deaikeitaiken_novel

【出会い系セフレ】アラサーの爆乳若妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は飽きもせず出会い系コミュニティで美人の女と出会いまくって、オフパコsexにいそしんでいます(^0^)
 
さて、今回は知り合える人気の出逢い系コミュニティのピーシーマックスで出会った磯山さやか似の欲求不満なアラサーの爆乳若妻と長野県安曇野市で会ってセフレにして今からすぐ不倫ただまんエッチをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮れましたので報告します。
 
※この記事には過激なセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系コミュニティのPCMAXで出会った女は若妻で、名前はちあきさんといい、顔は磯山さやか似のすごく美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトPCMAXでの新婚の主婦のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでのsexフレンドの奥様の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
磯山さやか似の専業主婦とは、であいけいコミュニティのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、穂高駅近くのお洒落な串カツ居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行ってタダマンセックスをしました。
 
僕と清楚な人妻が長野県安曇野市の穂高駅近辺のラブホテルの部屋に入った。すると30代の主婦が隣に腰掛けてきた。 すぐそばで、タンクトップからこぼれんばかりの爆乳のおっぱいが揺れる。 こんなそそる身体がそばにいて、別の女のところに行く細身の若妻の夫の気持ちがまったくわからない。どんなに極上の身体でも、飽きてしまうものなのだろうか。「ネクタイ、取ったら」 と専業主婦がしなやかな腕を伸ばして、俺のネクタイを緩めてくる。 チアキちゃんっ、と俺はタンクトップの上から、磯山さやか似の若妻の豊満な爆乳のオッパイを掴んでいった。 すでに店でじかに爆乳のオッパイを揉んでいる僕は、すぐさま、タンクトップの肩紐をぐいっと引いていく。 すると、主婦のたわわに実った巨乳のオッパイが、ぷるるんっとあらわれた。 俺は両手でセックスレスの若妻の二つの巨乳の胸を掴み、揉みしだく。「あっ、ああ……」 はやくも、欲求不満な人妻が火の喘ぎを洩らす。乳首が瞬く間にとがっていく。 店の時以上に、新婚の若妻は昂ぶっている気がした。セフレの主婦は夫以外の男に巨乳のオッパイを揉まれているのだ。 拒否反応を示すか、背徳の刺激に燃えるか、どちらかだろう。 セックスレスの若妻は後者のようだった。 俺は乳首にしゃぶりついた。30代の主婦のとがりきった乳首を舌先で突く。 すると、はあんっ、と甘い声を洩らし、人妻がぶるっと熟れた身体を震わせる。 俺は乳首を突きつつ、右手をショートパンツに伸ばしていく。フロントのボタンを外し、ジッパーを下げていった。 主婦が腰を浮かせて、自らの手でショートパンツを下げていく。 俺は主婦の爆乳のオッパイから顔を上げた。今夜は、深紅のハイレグパンティが爆乳の主婦の股間にぴったりと貼り付いていた。 縦の割れ目の陰を浮かせるように、沁みがついている。「濡らしていますね、ちあきさん」 えっ、と股間に目をやり、恥ずかしい、と奥様が両手で沁みを隠そうとする。 そんな奥さんを見て、僕は一気にパンティを脱がせるのはやめて、サイドのハイレグをぐっと引き上げていった。
 
 パンティが伸びて、縦の亀裂の部分に食い入っていく。「ああっ……なにするのっ……やあっ、恥ずかしいっ」 若妻が僕の手首を掴む。が、掴むだけだ。押しやったりはしない。 その間も、俺はぐいぐいハイレグを引いていく。さらに美形の人妻のマ○コの割れ目にパンティが食い込んだ。AVでは数え切れないくらい目にしてきた場面が、生で目の前で展開していることが、俺は信じられない。「あ、あんっ……いじわる……」 清楚な人妻がなじるような目を、僕に向けてくる。 俺はパンティをま○この割れ目に食い込ませたまま、爆乳の美人妻のクリを摘んだ。「あっ、ああっ……」 摘んだだけで、奥さまががくがくと下半身を震わせた。爆乳のオッパイや太腿の内側がじわっと汗ばんでいく。 僕はクリをこりこりところがしはじめる。「う、ああっ……だめだめ……ああっ……」 キュートな奥さんの身体がソファーの上で、ぴくぴくと跳ねる。かなり敏感になっている。 口が空いている、と僕は顔を清純な人妻の揺れる巨乳のオッパイに持って行く。そしてクリちゃんをいじりつつ、まんこの割れ目にパンティを食い込ませながら、乳首に吸いついた。「はあっんっ……」 三カ所責めに、清楚な美人妻がどっとあぶら汗を噴き出す。「あんっ、あんっ……だめだめっ」 巨乳の若妻の泣き声が舌足らずになっていく。もしかして、いくのか。 頭にかぁっと血が昇った僕は、思わず、肉豆を摘む指先に力を入れてしまった。「痛いっ」 とアラサーの若妻が下半身をずらした。すいません、と主婦の股間から両手を離す。縦溝に食い入っていたパンティが伸びる。 おまんこの割れ目に当たっている部分が、濃く絖っていた。「今夜のゆうきさん、なんだか別人みたいだわ」 熱いため息を洩らすようにセフレの専業主婦が言う。スラックスの前に手を伸ばして、撫ではじめる。「そうですか?」 昨晩、男になったのです、と胸を張りたかったが、35にもなってそんなことは自慢にならない。「なにかあったのかしら」 上目遣いに僕を見つつ、セフレの主婦がスラックスのベルトを緩め、ジッパーを下げていく。童貞だったことも、それを卒業したことも、なにもかも若妻に見透かされているような気がした。いや、そんなことわかるわけがない。 ソファーの上で、スラックスをブリーフと一緒に脱がされた。ちんぽが弾けるようにあらわれた。先端は我慢汁だらけだ。 あら、と爆乳の若妻が美貌を寄せて、ぺろりと白い汁を舐めてくる。「ああ、千秋ちゃん……」 それだけで、俺は下半身を震わせてしまう。 セフレの若妻が鎌首にしゃぶりついた。くびれを唇で締め付け、舌腹を先端に押しつけてくる。「あっ、ああ……」 すっかり攻守逆転となってしまった。 セフレの専業主婦が鎌首を吸いつつ、妖しげな眼差しを向けてくる。そして唇を引くと、「ソファーの背に両手をついて、こちらにお尻を向けてみて」 奥さんはハスキーな声でそう言った。「お尻を、ですか……」「そうよ」
 
 もしかして、AVで見た、アナル舐めを……やってくれるのか……。 当然のこと、アナル舐めなど受けたことはない。未知の快楽への期待に、オチン○ンがひくつく。「あら、アナル、好きなのかしら」 と主婦が聞く。好きも嫌いもない。経験がないのだから。 俺は答えず、言われるままにアラサーの専業主婦に臀部を向け、ソファーの背に両手をつく。 すると、そろり、と尻たぼを撫でられた。 ぞくぞくっとした刺激に、俺は腰をくねらせる。「敏感なのね、ゆうきさん」 お尻がこんなにぞくぞくするなんて、予想外だった。奥様の撫で方が上手なのだろう。尻たぼをぐっと広げられた。「丸見えよ」「ああ……」 恥ずかしかった。お尻の孔なんて、自分でもじっくりと目にしたことはない。セックスレスの若妻に見られていると思うと、羞恥で身体が熱くなる。「あら、ひくひくしているわ」 と言った次の瞬間、ぺろり、とアヌスを舐められた。「あっ、そんなっ……」 ぞくりとするような気持ち良さに、僕は声をあげていた。 スリムな主婦はお尻の孔を広げつつ、とがらせた舌を入れてくる。「うあっ……千亜希ちゃんっ……汚いですっ……ああ、そんなことっ……ああっ」 舌が忍んでくると、ぞくぞくする快感が数倍跳ね上がった。「もっとお尻をあげて、ゆうきさん」 舌を抜き、主婦がそう言う。俺はうなずき、ぐぐっと臀部だけを差し上げる。 恥ずかしかったが、さらなる快感を求めていた。「今のあなた、鏡で見せてあげたいわ」 そう言いながら尻たぼを開くと、今度はいきなり舐めずに、巨乳の奥さまはふうっと息を吹きかけてきた。「ああっ……舐めてください……」 アヌスにセフレの奥様の息を感じるだけで、ちん○んがひくつく。すでに我慢汁が大量ににじんでいる。「舐めて欲しかったら、お尻を振るのよ、ゆうきさん」 尻たぼを撫でつつ、奥様がそう言う。「ええ、そんなこと……出来ません……」「じゃあ、アナル舐めはここまでね」「そんなっ……」 俺は泣きそうになり、恥を忍んで、差し出した尻を振りはじめた。「千亜希さん……ああ、アナルを……くう、舐めてください」「いい子ね」 爆乳の主婦が僕のお尻の孔に舌を入れてきた。ぐりぐりとドリルのように奥まで侵入してくる。「あっ、わあっ……」 俺は女のような声をあげて、尻をくねらせていた。 若妻はアナルの奥まで舐めつつ、ちんぽを掴んできた。ぐいっとしごいてくる。「あっ、そんなっ……だめですっ」 ひとしごきで、いきそうになってしまう。「我慢するのよ、ゆうきさん。ソファーを汚したら、すぐに出て行ってもらうから」「はい……」 みたび、専業主婦はア○ルをドリル責めしてくる。そして、人妻は右手でサオをしごきつつ、左手の手のひらで、前触れの露でぬらぬらの先端を撫ではじめた。「あっ、それはっ……ああ、だめですっ」 チンコがとろけそうになる。腰骨がぐにゃっとなる。
 
 気持ちよすぎて、ずっと腰をうねらせている。暴発させていないのが奇跡と言えた。「二カ所責めで出さないなんて、偉いわね、ゆうきさん」 おちん○んとアナルの二カ所責めでも、おうっと雄叫びをあげそうなくらい気持ちいいのだ。乳首とクリとマ○コの三カ所責めを受けている女性たちは、どんなに気持ちいいのだろうか。 男が女に生まれ変わって、その快感を知ったら、あまりに気持ち良すぎて、気が変になってしまう、となにかの記事で読んだことがあったが、そうなんだろうな、と僕は思った。「今度は……ゆうきさんが……おねがい」 そう言うと、乾いた喉を潤すように缶ビールをごくりと飲んだ新婚の若妻が、リビングの床に四つん這いになった。 奥さんの熟れた身体に一枚だけ残っているパンティはTバックで、むちっとした双臀が、差し上げられている。 僕はごくりと生唾を飲み、缶ビールをごくごくと飲んだ。最高の喉ごしだ。「もっと、お尻を上げてください」「んふ……こうかしら……」 主婦が言われるまま、膝を伸ばし、双臀を高々と掲げてくる。 やはり、女性は四つん這いが絵になる。たまらなくセクシーだ。 僕はパンティを引き剥ぐと、奥様の尻たぼをぐっと割っていった。すると、深い狭間の奥に、ひっそりとsexフレンドの主婦のアナルが息づいていた。「綺麗です、チアキちゃん」「ああ……恥ずかしい……」 三十路の美人妻は視線を感じるのか、まさに菊の蕾のような窄まりが、きゅきゅっと収縮している。 やはり女は違う。アヌスまで、愛撫を受けるように出来ていた。 僕はまったくためらうことなく、誘われるように、口を押しつけていった。 ぺろり、とかわいい専業主婦のアヌスホールを舐めていく。「あっ、やんっ……」 掲げられた双臀がぶるっとうねる。 僕は舌をとがらせ、奥さんのア○ルに入れていく。と同時に両手を前に伸ばし、右手では陰核を摘み、左手の指をマ○コへと入れていった。 いきなりの三カ所責めである。「ああうっ、いい、いいっ……それ、いいっ」 はやくも、セフレの主婦が喜悦の声をあげた。アヌスホールで俺の舌を締め、前の穴で僕の指を締めてくる。 爆乳の主婦は敏感な反応を見せてくれるのはうれしかったが、うらやましくもある。 ま○こはあらたな分泌液であふれ、指を前後に動かすたびに、ぴちゃぴちゃと淫らな音が沸き立ちはじめる。「ああっ、もっと指をっ……おねがいっ」 三十路の人妻にせがまれ、僕はもう一本、指を人妻のマンコに入れていく。 燃えるようなまんこの襞が、ねっとりとからみついてくる。 僕はバックから、オ○ンチンをぶちこみたくなった。アナル舐め手こき亀頭責めで、暴発寸前のちんちんを入れたら、即射精しそうだったが、出た時は出た時だ。 僕はセフレの奥さんのア○ルから舌を抜き、オ○ンコから二本の指を抜いた。「あんっ……ゆうきさん……」 むずかるように鼻を鳴らし、新婚の若妻がむちっと盛り上がった双臀をうねらせる。 僕は若妻の尻たぼを掴むと、ひくつくペ〇スを尻の狭間に入れていった。「ああ、お○んちんはだめ……ああ……私は……ああん、細身の奥様だから……あ……」「わかっていますよ。いけない事ですよね」「ああ、そう……だめなの……ああ、オチンチンだけは……わかって、ゆうきさん」 だめ、と言いつつ、セフレの若妻の双臀のうねりがさらに魅惑的になる。 蟻の門渡りを通り、オ○ンコの割れ目をなぞると、だめっと巨乳の奥様が鼻にかかった声をあげる。どう考えても、入れて、と言っているようにしか聞こえない。 が、俺はじらしてやることにした。男になった余裕だ。それに、バックからだと入り口がよくわかった。カウパー氏腺液だらけの先端で、磯山さやか激似の若妻のまんこの割れ目をなぞっていく。「あっ、ああっ、どうしたの、ゆうきさんっ」「ちあきちゃんのここ、いやらしく濡れてますよ……チ○チンが欲しいって」
 
「あああん、いじめないで、だめなのぉ、ああ、いけない妻になっちゃう……」 だめ、と言いつつ、爆乳の主婦がぐぐっと尻を差し上げてくる。すると、鎌首が新婚の若妻のおまんこの割れ目にめりこんでいく。 僕はこのまま突っ込みたいのをぐっと我慢して、おちん○んを引いていく。「あんっ、そんなっ……」 セックスレスの奥様がじれたように、鼻を鳴らす。 俺はおのれがとっている行動に、自分自身で感心していた。童貞の時は、とにかく、無事に挿入することばかり考えていたが、男になってからは、はやくも入れるタイミングを計れるようになっていた。 「ああ、はやく、くださいっ」 わかりました、と俺は奥様のおま○こをバックから貫いていった。 ああっ、と先に声をあげたのは、僕の方だった。待ってましたとばかりに、燃え盛った肉襞がからみつき、マンコ全体で俺のチンコを貪り食ってくるのだ。 奥まで突き刺したまではよかったが、はやくも暴発しそうで、動くに動けない。「あんっ、もう、じらさないで……ああ、あんっ、いじわる……」 じらしているわけではない。動けないのだ。「あ、ああ……突いてっ……おねがいっ、奇麗な主婦のま○こを突いてくださいっ」 じれたスリムな奥さまが、激しい責めをねだってくる。 俺はセフレの奥さまの尻たぼに指を食い込ませると、歯を食いしばり、抜き差しをはじめた。「あっ、もっと強くっ、突いてっ」 僕は自棄になって、一撃一撃に力を込めて、バックから突いていく。「んっ、あーっ……いい、いいっ……ああ、オチンチン、いいっ」 四つん這いのsexフレンドの人妻は何度も玄関の方に目をやっている。もしかして、夫がくるのでは、と気が気でないようだ。 が、それが猛烈な刺激を呼んでいるようだった。「ひいっ、いきそうっ……ああ、もう、いっちゃいそうなのっ」 清純な若妻がそんなことを言い出した。 俺はついにセフレの人妻を征服できる喜びに震える思いだったが、下手をすれば自分が先にいってしまいそうだ。 俺はぎりぎりのところで、突き続ける。「あひっ……ねえっ……いっしょにっ……あああゆうきさん、ちあきといっしょにっ」 なんという僥倖。俺は共にいくべく、渾身の力を込めて、突いていった。「ああ、ああっ……い、いきそうっ、ああーっ、い、いくっ」 清楚な人妻のまんこが強烈に締まり、俺が「俺も、いっちゃいそう、一緒にイこう!」と言いながら爆乳の人妻のオマンコの中にザーメンを大量に中出しした。「あっ……はああっ……」 セックスフレンドの主婦が四つん這いの裸体を弓なりに反らし、しばらく痙攣させた後、突っ伏していった。 僕はたっぷりと磯山さやか激似の奥さんの中に精液を中出しして、あぶら汗まみれの背中に重なっていった。男になってわずか二日目に、奥さんをいかせたことに、僕は感動していた。
 
出会い系サイトPCMAXでの清純な若妻との即ハメエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回三十路の若妻とすぐただまんエッチ出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐセックスさせてくれる綺麗な女性と出会ってセフレにしてタダマンエッチできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出会い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.