deaikeitaiken_novel

【PCMAX体験談】三十路の巨乳主婦と不倫中出しsexで妊娠

投稿日:

 


 
先日、午後半休を取って奥さまと会った。昼食を摂っていなかったので、ラブホテルに行く通り沿いのトンカツ店に入り、活力がつきそうなヒレカツ定食を取ろうとセックスレスの若妻を見ると、「私もおなじ物を」 と伏目がちに言う。会ったときから持ち前の快活さが影をひそめ気恥ずかしそうにしていた。恥部を愛撫し合い肌を合わせたことに後になるほど恥じらいが生じ、どんな顔をすればいいのか分からないようだ。「今日は時間は?」 運ばれたきたヒレカツ定食をたべながら聞く。「夕方までに帰れば」 と少しずつ口に入れる。その口のうごきが男性自身を口に含む唇のそれと似ていた。もこもことヒレカツが口の中でうごき、唇が表情を持つ。椋鳥の体位をしていてはずみで巨乳の人妻の口を男性自身でふさぎ、おえっとエズクような苦しい思いをさせた。「夕方って、五時か六時頃なのかな」「六時頃までに帰ればいいし、ここから三十分ほどで帰れるので五時過ぎまでは……」「今日は午後半日休暇を取ったので」「そうなの、ゆっくりできるのね。……でも、お仕事いいの」「普段やるべきことをやっているし、それに有給休暇があるので」「このまえは私の帰宅時間を気にされていたので昼間ならと思って。でも、休暇を取られるとは思わなかった」 アラサーの専業主婦はやはり目を合わさずに言う。「有休をそこそこ消化しないといけないのでちょうどいいんです。このまえの挽回をかねてゆっくり時間を過ごそうと」 と声に笑みを含ませる。「挽回って、私は充分でしたのにそんなことを」 主婦は白い歯をのぞかせる。 トンカツ店を出てラブホテルに入る。ロビーのパネルでの部屋選びは前回で要領が分かっているので戸惑うことなく大き目の洋室を選ぶ。部屋に入るなり、彼女の気恥ずかしさを振り払うように唇を合わせる。しっとりと舌をからませ、ぼくの背中を掻き抱く。「来てくれるかどうか心配で、今朝から胸がどきどきしていたの。ゆうきさんの顔を見たときうれしかったァ」「約束していたし、都合が悪くなればメールで連絡することにしていたのに、なにが心配やったの」 ベッドの端に並んで腰掛け、高ぶるsexフレンドの奥様の気持ちをなだめるように言う。「嫌われたのやないかと、それが心配でならかった」「嫌うはずがないのに、なんでそんなことを」「すぐにあんな事をしたからそれで……。ビールを飲んで気持ちがふわふわしていたけど、自分でもなんであんな事をしたのか分からない。知り合ったばかりでお食事をして、それでこういうところに来てあんな事をしたから、無節操なふしだらな女とあきれられたのかもと、そのことがずっと気になって、もう会えないかもと心配していたの。……ほんとうに心配していたのよ」 と若妻はぼくの太股に手を置く。「ぼくも嫌われたのかもと心配していた」「うそ、ゆうきさんは心配なんかしていなかったでしょう」「すぐに出してしまったから、頼りない人と嫌われたのではと」
「そんなことで嫌わないわよ。私の帰宅時間を気にして、それでと。でも、あれよ、いっぱいしてもらった気がしたわ」「いっぱいって?」「そんな気がしたの」 シャワーを浴びてベッドに横になる。前回はシャワーを浴びず、無我夢中で肌を合わせた。可愛らしい若妻の股間を愛撫したとき、乳酸菌のような臭いにアンモニア臭がまじっていたが、生々しい秘密を得たような思いがした。麗香と初めて行為をしたとき、シャワーをせずにしたが焦っていて順序が逆になり、行為のあとで股間を愛撫した。ぼくの汗と麗香の分泌液でこてこてになっていたが、やはりアンモニア臭がひそんでいた。30代の専業主婦の臭いは行為前だったのでもっと直接的な臭いであって、ジャコウジカの分泌物からなる麝香の香りに等しいものであった。シャワー前の股間を愛撫しようとすれば簡単なようだが、おかしなふうに思われないかとそれが気になって麗香に言えなかった。奥様との行為によってくすぶっていたその思いがかなった。「ふぅ~ン、はずかしいわ」 乳房から下腹部に唇を這わせ、彼女の脚をひらいて上半身を入れ股間に顔を寄せると、いかにもといった露骨なクリニングスの姿に人妻はうるっとした声をもらす。麗香にした花菱責めをする。セフレの若妻の性器は麗香のそれのように口にすっぽり収まらないため、クリトリスのある上部を口にとらえ、すこし膝を曲げさせた太股ごしに両手で左右の乳房を好きにする。性器に吸いつきながら乳房を撫ぜたり揉んだり、時折り乳首をつまむ。「ひゃ~、ひゃァ~」 若妻はいや~と言ってるつもりなのだろうが、それがひゃ~とコマドリの鳴き声のように聞こえる。麗香にはしない太股ごしに乳房へのいたずらをした。sexフレンドの人妻にはどんなことでも出来そうだ。性器を吸う行為にしても遠慮がなく、ハンドルネームの関係で後腐れがないゆえに自分の中の野生が滲み出るようだ。「もぅ~、ひゃァ~」 と腰を波立たせぼくの口を振り払おうとする。乳房をブイのようにつかみ、さらに性器に吸いつく。海女の下腹部に大蛸がでんと吸いつき、四方に伸びる長い足で海女の体を蹂躙する葛飾北斎の「蛸と海女」の浮世絵が脳裡にチラつく。大蛸の気分でセフレの若妻の分泌液をずずっと音を立ててすする。「ひゃァ、ひゃァ~、いれてぇ~」 声がかすれ出し、こらえ切れなくなったようだ。大蛸を解いてそのまま挿入する。「ぅあ~ァ~」 澄んだ声で呻く。大蛸より挿入のほうが肌にしっとり馴染むようだ。「入れて欲しかったのか」「いゃ~、そんなこと。……はずかしい」「入れてと言ってたのに」「うぅ~ァ、そんなこといわない。……いゃ~よ、いじめたりしたら」 根元まできっちり挿入すると、「ひゃァ~、どうしたの」 と目を見開き、「どうしたのぅ」 ともう一度けだるそうに言い、ふたたび目をつむる。「入れて欲しかったのか」「いゃ~……ほしかった」 暗示にかかったようにねっとりとした声で「ほしかった」と言う。麗香には口にできない卑猥なことを行為に乗じて言ってみたかった。呻き声や唸り声もいいが、肌の反応にゆらめきつつ湯気のように出てくる言葉は、むき出しであればあるほど性欲をくすぐる。「いっぱい欲しいのか」「うぅ~ァ、いっぱいなのにぃ」「どこがいっぱい?」「ぅう~ん、いじわるぅ」「すぐにイッたらいやか」 このまえはあっけなく射精したが、今回は持ちこたえられそうな感覚があったので、前回の行為を挽回する思いをこめて言う。「うぅ~ん、い~ぃ~」「イッてもいいのか」「い~ぃ~」「ほんとうに出してもいいのか」「そぅ~、すきにすればァ」 彼女は行為にのめっていて、このまえ危険日に差しかかっていることを教えたのに、それが頭から抜けているようだ。「なかで出したら妊娠するぞ。それでもいいのか」「にんしん……ダメよ、それは」「出してもいいって言ったよ」「にんしんはダメ、こまるもの。……こんなときにそんなこといわないで」
「もっと欲しいのか」「ぅう~ん」「いっぱい欲しいのか」「いっぱいはいってるのにぃ」「どこに入ってる?」「うぅ~ァ、い~ぃ」「ここはなんと言うのかなァ」 と主婦の膝をすくいあげるようにして股間をM字にひらき、下腹部をトントンとつつく。「ひゃ~ァ、きつい。……でも、い~ぃ~」「どこがきつい? ちゃんと言わないとオアズケにしようかな」 と男性自身を膣口に引く。「いやァよ、そんないじわるしたら。……ね、はずかしいからみみをもってきて」 スレンダーな主婦の口に耳を付けると、性器の名をもそもそと言う。「なにを言ったのか聞こえない」「う~ん、いったのにそんなこというなんていやァ~。ね、いったでしょう」 清純な奥さんが口にした性器の名を彼女の耳にこだまのように吹き込む。「いやァ~、そんなこと」 と奥様はその言葉を打ち払うように下腹部を波立たせる。その波につけ込むように奥まで挿入する。スリコギのように男性自身をこねこねまわしたりトントンとつつくと、「ひゃア~、ひゃア~」 抑制のとれた大きな声をあげて体をくねらせ、「アッ、アッ、アッ」 と声をせりあげ、一瞬、声も体もうごきが止まったつぎの瞬間、「うッわぁア~~」  と廊下にひびきそうな肉感的な叫び声を発する。行為のリズムがうまく合ってぴたっと絡み合った恍惚感はあったが、それにしても耳をつんざく叫び声を発するとは思わなかった。分泌液を湧き水のようにほわっとあふれさせ、欲求不満な奥さまの全身から力が抜けていく。分泌液が男性自身にまつわりつく感じが心地よく、このまま射精できれば最高なのだがと思いつつ膣外射精をする。麗香の場合はひたっと密着しているせいなのかぽしゅっと分泌液が水鉄砲から出てくる感じがする。正確に言うと両手を組み合わせて風呂場などでぽしゅっと水を飛ばす水鉄砲の水の感じであって、それが先端部分に波紋のようにひろがる。彼女のそれはサイズが関係していて男性自身にほわっと押し寄せ、くまなくまつわりつく。麗香と比べると巨乳の主婦の膣は繊細さに欠けるが、大味ゆえのまったりとした滋味があった。「ふぅ~ん、いやよ、エッチなこと言わせたりしたら」 イッたあと五、六分うとうとして一息ついたらしく、彼女はベッドに横になったまま思い出したように言う。「エッチなことって?」「分かってるくせに」「オなんとかと言わせたこと」「言ったことなかったのに無理に言わせたでしょう」「そうかな、水を向けたら自分からすすんで口にしたよ」「ウソ、ウソ、そんなこと言って。言わないではおれないようにしたくせに」「エッチなことを言うのはイヤなのか」「口することやないと思っていたし、とてもふしだらな気がして」「こうしてふしだらなことをしてるのに」「これとあれとは違うでしょう」「じゃ、どっちがふしだらなのかな」「……いじわるなのね。私をこまらせて面白がってるんでしょう」「このことはなんと言う?」 と射精を終えてなよっとなる男性自身を彼女にさわらせ、人妻の口から言葉が出てくるのを待つ。粘液で汚れたままのそれを奥様は手なぐさみのオモチャを得たように撫ぜたりつまんだりする。「男の人のこれ、こんなふうにしたことなかった。やわらかくて粘土みたい。あのときは磁器のようにカチンと硬くなるのに」「言うのがイヤなのか」「そんなこと言えないわ、恥ずかしくて」「あのときなら言う?」「ゆうきさんって強引なのね。あのときに言わせるつもりなんでしょう。ダメよ、そんなことしたら。無理に言わせられると好きになれないし、それにそんなことを口にする自分もイヤなの」
彼女の手にまかせているうちにぼんやりと男性自身に芯がもどってきた。「時間はいいのか」「ええ、でもいいの」「半休を取ってるからゆっくりしていいんだ」「あんなにしたのにいいの。体をこわしたりしない? 私はいいけどゆうきさんのことが……」 つづけて性行為をすると男の体調に異変が生じると夫に教え込まれされているようだ。性行為が好きでないのか、あるいは妻に限ってそうなのか分からないが、それだけ妻として生煮えの部分を抱えているわけで、美人妻の肌がういういしく思えた。四十過ぎの人妻の肌がういういしいわけはないのだが、夫婦の営みからして未開拓の部分があるような気がし、それがういういしい思いにつながった。「そうやな、止めておこうかな」「お口でするだけならいい? 大きくなってきたから何かしないと勿体ないもの」「ウソだよ、つづけてしても大丈夫、体をこわしたりしない」「そうなの、それならいいけど。……ね、いじわるしたの。イヤよ、こういうときにいじわるしたら。これを食べてしまうわよ」 と奥さんは男性自身にそっと歯をたて、舌をからませる。分泌液と精液が生乾きになっているそれを人妻がいとしく舐めるありさまは淫猥の極みであり、いやでも男性自身がそそり立つ。挿入しようと膣口に先端部分をあてがうと、清純な主婦はうす目をあけ、「いいの、ほんとうにいいの。……しらないわよ」 と粘り気ある声で言う。「入れて欲しいのか」「そう……」「どこに入れて欲しい?」「いや~よ、そんなこと」「言わないと入れない。いいのかそれでも」「ふぅ~ん、いじわるぅ」 と言いつつ清楚な奥さまは耳朶をくわえ、なにごとかをささやく。三音のうちオメと二音は聞こえたが下の音が聞こえなかったものの、オメと口にしたことを良しとして、焦らせていた男性自身を挿入する。「うぅ~ん、いじわるしたらいや~ァ」「こうして入れたのがいじわるなのか」「もぅ~、ちがうでしょ」「これは奥まで入れて、くねくねとこんなふうに掻きまわしてもいいのか」「ぅあ~ァ、きもちい~ぃ」「いっぱい欲しいのか」「う~ぅ、いっぱいなのにぃ」「どこがいっぱい?」「オメ……」 と耳朶をくわえず目をつむったままお漏らしするように言う。「なにでいっぱいなのかな。ほら、これはなんて言うのかな」「もぅ~、いや~ァ」 と首を横に振る。言葉を拒否する首の振り方ではなかったが、アシカに芸を仕込むように彼女を調教したくなって、男性自身を不意に引き抜く。奥さまはなにかのはずみで外れたと思ったらしく脚をひらいたまま、「ふぅ~ん」 と挿入をうながす。セフレの人妻の首筋から耳朶を愛撫し、男性器の名を耳に吹き込む。「いじわるしないで入れて。……ねぇ、オチンチン入れてぇ」「オチンチンやないやろう。ちゃんと言わないと入れない」「……チン…入れて~ぇ」 チンしか聞こえなかったが、はじめの恥らい方からすれば羞恥心を抑えて迎合しているほうなのでご褒美のエサを与えるように男性自身をゆっくり深く挿入し、歌をデュエットするように奥さまの反応をとらえて腰をつかう。「いやァ~ょ、やさしくしてくれないと」「やさしくしてるよ」「いまはやさしくてい~ぃ~。……ちゃんとやさしくしてほしい」「言うとおりにしてくれればやさしくする」「うぅ~ぅ、いうとおりにしてるでしょう。きらわれたくないから、してるでしょう」 してるでしょうと薄目をあけた美しい主婦ののったりとした表情が官能的で、その表情にそくっときざす射精をこらえてサビの部分を歌いあげるように腰をつかう。
「うッわぁア~~」 と彼女の声が再びひびく。それにつられてふたたび膣外射精をする。掌に受けた精液を枕許のティッシュペーパーでぬぐうのはどうも間抜けた恰好に思えてならない。麗香と式をあげるまではそれが婚前交渉の作法のように膣外射精をしていたが、式をあげてからは遠慮なく膣内にそそいできており、快感つきあげるなかで精液を外で出すのは鼻歌気分の湯船から飛び出すような味気ないものであった。セフレの奥さんが気を利かせて口で受けてくれればいいが、そういうことをしたことがないらしく、ほわっとほてりを含んだ顔のままでいる。「ゆうきさんすこし寄ってくれる。お尻のあたりがちょっと……」 ベッドの端に体を寄せると、専業主婦が半身をかぶせるようにくる。やわらかな乳房の感触が胸にあって、腰のあたりに陰毛がふれる。「お漏らししたみたいに気持ちわるくて。いっぱいするからよ。ふふ、いっぱいしてほしかったけど、あんなにいっぱいすると思わなかったもの。ゆうきさんってマメなのね」 ラブホテルのシーツ下には敷き布団に性液が通らないようビニールシートが敷かれていて、それで分泌液が浸透せずにシーツにひろがり、じとっとなったのだろう。「こうしてくっ付いていると変な気持ちになるより落ち着くね」「変な気持ちになっても知らないわよ、いっぱいしたからわたしはもうダメ。ゆうきさんの物はこたえるもの」「こたえるって?」「ぎゅっと押し込まれていっぱいになってる感じ。ゆうきさんが初めて入ってきたとき、どうしたのかと思った」「ぎゅっと感じたのは初めて?」「そうよ、ゆうきさんみたいなことはないもの。それに自分だけでさっさと済ませてしまう人だから、誰かさんのようにマメなことはないの」「マメにしたら嫌か」「う~ン、好きよ。こんなふうにして欲しかったの」「ぎゅっといっぱい」「それはたまたまゆうきさんとめぐり会ったからでしょう」「会わなかったらどうしてる?」「オフ会に参加して時間をつぶしているかも」「誰かいい相手がいないかと期待しつつ」「いやだわ、私のことそんなふうに見ているの。……ゆうきさんとこんなふうになったから、そんなふうに思われても仕方がないかもしれないけど、でも、ゆうきさんだからなのよ。オフ会に参加してランチやカラオケに行くと、ほんとに嫌になるぐらいSNSのマイページにどこそこに美味しい店があるので案内しますといったメールが来たけど、相手にしなかったわ」「その気になればいくらでもチャンスはあったのに見向きもしないで、ぼくとメールアドレスを交換しデートをしたということ」「ほんとにそうよ。ゆうきさんを見たとき、あッ、この人ならとそんな気がしたの。清潔感があって言い感じだったし……」「それにこっちのほうもいいかな、と」 とアラサーの美人妻の下腹部にふれる。「う~ン、そんなこと思うはずがないでしょう。もぅ、意地悪なんだから。……でも、やさしそうだからソフトなのかと思ったのに」「最初はソフトにしたつもりやけど」「ウソ、ぎゅっといっぱいしたからあれッ、変なことしてるのかなと思った」「変なことって」「分からないけど何かしてるのかなと」「そんなに感じた?」「そうよ、全然違ったもの」 夫との挿入感の違いを率直に言っているもので、膣がいっぱいになって何か変なことをしているのではと口走るほどの違和感があったということだが、人妻が言うようにぎゅっと押しひらいている感じはぼくにはなく、むしろゆるやかに挿入していた。麗香のそれが小づくりでひたっと窮屈なほどまつわりつくため、その比較によって人妻の膣をおだやかに感じているのだろうが、それにしても主婦の言い方は大げさな気がする。夫の男性自身がそれだけ小ぶりであって、それを当たり前として受けとめていた膣にいきなり挿入したものだから、意外な思いにかられてことさらに大きく感じ、押しひらく感覚を引きずっているようだ。こそばゆくなるような過大評価だが悪い気はしない。「こんなにいいと思わなかったし、ゆうきさんのおかげでほんとうの女になったような気がする」「会ったときからほんとうの女やった」「そういうことじゃなく、分かってるでしょう。自分がどこかにいったみたいになって大きな声をあげて、それにお布団を汚したりして。こんなことするとは思わなかったし、考えてもいなかった。オフ会で気の合った人と出会ってお茶ぐらいできればと、なんとなくそんなふうに思っていたの」「お茶を飲んだことはあるの」「うゝン、お茶を飲んでもいいなと思えるような人がいなかった」「いてたら飲んでる? ぼくと付き合ったように」「そうね、でも、ゆうきさんみたいな人はいなかったし、もし居たところでこんな関係にはなっていないと思う。ほんとうよ」 と巨乳の人妻はぼくの太股を股に挟む。下腹部のふくらみと性液の湿り気を感じる。「わたし自身、こんなことするなんて思わなかったもの。人間って分からからないものね。ゆうきさんと炉端焼きで食べていると別の世界にいるような気がして、こういう世界もいいかなという気がした。それで糸の切れた凧のようにふらふらと歩いて気がついたら部屋で二人きりになっていたの。テレビドラマのシーンにまぎれこんだような、そんな思いがして」「どうだった、挿入したとき」
「いっぱいで、わァと思ったけど、これが不倫なんだ、わたしにもこういうことがあるんだとこみ上げてくるものがあって、なんともいえない気持ちになった」「うれしかった?」「とっても。ゆうきさん、やさしいもの」「きついって言わなかったかな」「それとは違うでしょう。……こういうことしたくてオフ会に参加して相手を探していたのやないのよ」「それはぼくもそう。不倫相手を求めて参加したのやなく、なにか磁力に引かれるように男女の仲になったけど運命的なものがあったような気がする」 運命的とはうまく言葉が出た。「そうね、運命的よね、わたしたち」 と若妻は太股を挟む股にくっと力を入れる。水蜜桃から果汁がにじむように分泌液が股にしとっとくる。「欲しいのか」「ふっふ~ん」 しなだれるような声を出す。股間に顔を埋めて大蛸のように愛撫し、体位を変えて激カワの主婦に男性自身を咥えさせる。ぺろぺろと美味しそうに舐めるが勃起していたので脚をひらき、股間に男性自身をあてがう。膣口に先端部分をひけらかすように出し入れする。「うぅ~ん」 と呻きつつ奥さんは挿入をせがむように股間をもってくるが、その行為を繰り返して焦らせる。三度目の行為なので焦らせるだけ焦らせて反応をみようというイタズラ心があった。「う~ン、もぅ~、いやァ、チンポいれてくれないといや~ァ」 切なく甘えるような声でチンポと口にする。挿入すると、「うァ~ん」 とねちっとした声をもらしつつ抱きついてくる。「チンポって言ったよ」「うぅン、そんこといってない。いうはずがないでしょ」「チンポいれてくれないといや~ァと言ったよ、この口で」「うぅ~ん、うそでしょう、そんなこと。……いやァ~よ、急にはずしたりしら。ね、どうしたの。……ふぅ~ん、またそんなことしてぇ」 男性自身を抜き、膣口に先端部分を出し入れするさきほどの行為をする。「もぅ~、いやァ、ちゃんとチンポいれてくれないといや~ァ」「ほらァ、チンポと言うたやろ」「うぅ~ん、しらない。ゆうきさんがいわせたんでしょう。もぅ~、いや~よ……」 言葉というものは思いがけなく出てくるものだ。清純な美人妻の口からチンポという言葉が出たことにこそばゆくなるような快感を得た。人目を忍ぶ芸を一つ仕込んだ快感であった。それに対するご褒美のように肌を合わせる。
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.