deaikeitaiken_novel

【出会い系ヤリモク】パイパンの爆乳グラドルと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は相も変わらず出合い系サイトで激カワの女性と即会いして、ただまんsexをやっています(^▽^)
 
さて、今回は秘密の出会いができる評価の高い出逢い系マッチングサイトのピーシーマックスで出会った小倉優子似のスレンダーなパイパンの爆乳グラドルと千葉県柏市で会ってセフレにしてすぐオフパコsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮影できましたので報告します。
 
※この記事にはアダルトなsexのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいSNSのピーシーマックスで出会った女はグラドルで、名前は里美ちゃんといい、顔は小倉優子似のすげえ美人でした(^_^)
 
出会い系サイトPCマックスでのセフレのグラドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでのかわいらしいグラビアアイドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
グラビアアイドルとは、出会系マッチングサイトのPCマックスで知り合ってラインでやり取りした後、柏駅近辺の洒落た串カツ居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホテルに行ってオフパコsexをしました。
 
俺とグラドルが千葉県柏市の柏駅近くのラブホテルの部屋に入った。「……こちらに顔を……」 グラドルに言われて、テーブルの上に身を乗り出した。「目を閉じて」 グラビアアイドルに言われるように目を瞑ると、温かい息がかかり、唇にちゅっとキスされていた。ハッとして目を見開く。 清楚なグラドルが微笑んでいる。 グラビアアイドルにとってはちょっとした悪戯心だったかもしれない。しかし、その柔らかく香り立つような唇が僕に火を点けた。 もう我慢できなかった。立ちあがって近づき、グラビアアイドルを背後から抱きしめた。「ダメっ……」 グラビアアイドルがうつむいて、前にまわっている僕の腕をつかんだ。「僕、あれからずっと里美ちゃんのことを……」「……この前も言ったけど、わたしには彼氏がいるのよ」「でも、その彼氏とは上手くいっていないんでしょ? 僕、もう我慢できません」「……わたしのような女でいいの?」「はい、もちろん。好きなんです。ずっと我慢してきました。好きです」 抱きしめて横に倒すと、sexフレンドのグラビアアイドルは抵抗することもなく、カーペットに崩れた。スカートが乱れて、裾から20代のグラビアアイドルのむっちりした太腿がのぞいた。 僕がほっそりした首すじに唇を押しつけると、「あっ……!」 がくん、と爆乳のグラドルが大きくのけぞった。 ニットをこんもりと持ちあげた爆乳の胸に顔を擦りつけた。 もう童貞ではないし、エッチの経験は積んできた。なのに、セフレのグラビアアイドルを相手にすると、まるで童貞に戻ったようで、ボーッとしてしまって何も考えられない。「さとみちゃん、俺、僕……」 うわ言のように言って、柔らかくてたわわな巨乳のおっぱいに顔をずりずりする。と、清純なグラビアアイドルの手が背中にまわった。「……ゆうきくんのバースディですものね。……わたしもゆうきくんのこと、好きよ。でも、わたしには彼氏がいるの。だから……」 スタイルのいいグラビアアイドルは下から大きな目でじっと見つめて、言った。「今夜だけで、いい?」 僕は歓喜を包み込んで、こくんと大きくうなずく。「キスして」 小倉優子似のグラビアアイドルが言う。おずおずと唇を合わせると、グラビアアイドルも自ら唇を重ねて、僕を抱きしめてくれる。 それから、両手で僕の顔を挟みつけるようにして、ちゅっ、ちゅっと自分からキスをする。 グラドルとの初キスだった。最高に幸せだった。ついに、出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレの女性が身体を許してくれようとしているのだ。 ついばむようなキスがすぐに情熱的なものになり、僕も強烈な欲望をかきたてられて、股間のものが頭を擡げてきた。 勃起にせかされるように、俺はキスをおろしていく。巨乳のグラビアアイドルのほっそりとした首すじにキスを浴びせると、「んっ……!」 顔をのけぞらせて、sexフレンドのグラドルが喘いだ。 女をあらわにしたその喘ぎが、俺をかきたてた。 V字に切れ込んだニットの襟元にもキスをし、本能が命じるままにグラビアアイドルの爆乳のおっぱいをつかんだ。無我夢中で爆乳のオッパイを揉みしだき、肩幅にひろがった足の間に膝を入れると、「ぁああうぅ……」 セフレのグラビアアイドルが太腿で僕の膝をぎゅうと挟みつけてきた。 胸を揉むごとに、量感あふれる爆乳のおっぱいがしなり、グラビアアイドルのむっちりとした太腿がよじられながら、俺の膝を擦りつけてくる。(ああ、すごい……!)
 
 爆乳のグラドルは普段はとても真面目でしっかりしているのに、ベッドでは変わるのだ。すごく、いやらしくなるのだ。 たまらなくなって、ニットをたくしあげていく。 激カワのグラビアアイドルの素肌がのぞき、ラベンダー色の刺しゅう付きブラジャーが丸々とした爆乳のオッパイを持ちあげているのが見えた。「ああ、いやっ……」 色っぽいグラドルがニットをおろして、胸を隠そうとする。 その手を外して、ブラジャー越しに巨乳のグラドルの爆乳のおっぱいに顔を擦りつけた。ソフトなカップの向こうに、たわわなふくらみを感じる。セックスフレンドのグラビアアイドルの肌の匂いなのか、ブラジャー自体の匂いなのか、何やら甘い香りがする。「待って……」 ビッチなグラビアアイドルが背中のホックを外して、ブラジャーをゆるめてくれた。(ああ、自分から、ブラを……!) グラドルはカップを押しあげると、息を呑むような爆乳のオッパイがこぼれでてきた。 大きいし、何より形が素晴らしかった。上の直線的な斜面を下側の充実したふくらみが押しあげた美しい爆乳のバストで、中心より少し上に透きとおるようなピンクの乳首がツンとせりだしていた。 ラブホの部屋は暗く、二本の小さなローソクの炎がスレンダーなグラドルの真っ白な乳肌を赤く浮かびあがらせ、それがまたいやらしかった。「いやっ……そんなに見ないで」 色っぽいグラドルが手で巨乳のおっぱいを隠した。「すみません……すごくきれいで、大きくて……触っていいですか?」 訊くと、パイパンのグラドルが小さくうなずいた。 触れられそうで、触れられなかった綺麗なグラビアアイドルの巨乳のバスト──。 そっと手のひらで持ちあげるようにして指先に力を込めると、爆乳のグラビアアイドルの乳肌が柔らかく沈み込み、さらに力を入れると、豊かな爆乳の乳房が押し返してくる。 指が乳首に触れた途端、「んっ……!」 びくんとして、パイパンのグラビアアイドルは顔を撥ねあげる。 打てば響く反応に、僕はいっそう昂った。 あふれでた生唾をごくっと呑み、顔を寄せた。グラドルのピンクの乳輪はふっくらとしていて、粒のようなものが浮きでている。その中心で、小さな突起はすでに頭を擡げていた。 いっぱいに出した舌で、グラビアアイドルの巨乳の胸をゆっくりと下から上へと舐めあげる。それを数回繰り返すと、明らかにセックスフレンドのグラドルの乳首がしこり勃ってきて、透きとおるようなピンクが赤みがかり、唾液にまみれて、いっそういやらしくなった。(そうだ……両方同時に攻めたほうが感じるんだと教わったな) 俺はグラビアアイドルの反対側の乳首にも舌を這わせる。そうしながら、もう片方の濡れた乳首を指で挟むようにして静かに転がすと、「んんんっ……ぁああうぅぅ」 20代のグラドルはのけぞりながら、あふれでる喘ぎを口に手の甲を押し当てて、押し殺した。 それでも、俺がグラドルの乳首を今度は横に激しく舌で弾き、もう片方も指腹でノックするように叩くと、「あっ……あっ……いや、これ……どうして? どうして、できるの? ゆうきくん、初めてじゃないよね?」 パイパンのグラビアアイドルが眉根を寄せて、僕を見た。 この前、パイパンのグラビアアイドルには自分が童貞であることを告白していた。だが、あれからいろいろとあったのだ。俺は真実を告げるべきかどうか迷った。出会い系サイトのピーシーマックスで出会ったセフレとのことを伝えたら、おそらく嫌われる。だが、ウソをつくのはいやだ。「すみません……俺、じつは……」 言いよどんだそのとき、グラビアアイドルが言った。「出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったほかの女の人と関係があるのね? そうでしょ?」「……はい。すみません!」「……いいのよ。わたしがいけないの」「えっ……?」 セフレのグラドルは下から僕を抱きしめて、頭を撫でてくれた。
 
 すると、セフレのグラビアアイドルが俺の顔を両側から挟みつけるようにして、下からじっと見つめてきた。「ありがとう。ゆうきくん……きみはわたしの天使よ」 真っ直ぐに見て言い、sexフレンドのグラドルはまた唇を合わせてきた。 下の名前を呼ばれ、天使とまで言われた。グラドルの柔らかな唇と情熱的なキスを感じて、僕は至福に包まれる。(何て、やさしいんだ。僕が出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレとセックスしたことも、許してくれた。グラドルに今まで以上の強い愛情を感じた。 僕は男になる。そして、セフレのグラドルを護るんだ──。 俺はグラドルを横抱きにして、ベッドまで運んだ。 すでにローソクは燃え尽きかけて、炎が揺れていたが、窓から射し込んでくる月明かりが、ベッドに横たわるグラドルの姿を陰影深く浮かびあがらせていた。 僕が着ているものを脱いでいると、爆乳のグラビアアイドルもニットを首から抜き取り、スカートをおろし、ブラジャーを外して、パンティだけの格好になって、掛け布団をかぶった。 全裸になって、僕はベッドにあがる。 シングルベッドだから、二人で寝るには狭すぎる。 僕が横臥すると、グラビアアイドルもこちらを向いて、ぴったりとくっついてくる。 そして、スリムなグラドルは俺の胸板にちゅっ、ちゅっとキスをする。 さらに、小豆色の乳首もかわいらしく吸い、細かく舐めてくる。グラドルの小さな舌が張りついてきて、「おっ、あっ……気持ちいいです」 思わず言うと、グラドルはにこっとして、右手を下腹部に伸ばした。 清純なグラビアアイドルはすでにいきりたっているチ○チンに触れて、その形や硬さを確かめるように指を動かし、ち○ちんを握りしめる。 グラドルは俺を仰向けにし、ギンギンなものを柔らかく指でマッサージしながら、舌を細かく震わせて、乳首を愛玩する。 したたり落ちた唾液がぬるぬるして気持ちいい。 乳首からはぞくぞくした戦慄が起こり、下腹部からは期待感に満ちた悦びがひろがってくる。 グラビアアイドルの顔が少しずつさがっていった。 なめらかな舌が臍を通過し、下腹部に温かい息がかかった。 巨乳のグラドルはちん○んに顔を寄せて、匂いを嗅ぎ、「やっぱり、いい香りがするわ。ココナッツミルクね」 爆乳のグラビアアイドルは見あげて言って、おちん○んを味わうように下から舐めあげてきた。裏筋にツー、ツーッと舌を走らせ、「ああ、美味しく感じる。きっとココナッツミルクの香りがそう感じさせるのね」 ビッチなグラビアアイドルはそう言って、また裏筋を舐め、そのまま亀頭冠の真裏に舌を留まらせて、ちろちろと舐めてくる。「ああ、そこは……くっ、くっ……」 足を突っ張っていた。「感じるのね?」「はい、むずむずして漲ってきます」 言うと、グラドルは指でそこを円を描くように摩擦した。潤滑油代わりの唾液とともに敏感な部分を指腹で刺激されると、居ても立ってもいられないような快美感がひろがってきた。「ああ、ダメです。出ちゃう!」 すると、爆乳のグラドルは真裏への刺激をやめて、唇を開いて、かぶせてきた。「くっ……!」 あまりの快感に、下腹部をせりあげていた。 温かい。そして、濡れている。 スリムなグラドルは途中までおちんちんをほお張ったまま、なかで舌を動かしているみたいだ。きっとチ○チンの下側を舐めてくれているのだろう。ぬるぬるしたものがからみついてきて、また快感が高まった。 青白い月明かりが、股ぐらに這いつくばった綺麗なグラビアアイドルの顔を照らしていた。 美しいグラドルのセミロングの髪が枝垂れ落ちている。グラドルの下を向いて一心不乱にチンコに舌をからませる姿がエロチックだった。グラドルのきゅっとくびれたウエストから豊かな腰が張りでていて、悩ましい曲線を描くヒップの中心に、ラベンダー色の布地が張りついていた。
 
 sexフレンドのグラビアアイドルはゆったりと唇をすべらせ、吐き出して、亀頭部の真ん中の尿道口をちろちろと舐めてくる。その間も、グラドルはチ○ポをぎゅっ、ぎゅっとしごいてくれるので、否応なしに快感が高まった。(ああ、すごい……サトミさん、ほんとうに上手い!) グラドルをしているときからはとても想像できない絶妙なフェラチオだ。そのギャップがセフレのグラドルの有する深みを感じさせて、僕をいっそう夢中にさせる。 セフレのグラビアアイドルがまたほお張ってきた。 今度はチ○コを握りしめ、ぎゅっ、ぎゅっとしごきながら、余った部分をほお張ってくれている。 手と同じリズムで顔を打ち振った。 それから、グラドルは手を動かしながら、亀頭部にねろねろと舌を走らせ、顔をS字に振るようにしてほお張ってくる。 気持ち良すぎた。「くっ……ぁああ、あああ……ダメ。出ちゃう!」 ぎりぎりまで我慢して訴えると、セフレのグラビアアイドルはちゅるっと吐き出して、「どうすればいい?」 訊いてくる。向けられたグラドルの瞳がどこかぼうっとしていて、それが俺を大胆にさせた。「あの、僕も、里美さんのあそこを……舐めさせてください」「でも、恥ずかしいわ……ずっと働いていて、シャワーも浴びていないのよ」「聡美さん、さっき今夜だけだって……だから、僕、サトミさんのすべてを知りたいんです。安心してください。僕は聡美さんの匂い、大好きです。絶対に嫌いになったりしません。お願いです」「……しょうがないわね」「シックスナインをしたいんです」 思い切って言うと、清純なグラドルはパンティを脱ぎ、俺に尻を向ける形でおずおずとまたがってきた。(ああ、これがサトミさんの……!) グラドルの豊かな尻が持ちあがり、尻たぶの割れ目にはセピア色の尻穴の窄まりが息づき、その下に楚々としたオマンコがわずかに内部をのぞかせていた。 ビッチなグラドルのおまんこは長方形にととのえられているものの、密生したビロードのような翳りの背景に、縦に長い蘭の花に似たマンコが品良く花開いていた。 左右対象の陰唇は薄いが、波打つように褶曲している。そして、わずかに開いた内部には濃いピンクのぬめりがのぞき、その上のほうには膣口がぴったりと口を閉じていた。「あまり見ないで」 グラビアアイドルが恥ずかしそうに腰をひねった。「きれいです。里美さんのお○んこすごくきれいです」 俺は顔を持ちあげて、グラドルの尻をつかみ寄せ、そこに舌を走らせた。ぬるっと舌がすべって、まったりとした粘膜と愛液の感触があって、「ぁあん……!」 激カワのグラビアアイドルがびくっと腰を震わせた。 どこか甘く感じる蜜を味わいながら、全体を舐めあげていくと、「んっ……んっ……ぁあああ、ダメぇ……」 スレンダーなグラドルが背中を弓なりにしならせた。 感じすぎて何もできないとでもいうように、かわいいグラドルは僕のチ○チンを握りしめたままだ。 俺が動きを止めると、20代のグラビアアイドルは何をすべきか思い出したように、下腹部に顔を寄せた。 ペ〇スの先端にちゅっ、ちゅっとキスをして、一気に根元までほお張ってくる。「ん、んっ、うんっ……」 グラドルは顔を打ち振って、唇でしごいてくる。垂れ落ちたセックスフレンドのグラドルの髪の先がざわざわと下腹部に触れて、いっそう快感が高まる。 うねりあがる愉悦をこらえて、俺はまたクンニをする。 笹舟形の下のほうの肉豆めがけて、舌を走らせる。それとわかるほどの突起を、舌を横揺れさせて弾き、がばっとほお張って根元のほうからチュー、チューッと吸う。すると、グラビアアイドルの様子が変わった。「んっ……んっ……んんっ」 ビッチなグラドルはチ○コをほお張ったまま動きを止めて、必死に何かをこらえているようだったが、ついには我慢できなくなったのか、オ○ンチンを吐き出して、「ぁあああ……いやっ……できない。できない……ぁああ、あああうぅ、そこ、弱いの……ぁあああ、ああ、許して……もう許して……」 チン○ンをぎゅっと握って、訴えてくる。「許しませんよ」 そう言って、またグラドルのピンク色の突起に吸いついた。 チュパ、チュバと断続的に吸い込むと、一番敏感な豆が根っこごと伸びて、「ぁああ、それダメっ……いや、いや、いや……ぁあああ、あああああ、もう、もう許して……あっ、あっ、ぁあああぁぁ」 セフレのグラビアアイドルはち○ぽを強く握って、腰を揺らめかせる。
 
 もっと感じさせようと、僕は両手の指でセフレのグラビアアイドルの一番敏感な豆の包皮をむくようにして引っ張り、転げでてきた小さな真珠に舌を走らせる。 無防備にされた敏感なクリをちろちろっと舌先で叩くように小刻みに打つと、「あ、あ、あっ……いやいや、それダメっ……ぁああ、あああああ、ぁあああああああああ、許して……くっ、くっ!」 パイパンのグラビアアイドルはがくん、がくんと腰を前後に振って、顔を上げ下げする。 僕はまたほお張って、リズミカルに吸う。 チュッ、チュー、チューッと吸引すると、清純なグラドルの身体が痙攣をはじめた。「ぁあああ、あああああ……もうダメッ……欲しい。これが欲しい! お願い、これをください!」 グラビアアイドルはいきりたつおち○ちんを握りしごいて訴えてくる。 俺は下から抜けだして、四つん這いになっているセフレのグラドルの真後ろについた。 きゅっとくびれたグラビアアイドルの細腰から大きく尻が張りだしていて、そのラインが作る美しくも淫らな曲線に見とれた。 セフレのグラビアアイドルは恥ずかしいのか、顔を伏せて、じっと待っている。(ああ、ついに俺は、憧れの人と……!) 気持ちがこれまでとは全然違う。頭も体も歓喜に満ちている。  夢なら絶対に覚めないでほしい。 俺はお○んちんを爆乳のグラドルの尻たぶの底のほうに押しつけた。切っ先を下に向け、上から下へとなぞりおろしていくと、ちんぽがセックスフレンドのグラビアアイドルのおま○このなかにすべり落ちていくような感触があって、つづいて、なかのほうに潜り込んでいき、「くっ……!」 スレンダーなグラドルが声をあげて、いったん背中を丸めた。そのまま奥へと打ち込んでいくと、ヤリマンのグラドルは背中を反らせ、「ぁああ……!」 顔を撥ねあげて、シーツを鷲づかみにした。(ああ、これが……!) 僕へは打ち込んだまま動けなくなった。 グラビアアイドルのおま○このなかは煮詰めたトマトのように温かくてとろとろで、しかも、粘膜がぎゅい、ぎゅいっとペ〇スにからみつき、波打ちながら、奥へ奥へと引きずり込もうとする。(ああ、気持ちいい! これまでの誰よりも気持ちいい!) いまだストロークをしていないのに、一瞬にして射精しそうになって、俺はぐっと奥歯を食いしばる。 sexフレンドのグラビアアイドルはしばらくその姿勢でストロークを待っているようだったが、やがて、焦れたように自分から腰を前後させはじめた。 グラビアアイドルはおずおずと腰を振って、おち○ちんを呑み込み、吐き出して、なかを擦って、「んっ……んっ……んっ……」 声をあげることを恥じるように押し殺す。(ああ、ダメだ。我慢だ……!) 僕が必死にこらえていると、セフレのグラドルの腰振りが徐々に速く、大きくなって、「ぁああ、ぁあああ……あん、あっ……あっ……」 ビッチなグラビアアイドルは四つん這いになって、シーツを握りしめ、こらえきれないといった喘ぎをこぼす。 グラビアアイドルの一糸まとわぬ艶めかしい裸身を、月明かりが斜め上から照らして、色白の裸体が青白く浮かびあがっている。 うねりあがる快感をこらえて、僕も腰をつかう。 腰の揺れにしたがって、ペニスを押し込んだり引いたりすると、セフレのグラビアアイドルは突かれるままに裸身を揺らせて、「んっ……んっ……ぁあああ、ぁあああ……あんっ、あんっ、あんっ!」 ヤリマンのグラドルは最後は喘ぎをスタッカートさせて、顔を上げ下げする。 俺は前に屈んで、両サイドから手をまわし込み、グラビアアイドルの巨乳の乳房をとらえた。 柔らかく指にまとわりついてくるたわわな爆乳の乳房はじっとりと汗ばみ、きめ細かい肌が指腹に吸いついてくる。 指に触れた中心の突起を捏ねると、「あっ……ぁあんん……」 セフレのグラビアアイドルは顔をのけぞらせ、もっと欲しいとばかりに腰を後ろに突きだしてくる。「き、気持ちいいですか?」
 
「ええ……いいの、すごく……ほんとうにすごくひさしぶりなのよ。それに……ゆうきくん、とても上手よ」「そ、そうですか?」「ええ……ほんとうはゆうきくんの最初の女になりたかった……でも、あのとき……」「俺、気持ちはずっとさとみさんでした。今も……だから、これ一回だけではいやです」「……わたしは彼氏がいる身なのよ。だから、ゆうきくんとは深い関係にはなれない。これっきりにしよ」(いやだ。いやだ!) 心のなかで駄々っ子のように叫んで、その思いをぶつけた。 ビッチなグラビアアイドルの上体を立て、きゅっと細くなっているウエストをつかみ寄せて、後ろからがんがん突いた。 いきりたったちんこが、sexフレンドのグラドルの窮屈なオ○ンコを押し広げていき、その締めつけをこらえて、なおも強く打ち据える。 パチッ、パチンと乾いた音がして、オチン○ンが体内を擦りあげ、奥を突いて、「ぁああああ、許して……あっ、あっ、あんっ……許して……もう、もう……ぁああああああ、響いてくる。ズンズン響いてくる……ぁああ、ああああああ」 小倉優子似のグラドルは嬌声をあげて、シーツを持ちあがるほど握りしめた。下を向いている巨乳のオッパイがぶるん、ぶるんと揺れて、しなったかわいらしいグラドルの裸身も激しく前後に動く。 スリムなグラビアアイドルはセミロングの髪を揺らせて、「あん、あん、あんっ……」 さしせまった様子でシーツを鷲づかみにする。(この一回だけで終わりだなんて、いやだ!) そんな気持ちを込めて、思い切り突き刺した。チンチンが清純なグラビアアイドルの体内をえぐっていき、「いやいやいや……あああ、ぁあああ……くっ!」 パイパンのグラビアアイドルはがくがくっと震えながら、前に突っ伏していった。 俺もその後を追った。 腹這いになった20代のグラビアアイドルを、上から覆いかぶさるようにして、なおも腰をつかうと、オチン○ンがグラビアアイドルの尻たぶの底にめり込んでいき、その尻たぶが押し返してくる弾力と膣をえぐる快感が重なって押し寄せてくる。「ぁああ、サトミちゃん……俺、俺……」 腰をつかいながら、甘い香りを放つ髪に顔を押しつけると、ヤリモクのグラドルがぐっと尻をせりあげてきた。まるで、もっと深いところにちょうだい、とばかりに。 僕は両腕を立てて、ぐいぐい押し込んでいく。 射精するかもしれない。早すぎる。しかし、今のこの歓喜はこの瞬間しかないのだ。「ん、んっ、んっ……ぁああ、ぁあああ、イキそう……ま、前からして。ゆうきくんの顔を見たいの」 小倉優子激似のグラビアアイドルがせがんできた。 俺としても、sexフレンドのグラドルが感じているときの顔を見て、射精したい。 腰をあげて結合を外し、スレンダーなグラドルを仰向けにした。 ああは言ったもののやはり面と向かうのは恥ずかしいのだろう、爆乳のグラビアアイドルが目を伏せて、胸を手で隠し、長い太腿をよじりあわせた。 その羞じらう姿がセクシーだった。 月明かりがスリムなグラドルの色白の裸身をぼんやりと浮かびあがらせていた。グラビアアイドルは窓のほうを向いているので、その顔だけははっきりと見える。 髪が乱れて、ほおにかかっている。セフレのグラドルのぱっちりした目は伏し目がちになって、俺にまじまじと裸身を見られることへの羞恥のようなものがうかがえる。「里美ちゃん、好きです。俺、あなたのためなら何だってできます」「わたしはゆうきくんが思っているような理想の女じゃないのよ。すごく弱いし、きみを護ることもできないかもしれない」「……いいんです。俺、里美さんとこうしていられれば、それだけで大満足ですから。それに、俺が聡美さんを護ります」 宣言して、グラビアアイドルの額にキスをした。ちゅっ、ちゅっとキスをおろしていき、唇を重ねた。 すると、爆乳のグラビアアイドルは自分からも唇を密着させ、僕の舌をとらえてからませてくる。 それだけで、全身に甘い陶酔感がひろがってきた。 俺はいったんキスをやめて、下腹部のちんちんをつかんでま○こに押し当てた。すると、グラビアアイドルは自分から膝を開いて持ちあげてくれる。 見えないから、位置をさぐっていると、グラビアアイドルが手を伸ばして、チンコの切っ先を導いてくれた。 熱いぬめりを感じて、腰を入れていくと、ちん○んの先がおまんこへとすべり込んでいって、「あうっ……!」 20代のグラドルが肩にぎゅっとしがみついてきた。 セフレのグラドルは両手で僕を抱き寄せ、「ぁあああ」と声をあげて、すっきりした眉を八の字に折った。 セックスフレンドのグラドルの顔がとても色っぽくて、僕は半開きになった唇に唇を重ねていく。舌を躍らせると、セフレのグラビアアイドルは下から貪りつくようにして舌をからめ、口を吸う。 これ以上の至福があるとは思えない。 それが腰の動きにつながって、気づいたときは腰を振っていた。ヤリモクのグラビアアイドルの柔らかくて甘い芳香のする唇を吸いながら、ゆったりと腰を波打たせる。 おち○ちんがオマンコの粘膜をぐいぐいと擦りあげ、
 
「んんんっ……んんんんっ……んっ! んっ!」 清楚なグラビアアイドルは唇を合わせながら、くぐもった声を洩らし、ぎゅっとしがみついてくる。(ああ、これがほんとうのsexなんだな) 出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレの女とのセックスは肉体だけのsexとは全然違う。気持ちが満たされているせいか、同じストロークにしても、ひと擦りするたびにぐわっと快感がひろがってくる。 洩れそうになるのを必死にこらえて、身体を合わせながら、えぐりたてていく。 と、キスしていられなくなったのか、グラドルが口を離して、のけぞり、「ぁあああ、あああ……いいの……いいのよぉ……恥ずかしいけど、すごくいいの。いいの、いいの……ぁあああ、ゆうきくん、好きよ。きみが好き……」 セフレのグラドルが下から、潤みきった情熱的な目を向けてくる。「ほんとですか?」「ええ……だから、きっとこんなに感じるんだわ。すごいの。すごく感じてしまう……おかしくなるくらいよ」 俺がつづけて膣に打ちつけると、「あ、あっ、あっ……やぁぁああああ、おかくなっちゃう……わたし、わたし……ぁあああああ」 セフレのグラドルが首を伸ばして、顎をせりあげた。 グラビアアイドルのどこか頼りなげな顔に見とれながら、僕は上体を立てて、膝をすくいあげるようにして、腰を叩きつける。 両足を大きくM字に開いた可愛いグラドルは、押しつぶされるような格好で、「あん、あんっ、あんっ」 と、喘ぎを弾ませ、両手を開いてシーツを?きむしった。 僕はすくいあげたグラビアアイドルの足の下に両手を突き、のしかかるようにして上から打ち込んでいく。すると、お○んちんが窮屈なおまんこを擦りながら、突き刺さっていき、「ぁああああうぅぅ……」 20代のグラビアアイドルは片手の甲を口に当てて、のけぞり返った。(これだ……ぴったりくる!) 膣とオ○ンチンの角度が合うのか、がダイレクトに奥に届くのがわかる。「気持ちいいですか?」 その言葉を聞きたくて、訊いた。「ええ……気持ちいい……気持ちいい……俺、イキそうなの。イッていい?」 爆乳のグラドルがきらきらした瞳を向ける。「はい……僕も、俺も……」 もっと長く貫いていたかったが、もう持ちそうにもなかった。射精覚悟で、強く腰を振った。 ち○ちんが蕩けたオマンコに突き刺さり、いやらしい蜜があふれて、ぐちゃぐちゃと淫靡な音がする。 そして、グラビアアイドルは僕の両手につかまって、ずりあがりをふせぎながら、「あん、あんっ、ぁあん……ぁあああ、イキそうよ」 下から逼迫した目で見あげてくる。可愛らしいグラドルのの霞がかかったような目が、俺をいっそう高みへと押しあげた。「おおぅ、里美ちゃん、僕も、僕もスペルマを出します」「ああ、来て……一緒よ。一緒に……ちょうだい!」 グラドルが両手を差し伸べてきたので、僕は思わず近づいてキスをした。唇を合わせながら、猛烈に腰をつかうと、「んんっ、んんんん……ぁあああ」 スレンダーなグラビアアイドルは自ら唇を離して、大きくのけぞった。 ここぞとばかりに俺がつづけざまに深いストロークを叩き込んだとき、「……ぁああ、イク、イク、イッちゃう……イッていい?」「はい……僕も僕も、出します!」「ああ、ちょうだい。ぁああああ、イク、イク、イッちゃう……くっ!」 ヤリモクのグラビアアイドルが両手を後ろに突いて、ブリッジするようにのけぞった。身体を弓なりにさせて、がくん、がくんと躍りあがる。「ああ、おおぅ……!」 止めとばかりにぐいと奥に打ち込んだとき、僕も至福に押しあげられた。 夢のような瞬間だった。僕が「オマンコのなかが気持ちいいから、イッちゃいそうだよ!」と言いながらsexフレンドのグラドルのマ○コの中にスペルマを大量に中出しした。 (ああ、俺はついに、出会い系アプリのピーシーマックスで出会った大好きな女の人のマンコのなかに中出しした……!) ツーンとした芳烈な快感が下腹部ばかりか全身にひろがって、脳天まで悦びに震えている。 ほぼ出し尽くしたとき、清純なグラドルがいや、まだ抜かないでとでも言うように足を腰にまわして引き寄せた。
 
 俺が覆いかぶさっていくと、セフレのグラビアアイドルはぱっちりとした目を開けて、俺を見た。 爆乳のグラビアアイドルは笑窪の刻まれたチャーミングな顔で微笑み、キスしてくる。 ついばむようなキスがねっとりとした情熱的なものに変わると、まさかのことが起こった。 射精したはずのチン○ンに力が漲る気配があるのだ。(えっ……また?) すると、かわいいグラビアアイドルも気づいたのか、唇を離して、「また大きくなってきた」 悪戯っぽい微笑を浮かべて、俺を見た。「すごいね。まだsexしたいの?」「ああ、はい……もちろん。最初で最後だから、俺、ずっと聡美さんとしていたいです」 そう言って、腰を振ると、「ああ、ぁああ、気持ちいい……」 グラドルがのけぞった。「ずっとしますよ。僕、倒れるまでしますよ。いいんですね?」 念を押すと、ヤリモクのグラビアアイドルがこくんとうなずいた。(よし、朝までするぞ。いや、このままずっと何日も……!) 僕は片手でグラドルの巨乳の乳房をむんずとつかみ、揉みしだきながら腰をつかった。「ぁあああ、へんよ、へん……また、また来るの……ぁああああ、突いて。お願い……突いて……」 セフレのグラドルがのけぞりながら、シーツを?きむしった。 一度中出ししたせいで、いつもの逼迫した感じはやってこない。(すごいぞ、こうなったら、とことん……) ぐいぐいとえぐりたてていくと、「イク、イ、イッちゃう……また、イッちゃう! くっ!」 20代のグラビアアイドルが昇りつめて、がくん、がくんと躍りあがった。 それでも、まだ僕は放っていない。 僕がはまたおちんちんを叩き込んでいく。「ぁああ、許して、もう許して……おかしくなる。もう、なってる」 セフレのグラドルがぎゅっとしがみついてきた。
 
出会い系サイトピーシーマックスでの巨乳のグラビアアイドルとのはめどりセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




















































 
今回清純なグラドルとすぐ即ハメエッチ出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスできる奇麗な女と出会ってセフレにしてタダマンエッチできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出会系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.