deaikeitaiken_novel

【出会い系ヤリモク】三十路の巨乳美人妻と不倫中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は何時ものごとく出会系コミュニティで色っぽい女の子をセックスフレンドにして、オフパコエッチにいそしんでいます((^┰^))
 
さて、今回は即会いできるサクラのいない出会い系アプリのハッピーメールで出会った綾瀬はるか似の三十路の巨乳美人妻と山口県宇部市で会ってセフレにしてすぐ不倫中出しセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮れましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのハッピーメールで出会った女は若妻で、名前は真由美ちゃんといい、顔は綾瀬はるか似のどえらい美人でした((^┰^))
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での新婚の専業主婦のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでのセフレの奥さまの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
清純な若妻とは、出会い系コミュニティのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、宇部駅近辺の高級海鮮居酒屋に飲みに行った後そのままラブホテルに行ってはめ撮りエッチをしました。
 
僕とセフレの奥さんが山口県宇部市の宇部駅近辺のラブホの部屋に入った。巨乳の人妻がじっと見つめてくる。 奥さまの姿が、僕の性欲を刺激する。「じゃあ、今日は思いっきり弾けるつもりなんだ?」 俺のこの言葉に、セフレの人妻は小さく頷いた。「キスしようか?」 僕から誘った。「うん。じゃあ、エッチなキッス」 主婦が眼を瞑って、おでこを出してくれた。これは額にキスをしろ、ということだろう。僕は若妻の額に「チュッ」とキスをした。「青春って感じだね」 清楚な主婦は照れ笑いしながら言った。「でも、マユミさんは、大人のキスも知っていたんだ。マユミちゃんがしていた大人のキスを思い出して、僕にしてよ」「独身の時にしていた大人のキスって、全然覚えていないけど……」 上着のブレザーを脱いだsexフレンドの人妻はソファーの上に膝立ちになると、俺に覆いかぶさるように唇に唇を近づけてきた。密着する。 俺は当然のように舌を送り出す。それに応えるように三十路の主婦も舌を出し、すぐにディープキスになった。 俺は、キスをしながら、セフレの主婦の胸に手をあてがった。硬いカップはしっかり巨乳のオッパイをホールドしており、その谷間の深さは、その大きさを想像させる。僕は既に三十路の奥さまのブラウスのボタンに手を掛けている。 一方で、キスも熱心に続いている。お互いの舌が絡み合い、俺が引けば若妻が攻め込み、セフレの奥さんが脱力すれば俺の舌が、口の中を弄る。その密着したせめぎあいが、お互いの興奮を増幅し、周囲の温度を上げていく。 ブラウスのボタンを三つ外したところで、息苦しくなったのか、清純な奥様が口を外した。「ゆうきくんって、キスが上手だね」「そういう真弓さんだって、さすがに経験豊富っていう感じがする」「でも、あたしはそんなに経験ないよ。それよりゆうきくんの方が凄いよ。もう三つもボタンを外している」「まあ、俺もそれなりに経験してきたからね。童貞だった純情な時とは違っているよ」
 
 僕はそう言いながら、自分の着ていたTシャツを脱ぎ捨てた。そして、今度は自分からsexフレンドの若妻の唇を求めていく。 またディープキスになり、俺のボタン外しも再開する。全てのボタンを外すと胸をはだけた。ブラウスに合わせたセックスレスの奥さまのピンク色のフルカップブラが露わになる。俺は主婦の耳元で囁いた。「このままブラのホックを外して貰ってもいいかな……」「えっ、何か、凄いエッチなことを考えているでしょ」「真由美ちゃんとエッチしてみたいんだよ」「発想がほとんど狒々オヤジだよ」 そう言いながらも、人妻はブラジャーのホックを外してくれた。「先にショーツも脱いでほしいな」「本気で服着せたままエッチするつもりなのね。なんか、あたしとしては凄く恥ずかしいんだけど」「でも、今日は俺とエッチするつもりで、その格好で来たんでしょ。だったら、服着たままのエッチは当然考えていたでしょ」「なんか強引に言いくるめられている気がするわ」 そう言いながらも、三十路の奥さまはショーツを脱ぎ下ろしてくれた。「ありがとう。それじゃあ、セックスのことしか頭になかった時を思い出して、まゆみちゃんにがっつかせてもらうね……。ソファーに両膝を立てて貰ってもいいかな」「えっ、こんな感じかな……。あっ、やだ!」 スカートがたくし上げられ、30代の若妻の股間が丸見えになる。慌てて、セックスレスの若妻は足を伸ばして股間を隠した。「真由美ちゃん。隠さなくてもいいと思うけど……。まあ、隠しても今日中に若妻の全てを知るつもりなんだから、あとの楽しみかな……」 そう言いながら、僕は奥さんの身体にのしかかっていく。 情熱的なキスを再開しながら、右手は、清楚な美人妻のブラジャーの下に潜っていく。セックスフレンドの美人妻の巨乳のおっぱいの柔らかい肉球が手に吸い付くようだ。「お餅みたいなおっぱいだ」「ウフフフ、柔らかいでしょう」「見てもいいかな」 そう言いながら、綾瀬はるか似の主婦のブラジャーをずり上げていく。欲求不満な若妻のGカップの巨乳のおっぱいが露わになる。 手で触れても、その中に収まらないくらいの巨乳の胸だと思ったが、こうやって、30代の若妻の巨乳のバストが目の前に露わになると、その大きさがより実感できる。その上、美人妻の乳暈が高く盛り上がったパフィーニップルだった。「わおーっ」 俺は思わずしゃぶりついてしまう。人妻の乳暈を吸い上げるようにすると、すぐに美人妻が声を出す。「ああん、ダメッ、そんなに急に吸っちゃあ」「だって無理だよ。こんな美味しそうなおっぱいなんだもの」 三十路の奥さまの言葉に構わず、ちゅうちゅうと吸い上げる。さらに舌で若妻の乳首をレロレロと刺激すると、乳首がチ○コしてくるのが分かる。そうなると、僕はさらに興奮して、舌を激しく動かしてしまうのだ。「ああん、乱暴に扱われている。ああっ、ダメッ、おっぱい感じやすいの……。ああ、そ、そんなにされたらあ、ああ、凄い、ああっ、あん、あん、あん……」 僕は奥さんの乳首をべとべとにして、ようやく顔を上げた。「真由美さんがこんなエッチなパフィーニップルの持ち主だったなんて、全然知らなかったよ」「バカあ……。はっきり言わないでよ。自分がスケベですって言っているみたいで、恥ずかしいんだから」 セフレの若妻は、ほおをうっすらと赤らめてはにかむ。若妻はほんとうに恥ずかしそうに顔を背けた。「恥ずかしくなんてないよ。俺はね、こういうおっぱいが大好きなんだ。憧れの若妻がこんなおっぱいを持っていることを知って、今は天にも昇る気持ちだよ」「えっ、ゆうきくんはこんなおっぱいがいいの? もう垂れはじめてるよ」「最高だよ。真弓さんみたいな上品な奥様が、こんなエロいおっぱいの持ち主だって、そのギャップも嬉しいし……」「それって、あたしがものすごくエッチに見えるってこと?」「うん、そう。というか、そうであって欲しいんだ。僕の彼女なら、外見は上品だけれども、ドロドロした性欲があって、俺の前ではそれを爆発させてくれるような女がいいんだ。真由美ちゃんもきっとそんな女になってくれるって信じている」
 
「もう、ゆうきくんったら、そんな露骨なことを言う奴だとは知らなかった」 綾瀬はるか似の主婦は眼のふちまですっかり赤く染めている。「口に出したことはなかったけど、ずっとそう思っていたよ。でも真弓ちゃんを見ていたら、言いたくなったんだ」 僕は若妻の巨乳のおっぱいに手を置いたまま一気に言った。それから、手に力を入れていく。人妻の柔らかな巨乳のオッパイが変形する。「で、マユミさんどうなの。なってくれるよね。マユミちゃんはどうしたいのか、正直に言ってよ……」「あたし……、旦那とエッチしなくなってから、性欲なんかなくなったと思っていた。でもゆうきくんの顔を見たら、あたしにも性欲があったんだって思い出したの。だから、ゆうきくんとだったら、どんなこともできそうな気がするわ……。ああっ、恥ずかしい」 清楚な若妻は両手で自分の顔を覆った。「僕の前ではエロいことは、恥ずかしいことじゃなくて、偉いことなんだ。エロいは偉いだよ」「エロいは偉い?」「そう、俺の女になる以上は、エロいは偉いと信じて、もっとエッチになって欲しいんだ」「なるわ。あたしはエッチなおっぱいの持ち主なんだから、僕がやりたいことを聞いて、もっとエッチになる」「そうだね。だったらこのエッチなおっぱいを、俺にもっと好きに弄らせて」「うふふ。いくらでも揉み揉みしていいし、おしゃぶりしてもいいわ。その代わり、あたしを気持ちよくさせてね」 奥様はニコッと微笑んだ。新婚の若妻の巨乳のおっぱいに置いておいた手に再度力を込めると、いくらでも変形する感じだ。人妻のパフィーニップルの上の突起は、いつの間にかすっかり硬くなっており、そこを弾くと、巨乳の胸全体がさわさわと揺れる。「ああん、ゆうきくん……」「真弓ちゃん、本当に柔らかい。最高の揉み心地だよ」 僕は掌いっぱいに広がる人妻の巨乳のオッパイの圧倒的な量感に感動する。指がずぶずぶと沈み込んでいくのだが、しっかり反発があって、奥さまの巨乳のおっぱいは揉めば揉むほどに止めたくなくなる極上の揉み心地だ。「ほんとうにそうなの?」「最高だよ。揉んでいるだけで、天国の心地がする」「そんなこと言ってくれた人、ゆうきくんが初めてよ。ああっ、大好き……」 俺は、甘い吐息を零しながら、悦んでくれるセフレの奥様に感動しながら、再度乳首を口に含む。若妻のペニスした乳首に甘がみをしながら、吸い上げ、舌も使って舐る。「ああっ、それ、本当にダメっ、気持ちよすぎて、おっぱいだけでイッちゃいそう」 キュートな奥様の言葉を聞きながら、俺は、ショーツを脱いだスカートの下に手を伸ばしていく。「ああっ、それ、ダメッ」 そう言って、セフレの若妻が足を閉じたときはもう遅かった。男の指先は、ざらざらした繊毛を探り出し、その下に息づく美人妻のマンコに達していた。「ああっ、ヌルヌルだっ」 奇麗な専業主婦のおまんこのふっくらした肉弁はびっしょりと濡れそぼり、さらに失禁したかのように垂れて、ソファーの表面に染みを作っていた。「だって、おっぱいがあまりにも気持ちがよくて……ああっ」「それにしても凄くぬれているよ。おっぱいだけでこんなに……?」「ああっ、分かんない。なんか、僕にされていると、こんなになっちゃうんだよ」出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの専業主婦が悶える姿は新鮮だ。 出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの若妻とエッチしているということが興奮を際立たせているのだろう。「真由美さんはどっち触られるのが好き? おっぱいと今俺が触っているとこ」「ああ、言うの……?」「言って欲しいなあ……」 若妻は何と答えようかと口籠った。しかし、僕が股間に滑らせた指を何度も撫でるようにすると、清楚な人妻は声を震わせながら言った。「ああぅ、どっちも好きよ……」「敢えてどっちかを選んで欲しいって言われたら、どっちがいいの……?」 sexフレンドの奥様はまた口籠る。しかし、答えなければいけないと思ったのか、セックスフレンドの若妻は小声で「おっぱい」と言った。
 
「ふーん、おっぱいなんだ。こんなに大きくて、感じやすそうだものね……。でも、こっちも好きなんだよね」 俺は人差し指で美人妻の溢れる源泉をかき混ぜながら、親指で一番敏感なところを刺激する。「ああっ、ダメッ!」「ダメか、いいか、なんて訊いていないよ。こうやって弄られるのが、好きか、嫌いかって訊いているんだ」「だ、だから好きですぅ……」「本当はおっぱいよりもこっちを弄られる方が好きでしょう」 綾瀬はるか似の奥さまの顔を見つめながら、指をさらに激しく動かす。「ああっ、好きよ。こっちを愛撫されるのも好き」「こっちの名前、何ていうか、教えてよ」「ああっ、そんなことぉ……、ゆうきくん、知っているでしょう?」「俺はね、高校時代、童貞だったからね。そんなこと、知らないよ。エッチなマユミちゃんなら知っていたんでしょ」 一度動かすのを止めた。「ああっ、やめないでェ……。こんなに気持ちがいいのに……」「まゆみさんが教えてくれたら、すぐに再開するよ」「ああっ、ゆうきくんのバカぁ、変態……、ああっ、言えばいいんでしょ、言えばぁ……マンコよ。マンコ。だから、おめこをもっと気持ちよくしてぇ……」「うふふ、遂に言ってくれたね。お姫様、仰せの通りにいたします……」 僕は若妻の顔を見つめながら、トロトロのオマ○コの穴に今度は二本指を入れ、親指でクリトリスを転がしながら、激しく上下させる。「ああっ、ダメッ、そ、そんなあ、き、き、気持ちがよすぎるぅ……」 主婦の腰ががくがくいう。スリムな奥様のオマ○コの蠢く無数の襞が、侵入者の指に嬉しげに食らいついて、奥に引きずり込んでいく感触だ。それに逆らうように指を捏ね回す。「ああっ、ダメッ、イク、イク、イク、イッちゃうぅぅぅぅ……」 奥さまが大きく叫び声をあげて、身体を硬直させた。 細身の専業主婦が落ち着くまでに僕はズボンを脱ぎ捨てた。「真由美さんが、こんなしどけない姿で乱れてくれると、俺の興奮も止まらないよ」 こんもりと膨らんだボクサーブリーフをセフレの若妻の目の前に突きつけた。細身の美人妻はおずおずと手を伸ばす。ブリーフの上から、その形を確認するように手を動かした。「凄い、硬くて熱いわ……」「凄く窮屈なんだ。真由美ちゃんが脱がせて、楽にしてよ」 立ち上がった俺の前に巨乳の奥さまが正座する。「ああっ、男の人のパンツ、下ろすの初めて……」 人妻は両手をゴムにかける。「旦那や彼のパンツを脱がせたことないの?」「うん、いつもみんな、自分で脱いでいた……」セフレの主婦はそう言いながら、下げていく。「あっ! ……す、凄いっ」 ブリーフが身体から離れた瞬間、俺のチン○ンがセックスレスの人妻の前に振り下ろされる。ち○こはあたかも剣道の竹刀が面を打つような鋭さだった。「いいんだよ、しっかり見て、好きにして……」 一瞬顔を背けた若妻だったが、その言葉に背中を押されるように、両手で持ち上げるようにする。「か、硬くて、大きい……」 スレンダーな人妻は吐息交じりに言う。「だって、真弓ちゃんがあんなに乱れてくれたんだもの。興奮するのは当然だよ。俺のこのいきり立ったものを慰めてくれるよね」「ああっ、どうしたらいいの?」「じゃあ、ブラジャーとブラウスは脱いで、上はリボンだけ残すんだ。下半身はスカートとルーズソックスだけにしよう。その格好で、僕のチン○ンを可愛がって」 言われたように、裸にリボンとチェックのスカートだけを身に着けたアラサーの美人妻は、手筒を作りながら、ゆっくり扱きだす。「まゆみちゃんのペニスって、こんなに硬くて、ゴツゴツしているんだ」
 
「そんなに凄いかな」「うん。ほんとうにキノコみたいなお○んちんなんだもの。こんなの見るの初めて……。これがあたしの中に入るかと思うと……」「楽しみかい?」「う、うん。まあね」 巨乳の奥様は眼を潤ませながら、手指をゆっくり動かす。オチン○ンの先端から透明のカウパー液が漏れ始める……。「ああっ、何か出てきた」「真由美さんが上手に扱いてくれるから、気持ちいいって、ち○こが言って出してくれているんだ。でも僕のおちん○ん、手だけじゃ詰まらないって言っているよ」「うん、あたしも手だけじゃ詰まらない。舐めたくなっちゃった。おしゃぶりしてもいい?」「もちろんだよ。是非、真弓ちゃんのフェラの技術を見せて欲しいな……」「そんなに上手じゃないかもしれないけど……」 三十路の奥さんは亀頭の先端に舌を伸ばし、透明の液を舐めとった。「あっ、真弓さんっ……」「あれ、あたし、変なことした?」 セフレの主婦が口を外して尋ねてきた。「ううん、違うよ。憧れの真由美ちゃんに、おチ○チン咥えられて、感動しているんだ。真弓ちゃん、俺の顔とお○んちんを半分ずつ見ながら、おしゃぶりしてくれるかな」「あたしも、憧れのゆうきくんのペニスをフェラチオできると思うと、感動している。頑張るから気持ちよくなってね」 再度、唇でカリを挟み込んだ奥さんは、俺に微笑みかけてから、おしゃぶりを開始した。確かに、若妻は舌の動かし方にぎこちなさはあるものの、その動きは愛情溢れるものだった。 セフレの奥さまの柔らかな唇が幹を締め付けつつ、首を振って上下に擦られる。「あっ、あああっ……、いいよぉっ」 人妻の美唇は、予想以上の気持ちよさだった。セックスレスの人妻はフェラチオの経験はあまり多くないようなことを言っていたが、二人の相性がいいのか、裏筋に添えられた舌の感触が抜群だ。ちょっとざらついた舌の表面が小刻みに揺れ、フ○ラの快感が増幅される。(凄いよ。気持ちよすぎる……) 奥様は僕の顔を見上げながら、「んっ、んふっ……」と鼻から甘い息を漏らしつつ、熱心におち○ちんをおしゃぶりする。リボンひとつにチェックのスカートでご奉仕するかわいらしい奥さんは、口許が歪んだ時に、昔の面影がよりはっきり見えることがあり、その表情に却って劣情をかき立てられる。(こんな美人だけど、十分にいやらしい。ああっ、こんな女だったんだ……) スレンダーな奥さまの顔の動きが少しずつダイナミックになっていく。その上下運動に伴い、細身の若妻のパフィーニップルが揺れ、倒錯的な淫靡さにあふれている。(まゆみさんて、独身の時から、こんなにいやらしかったのかな……) あの頃、専業主婦の姿を想像して、自己発電に没頭していた。今のセフレの人妻のこの姿をあの童貞時代の自分に見せたら、どんな反応が返ってくるだろう。 そんなことを想像しながら、巨乳の若妻のフェラをたっぷり楽しむ。「ゆうきくんのチンチン、口の中でまた膨れている。おしゃぶりがこんなに楽しいって思ったの、初めてだよ。いつまででもおしゃぶりを続けていたい……」「俺もマユミちゃんのおしゃぶりがこんなに気持ちがいいとは思わなかったよ。こんなに気持ちいいんだったら、もっと長くフェラされていたい」「ああっ、嬉しい」 若妻は「ジュルリ」と唾を飲み込むと、おちんちんを根元まで呑み込んだ。 清純な奥様は再び、一心不乱にフェラに集中している。セフレの主婦はふっくらした美唇でち○ちんを締め付けつつ、素早く頭を振り立てる。「んむ……、んっ……、ムフン、んんんんっ……」 巨乳の人妻の口内に溜められたたっぷりした唾が、チンコ表面にまんべんなく塗される。ジュルジュルと響く卑猥な音が、美人妻の淫蕩な表情と、実際しゃぶられている快感の三位一体になって、中年男の劣情をさらに刺激する。 慎ましやかな上流婦人の姿をかなぐり捨てたフェラの激しさが、人妻の悦びを強く感じさせる。「ああっ、凄いぞ、まゆみちゃん、チ○チンが蕩けそうな気持ちよさだ……」「蕩けちゃだめよぉ、あとであたしの中に入ってもらうんだから、もっと硬くして欲しい。そうなるようにフェラしているんだからぁ……」 sexフレンドの主婦の口端から溢れる涎が光る筋になって顎まで伝わり、雫になって胸の谷間に落ちる。 奥さまは俺の股間の震えを感じながら、さらに快感を送り込む。奥さまは頭を振りながら舌を回転させ、さらに顔を左右に倒し、あらゆる方向から、オチン○ンに刺激を与えていく。
 
「ああっ、最高だよ、マユミさん。こんなにフェラチオが上手いなんて! 誰に仕込まれたんだ?」 僕は、若妻の見事なフ○ラに、このように仕込んだ男に対する嫉妬心を覚えてしまう。「ああっ、誰にも仕込まれていません。なんか、ゆうきくんのちんぽをおしゃぶりしていると、どんどん美味しくなって、そのうえ、美味しいところを舐めなめしていると、ますます、ゆうきくんが悦んでくれているの……」 確かにそうかもしれなかった。今日最初に奥さんが口におち○ちんを入れたときは何となくぎこちない感じがしたものだ。ところが、俺の受ける快感と新婚の主婦の与える快感とが寸分たがわず一致していたのだろう。どんどん気持ちよさが加速されている。「ああっ、真由美ちゃんっ、そんなにされたら、ヤバいよ」「ウフフフ、そろそろ出したくなってきた? お口に出すんだったら、受け止めてあげるわよ」 ちん○んから口を離した美人妻は、上目遣いで受け口になり、婀娜っぽく笑った。もちろん、その間も専業主婦の手指での刺激は止まらない。「で、でもそれはまずいでしょ……」「何が、何がまずいの! だって、ゆうきくんはフェラがこんなに楽しいものだって教えてくれたんだよ。あたしとしては、ゆうきくんの出すザーメンをお口で味わって、フェラの最高の悦びを感じてみたいの……」 セフレの若妻がほんとうに自分のことを思っていることを知って、俺は胸がいっぱいになる。俺の思いが、口をついて出た。「ああっ、俺は、真由美ちゃんをずっと俺一人のものにしたかった。これからは、僕一人のセックスフレンドになって欲しい」 セフレの専業主婦は実質家庭内別居状態とはいえ、人妻である。かつ、セフレの主婦が今の夫と離婚する気がないことも知っている。しかし、俺は告白せざるを得なかった。 それに対して、若妻は顔を赤らめながら答えた。「あたしの気持ちはもう、ゆうきくんにしかないの。もう、これからはゆうきくん専用の女でいたいの。あたしのお口も、おっぱいも、おまんこも全部ゆうきくんのもの。いつだって、好きに使っていいわ。あたしはゆうきくんが求めてくれるなら、いつだってOKよ」「僕専用の女……、だ、旦那さんは……?」 僕は野暮と思いながらも、奥様におずおずと訊いた。「あいつは、あたしなんかにもう興味ないし、また、仮に要求されたって、婉曲に断るから……、だからあたしは、ゆうきくん専用の女なの……」 セックスレスの奥さまが自分だけの女になってくれると言っているのだ。俺は天にも昇る気持ちになる。 すでに最高の反りになっていたと思ったオチ○チンが、へそにつかんばかりに角度をあげる。「じゃあ、真弓さんのお口で搾り取ってくれるんだね」「はい、まゆみがお口で搾り取りますから、好きなだけ、あたしのお口に注ぎ込んでください」 オチ○チンぶりに目を細めた奥様は、さらなる奉仕をすべく、またすっぽりとちんちんを咥えた。セフレの人妻は右手と口の両方を駆使して、激しくしゃぶり、刺激を加える。「むふっ、ジュルジュル、んむっ、ジュルッ、レロレロレロ……」 主婦の舌遣いの音が、僕の興奮をさらに際立たせる。 もう、主婦に羞恥心のかけらも見えなかった。鋼のごとき硬さと堂々たる太さがセックスレスの人妻から慎みを奪い、肉欲だけの存在に変えていく。 ペ〇スの先端は喉奥を突き、えずきそうになるのを、アラサーの若妻は涙をこぼしながらも必死になって堪え、その刺激は、さらに女体を燃え上がらせている。 いつの間にか、セフレの奥様は左手をスカートの中に入れていた。無意識のうちに一番敏感な豆を弄りながら、フェ○チオを続けている。「あれっ、オナニーしている?」 指摘されて、新婚の主婦は自分がどれだけ恥ずかしいことをしていたか気づいたようだ。「ああ、ご、ごめんなさい。おしゃぶりしていたら、凄く気持ちよくなっちゃって、クリも撫でたくなったんだと思うの……」「シックスナインでお互いに感じあおうか?」「ううん。いい。今はあたしに好きにご奉仕させて」 若妻は今度は堂々と、オ○ニーをしながらのフェ○チオとなる。「ああっ、フ○ラチオしながら、クリを弄るってこんなに気持ちがいいなんて……」 清楚な奥さまは亀頭への啄みを続けながらつぶやく。「でも、僕へのご奉仕も忘れないでくれよ。タマタマへはキッスしてくれないのかな?」 その言葉を聞いたとたん、綾瀬はるか似の若妻は口からおち○ちんを吐き出し、大きく持ち上げると、きゅっとつり上がっている陰嚢に舌を這わせた。主婦はしこしことち○ちんの根元を扱きつつ、ピンク色の舌を自在に操って、左右の睾丸をぺろぺろと愛おしげに舐めまわす。
 
「ああっ、ゆうきくんのタマタマ、ずっしりと重くて、男の匂いがして……興奮するぅっ」 スカートの中の奥さまの指使いもさらに激しくなっているようだ。「ああっ、気持ちいいよっ、マユミさん!」「本当に気持ちよさそうな顔をしているね、ゆうきくん。あたしも気持ちいいっ!」 僕は下半身が蕩けそうな気持ちよさは持続していたが、そろそろ限界だった。「ほんとうにお口に出させてくれるんだな」「うん。任せて。あたしのお口だったら、いつでも遠慮しなくて大丈夫よ。思いっきり出してね」 微笑んだ人妻は、フィニッシュに導くようにおしゃぶりを再開させた。じゅるじゅると破廉恥な摩擦音が鳴り響き、清純な奥様の自分の肉豆を擦る指にも力を込める。「ムフッ、ムフッ、ジュル、ジュル、ンフ、ンフッ、ンンンンンッ……」「おおっ。真弓さん……」 僕は、奥さんの頭を両手で押さえ、眉根を寄せた。腰にグイと力が籠る。 射精へ導こうと、若妻はペニスを扱きつつ、一心不乱に頭を振り、口唇と舌で締め付けを繰り返す。主婦の自らの手指刺激も己自身を官能の極みに追い込んでいく。 僕の射精感がマックスに達した。「まゆみさん、出すぞ……、ああっ、出るぅ……」 sexフレンドの主婦が再度口唇を密着させ、僕が前屈みになった瞬間、大きくお○んちんが波打った。「ムフッ、んんんんっ」 脈動に合わせて、二度、三度と30代の人妻の口の中に精子が口内発射される。主婦は亀頭を吸い上げながら、それを喉の奥で受け止める。人妻のスカートの中の手もクライマックスだった。奥様の女の本能が活きのよい精子に反応して活性化する。全身の細胞が湧きたち、子宮の疼きが最高潮を迎え、自分自身も法悦の彼方に舞い上がっていた。 二人は絶頂のあと、そのまま固まっていた。ただ、最後の名残のように、ち○ぽがぴくぴくと震え、残ったザーメンを巨乳の若妻が吸い出していただけだ。 やがて、ようやく二人の動きが止まった。「す、凄いわっ、スペルマってこんなにドロドロしているものだったの? 喉に貼りつきそう……。ああっ、ゆうきくんの匂いが口の中で広がるぅ……」 綾瀬はるか激似の人妻は口を開けると、中に出されたザーメンを舌にのせて見せてくれた。「おい、大丈夫か。はい、ティッシュ」 俺は大量の精子を受け止めたキュートな若妻を見ると、おろおろしながら、吐き出すためのティッシュを差し出したが、若妻は静かに首を横に振ると、ごくんと呑み込んだ。「うふふ。ごちそうさま。ゆうきくんの精液、本当に美味しかったわ。こんな美味しいもの、吐き出すなんてありえないわ」 ザーメンを全部嚥下した若妻がぺろりと唇を舐めて微笑んだ。 必死で立ち続けていた僕は、遂に腰砕けのようになって、ソファーに崩れ落ちた。「真弓さんのフェラ、最高だったよ。オチン○ンが吸い込まれると思ったよ。ところで、どうだった、口中発射は?」「あたし、お口の中に出されたの、初めてだったけど、本当に大変だよね。でも、ゆうきくんの精子だったら、いつでも呑める。いつでも呑みたいと思ったよ。また今度フェラをした時も呑ませて頂戴ね」 淫蕩な表情で微笑んだセフレの主婦は、最高の美しさだった。 二人はシャワーを浴び、部屋に戻った。「今日はずっと、さっきの恰好でいてもらえるかな。ルーズソックスは履かなくてもいいから……」「さっきの恰好というと、上半身はリボンをつけて、下半身はスカートだけでノーパンということ?」「うん、いいだろう?」 俺はねだるように頼んだ。「ウフフフ、分かったわ。でもその代わり、ゆうきくんも今日、あたしが帰り支度するまで、シャツは着ても、ズボンもパンツも穿いちゃダメだからね」 巨乳の人妻がすぐさま答えた。
 
「真弓さんって本当はエッチだったんだね」「ゆうきくんといるときだけだよ……。きみの前では、あたし、弾けたくなっちゃうの」 二人は思いっきり抱き合った。 もう昼食時だった。専業主婦はエッチな制服姿にエプロンだけ着けて、俺のために昼食を作ってくれる。僕も下半身丸出しのまま手伝う。 まな板を使う奇麗な主婦のスカートをめくり、尻肉に手を伸ばす。「これ、包丁使っているんだから、ちょっと待ってよ」「あはは、そう言わずに、お尻振って見せてよ」「いやあねえ。ほんとうに中年男はスケベなんだから……」 そう言いながらも、巨乳の専業主婦はリクエストに応えてくれる。 食事を作る際も、食事中も二人はイチャイチャし続けていた。出来上がった炒飯をお互いの口に入れる食べさせっこもした。 その間、僕のチ○ポは常に直立していたし、清純な奥さんのマ○コも常時潤みっぱなしだ。しかし、それ以上は、食事の後のことと決めていた。 食事の後片付けが終わると、セフレの主婦が顔を赤らめながら尋ねた。「そろそろ完全復活した?」「さっきから、完全復活しているよ」 僕は間髪入れず答える。「じゃあ……」「うん」 二人はお互いを見つめあうとベッドに移動する。僕はシャツを脱ぎ捨て、全裸になった。「あたしも全部脱ごうか?」「ううん、いいよ。そのままで抱かれて。やっぱり制服の一部が残っている方が、昔のセックスフレンドの奥さまのことを思い出せそうだから……」 二人はベッドに腰を下ろすとまたキスをした。もう、最初からディープキスだ。 しばらくお互いの口の中をお互いの舌で弄りあった。鼻息がお互いのほおに当たり、二人の興奮がどんどん高めあっていることが分かる。「マユミさんの全てを見せて……」「うん。全部中までよく見て」 僕はさっきからセフレの若妻のヌードは堪能していたし、陰唇を指で愛撫もしていたが、おまんこの中心は敢えて見ていなかった。これから奥さんのオマ○コをたっぷり視姦し、指と口でたっぷり愛撫してから結合するつもりだ。 清楚な専業主婦はベッドに仰向けになり、足をM字に開いた。制服のスカートがずり上がり、マンコの中心が丸見えになる。アラサーの若妻は陰唇をしっかり広げ、身じろぎしない。スレンダーな奥さまのむっちりとした白い太股の奥に、すっかり潤ったおまんこが僕の目の前に広がった。「高校生の時に見て欲しかった……」 僕は声もなく凝視する。「もう、子供も産んじゃったし、若い人みたいにきれいじゃないでしょ?」 奥様は無言の俺に不安を感じたのか、早口で言った。「いや……っ、とってもきれいだよ」 僕は明かされた若妻のマンコをじっと見つめ、感心したように答えた。 セフレの若妻のおまんこは、全体がびっしょりと透明な粘液に覆われ、妖しく息づいていた。 綾瀬はるか激似の奥さんの柔らかな黒い叢はそんなに広くはなく、二枚の花弁はさっきの手触りと同様に肉厚で、深みのあるローズピンクが女盛りを示している。「ああっ、遂にゆうきくんに見られている……。ほんとうに綺麗?」「もちろんだよ。こんなに素敵なオマンコ、見たことないよ」「ああっ、年増を悦ばす殺し文句、言っている!」「いや、そんなつもりはないよ。ほんとうに心底そう思っている。清楚な奥さんのここをみられて、最高の気分だよ」 巨乳の専業主婦は俺のギラギラした視線を感じるのか、腰のあたりをゆらゆら揺らす。羞恥心がセフレの若妻の女体全体を赤く染めているが、それ以上に、俺の眼にしっかり焼き付けて欲しいという気持ちが勝っているのだろう。
 
「真由美ちゃんの指で陰唇を開いて、中の粘膜を見せてくれるかな……」「ああっ、どうしてそういう恥ずかしいことをお願いするのかな……?」「恥ずかしくなんかないさ。マユミさんの一番大切なところだから、しっかり見たいんだ」「あああっ……」 可愛らしい若妻はおずおずと右手をおまんこまで持っていく。綾瀬はるか激似の奥さんは二本の指で陰唇を割り開き、ぬらぬらと滑光るピンクのまんこを見せつける。「どうぞ、ご覧になって……」「うん、奥まで綺麗だよ。舐めてもいいかい」「ああん、たっぷり舐めて……」 僕は、セックスフレンドの美人妻の股間に頭を入れ、大きく息を吸い込んだ。「ああっ、匂いも最高だよ。淫乱女の匂いがする」「ああん、そんなことない。あたし淫乱なんかじゃないもの」「でも発情はしているよね」「ああっ、だって、ゆうきくんにエッチなことをされていると思うと、気持ちが昂ってどうしようもないの……」「それはとても嬉しいよ。僕のためにこんなに素敵なエッチな匂いをさせてくれるんだと思うと……。ああっ、頭がくらくらしそう」 俺は思いっきり巨乳の奥さんの発情臭を吸い込む。「匂いを嗅がないで。ああっ、恥ずかしすぎるぅ……」「それじゃあ、お味も確認するね……」「ああっ、それも堪忍して欲しい……」「でも、舐めては欲しいんだよね」「ああっ、だって……」 くねくね揺らす股間に向けて、僕が右手を伸ばし、セフレの主婦に代わっておめこを広げると、オマンコの生肉から溢れ出ている透明な淫液に舌を伸ばす。「ああん」 新婚の主婦は直ぐに甘いよがり声をあげ、悩ましく腰をひくひく揺らした。「ああん、ゆうきくんに舐められている……、ああっ、やっぱり恥ずかしい」 そう言いながらも専業主婦は足を閉じようとしなかった。むしろ俺を全て受け入れようと思ったのか、三十路の美人妻は両手を頭の後ろに廻し、枕を握りしめて、自分の覚悟を示した。 巨乳の人妻の気持ちを感じて、僕は火照り切った綾瀬はるか似の主婦のオマンコをしっかりした舌遣いで舐めまわし、表面を覆っている膣液を拭い取った。さらには若妻のまんこの穴の中に舌を差し入れ、膣内に溜まった蜜汁を啜り上げる。「ああっ、ゆうきくん……」 主婦は背筋を震わせて、クンニを受ける快感を示す。俺は若妻の反応に気をよくして、より熱烈に口唇を遣う。「マユミちゃん、最高の膣液だよ。マユミさんの俺に対する思いが、甘い味になって、僕の口の中に入ってくる」「本当?」「本当だよ。こんなに美味しく感じられるのは、まゆみさんの粘り汁だからだよ」「ああっ、ゆうきくんがそう言ってくれると、ああっ、嬉しい……」 俺は、綾瀬はるか似の奥さんの悦びに、ますます張り切って口を使った。巨乳の主婦の膣内に舌を挿入し、上のざらつく部分を探し出した。(ここって、ひょっとすると、Gスポット……?) 俺も長い人生の中、いろいろな女性と経験があったが、Gスポットを見つけた経験はまだなかった。半信半疑で、巨乳の奥様のそこを舌先で擽る。「ああっ、そこはっ、ああっ、変になるぅ……っ」 その瞬間、新婚の主婦は活きのよい魚のように、豊腰がグッと持ち上がった。俺の口の中に今までとは比較にならないくらい、大量の液体が注がれる。「ああん、ダメッ、ああっ、そこぉ……、ああっ、気持ちいい……、ああっ、ダメえっ……」 セックスレスの若妻は崩壊を感じさせる声で叫び、背中がアーチを描く。(間違いなくGスポットだ。潮を吹く代わりに僕の口の中に注がれているんだ) 俺はその水のような液体を啜りながら、手を緩めることなく、かわゆい人妻のスイートスポットをさらに刺激していく。「お、お願い。そこをそんなにされたら、狂ってしまうぅ。一度休ませてぇ」
 
「分かったよ。その代わり、こっちを可愛がってあげる」 僕は引き抜いた舌先で、それまではほとんど刺激していなかった巨乳の美人妻の肉芽を擽った。「ああっ、そっちもダメぇ……っ」 俺は敢えて奥さんの肉豆を避けてクンニを行ってきていたが、膣内の興奮でここもすっかり敏感になっていた。快感は電波のように清楚な奥さんの女体に伝わり、ピクンと腰を跳ね上げる。「真由美さんはクリを擽られるのは嫌い……?」「き、嫌いじゃないけど……、ああっ、気持ちよすぎて、ダメになりそう……」「いいよっ、僕は真弓さんがもっとダメになるところを見たいんだ」 そう言いながら、僕は色っぽい人妻のピンク色の突起をチロチロと舐めまわす。「ああっ、そ、そんなに……、ふうっ……、ダメーッ……、そんなに舐めたら……」 若妻は力いっぱい枕を握りしめ、腰を突きあげたまま身悶える。 M字に広げられた太股の内側がピンと引き攣り、足先がきゅっと曲がった。色っぽい人妻の形のいいヒップは断続的にわななき、顔を左右に振るのに合わせるように、Gカップの巨乳のオッパイが大きく揺れた。 さっきから立ち上っていた発情臭が強まり、セフレの奥様の色気は僕をさらに興奮させる。「マユミちゃんの一番敏感なところ。なんてエッチなんだろう。見るからに虐めて欲しいって言っているんだもの……。反応も凄くいいし……」 唇で奥さんの突起をつまむと、引っ張りまわした。「あっ、バカあ……っ、あっ、ダメっ、強すぎるぅ……。ああっ、おかしくなる……」「バカあじゃないでしょ。気持ちいい、でしょ」 余裕の僕は右手の中指を清純な若妻のオマンコに刺して曲げ、クリトリスを舐めながら、指の腹でさっき見つけたばかりのGスポットを刺激する。「ああああああっ……」 脳天まで突き抜けるような快美の電流に、綾瀬はるか似の主婦は大きくのけ反った。出会い系アプリのハッピーメールで出会ったセフレの奥さんが見せる本能の痴態に俺は大いに満足して、性感帯の同時攻めを開始する。「ああっ、ゆうきくん……っ、お願いだから待ってっ……、両方一緒になんて……」 眼も眩むような快感の嵐に、清純な人妻は、切羽詰まった声で待ったをかける。「待たないよ。感じている真由美さん、凄く綺麗だし、とっても色っぽいから……、遠慮しないでもっと乱れて欲しい」 言うなり、セフレの人妻のしこり切ったクリトリスへのキスを続ける。主婦の膣内の指も中指だけから二本刺しに変え、交互に動かしながら、快楽の源泉を執拗に弄っていく。「はあああああっ、ダメぇ……っ」 美人妻は本能的に逃れようとするが、既にベッドガードまで達しており、逃げられない。「イクぅ、イクッ、イクッ、イクの……、ああっ、ダメーッ」 新婚の若妻のアクメの爆発は連続的だった。清純な若妻の白い太股の絶頂特有の痙攣が止まらない。「フフフフ。それでいいんだ。もっと気持ちよくなってくれっ……」 僕はまだ二所攻めを止めない。止めどもなく白濁した蜜汁を垂れ流すおめこを指で弄りつつ、巨乳の若妻の小豆ほどに肥大したクリちゃんを舌先で刺激し続ける。「ああっ、あっ、あっ、あああーっ、あっ、ああっ、あっ、あっ、あっ……」 新婚の若妻のアクメの連続的爆発が続く女体は、二重、三重の快楽の波が絶え間なく襲い掛かる。人妻はたまらず、宙に浮かした両足を僕の首の後ろで組み合わせ、ブリッジのように背中を反らせて、快感の甲高い喘ぎを部屋中に響かせた。(もうそろそろいいかな……) 美人妻の女体への攻勢を一度止めた僕は、ちんぽとおま○この位置を確認する。 奥さまは、スカートまでもうすっかりびしょ濡れだ。まとわりつくセックスフレンドの奥さんのスカートを再度たくし上げると、僕はお○んちんをぐっとあてがった。「遂にマユミちゃんとつながれるよ」「ああっ、来てっ!」 カチカチの亀頭を巨乳の奥さんのヌルヌルのおまんこめがけて一気に突き出していく。すっかり潤み切ったスタイルのいい奥様のオマンコは鋼鉄のようなちんぽを沈めるに十分柔らかかった。侵入した亀頭は直ぐに奥さんのオマンコの肉襞に包まれ、自らの推進力と、肉襞の中に引き込もうとする力が相俟って中に送り込まれていく。「おおっ、締め付けが凄いよっ」 清純な奥さんのおめこの襞は十分に柔らかかったが、ちんこが中に押し込まれると、周囲全体から圧力がみっちりかけられ、その気持ちよさは半端ない。「だ、だって、凄いのっ、ああっ、ゆうきくんのものが大きくて、硬いからっ……」
 
「ああっ、本当に気持ちいいよ。真由美さんのマンコがこんなに気持ちいいとは、ああっ、予想以上だったよ」「ああっ、そう言って貰えて、嬉しいっ。あたしも気持ちいいっ」「じゃあ、そろそろ一番奥まで行くね」「ああっ、うん、奥まで突いてっ!」 その言葉に俺は一気に奥まで突き進む。巨乳の人妻の子宮口を押しつぶすところまでみっちり入り込んだ。「真弓さん、これが、俺のチンチンが、真弓さんのおま○この一番奥に入った状態だよ。どんな感じだい……?」「こ、こんな感じ、は、初めて……。凄くたくましくて、奥までみっちり広げているっ」「それって、僕のちんこが大きいってこと?」「ほんとうに大きいの。そして硬いの。チンチンがドクドク言っているのが分かるの……、す、凄い……」 スレンダーな若妻の声が震えていた。足の付け根の筋肉も引き攣っている。それだけ、巨乳の若妻は驚きと快感が凄いのだろう。「フェラしたり、手淫したりしたときから、僕のものが大きくて硬いことは分かっていたでしょ?」「分かっていたけど、おまんこに入れられて、その凄さが本当に実感できたというか……」「そうなんだ。経験できてよかったね」「本当にそうなの。今、最高に気持ちいいんだもの……」「じゃあ、動かしてみようか……。いや、やめよう。それよりさ、マユミさんが上になってみない? 騎乗位っていうやつ……」「えっ、そんなの、やったことない……」「嘘つけ!」「一度もないって言ったら、嘘だけど、結婚してからはほんとうにないわ」「旦那としない体位だったら、是非やって欲しいね」 俺はそう言うと、早速sexフレンドの人妻のおまんこからおちん○んを抜き去った。「ああっ、行かないで……っ」「欲しかったら、自分から入れなよ」 俺は若妻を押し出すようにして、自ら仰向けになった。 セックスレスの美人妻は諦めたように身体を起こす。「あーあっ、スカートがどろどろ」「洗濯するよ。乾燥機に掛けたら、帰りまでには乾くよ」 僕は直ぐに綾瀬はるか激似の奥様からスカートをはぎ取ると、洗濯機に放り込んでスイッチを入れた。 戻るなり、再度仰向けになる。「真弓さん、さあ、自分から入れるんだ」「もうゆうきくんったら……」 奥さんの腰を跨いで膝立ちになる。チンコを摘まむと上向きにした。「ああっ、カチンカチン……」 目を潤ませた人妻は、狙いを定めて腰を落としていく。「ああっ、マユミちゃんっ」 オチン○ンの切っ先におま○こが触れると、感極まったように僕が叫んだ。「ああっ、入ってくるぅ。僕のおちん○んが……」 お○んちんが突き上げるように欲求不満な人妻のマンコに収まり、肉襞が広がってちん○んを包み込んでいく。「最高に気持ちいいよっ、真弓さん」 見上げると、人妻の下乳のやや垂れ下がった巨乳の乳房が、細やかに揺れている。肉襞が送り込んでくる快楽を味わいながら、sexフレンドの奥さまのパフィーニップルの巨乳のオッパイを見上げるのは、この上ない悦楽だ。「ああっ、オマンコの中が凄いの。下から突きあげられるのって、ほんとうに凄いのね。ああっ、知らなかった」 三十路の主婦は両手をベッドにつき、何とか身体を支えている。「自分で動いて、一番気持ちいいところを探してみるんだ」
 
「そ、そんなの無理っ」「いや、やるんだ。俺の彼女なんだから、それはやってよ。俺がおっぱい持って支えてあげるから……」 俺は下から手を伸ばして、セックスレスの美人妻の巨乳のオッパイをむんずとつかんだ。「ほら、おっぱいで支えているから……」「あああっ……」 綺麗な美人妻は眼を瞑った。新婚の若妻は眉間に皺を寄せて、何とか俺の指示に従おうと、緩やかに腰を動かし始める。若妻の丸い美臀が弧を描くように動き始める。専業主婦の巨乳のおっぱいを引き攣らせないように心掛けながら、少しずつ激しさを増していく。「おおっ、真由美さん、上手いよ。凄いぞぉ……」 清楚な主婦の腰の動きに合わせて、オチンチンを包み込む肉襞が適度に擦れて、最高に気持ちがいい。「俺が手を離した方が大胆にできるな。頑張って腰を振るんだ!」「ああっ、無理よぉ」 しかし、僕が巨乳のオッパイから手を離すと、30代の主婦の腰のダンスがより淫靡極まりないものに変化する。欲求不満な若妻の動きがどんどんダイナミックになり、膝と腰を使いながら、さらに大胆に上下に運動する。三十路の若妻の白い巨乳の乳房が上下にゆっさゆっさと重たげに揺れた。「おおっ、まゆみちゃん、ほんとうに感じるぅ。ああっ、気持ちいいよぉ。マユミちゃんに動いてもらった方がイケそうだよ」「ほ、ほんとうに?……」「本当だよ」 僕の賛辞にますますその気になったのか、若妻のエロティックに振られる腰の動きがますます艶めかしくなる。「ああっ、あたしも子宮が熱くなってきたの。子宮がこんな感じに気持ちよくなれるなんて、ああっ、知らなかったぁ……」「それはよかったな。遠慮なく、もっと気持ちよくなるんだ!」「ああんッ、ダメッ!」 俺は下から腰を突き上げる。既にむっちりと収まった亀頭が子宮口にめり込みそうな勢いで突き上がり、新たな快美を得た若妻はたまらなくなって、身体を前に崩れ落とした。 俺は落ちてきたセフレの若妻の女体を受け止めると、キスを求めた。「ああっ、こんな格好でされながらキスするなんて……」 若妻は艶めかしい声を出す。「キス嫌か?」「ううん、嬉しいの」「そうだろう、おまんこでおちんちん感じながら、キスで男の唾液を呑むことが女として最高の快楽なんだ!」「そうなのね。あたし、そんなこと、これまで知らなかった……」 清純な奥さんはそれなりに経験があるようなことを言っているが、どうも身体の動きやセックスの行為を見ていると、本物の性の楽しみを覚えてこなかったような気がしてならない。 今日、自分がsexフレンドの若妻のそこをすっかり開発してやりたい。そんな気持ちで僕は舌を動かし、腰を使った。 騎乗位が潰れたまま抱きつき、美人妻は本能的に、より快感を求めるように腰を動かしていた。それに合わせるように、僕も腰を使った。「ああっ、ああっ、腰の周りが熱くなってきた。中がゴリゴリ擦れてたまらないの。肉豆も、ああっ、擦られるぅ……」「気持ちいいんだね!」 上ずった声が、sexフレンドの若妻の快感を示していた。「うん。セックスがこんなに気持ちいいものだなんて……」 sexフレンドの奥様が思いがけない感想を漏らしてくれたことで、セフレの若妻の過去の貧しい性生活に確信を持った俺は、さらに美人の若妻が愛を感じられる体位に誘い込んだ。 俺は身体を起こし、胡坐の中にすっぽりとスタイルのいい人妻を置く。対面座位だった。 二人は身体を抱きしめあったままキスをし、腰を使う。 腰の動きに連動して、奥さんの巨乳のバストが擦れ、ぎゅっと密着している俺の胸の上で、巨乳の奥様の巨乳のおっぱいが変形する。その感触に僕は感動する。「ああっ、この体位好き。ゆうきくんに愛されている気持ちに凄くなれるし、マンコもとっても気持ちいいの」
 
 若妻は卑語を口に出すのに全く躊躇しなくなっている。「俺も動くけど、若妻も遠慮しないで動いていいんだよ」「うん」と答えたアラサーの美人妻はさっきよりも激しく腰を振り始めた。「ああっ、気持ちいいっ、僕が最高なの! 何でこんなに……」 欲求不満な美人妻は、半泣きになりながらも腰の動きを止めなかった。「おおっ、凄いぞ、真由美ちゃんのエッチなお○んこの穴、気持ちよすぎるぅ……」「それは、ゆうきくんだからなの。あたしとゆうきくん、ぴったりの相性なのよ……」 奇麗な若妻は腰を激しく振り続けたまま、キスを求めてきた。 上手い具合に密着すると、腰が激しく動いているにもかかわらず、二人の舌は蛇のごとく絡み合い、二人は二箇所でひとつになった。 さらに俺は、スタイルのいい主婦の巨乳のバストをがっちり揉み込みながら、腰を使う。「おっぱいもエッチだ。手触りが最高だよ」「ああっ、全てが気持ちいい。あたし、ゆうきくんとひとつになれて、ほんとうによかった!」「俺もだよ!」 セックスレスの若妻は、今や身体のあらゆるところが性感帯に変化している様子だった。どこからも美人妻の発情ホルモンが漂ってくる様子に、僕の興奮も最高に達する。(ああっ、この匂いがたまらない!) あまりの興奮に、自分の身体の制御が上手くいかない。 僕はお○んちんを突き上げ、美人妻の子宮口を突破するような勢いで、ぐいぐい押し込んでしまう。「うふーん、ああっ、中がぁ……」 専業主婦の快感にも限界がないようだ。俺はスリムな人妻を追い込むように、最奥でねっとりと擦っていく。「ゆうきくん、凄すぎるぅ……」「真弓さんっ、もっと感じていいぞ! 思いを込めて、もっと気持ちよくなるんだ! 僕のお○んちんで滅茶苦茶になるまでよがれっ!」 僕は必死だった。童貞でなくなって二十年、今出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの美人妻と一番のセックスをしている。そう思いながら腰を廻し続ける。腰全体が密着しているため、膣奥だけでなく、恥骨が肉芽を擦り上げ、若妻に狂わんばかりの快感を送り続けていた。「死にそうに気持ちいいのぉ……っ、ああっ、どうすればいいのっ!」「どうもしなくていいさ! 気持ちよさを味わい尽くすんだ!」「ああっ、激しすぎてぇ、感じすぎるぅ。ゆうきくんのオチ○チンが凄すぎるのぉ……っ」 落ち着いたマダム声が完全に失われて、セフレの奥さまは舌足らずな声で叫ぶ。 僕は手加減をしない。このまま突っ走って、セックスフレンドの美人妻を天国に送ってから、自分もイクつもりだ。 さっきから断続的に続く射精感が、もう我慢の限界に近付いてきた。「ああっ、俺、もうそろそろ限界だよ」「あ、あたしは、ずっとさっきからイキっぱなしで……、限界をこえてますぅ……」 セフレの奥様はよがり声をこらえるようにして、やっとそれだけ伝えてきた。「中出ししてもいいかっ」 いまさらコンドームをつけたくなかった。「あ、あたしを愛してくれているなら……」「そんな、もちろんだよ。まゆみちゃん。ずっと好きだったよぉ! 愛しているよぉ!」「あたしも、ゆうきくんのこと、大好きぃ!」 お互いの愛の叫びが、心を浮き立たせ、最高の高みへ至っていた。「ああっ、もうダメっ、イッちゃううううう……」「マユミさん、出るよ。我慢できない!」 みっちり詰まったち○ぽがさらに太くなり、尿管を白い精液が勢いよく通過した。次の瞬間、僕が「ううっ、俺、いく、いくいく!」と言いながら欲求不満な若妻のま○この中にザーメンをたっぷり中出しした。欲求不満な主婦にとってもその引き金が崩壊の引き金だった。 若妻の膣が痙攣を起こし、おち○ちんをきりきりと絞め、最高のオーガズムを感じながら、清純な専業主婦は奈落の下に落ちていった。
 
出会い系サイトハッピーメールでの新婚の若妻とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
今回巨乳の人妻といますぐタダマンセックス出来た出会い系はハッピーメール(happymail)です。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐエッチできる綺麗な女の子と出会ってsexフレンドにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出逢い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.