deaikeitaiken_novel

【PCMAXやれる】欲求不満の清楚な爆乳人妻と不倫sex

投稿日:

 


 
あれは5年前の出会い系のピーシーマックスを始めた時だったかな。それまで俺は彼女なんてものがいるはずもなく、童貞だった。もうそれはそれはセックスというものに興味がありすぎて、毎日PCMAXで出会う妄想をしては狂ったようにオナニーに明け暮れていたんだ。自分は巨乳というか、それを超えるくらいの爆乳が大好物だった。だから自然とAVのコレクションも爆乳系ばかりが並んでいった。けれど「生の爆乳を揉んでみたい」という思いは日毎に激しくなっていくばかりだった。そんなある日のことだった。
 
当時自分たち一家はマンションに住んでたんだけど、隣の部屋に新しく夫婦が引っ越してきたんだ。その一家が引っ越しの挨拶でウチにやってきたんだよ。そのとき自分も顔を出したんだけど、正直電撃が走ったね。メガネの温厚そうな旦那さんの横に立っていたのは、まるで絵に描いたようなセレブ妻といった感じのとても上品そうで美人な奥様だったんだ。つやつやの長い髪にぱっちりした二重瞼に黒目がちの瞳、ぽってりとした唇、きめ細やかな白い肌、それに大人の色気みたいなものがむんむんに出ている気がした。「りょうこと申します。これからよろしくお願いします」にっこりと微笑みながら奥さんは言った。涼やかで通った気品のある声だった。
 
俺は一瞬で虜になったよ。けど一番衝撃を受けたのは顔でも声でもなかった。そう、リョウコさんの胸はこれでもかというくらいに巨大に盛り上がってたんだ。全体的な体型はちょっとムチっとしてるかな、くらいなんだけど、胸だけはまるで大玉のメロンでも入れてるんじゃないかと本気で思ってしまうほどだったんだよ。しかもそのとき着ていたのはノースリーブで紺色の薄いサマーニット。もうあれは爆乳を強調させるためにあるような服だよね。遼子さん自身も自分の武器を押し出そうとしているのかな、とか、ひょっとしたら欲求不満なのかな、とか思わずにはいられなかった。一家が帰った後もその日俺の頭の中は涼子さんとそのおっぱいでいっぱいだった。気づけば遼子さんのことを想いながら一晩で5回はシコってた。どんな下着着けてるのかな、とか、りょうこさんもオナニーしたりするのかな、とか想像は尽きなかった。
 
それからというもの、オナニーのオカズはほとんどりょうこさんになっていった。突如現れた色気溢れる隣人が俺の性生活すべてを変えていったんだよ。そんな日々を過ごしていたある日のこと、俺は家の鍵を部屋に忘れてしまって、親も鍵を掛けて出掛けて行っちゃったもんだから入れなくて玄関の前で立ち往生してたんだよね。しょうがないな、本屋でも行って時間潰すか、そう思ったときだった。「あら、ゆうきくん、こんにちは」背後から声がした。振り向くとそこには憧れの涼子さんがいたんだ!しかもあの日と同じサマーニットに白のふんわりとしたロングスカート。にっこりと微笑む涼子さん、突如現れた彼女に恥ずかしながら俺はしどろもどろになってしまった。「あ、あ…こ、こんにちは……」「どうしたの?おうちの前で立ちっぱなしで」リョウコさんは不思議そうに俺の顔を覗き込んできた。「そ、それが…家の鍵を忘れちゃって……」すると遼子さんは言った。「あらまぁ、大変。それならぜひウチに上がっていって」突然の申し出に俺は驚愕した。
 
(遼子さんの家に入るだって?!)興奮と戸惑いが入り混じり、俺はただただ慌ててしまった。そんな俺に構わずりょうこさんは話を進めていく。「さ、行きましょうか」遼子さんはにこりと微笑むとスタスタと歩き出した。その背中を見ながら俺は決心した。(ええい、俺も男だ!行くしかない!)ただ時間を潰させてもらうだけなのに、憧れのリョウコさん相手だとこんなにも緊張してしまう。俺はすみません、すみませんと繰り返し言いながら涼子さんの後をついて行った。「さ、どうぞ入って」涼子さんの言葉に促されてリビングに入ると、そこはウチとは大違いで高級なソファや家具が並んでいた。色彩も白と黒を基調としていて統一感のあるオシャレな家、まさに涼子さんのような貴婦人に相応しい家のように思えた。「どうぞおかけになって。コーヒーでいいかしら?」「あ、ありがとうございます。いただきます…」緊張しきっている俺を見抜いたのか、涼子さんはふふっと笑って言った。「そんなにかしこまらなくていいのよ。自分の家だと思ってくつろいで」「す、すみません…」「ほら、またかしこまってる」りょうこさんが笑いながらコーヒーをテーブルに運んできた。俺はお礼を言いながらそれをいただいた。リョウコさんもソファーに座る。憧れの大人の女性と接近し、俺の心臓はバクバクだった。リョウコさんは微笑みながら色々と俺のことを聞いてきた。学校の勉強や部活のこと、受験のこと。そして話はついに異性関係に及んでいった。「ゆうきくんは彼女はいるの?」
 
俺は一瞬うっ、となったがやがて観念したように答えた。「いえ…いないです」「あら、こんなにかっこいいのにもったいない。今まで付き合ったことは?」「ないんです…」「えー!信じられないー!」りょうこさんは本当に意外だったようで、心底驚いた顔をしていた。だけどそれは十分に俺の心をえぐり、俺は苦笑しながら思わずうつむいてしまった。リョウコさんもハッとなり、立ち入り過ぎたことに気づいたのか申し訳なさそうな顔で言った。「ご、ごめんなさい…軽率すぎたかな…」「い、いえ、いいんです」俺は精一杯の笑顔を作って答えた。「どんな女性がタイプなのかな?私でよければ相談に乗るわよ」リョウコさんはまた元の微笑みを浮かべながら聞いてきた。
 
俺はこのとき本気で悩んだ。言うべきか、言うまいか。それも結婚して旦那さんが居る相手に対して言っていいことなのか。そして仮に言ったところで一体何が変わるというのか。だが葛藤の末、俺は自分の素直な心に従うことにした。俺は意を決すると呟くように言った。「き、涼子さんみたいな人が…好きです……」それを聞いた涼子さんは固まってしまった。俺はヤバい、と本能的に察知した。やはり言わなければよかった、言ってはいけない相手だった。頭の中で後悔の念だけが積もっていく。俺は居た堪れなくなり、再びうつむいてしまった。そのときだった。なんと涼子さんは俺の手を取ると両手で優しく包み込んだのだ!そして俺の顔を覗き込むようにして言った。「嬉しいわ…好きだなんて言われたのもう何年振りかしら…ゆうきくんありがとう」俺の心臓はこれでもかというくらいにドクンドクンと鼓動していた。
 
涼子さんの白くて細い指が俺の手に絡みついている。たったのそれだけで……あろうことか俺ははち切れんばかりに勃起してしまったのだった。やばい!と思い咄嗟に前屈みになる。(頼む…バレるな…バレるな…鎮まれ…鎮まれ…)神に祈るような心境で、俺は必死に熱くなっていくち○ちんを抑え込もうとしていた。だが、非情にも祈りは通じなかった。「きゃっ…!ゆうきくん…」りょうこさんはテントを張った俺のズボンを見て小さく悲鳴をあげた。それもそのはず、俺のち○こは自分で言うのもなんだが相当デカく、前屈みになったくらいで隠しきれるようなモノではなかったのだ。終わった……、心からそう思った。だが、しばらくの沈黙の後、リョウコさんが取った行動に俺は度肝を抜かれた。なんと、ズボンの上から優しく俺のチ○コを撫で始めたのだ!そして、濡れた瞳で俺を見つめ……艶のある唇から信じられないような言葉が飛び出した。
 
「誰にも…言わない?」俺はその言葉の意味を理解するのに一瞬の時間も必要なかった。「…はい、絶対に」リョウコさんは俺の言葉を聞くやいなや、唇を重ねてきた。俺は初めは目を白黒させていたものの、やがて溺れるように遼子さんの口を貪った。涼子さんもすでに興奮しているのか、時折じゅぱっ、じゅぱっ、と激しく音を立てながら俺の舌と自分の舌を淫らに絡めた。俺は勢いに任せてついに涼子さんの爆乳に手をかけた。手にも収まりきらないその爆乳は柔らかくて、重量感があって、ニットの触り心地の良さもあって最高の揉み心地だった。今までオカズにしてきたおっぱいが今俺の手の中にある、そう思うと手には自然と力がこもった。弾力を味わうようにしてむにむにと何度も何度も揉み込んだ。「あぁ…ゆうきくん…上手よ……」りょうこさんのうっとりした表情を見ていたらますます興奮してしまって、俺は涼子さんの爆乳に顔をうずめた。
 
すると涼子さんはそれを優しく受け入れるかのように俺の頭に手を回した。まるで聖母に包まれているような高揚感を感じた。「ああ…遼子さん…遼子さぁん……!」俺は無意識に涼子さんの名前を呼んでいた。目の前にその人は居るというのに、まだ信じられなくて存在を確かめている、そんな心境だったと思う。そしてそんな俺の頭を優しく撫でながら微笑む遼子さん、それは「私はちゃんとここにいますよ」と俺に伝えようとしているように思えた。夢見心地で両手で爆乳をたぐり寄せ、その間に自分の顔を何度も擦り付ける。ニットの感触も、ブラのカップの感触も、その下にある豊満な乳房の感触も、どれもが俺にとっては新鮮で強烈な刺激だった。「ふふっ…おっぱいが好きなのね……。じゃあ直接触ってみる…?」そう言うとリョウコさんはニットに手をかけ、なまめかしく肢体を身じろがせながらそれを脱ぎ捨てた。黒いレースのブラと、そこに収まりきらずに大半が露出した白く巨大な乳房が姿を現した。その色のコントラストの妖艶さと、ついに姿を見せた氷山の一角に俺の興奮はギンギンに高まっていった。
 
股間は痛いほどにそそり勃っていた。リョウコさんが自らの背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる。はにかみ、うつむきがちな様子がまた可愛らしくて俺の肉欲を一層駆り立てた。そして、ついにそのときがきた。肩紐をだらりと下ろし、そこから腕を抜き、静かにブラを外した。現れたのは、むっちりと張り詰めた、一切垂れずに美しい曲線を描いた完璧な爆乳だった。その中心には少し大きめで綺麗な円の形をした乳輪と、こちらも少し大きめのぽってりとした可愛らしい乳首があった。円熟した身でありながらその色には少しの濁りも無く、まるで桜の花びらを思わせる澄んだ美しいピンク色をしていた。間近で見る生の乳房に俺は目を見開き食い入るように見つめていた。数々の爆乳モノのAVを見てきた俺の中でも、色、形、共に間違いなく最高と呼べる爆乳だった。
 
「そんなにまじまじ見られると恥ずかしいな……」遼子さんは微笑を浮かべながら、いじらしく、身体をもじもじとくねらせていた。俺は震える手を静かにりょうこさんのバストへと持っていった。「んっ…」リョウコさんが甘い声を漏らす。俺はそれを聞きながら、一心不乱に遼子さんのおっぱいを揉んでいた。初めて揉むオッパイの感触に、俺は感動していた。柔らかくて、弾力もあって、ずっしりとした重みがたまらなく心地よかった。それに加えてりょうこさんの母性がそこに詰まっているような気がした。いつまでも揉んでいたいと心から願った。「あっ…はぁん……」遼子さんは瞳を閉じ、淡い快楽に身を浸らせていた。すると、むくむくと乳首がさっきまでより大きくなっているのが分かった。俺は誘われるように指をそこへ持っていく。「ぁあっ…!」一瞬リョウコさんが身を震わせた。そこはコリコリしていて、すっかり尖りきっていた。女性の乳首ってこんなに硬くなるものなのかと俺は驚いた。
 
俺の指が乳首をかすめるたび、涼子さんは「んっ…」と敏感に反応していた。りょうこさんが感じている、その事実が分かると、俺はもっと涼子さんが乱れる姿が見たいと思うようになった。その気持ちに後押しされるように、俺は遼子さんの乳首をピンピンとはじいたり、さわさわとフェザータッチを繰り返したり、きゅっと優しく摘んだりと思いつくままに弄り続けた。「あっ…あっ…だめぇ……」遼子さんの感じている姿はあまりにも色っぽくて、俺は指を動かしながら思わず見とれていた。するとりょうこさんが濡れた瞳で囁いた。「んっ…まっ、ゆうきくん……舐めて……」その言葉に俺は顔を乳房へと持っていき、唇をすぼめて尖りきった乳首に吸い付いた。「んんっ!」舌先でコロコロと乳首を転がしていると遼子さんの吐息は荒くなっていった。その反応がたまらなくて、もっとリョウコさんを悦ばせようと俺は一層舌先を動かし続けた。「んっ…はぁん…舐め方……上手よ……ゆうきくん……」童貞だったのでほとんど勢い任せの愛撫だったけれど、遼子さんにそう言ってもらえて俺も幾分か自信が湧いた。
 
もう片方の乳首も同じようにちゅう、ちゅう、と吸い付いた。「んっ…ふふ…赤ちゃんみたいで可愛いわ……」そう言うとりょうこさんは再び俺の頭を優しく撫でてくれた。「けど…赤ちゃんはこんなにオ×ン×ン硬くしないわよね……ふふっ」リョウコさんはギンギンになった俺のチン○ンをズボン越しにさすり始めた。俺はもう限界だった。「き…リョウコさん……もう我慢できないです……」乳首から口を離し俺は呻くように言った。「ん~?何が我慢できないのかな~?ふふっ…」小悪魔のような意地悪な笑みを浮かべながらリョウコさんが囁く。「ち…直接…触ってほしいです……」俺は懇願するように遼子さんを見つめ、言った。りょうこさんはふふっと笑うと、しょうがない子ね、と言いながら俺を立たせた。そしてベルトを外し、ズボンに手を掛けゆっくりと脱がしてくれた。ボクサーパンツを突き破らんばかりに膨らんでいる様子を見て、リョウコさんもあらためてその大きさに驚いたようだった。
 
「すごい…すごく大きくなってるね……」リョウコさんが目を丸くしながら俺の股間に釘付けになる。次第にゆっくりと手を伸ばすと、パンツの上からまたさわさわと撫で始めた。そして、いよいよパンツにも手を掛け、ゆっくりと引き下ろしていく。「きゃっ…!」びんっ、と現れた俺のはち切れんばかりに反り返ったちんこを見て、リョウコさんは小さな悲鳴を上げた。実際に生で見ると想像を超える大きさだったのか、口をぽかんと開けたまましばらくの間固まってしまっていた。「遼子さん…触ってみてください…」俺の言葉にハッとなった遼子さんは、静かに手を伸ばすと指先でフェザータッチを繰り返した。ぞくぞくするような快感が俺に走る。じれったいような、けれどこのまま悶絶していたくなるような、なんとも言えない甘いひと時だった。やがてリョウコさんは優しくおち○ちんを握り、上下に小刻みにしごき始めた。
 
「ううっ!」先ほどまでと比較にならない強烈な快感が俺を襲った。自分で握りしめるのとはまるで異なる、未だかつて味わったことのない快楽だった。「本当にすごいわ……とても逞しくて……カチンコチンに硬くなってる……」オチ○チンをしごきながらリョウコさんは感嘆していた。その手の動きに弄ばれるように、俺は全身をピクピクと震わせ快楽に浸っていた。「ああっ!りょうこさんっ!気持ちいいですっ!」悶える俺の様子を見てりょうこさんも火が付いたようだった。クスッと笑うと、なんとチンチンに美貌を近づけ、ぱくりとち○ちんを咥え込んだのだ!「うあぁっ!」俺もこれは想定していない事態だった。まさかフェラチオまでするとは考えてもおらず、突然ちん○んを襲った生暖かい感触に思わず天を仰いだ。涼子さんはうつむき加減に一心不乱に俺のちんこを貪っていた。口をすぼめ、涎を垂らし、ぐちゅっ、ぐちゅっ、と音を立てながらしゃぶりつくその様子は、普段の清楚なイメージの遼子さんからかけ離れすぎていて、それがこの上なく俺を興奮させた。
 
それに加えて、俺は初めて体験するフェラチオの気持ちよさに感動していた。まるで別の生き物がち○ちんに絡みつき、俺の精を根こそぎ搾り取ろうとしている、そんな風に思えた。そんな快感に、俺は長くは抗えなかった。あっという間に下半身の奥底から込み上げてくるものを感じていた。「ああっ!涼子さん!もうダメです!イキそうです!」その言葉にりょうこさんは俺の顔を見上げたが、ち○こから口を離す様子は無かった。それどころか一層顔と舌を動かし、射精を促していた。口で受け止めようとしてくれている、りょうこさんのその行動に俺は心の中で歓喜の声を上げていた。「もうダメだッ……!あっ、イクっっ!!」俺はりょうこさんの口の中へ溜まっていたセーシをぶち撒けた。これまでの人生で最高の興奮に達していたからか、自分でも信じられないほど大量のザーメンを吐き出したと思う。「あっ!ああっー!!」りょうこさんは瞳を閉じ、長い間静かに俺の射精を受け入れてくれていた。やがてザーメンが出尽くしたのを感じ取ると、りょうこさんはゆっくりとチンコを口から離した。そして、なんと、口の中いっぱいに溜まったセーシを、ごっくん、と飲んでくれたのだ。「……ふふっ、とっても濃厚で量もすごかったわよ」そう言って涼子さんはニッコリと笑った。
 
俺は幸福感に包まれながら崩れ落ちるように再びソファーに座りこんだ。そして、ごろりと横たわると無意識のうちに遼子さんの太腿の上へ自分の頭を預けた。そんな俺に、遼子さんは微笑みかけながら頭を撫でてくれた。射精した後でこれほどまでに至福のひと時を過ごせることがこれから先の人生であるだろうか。りょうこさんに膝枕をしてもらいながら、ぼーっとそんなことを考えていた。ふと見上げると、巨大な乳房が俺の視界を覆い尽くしていた。違う角度から見てあらためてその大きさに驚く。しばらくそれを凝視していると、俺の中で再び血が騒ぐ思いがした。遼子さんも俺の異変に気付いたようだった。「やだっ…ゆうきくんたら出したばっかりなのにまた大きくなってる……」だがその声色には嬉しさのようなものが含まれているように俺には感じられた。「す、すいません…このおっぱい見てたら…また……」「ふふっ、本当におっぱいが好きなのね。それならほ~ら、また好きなだけ召し上がれ」そう言うと涼子さんは自分のバストを俺の顔に押し当ててきた。待ってましたと言わんばかりに俺は無心で乳首に吸い付いた。もうこのまま一生こうしていたい、心の底からそう思った。
 
やがてオチ○チンは完全に硬さを取り戻し、天を衝くようにそそり勃っていた。「あらあら、しょうがない子ね、ふふっ」りょうこさんは苦笑しながらち○こに手を伸ばした。そして優しくしこしことしごいてくれた。俺がAVのあらゆるシーンの中で最も好きな授乳手コキというやつだ。母性に包まれながら赤ん坊のようになり肉欲を受け止めてもらう、爆乳ファンとしてはたまらないシチュエーション。今、それを遼子さんにしてもらっているのだ。興奮しないはずがなかった。「んっ…んんっ…」尖った乳首に吸い付きながら下半身から込み上げてくる快感に思わず喘いでしまう。そんな俺をあやすように遼子さんは微笑みながら頭を撫でてくれた。本当に赤ん坊になった気分だった、そしてそれがこの上なく心地よかった。「どう、気持ちいい…?いつでも出していいわよ…」遼子さんが甘い声で囁く。その言葉を契機に、俺は再びこみ上げてくるものを感じた。「んっ!んんーっ!」チンチンがびくんびくんと脈動し、スペルマが噴水のように飛び散った。2回目とは思えないほどの量が出たと思う。「きゃっ!すごい、まだこんなに出るなんて!」リョウコさんも驚きの声を上げる。「はぁ…はぁ…」
 
「ううっ!」先ほどまでと比較にならない強烈な快感が俺を襲った。自分で握りしめるのとはまるで異なる、未だかつて味わったことのない快楽だった。「本当にすごいわ……とても逞しくて……カチンコチンに硬くなってる……」ち○こをしごきながら遼子さんは感嘆していた。その手の動きに弄ばれるように、俺は全身をピクピクと震わせ快楽に浸っていた。「ああっ!リョウコさんっ!気持ちいいですっ!」悶える俺の様子を見てリョウコさんも火が付いたようだった。クスッと笑うと、なんとおち○ちんに美貌を近づけ、ぱくりとチンチンを咥え込んだのだ!「うあぁっ!」俺もこれは想定していない事態だった。まさかフェラチオまでするとは考えてもおらず、突然お○んちんを襲った生暖かい感触に思わず天を仰いだ。りょうこさんはうつむき加減に一心不乱に俺のおち○ちんを貪っていた。口をすぼめ、涎を垂らし、ぐちゅっ、ぐちゅっ、と音を立てながらしゃぶりつくその様子は、普段の清楚なイメージの遼子さんからかけ離れすぎていて、それがこの上なく俺を興奮させた。
 
それに加えて、俺は初めて体験するフェラチオの気持ちよさに感動していた。まるで別の生き物がチンチンに絡みつき、俺の精を根こそぎ搾り取ろうとしている、そんな風に思えた。そんな快感に、俺は長くは抗えなかった。あっという間に下半身の奥底から込み上げてくるものを感じていた。「ああっ!りょうこさん!もうダメです!イキそうです!」その言葉にりょうこさんは俺の顔を見上げたが、ち○ちんから口を離す様子は無かった。それどころか一層顔と舌を動かし、射精を促していた。口で受け止めようとしてくれている、遼子さんのその行動に俺は心の中で歓喜の声を上げていた。「もうダメだッ……!あっ、イクっっ!!」俺はりょうこさんの口の中へ溜まっていたザ○メンをぶち撒けた。これまでの人生で最高の興奮に達していたからか、自分でも信じられないほど大量のザ○メンを吐き出したと思う。「あっ!ああっー!!」リョウコさんは瞳を閉じ、長い間静かに俺の射精を受け入れてくれていた。やがてザ○メンが出尽くしたのを感じ取ると、りょうこさんはゆっくりとチンチンを口から離した。そして、なんと、口の中いっぱいに溜まったザ○メンを、ごっくん、と飲んでくれたのだ。
 
「……ふふっ、とっても濃厚で量もすごかったわよ」そう言ってりょうこさんはニッコリと笑った。俺は幸福感に包まれながら崩れ落ちるように再びソファーに座りこんだ。そして、ごろりと横たわると無意識のうちに遼子さんの太腿の上へ自分の頭を預けた。そんな俺に、遼子さんは微笑みかけながら頭を撫でてくれた。射精した後でこれほどまでに至福のひと時を過ごせることがこれから先の人生であるだろうか。リョウコさんに膝枕をしてもらいながら、ぼーっとそんなことを考えていた。ふと見上げると、巨大なおっぱいが俺の視界を覆い尽くしていた。違う角度から見てあらためてその大きさに驚く。しばらくそれを凝視していると、俺の中で再び血が騒ぐ思いがした。涼子さんも俺の異変に気付いたようだった。「やだっ…ゆうきくんたら出したばっかりなのにまた大きくなってる……」だがその声色には嬉しさのようなものが含まれているように俺には感じられた。「す、すいません…このおっぱい見てたら…また……」「ふふっ、本当におっぱいが好きなのね。それならほら、また好きなだけ召し上がれ」そう言うと涼子さんは自分のおっぱいを俺の顔に押し当ててきた。
 
待ってましたと言わんばかりに俺は無心で乳首に吸い付いた。もうこのまま一生こうしていたい、心の底からそう思った。やがてち○こは完全に硬さを取り戻し、天を衝くようにそそり勃っていた。「あらあら、しょうがない子ね、ふふっ」リョウコさんは苦笑しながらチ○コに手を伸ばした。そして優しくしこしことしごいてくれた。俺がAVのあらゆるシーンの中で最も好きな授乳手コキというやつだ。母性に包まれながら赤ん坊のようになり肉欲を受け止めてもらう、爆乳ファンとしてはたまらないシチュエーション。今、それを涼子さんにしてもらっているのだ。興奮しないはずがなかった。「んっ…んんっ…」尖った乳首に吸い付きながら下半身から込み上げてくる快感に思わず喘いでしまう。そんな俺をあやすようにリョウコさんは微笑みながら頭を撫でてくれた。本当に赤ん坊になった気分だった、そしてそれがこの上なく心地よかった。「どう、気持ちいい…?いつでも出していいわよ…」遼子さんが甘い声で囁く。その言葉を契機に、俺は再びこみ上げてくるものを感じた。「んっ!んんーっ!」オ○ンチンがびくんびくんと脈動し、スペルマが噴水のように飛び散った。2回目とは思えないほどの量が出たと思う。「きゃっ!すごい、まだこんなに出るなんて!」りょうこさんも驚きの声を上げる。「はぁ…はぁ…」
 
「ううっ!」先ほどまでと比較にならない強烈な快感が俺を襲った。自分で握りしめるのとはまるで異なる、未だかつて味わったことのない快楽だった。「本当にすごいわ……とても逞しくて……カチンコチンに硬くなってる……」チ○ポをしごきながらリョウコさんは感嘆していた。その手の動きに弄ばれるように、俺は全身をピクピクと震わせ快楽に浸っていた。「ああっ!りょうこさんっ!気持ちいいですっ!」悶える俺の様子を見てりょうこさんも火が付いたようだった。クスッと笑うと、なんとちんこに美貌を近づけ、ぱくりとおちんちんを咥え込んだのだ!「うあぁっ!」俺もこれは想定していない事態だった。まさかフェラチオまでするとは考えてもおらず、突然オチ○チンを襲った生暖かい感触に思わず天を仰いだ。遼子さんはうつむき加減に一心不乱に俺のチンポを貪っていた。口をすぼめ、涎を垂らし、ぐちゅっ、ぐちゅっ、と音を立てながらしゃぶりつくその様子は、普段の清楚なイメージのリョウコさんからかけ離れすぎていて、それがこの上なく俺を興奮させた。
 
それに加えて、俺は初めて体験するフェラチオの気持ちよさに感動していた。まるで別の生き物がちん○んに絡みつき、俺の精を根こそぎ搾り取ろうとしている、そんな風に思えた。そんな快感に、俺は長くは抗えなかった。あっという間に下半身の奥底から込み上げてくるものを感じていた。「ああっ!リョウコさん!もうダメです!イキそうです!」その言葉に涼子さんは俺の顔を見上げたが、ちんこから口を離す様子は無かった。それどころか一層顔と舌を動かし、射精を促していた。口で受け止めようとしてくれている、リョウコさんのその行動に俺は心の中で歓喜の声を上げていた。「もうダメだッ……!あっ、イクっっ!!」俺は涼子さんの口の中へ溜まっていた白濁液をぶち撒けた。これまでの人生で最高の興奮に達していたからか、自分でも信じられないほど大量のスペルマを吐き出したと思う。
 
「あっ!ああっー!!」遼子さんは瞳を閉じ、長い間静かに俺の射精を受け入れてくれていた。やがてザーメンが出尽くしたのを感じ取ると、涼子さんはゆっくりとチン○ンを口から離した。そして、なんと、口の中いっぱいに溜まった白濁液を、ごっくん、と飲んでくれたのだ。「……ふふっ、とっても濃厚で量もすごかったわよ」そう言って遼子さんはニッコリと笑った。俺は幸福感に包まれながら崩れ落ちるように再びソファーに座りこんだ。そして、ごろりと横たわると無意識のうちにりょうこさんの太腿の上へ自分の頭を預けた。そんな俺に、リョウコさんは微笑みかけながら頭を撫でてくれた。射精した後でこれほどまでに至福のひと時を過ごせることがこれから先の人生であるだろうか。涼子さんに膝枕をしてもらいながら、ぼーっとそんなことを考えていた。ふと見上げると、巨大な乳房が俺の視界を覆い尽くしていた。違う角度から見てあらためてその大きさに驚く。
 
しばらくそれを凝視していると、俺の中で再び血が騒ぐ思いがした。涼子さんも俺の異変に気付いたようだった。「やだっ…ゆうきくんたら出したばっかりなのにまた大きくなってる……」だがその声色には嬉しさのようなものが含まれているように俺には感じられた。「す、すいません…このおっぱい見てたら…また……」「ふふっ、本当におっぱいが好きなのね。それならほ~ら、また好きなだけ召し上がれ」そう言うと遼子さんは自分のバストを俺の顔に押し当ててきた。待ってましたと言わんばかりに俺は無心で乳首に吸い付いた。もうこのまま一生こうしていたい、心の底からそう思った。やがておちん○んは完全に硬さを取り戻し、天を衝くようにそそり勃っていた。「あらあら、しょうがない子ね、ふふっ」リョウコさんは苦笑しながらお○んちんに手を伸ばした。
 
そして優しくしこしことしごいてくれた。俺がAVのあらゆるシーンの中で最も好きな授乳手コキというやつだ。母性に包まれながら赤ん坊のようになり肉欲を受け止めてもらう、爆乳ファンとしてはたまらないシチュエーション。今、それをりょうこさんにしてもらっているのだ。興奮しないはずがなかった。「んっ…んんっ…」尖った乳首に吸い付きながら下半身から込み上げてくる快感に思わず喘いでしまう。そんな俺をあやすように涼子さんは微笑みながら頭を撫でてくれた。本当に赤ん坊になった気分だった、そしてそれがこの上なく心地よかった。「どう、気持ちいい…?いつでも出していいわよ…」遼子さんが甘い声で囁く。その言葉を契機に、俺は再びこみ上げてくるものを感じた。「んっ!んんーっ!」ち○ちんがびくんびくんと脈動し、白濁液が噴水のように飛び散った。2回目とは思えないほどの量が出たと思う。「きゃっ!すごい、まだこんなに出るなんて!」涼子さんも驚きの声を上げる。「はぁ…はぁ…」
 
出会い系サイトPCMAXでの巨乳の若妻とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓











































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.