deaikeitaiken_novel

【出会い系セフレ】三十路の巨乳主婦と不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は何時ものごとく出合い系サイトで可愛い女と出会いまくって、ただまんセックスにいそしんでいます(^_^)
 
さて、今回は秘密の出会いができる悪質でないであいけいコミュのピーシーマックスで出会った和久田麻由子似の三十路の巨乳主婦と岡山県岡山市で会ってsexフレンドにしてすぐ不倫中出しsexをしてきたのですが、はめどり写メがいっぱい撮れましたのでリポートします。
 
※この記事にはエロいsexのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系サイトのピーシーマックスで出会った女性は若妻で、名前はタカコさんといい、顔は和久田麻由子似のすごく美人でした\(^o^)/
 
出会い系サイトピーシーマックスでのパイパンの美人妻のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのかわいらしい奥さんの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
sexフレンドの専業主婦とは、出会系コミュのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、岡山駅近くの高級イタリアンレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってハメどりエッチをしました。
 
俺とセフレの奥さんが岡山県岡山市の岡山駅近くのラブホの部屋に入った。そのとき突然、新婚の若妻がつぶやいたのだ。「つまんない」 そのひと言は、闇夜を切り裂く稲光だった。俺はハッとする。「タカコさん、もしかして……同じような毎日をグルグル回り続けているのにウンザリしているじゃないですか?」 それでもセフレの専業主婦はほお杖をついたまま外を眺めていたが、心なしか口元がほころんだように見えた。「やっと……やっと気づいてくれたんだ」「じゃあ、やっぱり……。なら、思いきって言いますね。もしかして多香子ちゃんは、たまには日常から逃れてみたい、そんなふうに思ってるんじゃないですか?」 俺が意気込んで言うと、ようやく新婚の若妻が顔をこちらに向けた。「そうよ、まちがってないわ。あたしだって女ですもの。ときには愛されたい、夢を見てみたいと思っちゃいけないかしら」 主婦の顔は微笑んでいるが、とても寂しげだった。生活に追われ、忙しさにかまけている間に、いつしか置き忘れてしまった女の顔。奥さんの寂しそうな微笑みには、そんな奥さんの切なさが滲んでいた。「タカコさん──」「今日だけはたかこ、って呼んでくれない?」 俺の胸は高鳴る。新婚の若妻のワンピースは立っていると膝が隠れる長さだが、座っているため引っ張られて膝上まで露出していた。そのうえ薄い布地が張りつめて、巨乳の若妻の太腿から尻にかけてのラインがくっきり出ている。「あ、貴子ちゃん……」「こっちにきて。ゆうきさん」「あ。はい……」 僕は言われるがまま席を立った。喉がカラカラだ。これまで奥さんを女として見たことなどなかった。なぜなら向こうは若妻だからだ。だが、そんなものは結局思い込みに過ぎなかったのかもしれない。「し、失礼します」 隣に腰かけると、セフレの人妻の太腿が脚に触れた。美人妻の太腿は熱を持っていた。俺は腹の底から沸々と湧きあがるものを感じていた。 しかし、本当にこんなことをしていいのだろうか? 相手は夫のある身なのだ。いくら行きがかり上、しかたがないと言っても、人の道として許されないのではないだろうか? すると、僕のとまどいを感じたのか、巨乳の若妻は沈んだ声で言った。「そうよね、ゆうきくんには好い迷惑だったわね。ごめんなさい、あたしのわがままだったみたい。だって無理に決まってる、こんなオバサン相手に──」「貴子ちゃんはきれいです! なに言ってんですか!」 衝動的に俺は叫んでいた。だが、人妻は首を振る。「ううん、いいの。でも、そんなふうに言ってくれるだけでもうれしい」「ちがいます、ちがいますって。僕が……ちょっとビビっただけなんです。貴子ちゃんみたいな……その、大人の女性が、僕なんかでいいのかなって」「ゆうきくんって、本当にやさしいのね」「たかこさんっ!」 俺は奥さまの腕をとった。すると、それ以上の激しさで細身の奥さんのほうがしがみついてきたのだ。「ちょうだい!」「はうっ──」 僕は半ば押したおされるようにして、専業主婦に唇を奪われていた。「ん……ふぅ……」 30代の人妻のルージュのねっちりした感触が押しつけられる。主婦は熱い吐息を漏らしながら、ぬるんと舌を伸ばしてきた。「ふぁぅ……タカコちゃん……」 ふいを突かれた僕だが、侵入してきた人妻の舌は難なく受け入れた。巻きとり、ねぶり、啜りあげていた。出会い系サイトのPCマックスで出会ったセフレの主婦が、これほど情熱的になるのを驚き怪しみながら、一方では興奮するのを覚えていた。「んふぁろ……みちゅ……んふぅ」 パイパンの専業主婦は盛んに貪りつつ、巧みに手を動かしていた。最初、僕の胸に当てられた奥様の手は徐々に下がり、まっすぐ股間をめざしていく。(ふあぁぁぁ、新婚の人妻さぁん……) 期待する僕は思わず腰が浮いてしまう。奥さんのダイレクトな欲望に背中がゾクゾクするようだった。これが欲求不満というものなのか。
 
(え──?) ところが、事態は僕の思うようには進まなかった。股間のテントを握ると思われた清楚な若妻の手は素通りし、代わりに両手でズボンの腰辺りを探りだしたのだ。 やがて巨乳の奥様は舌を解き、焦れったそうに言う。「ぷはっ……アン、なかなか外れてくれないじゃない。んもう、ゆうきくんったら元気なんだから」「あ、タカコちゃん……」 巨乳の美人妻はズボンを脱がそうとしていた。だが、俺のち○こが勃起しすぎて生地が張りつめてしまい、ボタンが外れにくくなっていたのだ。 しばらく悪戦苦闘していた若妻だが、まもなく所期の目的を果たすことができた。まろび出たチンポは、天を衝きそそり立っていた。「わあ、ステキ」 奥さんはオチ○チンを手に取り、惚れ惚れと眺めていた。新婚の人妻は指先で触れるか触れないかというほどのフェザータッチで撫でまわす。「ああ、タカコさん……」「うふ。これ、気持ちいい? ゆうきくん、すっごくエッチな顔してる」「だってそんな……あうう。できればもっと強く──」「シコシコしてほしいの? ダーメ」 スタイルのいい奥さんはいたぶるように言い、爪の表面で裏筋をかるく刷いた。「うふぅ。おうっ……たかこちゃん、俺……」「あー、ゆうきくんの先っぽから、透明のガマン汁がいーっぱい出てきたよ。あーん、やだあ。そんなの見せられたら、あたしだって我慢できなくなっちゃう」 そう言うと、和久田麻由子似の奥さまは座面から滑り降りる。床に膝をつき、そうすると僕の股間と顔が同じ高さになった。「ねえ、ゆうきくんのチン○ン、食べていーい?」「たっ……食べ、食べちゃってください!」 僕は息を荒らげつつ行為を促した。ところが、パイパンの奥様はすぐには咥えず、「そしたらぁ、あたしがゆうきくんのち○ぽしゃぶってあげるからぁ、ゆうきくんはぁ、多香子にいーっぱい甘い言葉をかけてくれるぅ?」 と、条件を課したのだ。奥さまに目の前の快楽を盾に要求を突きつけられては断るべくもない。うわずった声で僕は答える。「かけます、いっぱい言いますから、早くしゃぶってください!」 人妻の要求はそれほどあこぎなものではなかった。「うふ。じゃあ、いいわ。いただきま──」 人妻は「ま」の口の形でとまった。もはや亀頭との距離は一センチである。だが、それは果てしなく遠い一センチだった。若妻の熱い吐息が粘膜にかかる。 気づいた俺は思わず絶望に似た嘆息を漏らす。「ああタカコちゃん、なんでそんな意地悪ばかり──」 しかし、言いかけて気づいたのだ。sexフレンドの奥さんが上目使いで自分をじっと見つめていることを。(きっとなにか声をかけてほしいんだ) 胸を衝かれる思いだった。30代の若妻の目はただ淫欲に飢えているのではない。日常に倦んだ主婦が求めているのは非日常であり、ロマンスなのだ。「俺……、多香子ちゃん……多香子さんと、こんなことするなんて考えたこともなかったけど、さっきひとりで外を眺めているタカコさんを見て、なんて言うか、こう胸が締めつけられるような感じがしたんです」 出だしはいかにもたどたどしく、つっかえがちだった。それでも、見上げる主婦の目はウットリと潤みはじめていた。僕は続けた。「きっとあのとき初めて僕、たかこさんのなかにひとりの女性を認めたって言うか、なんか放っておけないような、抱きしめたいような気がしたんです」「うれしいわ、ゆうきさん──」 清楚な奥さんはしみじみ言うと、おもむろにちんぽを咥えこんだ。「ふおぉぉぉ……多香子ちゃんが、こんなにきれいな人だったなんて、いままで気づかなかったのが信じられないくらい……おおっ、たかこちゃんっ!」「じゅるっ、んーふぅ……もっと言って」 根元まで食らいついた新婚の美人妻の吸引は激しかった。俺は目の眩むような快感を覚えていた。だが、30代の奥様はさらに愛のささやきを求めている。僕はなんとか意識を保ちつつ、苦労して言葉を重ねていく。「本当は僕、一度でいいから、あなたみたいな人と冒険してみたかったのかもしれない……おおうっ。誰もいない場所で、多香子ちゃんとふたりきり……はうっ、そこ……きっ、気持ちよすぎるぅ!」
 
 俺の発した言葉のどこかが30代の主婦の胸に突き刺さったらしい。sexフレンドの美人妻のフェラにはさらに熱がこもり、舌がおち○ちんの周りをぐるぐると回った。「んふぅ……じゅろろろっ、ぬっちゅううう」「あっ、タカコさん、ヤバイ。それ、ヤバイですって!」「んーふ、ぬっちゅ、ぬちゅう、くちゅぬちゅ」 僕が弱音を吐いたが、セフレの奥さまの情欲にはすでに火がついていた。セフレの美人妻は粘った音をたてながら、激しく首を前後に揺さぶる。「あふぅ、タカコちゃんの口……ヤバイ。おお……そんなしたら出るから、出ちゃいますからって」「んっちゅ、ぬちゅ、ぴちゅ、ぐっちゅ」 主婦のフェラチオの勢いは止まらず、やがて俺は下腹部から突き上げてくるものを感じはじめていた。マズイ、このままでは本当にイッてしまいそうだ。「あっ……たかこさん。いいんですか、本当に出ちゃいますよ!」 叫んだときには、すでに陰嚢がグッと持ち上がる感覚もあった。ところが、その瞬間、新婚の人妻の手がその袋をギュッと握りしめたのだ。「おおうっ!」 重苦しい痛みが走り、僕は思わず呻く。一方、セフレの主婦はちんぽから口を離した。「ぷはっ……ああん、あたしもうダメ。我慢できない、きてっ!」 タマを握られたために、射精は寸前でとめられた。巨乳の主婦はすべて承知の上でしているのだ。 かたや無理矢理寸止めされた僕は堪らない。愛のささやきでわずかでも主導権を握ったと思ったのは勘違いだったらしい。僕は思い出した。そうだ、これはすべて巨乳の奥様の願望を満たすためにしていることなのだ。「ほら、ゆうきくん。ぼんやりしてないで、こっちよ。きて!」 若妻は言うと立ち上がり、窓枠に手をついた。専業主婦はワンピースの尻を突き出す格好で待ち構えている。「ああ、はい……」 叱咤されて僕は返事するが、ぼんやりしたのは巨乳の主婦に見惚れていたからだ。薄い生地のワンピースはパンティの形を浮きたたせていた。若妻の熟した尻は肉付きも良く、そこにオチンチンを埋めたらさぞ心地よかろうと思わせた。 清純な美人妻が前屈みになったせいで洋服の裾が持ち上がり、太腿の裏が見えていた。 子供が夏休みの期間にも、スリムな専業主婦はずっとパートに出ていた。おそらく海になど行く暇もなかったのだろう。生白いと言っていいほどの肌の色がそのことを表している。主婦の生き様が見えるようで、独身の俺をいたくそそった。「タカコちゃん!」「ああっ、きてぇ!」 俺は猛然と食らいつき、かわいい奥さまのワンピースの裾をまくり上げた。そうして乱暴にされることを専業主婦も歓んでいるようだった。 主婦は人妻らしい地味なベージュの下着を穿いていた。リアルな生活感が表れているようで堪らない。「かあぁ、すげえ……」「イヤッ、そんなとこ見ないで」 俺には欲情することも、セフレの若妻にとっては恥ずかしいらしい。セックスフレンドの若妻は自分でそそくさとパンティを下ろしてしまった。「ほらぁ、早くぅ。あたしのここに、おち○ちんちょうだい」 セフレの人妻は言いながら、後ろ手に硬直を探る。美人妻の偉大な尻の割れ目に開いたザクロは淫らに濡れ光っていた。「ハアッ、ハアッ。じゃあ、いきます」 そんなものを見せつけられては、僕だって黙っていられない。やおら竿を構えると、少し腰を落として狙いをつける。鈴口からボタボタと滴りおちるほどの我慢汁があふれていた。 赤黒く膨れた亀頭が、欲求不満な若妻のドドメ色のおま○こに埋もれていく。「おおうっ!」「んはあああっ!」 うしろを向いた和久田麻由子激似の美人妻の頭が跳ね上がる。ズブズブとち○ちんが埋もれていくたびに、欲求不満な人妻の肉体は細かく震えた。その様子は、男に貫かれる感覚を余すところなく味わってでもいるようだった。「ブチ込んで! 奥まで、もっと深く!」「うはあっ。入っ……入ってます、入りましたぁ!」
 
「ああん、入ってるぅ。ゆうきくんのち○ちんが、奥に当たってるぅ」「たかこさんの中、すごくあったかいです」 そうして口々に言い合っているうち、どちらからともなく腰が動きはじめる。「ぬあっ。ハアッ、ハアッ、ハアッ」「おおっ、んあああーっ。イイッ、入ってる」 チンコとおまんこの結合部はぬちゃぬちゃといやらしい音をたて、同じリズムで肉と肉がぶつかりあう音もした。「ぬおおっ、貴子さん。すげえっ、締まるっ」 僕は目を閉じて一心に腰を動かした。僕は快楽に集中した。「ああっ、んはあっ。そう! イイッ、アハアッ!」 一方、そんな気がかりのない和久田麻由子激似の美人妻はひたすら悶えていた。夫以外のち○ぽを受け入れるのは久しぶりなのだろう。セフレの若妻が悩ましくあげる声には歓喜の色がにじんでいた。「あんっ、きてっきてっ。もっと激しく! もっと速く!」「おほうっ。たかこさん、激しい……」 しだいに奥様の尻は盛んにうち振られるようになっていく。欲求不満な奥様のきつく食い締めたマ○コがちんこを責めたてる。俺は抑制できない快楽に懊悩した。 しかし、感じているのは奥様も同じようだった。「あんっ、はうっ。いいのっ、感じちゃううっ!」「俺も……ハアッ、タカコさんのオマ○コ」「ンハッ、奥に当たって……突いてっ、突いてえええっ!」「グハアッ、気持ちよすぎて……ヤバ……うううっ」 せつない息づかいと、口走る言葉が、互いを煽りたてていた。擦りあえば擦りあうほど、ペニスとマ○コの細かい凹凸までが相手の形と調和していくのがわかる。 やがて奥様が弓なりに反らした身体を震わせる。「ンアアアアーッ! もうダメッ、はうっ……イヒイィィィィーッ!」 激カワの主婦はいななくように叫び、両脚をグッと踏ん張ったかと思うと、次の瞬間には、精根尽き果てたかのごとく、がくりとしゃがみ込んでしまったのだ。 すっぽ抜けたオチンチンは置いてきぼりを喰らい、俺の下腹にバチンと跳ねる。「おうっ」 その勢いで飛沫が上がるが、射精したわけではなかった。 膝をついたスタイルのいい若妻は背中を丸め、肩で息をしている。「ンハアッ、ハアッ。久しぶりだったからかしら、すごく良くて……本当、このままどこかへ飛んでっちゃいそうだったわ」 セフレの若妻はイッたのだ。すでに一度射精していた俺は達することはなかったが、これでひと安心できると満足していた。「たかこさん、ほら」「ええ」 人妻も短く答えるが、立ち上がろうとはしない。久しぶりの絶頂によほど疲れているのだろう。僕は労るように巨乳の専業主婦の肩に手をかける。(これでは、まだ可愛い奥さまの願望を満たせていないということか) キュートな奥さまは酸いも甘いもかみわけた奥さまである。そうたやすく満足できるわけもないのだ。僕は自分の甘さを痛感した。「ふうーっ」 思わずため息をついて、へたり込む。下半身は出したままだった。 若妻もそのころには落ち着きを取り戻していた。緩慢な動作ではあったが、若妻は窓枠に手をかけて立ち上がる。すると、ワンピースの裾が垂れて、セックスレスの奥さまの淫らな尻は隠れてしまった。パンティは床に落ちたままだったが、一見すると、奥さまは普通に服を着ているようにも見える。
 
 清純な人妻は背中を向けたまま、不意に呼びかける。「ゆうきくん」「は、はい?」 腰かけた僕は顔を上げる。少しぼんやりしていたようだ。若妻は続けた。「あたしってね、こう見えても、セックスに関しては結構保守的だったの」「はあ……そうなんですか」「なんて言うのかな……そう、変わったことを要求するのが恥ずかしい、って思っちゃうのよ。だから、今のダンナはともかくとしても、昔付き合ってた男とだって、いつも同じようなセックスをしてた」 セフレの主婦は言いながら、背中に手をまわし、ワンピースのジッパーを降ろしていった。若妻のなまめかしい肌が、みるみるとあらわになっていく。「それで、あのう……たかこさんは、どんなことをしたいと──」 訊ねる僕は生唾を飲んでいた。セックスフレンドの人妻の背中には染みひとつなかった。美人妻の肩から肩胛骨にかけてはうっすらと肉がつき、丸みを帯びている。セフレの奥さまの熟した肌は渋皮がむけて滑らかそのものだった。「たいしたことじゃないのよ。ただ、今までしたことのないことを、一度でいいから試してみたいだけ」 いまや若妻の窪んだ腰から尻の盛り上がりまでが現れていた。「貴子さん……」 俺が言うと同時に、ワンピースはするりと下に落ちた。「ゆうきくん」 振り向いた和久田麻由子激似の人妻は一糸まとわぬ姿になっていた。清楚な若妻の胸には重たげな巨乳のオッパイがたゆんと揺れ、色づいた乳頭がピンと立っている。「ああ……タカコちゃん、すごくエロい」 感嘆する俺のおち○ちんはふたたびそそり立っていた。 アラサーの専業主婦は潤んだ瞳をして、しゃなりしゃなりと近づいてくる。巨乳の胸のすぐ下からなだらかな線を描いて張り出した腰が、セフレの奥さまの熟した女の色香を放っていた。「あああ……」 誘い込まれるように僕は腰を浮かしかけるが、伸ばした細身の若妻の手がそっと座席に押し戻す。「いいの、そのままでいて」 和久田麻由子似の若妻は言うと、片方ずつ膝を座面に乗せた。パイパンの奥様は両手を俺の肩におき、向かい合わせでまたがる恰好になった。 すると、ちょうど俺の眼前にsexフレンドの主婦の巨乳のオッパイがくる。奥さんの体臭が混じった柔らかな芳香が鼻をうち、僕は矢も楯もたまらず谷間に顔を埋めた。「貴子さん!」「アン。んもう、ゆうきくんったら」 美人妻はたしなめるように言うが、言葉とは裏腹に両腕で俺の頭を抱きとり、自分の胸に押しつけていた。「ムハーッ、むぐぅ……スウゥゥゥ」 俺もまた奥様の腰に腕を巻きつけ、無我夢中で香りを吸いこんだ。押しつけられているせいで息苦しいほどだが、心地よい苦しさだった。 しばらくそうしていると、sexフレンドの若妻の手が硬直をまさぐってきた。「あー、ちゃんと元気なまま。やっぱり若いっていいわね」 巨乳の専業主婦はそんなことを言いながら、竿をひと擦り、ふた擦りする。「ぶふぉうっ」巨乳の若妻の巨乳のオッパイに目隠しされた俺はむせぶ。セフレの人妻の息づかいが荒くなっていく。「このまま挿れるよ。んねえ、このままオチンチン挿れちゃうよ」「ぷふぁい……」「ああん、こんなふうに座って、向かい合って、チンコ挿れちゃうの」 清楚な奥様は自らの言葉に興奮しているようだった。そうしてゆっくりと腰を落とし始め、やがてチンチンの先がセフレの奥さまの蕩けたオ○ンコに触れた。「うはあっ、タカコちゃんっ」 すでに僕はセックスレスの奥さんの巨乳のオッパイの海から上がっていた。谷間が遠ざかっていくたび、今度は下半身が濃密な液体に浸されていく。「あふうっ、入って……あっ、なんかすごい。なにこれぇっ」
 
 清楚な奥様はまるで不可解であるかのように快感を訴えた。そしてついに尻はぺたんと押しつけられた。セックスレスの美人妻のまんこはお○んちんをがっちりと咥えこんでいた。「おほうっ。ずっぽり入ってます」「うん、うん。先っぽが当たってるよ」「あああ……多香子ちゃん、エロい顔してる」「ああん、ゆうきくんだってぇ」 双方の口が開き、舌が伸びて絡みあった。ねっとりと顎の裏を、歯の表面を、互いの舌をねぶりまわす。ぴちゃぴちゃと粘着質な音がひびいた。「んふっ、んっ。んはうっ、んちゅ」 キスをしながらも、巨乳の奥さんは腰を動かしていた。小刻みに尻を浮かせ、沈めるたびに、くっちゅくっちゅとこちらも粘った音がした。「んーふ、んーん……ああっ、あんっ、ハアアアーッ!」 だが、やがて舌は解かれ、人妻は嬌声をあげる。目を閉じて、頭をのけ反らし、主婦は抽送の快楽に身を委ねていた。「おーっ、おおうっ。ぐはあっ、ハアッ」 一方、僕も懸命に下から突き上げる。腰だけでセフレの主婦を持ち上げるのは容易ではなかったが、徐々にタイミングを合わせるコツをつかんでいった。「アアッ、ンハアーッ! イイーッ、イイわあああっ!」「ぐおおっ、マンコがっ、くうううっ!」「立って。ねえ、今度は立ってしよう」「え? 立つの? このまま?」「そう。このまま。外しちゃダメ……アアアッ!」 そんなやりとりがあって、ふたりはずるずると座面を移動する。挿入した状態をなんとか保ちながら立ち上がろうというのだ。「アッ。うん、そう……あたしが膝を降ろすから、そしたらゆうきくんも一緒に前に出るの……ああん、上手っ!」「貴子ちゃん……ハアッ。これ、かなり難度高いですけど」 苦労はあったが、やがて俺と巨乳の主婦は立っていた。俺のほうが背が高いから、少し屈むようにしなければならない。苦しいにはちがいないが、立ったままするという状況自体が妙に興奮させた。「動かし……あふぅ、ちょっと外れちゃいそうかも」「ハアッ……したら、タカコちゃんが片足をこっちに上げてもらえば──」「こう? ──アアッ、いいみたい! これ、いいみたいぃぃっ」 最初、脚をそろえたままでは挿入が浅く、すぐに外れそうになったが、パイパンの主婦が片方の足を座面に上げて股を開くようにするとうまくいった。しかし、ずっと上げているのは辛いので、俺が30代の奥さんの太腿を支えるようにした。「どうですか? これで……ううっ。奥まで入ってますよね」「うん、きてる。入ってる……あああっ、いいわぁーっ」 悶えるsexフレンドの若妻の全身は汗が噴き出していた。悦びに顔を歪め、欲望のままに快楽を貪る若妻は美しかった。内腿までこぼれた膣液に濡らし、へこへこと下卑た腰つきで愛欲に耽る若妻はあまりに淫らであった。「おおうっ、貴子さんのまんこすげえっ」 人妻のマンコの肉襞は擦るごとに絡みついてくる。オチ○チンは猛りにうち震え、いまにも爆発しそうだった。 だが、セックスフレンドの専業主婦の願望はさらなる変化を求めた。「ねえ、今度はこっちの脚も抱えてくれない?」 僕にもすぐに意味はわかった。人妻は、いわゆる駅弁ファックをしたいと言っているのだ。体力に自信のない俺は一瞬だけためらうが、(ええいっ、ままよっ) とばかりに覚悟を決めた。「ハアッ、ハアッ。じゃあ、せーので持ち上げますよ」「うん、わかった」 美形の奥さまは両手を僕の首に回し、体重を預ける構えをとった。「いきますよ、せーの──」「きゃっ」
 
 抱え上げる瞬間、和久田麻由子激似の若妻は黄色い声をあげた。俺の両腕には巨乳の人妻の体重がずっしりとのしかかったが、少女のように歓ぶ姿に愛おしささえ感じていた。 美人妻を抱きかかえると、僕は腰を突き上げようとした。「それっ、こうかな? ふんっ、ハアッ」 始めはうまくいかない。だが、だんだんやりかたがわかってきた。「ふんっ、こうか。そうだ! ハッ、ハッ、ハッ」「アンッ、俺くぅんそれ……すっ、ごっ、おっ、おっ、い」 突き上げられた奥さんの喘ぎ声はスタッカートする。和久田麻由子激似の奥様はガクガクと頭を揺らし、丸めた背中で僕にしがみついていた。 姿勢が変わったせいか、抽送すると、セフレの主婦のマンコからはちゅぽんちゅぽんと空気の混ざった音がした。「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」「アッ、アッ、アッ、アッ」 抱えた若妻の尻を支点に腰から下だけ動かすようにして突き上げる。ついでにAVのように歩きまわってみたいが、狭いラブホの中であり、なにより僕の体力がそこまでついていかない。 やがて僕の腕が痺れ始める。「たかこさん、俺もう限界です」「いいよ、降ろして……ううん、そのままゆうきくんが寝転がるの」「は、はい。じゃあ」 和久田麻由子激似の奥さんはやはり一時たりとも離れようとはしない。僕は従うが、奥さんを抱きかかえたまま腰を下ろすのは、ずっと支えているよりもきつかった。「ううっ、っしょ……」 歯を食いしばり、ゆっくりと脚を曲げていく。だが、もう少しというところで重みに耐えかねて、俺は後ろに倒れこんでしまった。「うわあっ」「きゃっ」 セフレの奥さんも悲鳴をあげたが、結合が外れることはなかった。「ゆうきくん、大丈夫?」「……ええ。大丈夫だったみたいです」 仰向けになった僕は微笑んでみせた。尻餅をついたときに少々腰をぶつけたが、大過なかったようだ。気づけば、パイパンの奥さまが俺の上にまたがる形になっていた。「アン。こういうのも、イイ……」 心配していたはずの30代の若妻はすでに腰を動かしていた。俺の腹に手をおき、ボリュームのある尻を後ろへ引くようにして、きゅぽきゅぽと出し入れした。 俺も痛みから快楽へと立ち戻る。「おうふっ、なんかタカコちゃんの締まってきたみたいな……」 心なしか和久田麻由子激似の人妻のマンコがさっきまでより狭くなった気がするのだ。いや、全体的に狭くなったと言うより、美人妻のおめこのところどころが内側に張り出して、ち○ぽを締めつけてくるような感じだった。(セックスの途中で、まんこの形が変わるなんてことがあるのか……) 俺は女体の神秘に驚嘆した。しかし、変化の影響は僕にだけでなく、当人である主婦自身にも及んだようだった。「アアッ、ダメェ……こんなの初めてよ……あふうっ、感じ過ぎちゃうううっ」 清楚な若妻はガクガクと身体を揺らしながら、悶え狂い始めたのだ。「ああんっ、イイッ! どうして? 中で……あたしの中で、ちんぽが暴れてるぅ」「うはあっ、貴子ちゃんダメだよ、そんな激しく……おおおっ」「イイッ! イイッ! イイッ! イイイーッ!」 いまや若妻は快楽に理性が吹き飛んでしまったようだった。俺の訴えなどまるで耳を貸さず、セフレの人妻はひたすら全身を使って摩擦を激しくしていった。「イクッイクッ……イッちゃう、イッちゃうからあああっ!」「あああああセフレの奥さまさあああああん!」 もはや劣情をとどめるものはなく、このまま一気に絶頂へ達するかと思われた。ところが、パイパンの奥さまは理性を失いかけながらも、最後の願いを口にした。「顔に……ゆうきくんの、あたしの顔にぶっかけて!」
 
 これには俺も驚いた。顔にかけろ、だって!? いわゆる顔射というやつか? だが、清純な奥様に本当にそんなことをしていいのだろうか? 迷いに揺れるが、その間にもセフレの若妻はお構いなしに頂点へと向かって突き進む。「アッハアアアーッ! あたし、もうダメ……イッ、イクッ。イッ、あ……」 主婦は不意に声を途切れさせたかと思うと、驚愕の表情を浮かべる。そして、「イクッ」 と、ひと声漏らしたきり、美人の若妻はガクンと横倒しに崩折れてしまった。「おおうっ!」 その勢いでちん○んが引っ張られ、僕は呻く。若妻が倒れてしまったので、結合もすぽんと抜けた。ここからは、突き上げる射精感との時間の争いになる。「っくぅ……」 俺は急いで欲求不満な主婦の傍らに体を寄せる。そして膝立ちになりながら、右手でおちん○んを扱き、ふた擦りほどで白濁が噴き出してくる。解き放たれた液体は、横倒しになったセフレの人妻のほおの辺りに注がれた。 おち○ちんから出る精液を、細身の奥様の顔に直接かけている! 映像で見たことはあっても、実際に自分でやると、その背徳感と征服感は凄かった。「あんっ」 ほおに温かなものを感じたセックスフレンドの人妻が反応する。さらに追加の噴射がなされ、ドロドロのザーメンはほおを伝って、可愛い若妻の半開きになった唇の中へと流れ込んだ。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」「あああ……んぐっ。おいしい」 人妻はうっとりと目を閉じたまま、指でほおのものをすくい、舌の上に乗せて味わうのだった。 顔射が終わったあとも、しばらく僕は動けなかった。凄まじい体験だった。清純な主婦に秘められた淫欲の深さに驚き、さらにこれまで妄想でしかなかったような数々の体位を経験したということ自体にも呆然としていた。 「え。あれ……?」 そう、まだ止まっていないのだ。巨乳の若妻も消えることなく横たわっている。(どうなってるんだよ、いったい) 俺は不安を感じた。このまま永遠に止まらないんじゃないかという気さえしてくる。しかし、まもなく巨乳の若妻がその答えを教えてくれた。「すごく良かった。本当、こんなの初めてよ。ゆうきくん、ありがとう──。でもね、やっぱりあたしは普通の奥さんでいたいんだ……帰るべき場所があるの」「あ、はい。わかる気はします」「だからね、夢の世界はここまでにして、元のあたしに戻りたいのよ」「はあ……。って言うと、どうしたらいいんでしょう?」「ダンナといつもしてるみたいにやってほしいの。悪いんだけど」 俺に否応はない。30代の奥様の言うとおりにしなければ、先に進めないからだ。そこで、巨乳の主婦から「いつもの」夫婦の営みのやり方を聞いた。「夫婦を続けてるとおかしなものでね、だんだんパターンが決まってくるのよ」 そういうものだろうか、とも思ったが、俺は口には出さなかった。考えてみれば、自分のするお○にーも手順が決まっていることに思い当たったからだ。 やがてふたりは、sexフレンドの若妻が普段しているように、床に並んで横たわった。「多香子」 夫役の僕が先に声をかける。子供のいる夫妻は、日頃は「お父さん」、「お母さん」と呼び合っているそうだが、エッチに誘うときだけは名前を呼ぶという。「ん」 セフレの人妻が短く答える。これは承諾の意思も表している。 それから僕が起き上がり、セフレの美人妻に覆い被さってキスをする。「んふぉ……にちゅっ、べろっ」「んっ。ふぁう……ちゅばっ、ぴちゅっ」 お互いキスは好きなため、割と濃厚になるという。主婦と無言で舌を絡ませ、わざと唾液の音をたてて、普段は眠っている欲情を呼び覚ましていく。
 
「んお……ぷふぁっ」 そしてキスをやめると、夫になった俺は奥さまの巨乳のおっぱいにとりかかる。和久田麻由子似の人妻のパジャマをめくり上げ──このときはすでに裸だったが──、両手で揉みしだきながら、片方ずつ乳首を吸っていった。「あん、ハァン」 パイパンの奥様は喘ぐが、声は抑えられている。子供に聞かれないようにするためだ。 そうしている間にも、俺の手はセフレの若妻のおまんこをまさぐり始める。オマンコの割れ目に指を沿わせ、擦りながら徐々に深く埋めていく。「ああっ、んっ」 一方のセフレの人妻も、夫のちん○んを手に取った。奥さんは最初のうちは手のひら全体で揉みしだくようにし、硬直が増してきたら握って扱きはじめるのだ。「ハアッ、んちゅばっ。んおお……ぴちゅっ」 俺は何度も声が出そうになるが、巨乳の奥さんの夫を演じている以上、我慢するしかない。声を殺した呻きとため息、専業主婦のま○こをまさぐり乳首を吸う水音だけが鳴っていた。「きて」 やがてセフレの奥様が準備のできたことを知らせる。「うん」 すると、夫も端的に答え、奥様の上にのしかかる。セフレの若妻の脚の間に割り込み、「いくぞ」ともなんとも言わないで、勃起したち○ぽをオマンコの割れ目に埋めていく。「おおお……」「あああ……」 ふたりの口から風呂にでも入ったようなため息が漏れる。抽送が始まる。「んっ、ハアッ、ハッ、ホッ」「んっ、んっ、あっ、んっ」 リズムはすぐに安定する。僕は腰を振りながら思う。たしかに変化には乏しいが、互いの呼吸を計りながらするエッチは、長年連れ添った夫婦ならではの味わい深さがあるものだ。僕のような独身にとって、すぐに真似たいものでもないが、ゆくゆくはそうありたいと思うような淡い憧憬は感じさせた。「ハアッ、ハアッ、ハアッ。おおお……」「ハァン、んっ……」 不意にパイパンの奥さんは僕の身体を引き寄せる。声が漏れそうになったからだ。そうして夫と密着し、巨乳の奥さんは肩口に顔を埋めて喘ぎ声を抑えるのだった。「んんっ、んふうーっ」「クハアッ、ハアッ。そろそろ、イクぞ」「んー、んーっ」 普段なら挿入する前にゴムを着けるのだが、このさいしかたなく、生のまま続けることにした。そして僕が「もう、もう、出ちゃうよっ」と言いながら若妻のお○んこの中に精子をたくさん中出しした。「うおおおうっ!」「んふうーっ!」 マ○コで受けた奥さまは僕の肩に歯を立てた。下腹部が一度だけビクンと震える。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」「フウッ、フウッ、フウッ」 結合を解くと、それぞれ汚れを始末して、また離れて眠る。一連のルーティンはほとんど言葉を交わすことなく終わったが、不思議な安堵と充足感を俺は覚えていた。「フウゥ。多香子ちゃん、これで良かったですか?」 ひと息ついて僕は訊ねた。
 
出会い系サイトPCマックスでの和久田麻由子似の奥さんとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 
今回欲求不満な若妻とすぐただまんsex出来た出会い系はPCマックスです。
 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即エッチできるかわいらしい女の子と出会ってセックスフレンドにして即ハメセックスできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出合い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.