大きく高鳴ってしまい、僕は慌ててまた視線をそらしていた。このままセックスレスの人妻の裸を見続けていたら、本当に性欲を我慢できなくなってしまいそうだ。 すると、美人妻は隙を突くように後ろに回り込み、そのまま抱きついてきた。 当然、大きくて柔らかな巨乳のおっぱいが、バスタオル越しとはいえ背中に押しつけられて、僕は「ふあっ?」と素っ頓狂な声をあげていた。(こ、これは……温かくて、ムニムニしていて……それに、に、匂いが……) 生々しい巨乳のオッパイの感触だけでも、充分すぎる興奮材料である。ところが、そこに女性の体温と石鹸の匂いも混じってきたのだ。 おかげで、僕の心臓は喉から飛び出しそうなくらい高鳴ってしまう。「けっ、カズエさん!?」「ねえ、僕くぅん? わたしと、したくなぁい?」「し、したくって……な、何を?」「もう。本当は、分かっているんでしょう? エッチ」 ズバリと言われて、僕は二の句を継げずにいた。 若妻のほうから、このように誘ってくるとは予想もしていなかった事態である。いや、まったく想像していなかった、と言ったらさすがに嘘になるが、夢物語程度の低い期待値だったのだ。 そんな出来事が本当に起こったことで、思考が混乱して言葉を失った、と言ったほうがいいだろう。「実はね、わたしもさっきからずっとドキドキしていたのよぉ。でも、出会い系サイトの男の人と会うなんて何年もなかったことだし、だから入浴中もなんだか落ち着かなくなっていてぇ」 ただでさえ興奮状態になっていたが、耳元でこんなことを囁くように言われては、ますます股間に血液が集中していく。「あ、あの、僕、お金も……」 思考が混乱を極めている中、俺はどうにかそう口にしていた。 もし、ここで主婦と関係を持ったらいったいどうなってしまうのか、という不安が、どうしても脳裏をよぎってしまう。「あら? ふふっ、別にセックスをしたからって、『責任を取って』なんて言わないわよ。これでも、夫と結婚する前はそれなりに遊んでいたし、わたしは久しぶりのsexで性欲を発散したいだけ。一方で、ゆうきくんはsexを経験できる。お互いに、メリットしかないと思わない?」 このように言われると、そのとおりかもしれない、という気持ちになってくる。だが、それでも俺はなおためらっていた。「いや、でも、ここは安いラブホだし……」「あんまり大きな声を出さなければ、そうそう聞こえたりしないわよ。だいたい、ゆうきくんだってこのまま何もしないでいたら、きっと寝付けないでしょう? それとも、わたしの隣で寝るくらい平気?」「そ、それは……」
 
 確かに、もともと新婚の美人妻の隣では寝つけないのではないか、と心配していたのだ。加えて、このようなことを言われたのだから、ここで拒んで何事もなく終わったとしても、平常心を取り戻せるとは思えない。 とにかく、すぐ目の前に「sexしていい」出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの女体が息づいているのだ。ずっと手に入らないと思っていたものが、いきなり同じ室内に現れたわけである。 ただ、だからと言って「それでは」とアクションを起こすのは、僕にはあまりにもハードルが高い。 俺が言葉もなく固まっていると、清楚な若妻が「はぁ」と息を吐いて身体を離した。そして、前に回り込んでくると頭のタオルを外してボブカットの髪を出し、さらにバスタオルもはだけて裸体をさらけ出す。 大きな巨乳のバストに、若妻が気にしているウエスト、それに恥毛に覆われたおま○こまでが丸見えになり、俺は思わず息を呑んでいた。 確かに、かわいらしい人妻は裸になると若干ふっくらしている感じはするが、その肉体は充分に魅力的と言える。 そうして見とれている隙に、美人妻の美貌がみるみる迫ってきて、次の瞬間には唇に温かくプルンとした感触が広がる。「んっ、ちゅっ、ちゅば……」 声を漏らしながら、欲求不満な人妻が唇をついばむように動きだす。 突然のことに、キスをされた事実に俺が気付くまで若干の時間を要した。(こ、これがキス……) それしか考えられずにいると、さらに30代の若妻は体重を預けてきた。 呆気に取られていた僕は、奥様のの行動に抗うことができず、ベッドに仰向けに倒されてしまう。「んっ、ちゅっ、ちゅぶ、んんっ……」 30代の人妻がさらにキスを続け、唇からなんとも言えない快感が生じる。 そうしてもたらされる心地よさに、僕はいつしか酔いしれていた。  「んっ。んぐ、んぐ、んじゅぶ……」「ああっ。かずえさんっ、それっ、ううっ……」 ベッドに寝そべった俺は、チン○ンからもたらされる初めての快感に、ただただ喘ぐことしかできずにいた。 奥様は、キスでこちらの思考回路がショートしている間に、手早くズボンとパンツを脱がしてチ○コを露わにした。そして、新婚の若妻は「あら、とっても立派ぁ」と嬉しそうに言うと、ちんぽを咥え込んでフェラを始めたのである。 セックスレスの若妻の生温かな口に包まれ、口唇の動きでちんこから生じる心地よさは、自分の手でしごくのとはまったく別次元のものだった。そのため、新婚の奥さまの行為を制止しようという気持ちも湧いてこない。 僕が快感に浸っていると、ひとしきりフェラチオをしたスタイルのいい奥様が、ちん○んを口から出した。「ぷはあっ。ゆうきくんのち○こ、本当に立派だわぁ。こんなにいいオチ○チンを持っているのに、今まで女の子と付き合ったことがないなんて、すごく勿体ないわねぇ」 こちらを見て、清楚な若妻がそんなことを言う。 だが、俺は未だに呆然としていて、宇賀なつみ似の主婦の言葉に応じることができなかった。「ふふっ。気持ちよさそうな顔をして。だけど、まだこれからよぉ」 と、妖しい笑みを浮かべながら言うと、sexフレンドの若妻は亀頭に舌を這わせだした。「レロ、レロ……ンロロ……ピチャ、ピチャ……」「ふあっ! そ、それはっ。はううっ!」 奇麗な主婦の舌が這ったところから鮮烈な快感がもたらされて、俺はおとがいを反らしながら、自分でも情けないと思う声をあげていた。 唇でしごかれるのはもちろんだが、先端に軟体物が這い回る感触は、まったく未経験の刺激である。そのため、どうにも声を抑えられない。「チロロ……ふふっ、とっても初々しい反応で、なんだか嬉しくなっちゃう。もっといっぱいしてあげるわねぇ。ピチャ、レロ……」 と、今度はアラサーの主婦が陰嚢を舐めだす。「ふおっ。そ、そこっ。ううっ……」 思いがけないところから快感が生じて、僕は呻くような声で喘いでいた。 まったくもって、美形の若妻のテクニックに翻弄されっぱなしだが、こればかりは経験の差なのでどうしようもあるまい。 人妻は、陰嚢からおち○ちんを舐めながら、舌の位置を少しずつ先端に近づけていった。そして、カリに到達するといったん舌を離し、欲求不満な若妻は「あーん」と口を大きく開けて、再びチ○ポを深々と咥え込む。
 
「んっ、んぐ、んじゅ、じゅぶる……」「くあっ! はうっ、それっ、よすぎっ……ううっ……」 再び清楚な奥様の唇でおちんちんをしごかれて、僕はもたらされた快感にひたすら喘いでいた。(くうっ。こ、これがフェラ……なんて、気持ちがいいんだろう!) AVなどを見て、自分がされることをさんざん想像してきた行為だが、現実の心地よさは予想していた以上だった。 セフレの若妻の口唇で刺激されるたびに、ち○ぽから甘美な快感が発生して脊髄を貫く。今は、仰向けに寝そべっているからいいが、立っていたら快感で腰が砕けて、その場にへたり込んでいただろう。「ああっ、カズエさんっ。俺、そろそろ出そう!」 先端に込み上げてくるものを感じて、僕はそう訴えていた。 すると、スレンダーな若妻がフェラをやめてオチン○ンを口から出した。「ぷはあっ。あら、もう? あっ、確かに先走りがこんなに。まぁ、初めてのフェラじゃ仕方がないわね。だけど、ベッドを汚したくないし……そうねぇ。このまま続けるから、わたしのお口に出していいわよ」「えっ? く、口に?」 知識として、「口内発射」というものがあるのは知っていたが、まさか出会い系アプリのハピメで出会ったセフレの女性のほうからリクエストしてくるとは。「ええ。大丈夫、わたしは経験済みだから。あむっ」 と、新婚の奥さんがまたオ○ンチンを口に含み、小刻みでリズミカルなフェラチオを行ないだす。「んっ、んっ、んんっ……」「ふはっ。そんなに……ああっ。本当に、もう……」 射精を促す刺激を受けて、僕はそう訴えていた。 さすがに、いくら「口内発射して大丈夫」と言われても、「はい、そうですか」とすんなり応じるのは、俺には難しい。 かと言って、セックスレスの奥さんが自ら望んでいる行為を拒むことも、今の僕にはできなかった。「んっ、んぐっ、んんっ……」「はううっ! も、もうっ……出る!」 と口走るなり、限界に達した僕は巨乳の人妻の口内に精子を解き放っていた。「んんんんんっ!」 30代の若妻は、目を白黒させてくぐもった声をあげながらも、浅い位置で動きを止めて精をしっかりと受け止める。(うわぁ! で、出続けて……) 僕は射精しながら、魂が一緒に抜けそうなほどの心地よさに浸っていた。 最初から寝そべっていなかったら、たとえここまで我慢できたとしても、この時点で腰が砕けてひっくり返っていたに違いあるまい。 自分で発射しても、これほど気持ちよくなったことはなかった。やはり、これが女性にしてもらってザーメンを出す快感というものなのだろう。 やがて、大量のスペルマの放出が終わると、主婦はザーメンをこぼさないように気をつけているのか、ゆっくりと顔を引いて口からオ○ンチンを出した。「んっ。んんっ。んぐ、んぐ……」 セフレの奥様は声を漏らしながら、喉を鳴らしだした。それが何をしているのかは、考えるまでもなく明らかである。(うわっ。飲んでるよ。本当に、僕の精子を……) ごっくんという行為があることは知っていたが、いきなり目にすることになるとは、まったく予想もしていなかったことだ。 そのため、ついつい清楚な若妻に見入ってしまう。 やがて、人妻は舌を出して唇に付着した精子まで舐め取った。「ふはあ。すごく濃いのが、いっぱぁい。喉に絡みついて、飲むのもちょっと大変だったわぁ」 陶酔した表情を浮かべながら、美しい専業主婦がそんなことを口にする。 その宇賀なつみ似の若妻の姿が、なんともエロティックに思えてならない。 すると、巨乳の主婦が視線を俺の股間に向けた。「あらあら、まだとっても元気ねぇ? これなら、何回でもできそうだし、次はこっちでしてあ・げ・る」 嬉しそうに言って、セックスレスの主婦は自分の巨乳のおっぱいに手をやる。 それだけで、セックスレスの若妻が何をしようとしているのか、容易に想像がついた。
 
(ぱ、パイズリ……) そう思っただけで、俺は思わず生唾を呑み込んでいた。 AVで見て、「パイズリ」という行為自体は知っている。確かに、sexフレンドの主婦ほどの大きさがあれば余裕でできるだろう。 美人の主婦は、妖しい笑みを浮かべながら身体を倒し、胸をオ○ンチンに近づけた。そして、美人妻はオチン○ンを巨乳のバストの谷間で挟み込む。 手や口とは異なる感触に、ちんちん全体を包まれた瞬間、甘美な心地よさが全身を貫いて、俺は思わず「ふあっ」と間の抜けた声をあげていた。 巨乳のオッパイの挟まれただけでこれほどの快感が生じるとは、さすがに予想外である。「それじゃあ、動かすわねぇ。んっ、んっ……」 と、セフレの主婦が手で巨乳の乳房を動かし始めた。 すると、巨乳の胸の谷間に挟まれたちんぽが擦られ、快感が発生する。「はうっ! お、オッパイが……くうっ!」 あらかじめ想定していたよりも何倍も鮮烈な快感に、僕はそれだけ言葉にするのがやっとだった。 オチン○ンをしごく、という行為自体は手や口と大差ないはずである。しかし、ちん○ん全体が未知の感触に包まれている上、左右の胸で交互にしごかれると、今まで感じたのとは違った心地よさがもたらされるのだ。 もちろん、巨乳の美人妻は仰向けになった俺の上に乗った状態でパイズリをしているので、動きそのものは大きくない。しかし、それでも理性を崩壊させるのに充分すぎる快感が、全身を駆け巡る。「んっ、んっ、どう? んふっ、気持ちいい、んんっ、でしょう? んっ、んんっ、んはっ……」 手を動かしながら、新婚の主婦が問いかけてくる。「ううっ。は、はい……よすぎ……あううっ!」 もたらされる心地よさに翻弄されながら、俺はどうにか正直な感想を口にした。 とにかく、パイズリによる快感はもちろんだが、うつ伏せ気味の体勢でパイズリしているアラサーの若妻の姿そのものが、視覚からの興奮を煽ってやまない。「んっ、じゃあ、もっとしてあげるぅ。んっ、んあっ、んっ……」 そうして、sexフレンドの主婦はさらに手に力を込めて、ペ〇スをしごき続けた。(ああ、これ……すごい! パイズリって、すごく気持ちがいい!) もはや、僕はもたらされる快楽の虜になっていた。 すると間もなく、若妻の呼吸がだんだんと荒くなってきた。「んはっ、あんっ、んんっ……ふあっ、ああんっ……」 ?を紅潮させた様子から見ても、若妻がパイズリで激しく興奮しているのは間違いあるまい。 そんな奥さまのの姿を目にしているだけで、ペ〇スの先端から先走り汁が溢れ出し、早くも二度目の射精感が込み上げてきてしまう。「け、一恵さんっ。俺、また……」「んはあっ。あっ、そうねぇ。それじゃあ、最後はとっておきでイカせてあげるぅ」 いったん、手の動きを止めてそう言うと、セックスフレンドの若妻はそのまま再びちんぽの先端を咥え込んだ。そして、パイズリを再開しながら、今度は亀頭を舌で刺激し始める。「んっ、レロ……んんっ、んじゅる、チロロ……」「ふああっ! そっ、そんなっ……」 パイズリフェラの刺激に、俺はおとがいを反らして声をあげていた。 口での奉仕と巨乳のおっぱいでの奉仕は、単独でも鮮烈な快感を生じさせるのに、それを同時にされているのだ。俺に、この快感をいなすことなどできるはずがない。 おかげで、込み上げてきていたものが、一気にレッドゾーンまで駆け上がっていく。「ううっ! もうっ、出る!」 と口走るなり、僕はセフレの人妻の口内に二度目のスペルマを口内発射した。「んぐ、んむ……ぷはあっ。連続なのに、すごく濃かったぁ。それに、あれだけ出したのにまだすごく元気で……ここまでタフなチンチン、わたしも初めてよぉ」 身体を起こして口内の精子を処理すると、アラサーの美人妻が陶酔した表情を浮かべながら言った。 とはいえ、ちんちんのタフさを褒められても、こちらとしてはなんとも答えようがない。そもそも、フェラとパイズリフェラで立て続けに抜かれて頭が真っ白になっているため、アラサーの主婦の言葉も半分夢心地に聞こえていた。
 
「はぁ。わたしも、もう我慢できなぁい。こんなことしたの久しぶりだから、ペ〇スが欲しくてたまらないのぉ」 そう言うと、専業主婦が腰の上にまたがってきた。そして、お○んちんを握っておまんこにあてがう。 未だに呆然としていた俺は、アラサーの主婦の行動を止めようという考えすら湧かず、ただ見守るしかなかった。「ゆうきくん、挿入するわよぉ。キミのオチンチンが、わたしのおめこに入るところ、よく見ていてねぇ」 そう言いながら、セフレの主婦が腰を沈み込ませる。 すると、チ○チンの先端がオマ○コにズブズブと呑み込まれていき、生温かな肉の感触が伝わってきた。「ほああっ……こ、これは……」 おちん○んからもたらされた新たな快感に、俺はまた声をあげていた。 先に射精していなかったら、この心地よさだけであっさり暴発していただろう。 奥様は、こちらの反応に構うことなく、さらに腰を沈ませていく。 その動きに合わせて、チンコが温かなおま○こにだんだんと包まれていくのが、はっきりと感じられる。 そして、オチンチン全体が肉壁に包まれたところで、宇賀なつみ似の若妻の股間が俺の股間にぶつかって動きが止まった。「んはああ……全部、入ったわよぉ。」 そう言われたものの、あまりの心地よさに思考回路がショートした感じで、僕は言葉を発することもできずにいた。(ああ、これがおめこの中……) 手や胸はもちろん、口ともまったく違う感触にオチ○チンが包まれた感覚は、ここまで経験したどの行為とも異なるものに思えてならない。何しろ、美人妻のお○んこの肉がチンコに絡みついてきて、ジッとしていても快感がもたらされるのである。「それじゃあ、動くわねぇ。んっ、んっ……」 と、こちらの腹に手をついたセフレの主婦が、腰を小さく上下に動かし始めた。「はうっ! ああっ、これっ……す、すごっ……くうっ!」 欲求不満な奥さまの動きに合わせて、オチンチンから鮮烈な快感が発生し、僕は声を漏らしながらおとがいを反らしていた。「んっ、はっ、ゆうきくんっ、あんっ、すごく気持ちよさそうっ。んはっ、わたしもっ、あんっ、いいわっ。んはっ、チンポッ、あんっ、奥に当たってぇ、んはっ、すごくいいのっ。んあっ、あんっ……!」 腰を動かしながら、主婦がそんなことを口にする。 声をなんとか抑えているものの、美しい人妻も充分な快感を得ているらしい。 もっとも、僕は初めて味わう快楽に酔いしれていて、セフレの若妻のことを考える余裕などまったくと言っていいほどなかったのだが。(ああっ、すごく気持ちいい! これが、本物のセックスなのか……) 想像していた以上の心地よさに、俺の心の中にそんな思いが湧き上がってくる。 これほど気持ちいいのなら、恋人のいない男がお金を払ってでも風俗店にsexしに行く理由が分かる気がした。もしも経済的な余力があったなら、自分もその手の店へ行きたくなりそうだ。 現実には風俗店通いをする金銭の余裕などないのだが、孤独な指で欲望を処理し続けることも、今後は難しくなる気がしてならない。「ゆうきくんっ、んはっ、こういうのはっ、あんっ、どう? んっ、ふあっ……」 と、セフレの奥さんが上下動に腰の回転を加え始める。「うあっ。そ、それっ、よすぎっ……」 新たにもたらされた心地よさに、僕は半ば本能的に声をあげていた。 それに、こうして奥さまが動くと大きな巨乳のおっぱいがタプタプと音を立てて揺れる。その光景が、男の劣情を煽ってやまなかった。 二度口内発射していたおかげで、なんとか耐えられているが、一度だけだったらもう我慢できずに暴発していたかもしれない。「んっ、あっ、ああっ、わたしっ、あんっ、よすぎてっ、あうっ、大声っ、あんっ、出ちゃいそうっ、んはあっ」 そう言うと、欲求不満な奥さんがいったん動きを止めて上体を倒してきた。そして、僕に抱きつくような体勢になる。(うわっ。オッパイが僕の胸で潰れて……) いきなり大きな巨乳のおっぱいを押しつけられて、俺は驚きを隠せなかった。「んあっ。おち○ちんが、中でピクッてぇ。わたしのオッパイで、興奮が高まったのねぇ?」 耳元で、奥さまがそんなことを囁く。 このように指摘されると、さすがに恥ずかしくて返す言葉がない。「ふふっ、いいのよぉ。わたし、嬉しいんだからぁ。それじゃあ、もーっと気持ちよくしてあげるわねぇ」
 
 そう言うと、清楚な専業主婦は枕カバーをつかみ、抱きついたまま再び腰を動かし始めた。「んっ、んっ、んんっ! んっ、んむっ、んんんっ、んぐうっ……!」 巨乳の人妻は自ら腰を振り、くぐもった声をこぼしだした。 先ほどまでより、動きはやや小さくなったが、それでも三十路の美人妻が充分な快感を得ているのは間違いあるまい。 もっとも、俺のほうももたらされる快感に酔いしれ、もはやこの心地よさを堪能すること以外、何も考えられなくなっていた。 何しろ、スタイルのいい若妻のオマンコに包まれたちんこからは快感が絶え間なくもたらされ、身体の正面でスリムな奥さまのぬくもりを感じながら、巨乳のバストの感触に包まれつつ女性の匂いを嗅いで、さらに耳元でくぐもった喘ぎ声を聞かされているのだ。 俺にこの状況で興奮を抑える術などあるはずがない。 いったい、どれくらいの時間が経ったのか、もたらされる快楽に酔いしれていた僕は、いよいよ三度目の射精感が込み上げてくるのを我慢できず、「ううっ」と呻き声をこぼしていた。「んんっ……ふあっ、ゆうきくんのちんちん、あんっ、ビクビクしてぇ。また、出そうなのね? いいわよぉ。今日はっ、んはっ、このまま中にっ、はあっ、タップリ注ぎ込んでぇ」 いったん、枕カバーから口を離したsexフレンドの奥さまが、そう言って再びカバーをつかんだ。「んっ、んっ、んふっ、んっ……!」 と、スレンダーな若妻は射精を促すような小刻みな抽送を始める。 僕のほうは、清純な若妻のくぐもった喘ぎ声を聞きながら、中出しの意味を考えることもできず、のぼせたような状態になっていた。おかげで、ペニスを抜いてもらうとか、射精寸前に強引にセフレの若妻の腰を持ち上げて抜く、といったことも考えられず、ただ射精感に流されるままになってしまう。 そうして、とうとう我慢の限界が訪れた。「ううっ……もうっ、出る!」 と呻くように言うなり、俺は宇賀なつみ似の専業主婦のまんこの中にザーメンを大量に中出しした。「んんんっ! んむうううううぅぅぅ!!」 同時に、奇麗な若妻も身体を強張らせて動きを止めた。それでも、枕カバーをつかんだまま声を完全に殺したのは、さすがと言うべきか。 そうして、中出しが終わると若妻の肉体から力が失われていった。「んはあ……三回目なのに、精子でお腹がいっぱぁい。本当に、元気で素敵なペニス。わたしも、気持ちよくて思い切りイッちゃったわぁ」 枕カバーから口を離した欲求不満な若妻が、耳元で囁くように言う。 しかし、俺は中出しエッチの心地よさに浸っていて、奥様の言葉に答えることができなかった。
 
出会い系サイトハピメでのセフレの若妻とのただまんエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






















































 
今回スレンダーな若妻とすぐオフパコsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐエッチさせてくれる奇麗な女の子と出会ってセフレにしてオフパコエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のようなであいけいマッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.