deaikeitaiken_novel

【PCMAX体験談】可愛いロリ巨乳アイドルと処女喪失sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は相も変わらずであいけいマッチングサイトで激カワの女性をセックスフレンドにして、オフパコエッチにいそしんでいます(^○^)
 
さて、今回は秘密の出会いができるおすすめの出逢い系マッチングサイトのピーシーマックスで出会ったバージンのロリ地下アイドルと東京都八王子市で会ってセフレにして今すぐオフパコエッチをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山撮れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなエッチのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系コミュのPCMAXで出会った女性は地下アイドルで、名前は奈々ちゃんといいとても美人でした(^0^)
 
彼女とは、出会系コミュのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、八王子駅近くのおしゃれな海鮮居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホに行ってタダマンsexをしました。
 
彼女と東京都八王子市の八王子駅周辺のラブホの部屋に入ると、「今日はね、一大決心をしてきたの。聞いてくれる?」 10代のロリアイドルは言った。たいていの場合、コロコロ変化する決心なので、ゆうきは適当な返事をした。「別にいいけど」 「わたしって、キスは知ってるけど、処女でしょう」「うん、そうだね」 ゆうきはリアルな性体験など皆無だが、彼女はJKのときに、家庭教師の大学生とキスを経験していた。「だけど女友だちはみんな、非処女なのよね。セックスをしたかしないかで、お子ちゃま扱いされたり引け目を感じるなんてバカみたいだから、この際、パーッとね、捨てちゃおうかと思って」「一大決心って、それ?」「だって。男にとって、処女って重いんでしょう」「まあ、責任を感じるというか、簡単に手出しはできないと思うかな」「やっぱり。ずっしりと重いのねえ」 清楚なロリ地下アイドルは言って、長い溜息をついた。
 
別に女友だちが先に初体験を済ませているから、焦りを感じているというわけではないらしい。 むしろファーストキスの相手が、地下アイドルの奈々ちゃんを処女だと知ってそれ以上は手を出さなかった過去。プラス、憧れているアメフト男が友だちに、「処女は重い」と発言しているのを盗み聞いてしまったこと。その二つの出来事が重なって、コンプレックスをひどく刺激しているそうだ。「たかだか膣の入り口にある粘膜のヒダが、わたしの恋愛の枷になるなんて理不尽よ。ゆうきはどう思う?」「ロリアイドルさんが、自分らしくいられる方向に進めばいいんじゃないかな」 不機嫌になると手に負えないので、共感することに決めていた。「さすが。ゆうきなら、そう言ってくれると思ったわ。じゃあ、協力してね」「はい? 何を?」「処女を捨てるんだから、sexに決まってるじゃない」
 
 あからさまに言われてゆうきは驚いた。青天の霹靂どころではない。棚から牡丹餅が落ちてきて、押しつぶされたような衝撃だった。「えええっ、俺が相手ってこと?」「だって誰にも知られずに、気軽に頼める男はゆうきしかいないもの」 断るつもりは毛頭なかったが、重大な問題が一つある。「だけど、知ってるだろう」「んんんっ? 何を?」「俺は、童貞なんだぜ。エッチのやり方なんてよくわからないよ」「だからいいのよ。わたしだって処女だから、対等でしょう。観たことのない映画や、行ったことのない場所へ旅行するのと同じよ。二人で手探りしながら初体験できるじゃない」「しかし……」 友だち宣言をした異性のマブダチなのだ。童貞を卒業したい気持ちは山々なれど、お互い恋愛したい相手は別々にいるのに、こんなに軽く肉体関係を結んでもいいのだろうか。「ゆうきだって、わたしで練習しておいたほうがいいんじゃない。いつか憧れの相手と付き合えたときに、スマートなエスコートができるように」「たしかに……」 一理ある。童貞のままで本命に挑むと、パニック状態になってしまう可能性が大きい。脳内麻薬がドバドバ出すぎて、挿入前に粗相するケースだって考えられる。備えあれば憂いなしだ。
 
 そもそも、キスのとき舌を入れるタイミングはいったい何秒後なのか。バストや乳首は、どのくらいの加減で愛撫すればいいのか。手マンやクンニリングス、ピストン運動の強さ、リアルなsexはわからないことだらけだ。 ゆえに練習は必要なわけで、上達して困ることは何もない。などと、ゆうきの頭の中がエロまみれになったところで地下アイドルが挑発した。「もしかしてゆうき、ビビッてるの?」「そ、そんなことは絶対にない」「じゃあ、オーケー?」「ま、まあな。マブダチの頼みだから、断ったら男がすたる」「だよね。エッチしたくらいで壊れたら、本当の友情って言えないよね」「おうっ。男女一瞬、ダチ一生って標語があるくらいだからな」「カッコいい。ねえ、ゆうきはキスも未体験だったよね」「うん」「わたしは経験者だから、きっちり教えてあげる」 そしてゆうきとスリムなロリ地下アイドルは、ベッドに並んで座った。何故か言葉は交わさずに、ただ手を握り合った。練習とはいえ、ファーストキスを決行するゆうきは極度に緊張していた。 清楚なアイドルはずっと下を向いていた。キス経験者と豪語していたが、恥ずかしがっているようにも見える。ゆうきがそっと肩に触れると、彼女は身体をぶつけるように抱きついてきた。 オーデコロンだろうか、甘酸っぱい匂いが鼻腔に飛び込む。刺激が強すぎてクラクラとめまいがした。あわててゆうきも自称処女のロリアイドルの身体を抱きしめ、頭や背中、?き出しの腕などを優しく撫でた。
 
 ミルク色でツヤツヤした肌の手触りは、とても滑らかで素晴らしい。(女の子って、こんなにも柔らかくて、いい匂いがするのか) 異性であるが、今までメンヘラのアイドルを性的対象として意識しなかった。友人の彼女や従姉妹と接するときのように、ゆうき自身で自然とブレーキをかけていた。 なのに抱きしめただけで、生々しいエロ気分が湧き上がってきた。緊張が頭とか心ではなく股間のち○こに伝わった。心臓のドキドキがちんこのムクムクになり、あっという間にフル勃起した。 ゆうきの胸に顔を埋めた10代の地下アイドルは、少し震えているようだった。強がっていても、初体験には痛みの伴う処女なのだ。やはり、こんなふうに捨てるよりも、憧れている相手のほうがいいと考え直しているのだろうか。「ななちゃん。もしかして、後悔してるとか?」 桜色に染まった?を撫でながら訊くと、アイドルのナナちゃんは首を横に振った。「後悔? どうして? あのさ、ゆうきが憧れてるバレリーナって、キス未経験者の可能性もあるわよね」 顔を上げたロリアイドルの表情は、いつもとまったく変わらなかった。
 
恥ずかしがっているように見えたのは、単なるゆうきの思い込みだった。肌に赤みが差しているのは羞恥ではなく、きっと興奮によるものだ。「けっこうな確率で、そうかもしれない」 事実はわからないが、ゆうきの妄想では無垢なバレリーナなのである。「だったら最初のキスは、乙女心をくすぐるほうがいいわ」「どうやって?」「いきなり唇にいかないで、最初は?やおでこにチュッとするのよ」 さっそく、キスのレッスンが始まった。頷いたゆうきはアイドルのアドバイスに従って、最初はおでこに軽く唇をつける。次に閉じた瞼、鼻の頭、ほおにキスをした。 それから桃の花びらのような唇を、指でそっと撫でて柔らかさを楽しんだ。そうしているうちに、美形のロリアイドルの唇が半開きになってきたので、ゆうきは自分の唇を重ねる。すると彼女は、自分からチュッと唇を突き出した。 しばらく二人で小鳥が餌を啄ばむようなキスを繰り返したあと、美しい地下アイドルは嬉しそうに微笑んだ。「ゆうき、優秀よ。唇を指で撫でるの、すごくよかった。でね、わたしがしたのは、たいていの女の子が大好きなバードキス。これも重要なのよ」
 
「物足りないな。俺はさっさと、舌を絡め合うディープキスがしたいけど」 お互いの唇を貪り、舌を吸い、唾液を味わう濃厚な接吻を欲していた。「焦らないでよ。エッチな気分が盛り上がったら、自然にそうなるんだから」「はい、先生」 ゆうきは言って、じっくりとバードキスの雨を降らせた。激カワのロリアイドルの背中に両手を回し、ギュッと抱き寄せる。おっぱいの奥から、トクトクという心臓の鼓動が伝わってきた。男と女は、こんなにも距離を縮められるのだと感動した。 啄ばむだけでは我慢できなくなり、ぽってりした処女のロリアイドルの上唇と下唇を順番に甘?みした。蕩けるように柔らかい。次に舌を遣って女唇の裏側を舐めた。舌を探したのだが、前歯に阻まれた。「んふっ、んふふふっ」 ロリアイドルはくすぐったそうに呻く。「そろそろ、舌を出してくれよ」 ゆうきが不満を漏らすと、ロリ地下アイドルは控えめに舌を突き出した。 しばらく、チロチロと舌先同士のくすぐり合いを楽しんだ。ついに大人のキスの領域に入った。焦らずにゆっくり、もっとねっとり舌を絡めたい。などと思ったが、ゆうきは息をすることをすっかり忘れていた。「ぷはっ。すぅううううっ、はぁあああああ」 窒息しそうになったので、そっぽを向いて深呼吸する。「どうしたの?」「だって俺、もう息が限界でさ……」「バカね。息は止めなくていいのよ。大人のキスはね、お互いの吐息も味わうものなんだから。もう、可愛くて包んであげたくなっちゃう」 
 
無呼吸接吻にあきれつつ、可愛いロリ地下アイドルはゆうきをギュッと抱きしめ、髪をクシャクシャにしたり、ヨシヨシと頭を撫でたりした。「キスの先輩、もう一回チャンスをくれよ」 一歳年下男の言葉にアイドルのナナさんは頷き、そっと目を閉じた。 ゆうきは地下アイドルのぽってりと厚くて柔らかな唇の輪郭を、舌の先でゆっくりとなぞった。唇の裏、歯茎、前歯のゆるやかなアーチ、歯茎の裏などを舌の先が届く限り深く探検した。「あっ、はあぁあ。んんんっ、ふぅ」 可愛い喘ぎ声が女唇から漏れ、未成年の地下アイドルは舌を突き出してきた。 すかさずゆうきは、自分の舌を絡め、ねっとりとしゃぶって吸った。みるみるうちに、巨乳の地下アイドルの身体から力が抜けていくのがわかった。「ゆうきのキスって、素敵よ」 乱れ始めた息の中で、ロリ地下アイドルがつぶやく。 それから二人でベッドに寝転がり、大人のキスに夢中になった。トロトロの唾液が、口の中で溶け合う感覚がものすごく淫靡だった。上になったり下になったり、横向きになったりしながら、唇と舌と吐息での会話を続けた。「ねえ、ゆうき。さっきからずっと、熱くて硬いものが下腹にあたってるんだけど、もしかしてコレってアレよね」 長いキスを終え、うっとりした表情の彼女がつぶやく。
 
「うん。ロリ地下アイドルのナナさんさんを抱きしめた瞬間から、延々と勃起しっぱなしだよ」「まさに、痛風ならぬ勃風ね」「なんだそれ?」「若い男の子って、吹いてきた風があたっただけでも勃起するんでしょう。友だちが教えてくれたわ」「たしかにすぐ勃つけど、さすがに風じゃ無理だよ。さわってみるかい?」 ゆうきは地下アイドルの手をジーンズの股間に導く。二枚の布越しにちんちんを握り、大きさと形を確かめた処女は急にうろたえた。「ひぃいい。む、無理無理無理っ。こんなに大きいの、絶対に入らないっ」「大きくないよ、普通だよ」「普通でも無理。タンポンの何倍もあるんだもん。痛いにきまってるから、怖くてセックスなんてできないわっ」 なんだか地下アイドルのナナさんは、軽くパニック状態になっている。「ちゃんと愛撫して、濡れてたら大丈夫だと思うけどなあ」「童貞のゆうきに言われても、何の気休めにもならない。ちょっと待って、考えさせて」 sexフレンドのアイドルは言って、トイレに駆け込んでしまった。 あっけにとられて見送ったあと、ゆうきはほくそえんだ。不謹慎かもしれないが、アイドルが勃起したおち○ちんに怯えている姿は新鮮で可愛かった。一歳年上だからと先輩ぶって、いつも上から目線のロリアイドルの南那さんの意外な一面を知ることができた。しばらくして戻ってきた自称処女のロリアイドルは、ゆうきに向かって手の平を合わせ、拝むようなポーズをした。「ごめん、来ちゃった」「何が?」
 
「月に一度の、女の子休暇」「えええーっ。それじゃあ、セックスできないじゃん」 今日のところは、キスの練習だけでおしまいということか。もちろんゆうきには、無理強いするつもりなど毛頭ない。けれど、少しだけがっかりした気分なのも否めない。「うん。残念だけど」「なんか、ホッとしてないか?」 ちょっと前まで女子高生のロリアイドルが安堵の表情なのは、きっと痛みを伴う挿入行為から解放されたからに違いない。「ちょっとね。心も身体も準備ができてるつもりだったけど、大きくなってるオチンチンが衝撃的すぎたのよ。もっと慣れて、わたしが怖くないって思えてから再チャレンジしようよ」 彼女は言って、仰向けのゆうきに添い寝した。「とりあえず、どうすれば慣れるのかな?」「そうね。もう一回、さわってもいいかしら?」「お、おう。でも、大丈夫なのか?」「年下の男の子のオチン○ンにさわるくらい、別に何ともない。さっきはね、はっきり正体がわからないから怖かったのよ。つまり、お化けと同じ。だからジーンズとパンツを脱いで、すべて見せてちょうだい」 起き上がった少し前までJKのアイドルは、フンッと鼻を鳴らして命令する。おち○ちんの大きさを確認して、恐れおののいていた姿が?のようだ。「俺だけ脱いで見せるなんて、恥ずかしいよ」「そんなの、男らしくない」 つまらなそうに、処女のアイドルが唇を尖らせる。「でも俺、まだシャワーも浴びてないし」 ふだんから男女は対等だと主張しているくせに、こんなときだけ男らしさを求めるなんて理不尽だ。「ゆうきっ、乙女みたいに恥ずかしがっている場合じゃないわ。もっと前向きに考えようよ。
 
無事に処女&童貞を卒業するために、二人で一致団結して頑張ろう。これはそのための、第一歩なのよ」 かわゆいアイドルに言われて目が覚めた。「だ、だよな」 すべてはエッチのためなのだ。ウジウジしている場合ではない。 考えてみれば初めての一人エッチ以来、ずっと女性の手でさわられたかった。擬似的に味わいたくて左手を使ったり、逆手で握ったり、女性の手に見えるように母親のマニキュアを無断で拝借して、片手だけ塗ってみたこともあった。 今パンツを脱げば、あのころの努力が報われる。迷うことは何もない。ゆうきは寝たままの格好で、勢いよくジーンズとボクサーショーツを脱いだ。 途中パンツのゴム部分に引っかかったので、生意気処女の目の前で隆々とそそり立つお○んちんは、ビヨンッ、ビヨンッと揺れた。「いやんっ。なんだか、ケダモノって感じ」 ロリ地下アイドルの南那ちゃんは言って、仰向けになったゆうきの腰のあたりで正座し直した。そして猛々しいち○ちんに、おそるおそる手を伸ばす。「てっぺんが、ちょっと割れてるのね」 人差し指を近づけるだけで、なかなかさわらない。「尿道口だよ。おしっこもザ○メンも、そこから出るんだ。あと、これも……」 神妙に説明しながら、ゆうきはPC筋を締めた。途端に尿道口から、先走りの露がこぼれた。「あっ、透明の液体が出てきた。男も濡れるのね」 さらに、指が近づく。「いわゆる、先走り汁ってやつさ」 
 
ついに、接触の瞬間がやってきた。「ふぅううん、コレが噂の先走り汁かぁ。わっ、ヌルヌルしてる」 色っぽいアイドルは人差し指の腹を尿道口にあてて小さな円を描き、ちん○んの頭頂部にガマン汁を塗りたくる。あまりにも、唐突な愛撫だった。今まで体験したことのない気持ちよさを感じて、ゆうきは思わず呻いた。「はううっ」「ゆうきっ、気持ちいいの?」 興奮した面持ちで訊くスタイル抜群のロリ地下アイドルに、ゆうきは熱い息を吐きながら頷いた。「う、うん」「じゃあ、もっとしてあげる」 処女の指が這い回ると、亀頭全体がもどかしい快感に包まれ、何故か足の裏が熱くなった。もっと刺激が欲しくてPC筋を締めると、新たな先走り液がドクドクと溢れた。 スリムなロリ地下アイドルは処女のくせに、どうしてこんなにオスの欲望器官を翻弄するテクニックを知っているのだろうか。「彼女さん、ヤバい、気持ちよすぎる。このさわり方、どこで覚えたの?」「ええっ? わたし、一人エッチのときにこうやってクリをさわるの。だから、ゆうきも同じなのかなって思って。もしかして、間違ってる?」 風変わりなテクニックの謎は、あっけなく解けた。アイドルの一人H方法も気になるが、今は自身の快楽を優先したい。ゆうきは彼女の手をおちんちんに導いた。「違うよ、男のおなにーはね、握ってしごくんだ。ほら、こうやって……」 竿部分をやんわりと握ったセフレの地下アイドルは、生唾をゴクリッと?み込んだ。そしてゆうきがオチン○ンのしごき方を教えると、ゆっくりとやさしく撫でるように手指を動かした。さらに、もう片方の手指で亀頭を弄った。
 
「うわっ。すごく熱くて、コンクリートみたいにカチカチ。あっ、先っちょはパンパンに張って弾力があるんだ。でも、苦しそう。ねえ、苦しくないの?」「あううっ。苦しいっていうより、射精したくてたまらない気分だよ」 ゆうきは、自分の手とはまったく違う感触に酔った。動かし方に予測がつかないし、ぎこちなさがとても新鮮なのだ。「だったらわたし、スペルマが出るところが見たいわ。このまま動かしてれば、射精する?」「いいのか。オナニーを手伝わせているみたいで、なんとなく申し訳ない」「バカね。わたしたち、マブダチでしょう。これくらい、当然よ」 ロリ地下アイドルは、男の快感メカニズムに興味津々だった。「じゃあ、もっと強く握って、速く動かしてくれよ」「痛くないの?」「全然、平気だよ。自分でするときは、もっときつく握るんだ」「キャッ、ビクビクッて動いてる。いやん、いやん、なんか昔、お父さんと釣りに行ったときにつった生きてる魚みたい」 お○んちんを強く握り、シコシコと上下に動かしながら、少し前までJKのロリ地下アイドルは身悶えした。生まれて初めて男のマスターベーションを手伝い、ひどく興奮しているようだ。あからさまに目は潤み、?どころか耳まで赤くしていた。 正座している尻のあたりがもぞもぞと動いているから、アイドルも感じているのかもしれない。はっきりとは見えないけれど、踵が花園部分にあたっているようだった。 手指を動かしながら、アイドルは一心不乱に怒張を見つめ、ハァハァと息を荒らげていた。
 
もちろん、ゆうきも興奮している。女友だちの顔とチン○ンを弄る手指を交互に見つめることで、オスの欲望がマックスになった。 すでにオマンコが引き攣り、下腹の奥で白いマグマがグツグツと煮えていた。湯が沸騰する直前の、鍋底にできる無数の泡のように快感が湧き上がる。最初はゆっくりと、その後に激しく揺れ、快感の泡は上昇して射精の兆しになった。「これでいい? イケそう?」 うっとりした表情のアイドルのななさんと、一瞬だけ目が合う。「ああっ、もうすぐだ」 ゆうきの腰全体が、甘い痺れに包まれる。巨乳のロリ地下アイドルは好奇心丸出しの真剣な目つきで、一所懸命チ○コをスライドさせていた。もう片方の手指で亀頭を嬲り続けているので、ザ○メンが彼方へ飛び散る心配はない。「うっく、出るっ!」 早く射精を見せてやりたいと、ゆうきはためらうことなく発射する。その瞬間、強烈な快感が炸裂し意識が白んだ。「すごいすごいっ、何回もピュッて。一回出るだけじゃないのね」 興奮を隠さずに地下アイドルは悦ぶ。「わわっ、握ってる手に、ドクッドクッて感じが伝わってくるっ」 ビュッ、ビュッと勢いよく飛んだセーシは、亀頭を弄るロリ地下アイドルの奈々ちゃんの手指にかかっていた。たしかにいつものおなにーより、分量も脈動も多かった。 ゆうきが射精の余韻に浸っている間、彼女は放たれた白い飛沫を手の平で弄び、無邪気にはしゃいだ。
 
「これが、赤ちゃんの素なのね」 さらに匂いを嗅いだり、ちょっと舐めたり、指で伸ばし粘度を確かめた。「何かに似てる。雨上がりのアスファルト? ううん、中学校の校庭にあった栗の花の匂いだわ」 ロリアイドルは言って、手を洗いにトイレへ行った。ゆうきはティッシュペーパーで残滓を拭った。戻ってきた地下アイドルは、ベッドで胡坐をかいたゆうきの縮んだちん○んを見て、嬌声を上げた。「キャー、いや~ん。小さくなってて、可愛いぃいい」 ちょっと前までJKのアイドルはゆうきの目の前で正座した。そして、萎えたチンポを弄り始めた。包皮を伸ばしたり、指でツンツンしたり、まるでペットの小動物みたいに扱った。「すっかりコイツに慣れたみたいだね。ロリ地下アイドルの南那さんさん、もう全然怖くないでしょ」「まあね。でも中に入れるのは、やっぱり痛そうだし。ダメッ、まだ決心がつかないわ」 チ○チンは萎えたままだが、地下アイドルの南那ちゃんに弄られるとたちまち淫心が疼いた。「どうせ今日は無理なんだろ、女の子記念日とやらで」「あれは?だから」「えええっ、なんでそんな?をつくんだよぉ」「大きくなったオチンチンより、ゆうきの表情が怖かったの。目がすごくギラギラしていて、まるで野獣。わたし、このまま無理矢理犯されちゃうのかしらって思ったくらいだもん」「自分じゃ全然わからんけど、ごめん」「いいよ、許してあげる。今日はsexができないってわかったら、いつものやさしい目になったから。わっ。この子、育ってるっ」 セフレのアイドルに弄られて、いつの間にかオチ○チンは半勃起状態になっていた。「ゆうき。キスとかエッチなことの続き、しよっか」「いいのかい?」
 
「うん。でも、挿入は覚悟が決まるまで待ってくれる?」「わかった」「ゆうきは、何かしてみたいことある?」「彼女さんの、乳房をさわりたいな」「いいよ。でもわたしって、鳩胸なの。だから服を着ているときよりも、実際の乳房は小さいけど、がっかりしないでね」「俺、別に巨乳好きじゃねえし」 ゆうきは言って、Tシャツの上からセフレのロリ地下アイドルの胸を両手でもんだ。 ブラジャーに包まれている胸は、たしかに見た目よりも小ぶりの手の平サイズだった。ワシワシ揉むと、ゴムマリのようにパンパンに張っていた。しかも芯がある感じがした。「ち、ちょっと痛いかも」「すまん、興奮して力を入れすぎた。もしかして俺、また目がギラギラの野獣になってる?」「うふふ。なってるけど、もう怖くないよ。それより、熱くなってきたから脱いじゃうね」 未成年のアイドルは、サクッとTシャツを脱いだ。ベージュの可愛いブラジャーと、寄せてあげている谷間が見えた。もちろん生のおっぱいを揉みたいが、下着越しの愛撫もしばし楽しみたくなった。 両手を伸ばしたゆうきは、ブラジャーの布越しに、親指と人差し指で乳首のある場所を探った。
 
すると、セフレの地下アイドルの上半身がビクンッと揺れた。「んくっ。うううっ、ふっ、ああんっ」 スタイル抜群のアイドルが悶えている。喘ぎを我慢しようと唇を閉じるのだが、どうしても漏れてしまう。そういう、恥じらいを含んだしぐさだった。 たまらなくなったゆうきは身を乗り出して、汗でテカテカと光る白く柔らかいおっぱいの谷間に顔を近づけた。「ああっ、いやんっ」 掠れた喘ぎ声が甘く響く。嫌がっているわけではなく、恥ずかしがっている感じだった。乳の谷間に?擦りすると、バニラ系の香りが鼻腔をくすぐる。滑らかな肌は?に吸いつくようだ。 ハムハムと唇を動かしたが、ツルツルして膨らんだ柔肉を捕らえることができない。大きく口を開けて、ムチュッと吸いつく。舐めてみたら、ほんのりとしょっぱい汗の味がした。 ゆうきは生胸を拝みたくてたまらなくなり、アイドルのななちゃんの背中に手を回した。けれどブラジャーのホックを、上手に外すことができなかった。アタフタとモタついていたら、未成年のロリ地下アイドルが自分で外した。 初めて全貌を目にしたセフレのロリ地下アイドルのバストは、お椀形の美乳だった。麓のあたりは、ブラジャーのワイヤーの痕がついて、少し赤くなっている。妙に生々しくてエロティックだった。 頂上には、焼き立てのホットケーキみたいに盛りあがった乳暈がある。その中心で芽吹いている、カフェオレ色の小さな乳首がとてもキュートだった。
 
じっくり弄り、たっぷり舐めてしゃぶりたい気持ちが湧き上がってきた。 まずは弾力のある両オッパイを、やんわりとほぐすように揉んだ。手に吸いつくような感触が素晴らしく、いくら揉んでも飽きることがないように思えた。けれど、sexフレンドの地下アイドルの反応はよろしくない。「バストって揉むだけじゃ、気持ちよくないのかい?」「そんなことない。人にさわられると、ムズムズして気持ちいいってわかったところよ」「けっこう冷静なんだな。AVみたいに、ちょっとさわっただけでアンアン喘ぐのかと期待してたのに」「ああいうのは、女優さんの演技じゃないかな。だって大袈裟に悶えないと、視聴者に伝わらないから。でも、勉強になるわ。そっか、男って色っぽく喘ぐほうが嬉しいのね」「演技されたら、興ざめだけどな。ロリアイドルさんは、どうすれば感じるの? やっぱり、乳首が一番敏感なのかな?」 ブラの上から乳首をつまんだとき、色っぽく喘いでいたのを思い出した。「自分でさわるときは、どうやってる?」「んー、それは秘密」「ずるいよ、俺はいろいろ教えたのに」「わかった、教える。乳首は感じるわよ。えっとね、焦らされたり、やさしくこね回されたりしてみたいな」「こんなふうに?」 ゆうきは親指と人差し指で、ロリ地下アイドルの乳首をつまんだ。
 
古い映画の金庫破りのごとく慎重に、ゆっくりとダイヤルをまわすように動かした。あくまでやさしく、豆腐を崩さない程度の力加減で乳首をクリクリと弄んだ。「ああんっ。エッチ、なんか、すごくエッチよぉ」 彼女は喘ぎながら、嬲られている胸を見つめていた。 それからゆうきは、乳房の外側から乳首へ向かって渦巻き状に、ゆっくりと指を這わせた。ジリジリと這い回る指がやっと乳暈に近づいたころ、乳首はすっかり硬くなっていた。 乳暈を何度もなぞると、バージンの地下アイドルは胸を反らせて、せつない表情で首を横に振った。さすがに焦らしすぎたかなと思いつつ、ゆうきはしこっている処女の乳頭を爪でカリカリと?いた。「くっ、うっ、ううっ、くふぅうううっ」 息を詰まらせながら身悶えるバージンのロリアイドルは、画面でしか観たことのないAV女優とは、比べものにならないほどエロかった。同様の焦らし愛撫を数回繰り返してから、ゆうきは訊いた。「少し前までJKの地下アイドルさん、乳首を舐めてもいいかい?」「あぅん。そんなことをされたら、おかしくなっちゃうかもしれない」「どうして?」「だって、自分じゃできない領域だもん。わからないのよ」「俺、セフレのロリ地下アイドルさんを、おかしくさせたい」 ゆうきは、乳首を片方ずつ口に含んで、レロレロと舌でやさしく転がした。さらに、チュッ、チュッと音を立てて吸った。「はああっ、いやらしい、音がいやらしいわ」 もっと舐めてほしいというように、可愛らしいアイドルはゆうきの頭をギュッと抱きしめながらわなないた。
 
「ダメよゆうき、わたし感じすぎて、正座してるのがつらくなってきた」「そうだよな。じゃあ、横になろうか」 ゆうきは乳首から口を外して言って、地下アイドルを仰向けに寝かせた。「約束、守ってくれるよね」 アイドルのナナさんの了承を得るまで、挿入はしないということだ。「おうっ、もちろんだよ」「だったらわたし、全部脱ぎたい」「マジでっ!」 今日は、上半身のセックスしかできないと思っていた。なのに下半身も愛撫できるという、希望の光が差し込んだ。「だって裸で抱き合ったほうが、気持ちよさそうなんだもん」 アイドルのナナさんは言って、サクサクとジーンズとショーツを脱いで仰向けになった。もちろんゆうきも、Tシャツを脱いで全裸になった。二人は吸い寄せられるように、生まれたままの姿で抱き合い唇を重ねた。 密着している部分、すべてが気持ちよかった。これでちん○んをマンコに入れることができたら、きっと二人の身体が完全に一つになれるのだ。キスと抱擁に熱狂したあと、ゆうきは女性のシークレットゾーンへの興味を抑えられなくなった。「セックスフレンドのロリ地下アイドルさんのアソコ、見てもいい?」「すっごく恥ずかしいけど、お互い様だから、いいよ」 仰向けで顔を両手で覆った彼女は両膝を立てた。けれど、太ももはピタリと閉じていた。ゆうきは処女の足側に移動した。膝に手を置き力を加えると、すんなり開いた。 
 
けれど、全貌がよくわからない。お○んこのワレメそのものが、想像していたよりも尻側にあった。いったいどうすればいいのか全力で考える。「ゆうき、どうしたの?」「清楚な地下アイドルさんのアソコが下にありすぎて、見えにくいというか」「だったら、何かを敷けばいいんじゃない」「なるほど、そうだね」 ナイスアイディアが閃いた。「ちょっと、ごめん」 ゆうきはアイドルに言って、枕を女尻の下に敷いた。予想どおりに、彼女のまんこが丸見えになった。 ふと、初めての共同作業という結婚式での慣用句が思い浮かんだが、口には出さなかった。考えてみれば、さっき手コキで射精したのが、本当に初めての共同作業という気がしたからだ。 そんなアホなことを思いつつ、ゆうきはロリアイドルの陰部に心を奪われていた。真っ白い下腹部に密集する黒々としたヘアは、ほとんど縮れておらず、炎のような形でしっとりと濡れていた。 その下には、繊細で柔らかそうな膨らみがあらわになっている。ワレメの中は、桃色の肉がよじれて重なっていた。「オチン○ンが生えてない股間って、やっぱり不思議だな」「逆でしょう、生えてるほうが変よ」「でも、綺麗だよ」 もちろん画像や映像は、インターネットで検索して見たことがある。けれど実物を目の前にするのは初めてだった。
 
しかも、よく知っている女友だちの秘所なので、猛烈に感動していた。 ゆうきは、ドキドキしながら生唾を?み込んだ。ワレメの中にある、しっとり濡れた桃色の肉のよじれを、そっと撫でた。「ふぅんっ……、くふぅん……」 地下アイドルの甘える子犬のような吐息が耳をくすぐる。百合の花に似た濃厚な香りがした。閉じ合わさっている小陰唇をくつろげると、透明な蜜が溢れてア○ルまで流れ込んだ。開いたワレメの中身は、ヌルヌルの貝類みたいだった。「すげえっ、女の子ってこんなに濡れるのか」「ゆうきのバカァ、恥ずかしいから声に出さないでよぉ」「ごめんよ」 ゆうきは蜜液をすくって、陰核包皮から顔を出しているピンクの真珠を、やさしく撫でさすった。「はっ。んんんっ、ふっ、ふぁあっ」 不規則に悶えながら、彼女の下肢がビクッ、ビクッと跳ねた。「気持ちいいのかい?」「あぅん。ゆうきって本当に童貞なの? どうして? 上手すぎるぅ」「常日頃から、インターネットやハウツー本で勉強してるし、あとはさっきの処女の地下アイドルさんの真似さ」 ゆうきは最初に亀頭をさわられたときのことを思い出し、地下アイドルと同じように指を動かしていた。巨乳の地下アイドルのお○にー方法そのものだから、気持ちよくて当たり前なのだ。けれど冷静に事を進められるのは、一度射精しているからに違いない。 陰核愛撫を続けると、ちょっと前まで女子高生のロリアイドルの足はより大きく開いた。(今日は挿入できなくても、やはり知っておかないといかんよな)
 
 ゆうきはチンコを入れるべき場所を、きっちりと確認したくなった。クリちゃんを弄りながら、視線は尿道口を通り過ぎる。さらに下にあるマンコは、蜜が湧き出る花蕾のようであった。 処女膜と呼ばれる、膣口を狭めているヒダはよくわからなかった。けれど穴そのものが大きくないので、本当にチ○コが入るのだろうかと心配になってしまう。 マン汁を補充するために、指をあてがった。少しだけめり込ませると、すかさずセックスフレンドのロリ地下アイドルは悲鳴を上げた。「痛いっ、痛いよっ」「申し訳ない。ほんのちょっと押しただけなのに、傷口をさわられたみたいになるんだな。これじゃあ、セックスなんて不可能かも」 ゆうきが謝ると、セフレのロリ地下アイドルは何が気に入らないのか、フンッと鼻を鳴らした。「い、いきなりで驚いたから、大袈裟な声が出ただけよ。年下の勃起したおちんちんくらい、全然平気なんだからっ」 地下アイドルの機嫌を損ねると、非常に面倒臭いことになる。ゆうきはその前に、是が非でもしてみたいことがあった。「痛がらせたお詫びに、クンニリングスリングスをさせておくれ」 お○んこのワレメに顔を埋めようとするゆうきの頭を、処女の地下アイドルは両手で押さえて抵抗した。「何でそれが、お詫びなのよ」「すいません、単に俺がやってみたいだけです。でも自称処女のロリアイドルさんだって、体験してみたくない? 乳首と同じで、自分の舌は届かないだろう。お願い、一生のお願いっ」「……いいわよ。そこまで頼まれて断ったら、女がすたるもん」 
 
懇願の効果なのか、はたまた乳首で味わった舌の感触を思い出したのか、とにかくロリ地下アイドルのななさんの抵抗は弱まった。頭を押さえていた手が外れたので、思わずゆうきは身震いした。(やった。ついに、クンニリングスリングスができるぞ……!) AVを観ているときでも、何故かクンニリングスシーンが一番好きだった。どうして挿入シーンよりも執着するのか、ゆうき自身にも謎だった。けれど、未経験でわからないからこそ、絶対に実行してみたかったのだ。 ゆうきはワクワクしながら、オマンコのワレメに顔を近づけた。最初は大陰唇に、平たくした舌を這わせた。次に小陰唇を、丁寧にしゃぶった。それから尖らせた舌を、大小の陰唇の隙間に差し込んで動かした。「うっ、ふっ。はぁ、はぁああっ、ううんっ、んんんんんっ」 可愛らしいロリアイドルは控えめな吐息を漏らし、ただ静かに指よりもソフトな舌の感触を確かめている。激しく喘がずとも、淡い快感を味わうようすが伝わってきた。悩ましい息遣いや、媚肉の震えで感じとることができた。 もちろん、舐めているゆうきも愉悦に浸っている。なにしろ、夢にまで見たクンニリングスなのだ。いきなりピンク色の突起を舐めるなんて、もったいない。まずはおまんことのファーストキスで、じっくり粘膜を馴染ませた。(そうだ、いろいろ試してみよう) 少し経って、ゆうきは趣向を変えることにした。今までAVや官能小説で得た知識を、実践したくなったのだ。 まずはたっぷり唾液をのせた舌で、ワレメ全体をペロリペロリと舐め上げていった。
 
お尻の孔からクリちゃんまでを舌の表面、逆のコースを舌裏で何度もたどった。「うあっ、あっ、いやっ、あんんっ」 舌が陰核を掠るたびに、アイドルは太ももをビクビクッと震わせた。陰唇を可愛がったときとは、段違いの反応だった。やはり、一番敏感な器官なのだろう。もっと刺激されたいらしく、おずおずと腰を浮かせて催促をした。(舐めようかな、いや、もっと焦らしたほうが効果的かも) ゆうきはバスト愛撫のときを思い出し、はやる気持ちを抑えた。舌の代わりに熱い息を吹きかけると、針で突いた穴みたいな尿道口のまわりや花蕾に似たマンコ、セピア色の可憐なアヌスがヒクヒクと蠢いた。 舌と息でもどかしさを増幅させるような愛撫を続けていると、可愛らしい地下アイドルの呼吸がより艶めかしくなっていった。しかも膣口から新たな蜜液が、ジュクッ、ジュクッと溢れた。 にわかにおめこ全体から、ほのかな酸味を含んだ甘い香りが漂ってきた。まるで、レモンチーズケーキみたいだった。深く吸い込むと、彼女の匂いが鼻腔から体内に浸透していった。軽く酔い、激しく淫心が疼いた。(もう、我慢できない) ゆうきの舌は、おま○こから陰核に向かう。たっぷりの蜜液をすくった舌で、むき出しになっているクリトリスをペロペロと舐めた。「ふぁあああんっ。あっ、あふぅん、ヤバいよ、ゆうきっ。んんんっ、クリちゃんが溶けちゃいそうなくらい、気持ちいいっ」 悦楽に悶えるアイドルよりも、ゆうきのほうが感動していた。今まで以上に、あからさまな淫情が伝わってくる喘ぎだった。
 
(クンニってすごいっ!) 舌だけでこんなにも悦ばせることができるのか、と思いつつ淫ら豆を嬲り続けた。舐めるだけではなく、舌先を尖らせてツンツンッとノックしたり、包皮の中まで刺し込んでほじくったりと変化をつけた。 さらに吸いついてしゃぶると、アイドルはゆうきの頭部側面を太ももで挟んだ。あきらかに、もっと吸ってほしいという意思表示だった。強く吸うと太ももが不規則に震え、喜悦の情がほおや耳に伝わってきた。 ゆうきがバージンのロリアイドルの太ももを両手で抱くと、ロリ地下アイドルは自分の手を重ねてきた。欲していることは、すぐにわかった。指を絡め手をつなぎながら、同じ調子でピンク色の突起を可愛がった。 耳が塞がれている状態なので、ゆうきには彼女のわななきがやけに遠くから聞こえた。目を閉じると、水の中に潜っているときのような感覚になった。 意識がフワフワと、エロスの海を漂っていた。舌とオマ○コが同化して、身体は外界との境界を失い、思考も感情もトロトロに溶けていった。(どれくらい、時間が経ったのだろう……) おそらくゆうきは、十数分くらいクンニリングスリングスを続けていた。できることなら、このまま永遠に舐めていたいと思った途端、巨乳のロリアイドルが太ももを緩めて大きく股を開いた。「も、もうダメッ、ダメェ。んああっ、あああっ……。くっ」 切羽詰まった感じで言って、身体全体を硬直させた。しばらくマンコと太ももの付け根あたりが、ビクビクッと痙攣していた。しかも硬直のあと、ガクッと弛緩したのである。まるで糸の切れたマリオネットみたいに。 どう考えても、何か極まったような反応だった。もしかして、オルガスムスに達したのだろうか。射精のようにわかりやすい現象ではない女性の絶頂を知りたかったゆうきは、少し前まで女子高生のアイドルのが整うのを待って訊いた。
 
「セフレのアイドルさん、イッたの?」「あのね。わたし、じつはイクっていう感覚が、よくわかってないの。マスターベーションのときは罪悪感もあるし、とても短い時間で満足するから。舌の感触も、こんなに長く愛撫されるのも初めてでしょう。申し訳なくて、単純に比べられない。でも自分の指でさわるより、全然気持ちよかったわ」 冷静に説明するセフレのアイドルの表情は、快楽の余韻を楽しんでいるのか、ものすごく安らかである。5 ゆうきは処女の股間からずり上がって、正常位の格好になった。「あっ。挿入しなくても、二人で気持ちよくなる方法を思いついたよ」「どうするの?」 アイドルの奈々ちゃんの問いに、ゆうきは行動で答える。もちろん挿入するつもりはないが、足閉じ正常位の格好になった。仰向けで足を伸ばしたアイドルの南那さんの太ももに、勃起したおちんちんを挟んでいる状態である。「こうやって、それぞれ一番感じるところを、擦り合わせるんだ」 ゆうきは腰をクネクネと揺らしたあと、下方に向かってゆっくりピストン運動を始めた。亀頭のカリ表で、クリや膣口のみならずワレメ全体を撫でている感覚だった。「うふぅん。舌もいいけど、あっ、はううっ、これもせつなくて好きっ」 ロリ地下アイドルの南那さんが足をきつく閉じると、オチンチンの表面がワレメ、側面が太ももにピッタリと密着した。身悶えながら彼女は、ゆうきの肩をもんで遠慮がちに彼を引き寄せる。
 
小さく唇を開いて、少しだけ舌を出した。 キスを欲していると理解したゆうきは、かわいらしいロリアイドルをギュッと抱きしめ、そっと唇を重ねた。ねっとりと舌を絡ませながら、チンチンの表面でワレメを撫で続けた。二人の性器は、透明な汁と蜜液でヌルヌルになっていった。 生まれたままの姿で、キスと抱擁をしたときと比べて一体感が半端ない。さっきは下腹に押しつけるだけで満足だった。けれど今のほうが肉体的にも精神的にも充実している。 屹立を動かす角度を変えると、クニュクニュしたクリちゃんを集中的に擦ることができた。カリ表や尿道口から生じる快感は、ディープキスを中断したくなるほどだった。 ロリ地下アイドルの奈々さんも同様の快楽を得ているのか、唇を外して吐息と喘ぎで無言の会話をした。しかもゆうきは潤滑液を補充するために、少しだけ膣口に亀頭をめり込ませたのだが、まったく痛がらなかった。 陰核で得ている快感が痛みに勝っている、ということか。まさか、そんなに都合のいいことはないだろう。けれどバージンの地下アイドルが、男のシンボルに馴染んできているのは間違いない。「ロリ地下アイドルさん、気持ちいい?」「あぅん、もちろん。でもそれより、熱くて硬いち○こがビクビク動くのを、マ○コで感じられるのが嬉しいかも」「俺もね、すごくつながっているって感覚だ」「本当に挿入したら、どんな感じがするのかしら?」「もっと深く、つながることができるのかなあ」 ゆうきがつぶやくと、彼女は彼の頭をやさしく撫でて言った。
 
「わたし、たった今、処女を卒業する覚悟を決めたわ」 スタイル抜群のロリアイドルの発言に、ゆうきは戸惑った。「む、無理しなくていいよ」 セックスはしてみたいが、苦痛に歪む彼女の表情は見たくない。気を遣ってもらえるのは嬉しいが、このまま気持ちいいことを続ければ満足なのだ。「違う、無理なんかしてない。わたしが、どうしてもつながりたいって気持ちになっているの。だいたいね、年下の勃起したチン○ンで処女膜を破られるくらい、全然我慢できるんだからっ!」 彼女は、フンッと鼻を鳴らして言葉を続けた。「でも、一つだけ条件があるの」「な、何かな?」「わたしだけ痛いのは不公平だから、ゆうきの肩を?ませてっ」 つまり痛みを分かち合って、処女&童貞を卒業したいということか。「了解」「お尻の下の枕やシーツに血がついたら大変だから、汚れてもいいタオルとかあるかしら?」 ゆうきはロリ地下アイドルのななちゃんから離れて、バスルームへタオルを取りに行った。ベッドに戻ると、アイドルはポーチからコンドームを出していた。「万が一ってこともあるから、つけてくれる?」「もちろんだよ」 ゆうきが渡されたゴムを装着していると、アイドルは腰枕の上にタオルを敷いた。そして、二人で正常位の格好になった。「それじゃあ、入れるから」 ゆうきは小さく狭いま○こにち○こをあてがう。「ちょっと待って。今から、心の準備をするから」 ロリ地下アイドルは言って、深呼吸を始める。乙女時代の自分にさよならして、大人の女になる儀式の仕上げなのだ。覚悟を決めたとは言え、きっとさまざまな葛藤があるのだろう。 ゆうきは、余裕しゃくしゃくで地下アイドルを見守った。充分にコミュニケーションしながら、キスやペッティングをしたのだ。膣内部の感触は知らないけれど、すでに童貞を超えている気分になっていた。
 
「準備、オッケーよ」 セックスフレンドのロリ地下アイドルの言葉に、ゆうきは頷いた。「それじゃあ、今度こそ入れるから」 すかさずオチ○チンをおめこにあてがい直し、少しだけめり込ませた。けれどその刹那、セフレのロリアイドルは腰をひねって逃げた。「やっぱり、かなり痛いのか?」「だ、大丈夫っ」 とはいうもののチ○チンが膣の入り口に触れると、そのたびに腰を上下や左右にひねって避け、あげくの果てにジリジリと後退した。「もう、止めようか?」「止めないっ!」「でも、腰が逃げまくってるよ」「だったら、逃げられないように押さえてよっ」「わかった。それじゃあ、本当に入れるから」 ゆうきは女体の腰骨のあたりを、両手でしっかりと?む。完全に腰を固定したから、地下アイドルはもう逃げられない。三度目の正直と怒張を膣口にあてがい、ジワリッ、ジワリッとめり込ませた。 亀頭がすべて埋まったあたりで、上体を倒し密着正常位の格好になった。 ゆうきは清純なアイドルをギュッと抱きしめ、ゆっくりと肉ヒダをかき分けるように侵入していく。だが苦痛に耐える自称処女のロリ地下アイドルの表情を見ていると、とてもひどいことをしているような気もしていた。「うっ、くっ。い、いっ、たっ、ひっ……」 地下アイドルのななちゃんはゆうきにしがみつき、彼の肩口を強くもんだ。?み千切られるのではないか、と思えるほどの勢いだった。「くううっ。細身のアイドルさん、こんなに痛いのかよ。どうする、止めてもいいけど」「いやよっ、続けてっ」 18歳のアイドルは?むのを止めて、顔をブンブンと横に振った。
 
 すでに亀頭は埋まっているが、もっと強引に力を入れなければ押し戻されそうだった。わかったと頷く代わりにゆうきは、グイッとチ○チンを押し込んだ。「ひぎぃいいいいっ」 呻く地下アイドルの奈々さんの身体が、ギクンッと揺れた。瞬間的に、プツッという音が聞こえたのは気のせいだろうか。今まであった抵抗感がなくなり、チ○ポはすべてかわいい地下アイドルの中に入った。「あああああっ、ゆうきっ」 sexフレンドのアイドルは驚いたように目を見開き、息を?んだ。 ゆうきはつなげた身体を動かさずに、達成感に浸っていた。彼女の膣内部は、とても温かくて柔らかい。たった今、処女を女にしたという感動を味わいながら、女体を強く抱きしめ、頭を撫で、額に浮かぶ玉の汗を唇で吸いとった。「はあぁ、すごい、わたしの中、ゆうきでいっぱいになってる」 嬉しそうに笑みを浮かべるアイドルに、ゆうきは頷いた。「少し前までJKのロリ地下アイドルさんの中、すっげえ気持ちいいよ」「自分じゃわからないけど、そうなんだ。嬉しいな、名器ってこと?」「初めてのオ○ンコなんだから、判定できるわけがない」「それもそうね」「痛みはどうなったんだい?」「膣の入り口だけ、ヒリヒリするわ。我慢できないってほどじゃないけど」 女体の構造はわからないが、ちょっと前までJKのロリアイドルは平然と話をしている。
 
破瓜の前よりも痛まないのかもしれない。「おめでとう、ゆうき。童貞を卒業できたね」「いや、まだイッてないから。射精してこそ、卒業じゃないかな。アイドルのななちゃんさんこそ、処女卒業おめでとう」「だったら、わたしもまだだわ。ただ貫通しただけだもん。sexで気持ちよくなったら卒業よ」「だよな。男と違って、いきなり気持ちよくなるわけじゃないもんな」 以前観た処女喪失AVでも、最初は痛がっているだけだった。「でもね、奥のほうはなんだかモヤモヤしてるの。めくるめく快感ってほどじゃないけど、いい感じよ」「少し動かしても、大丈夫かな?」 オチンチンが疼いていた。射精したい欲求で、すでに亀頭がパンパンだった。出し入れの動きをすれば、すぐにイッてしまいそうなほどである。おめこの入り口に痛みが残っているから、短時間のほうがロリアイドルにとっても好都合だろう。「試していいわよ」 了承を得てゆうきは慎重におちんちんを動かしたが、数回の抜き差しできれいなロリアイドルは悲鳴を上げた。「ダメダメダメッ。やっぱり、痛いっ。ストップ、ストップしてっ」「わかった」 どうやら傷口を広げてしまったみたいで、動かさずにつながったままでいることも不可能になった。ゆうきはあわててち○ぽを引き抜いた。枕の上に敷いたタオルには、ぬめり汁と混ざって薄まったピンクの血がついていた。 胡坐をかいたゆうきがコンドームを外すと、ロリ地下アイドルのななちゃんは起き上がって無造作に勃起したままのオチ○チンを?んだ。「また、手で出してあげるわ」
 
「いや、別にいいよ。って、あっ、うううううっく」 ロリアイドルの有無を言わさぬ数回のチン○ンのテコキで、ゆうきはあっけなく吐精したのだった。一応快感はあるものの、無理矢理事務的に性欲を処理されたような味気ない感じである。 一方、手の平にセーシを広げた彼女は、ひどく残念そうな表情で、不満げに口を尖らせていた。「つまんない。一回目より、二回目のほうが少ないのね」 どうしてこだわるのかは不明だが、彼女の狙いはザ○メンだったらしい。「そりゃあ、そうだよ。分量はだんだん減って、最後はほとんど出なくなる」「精液が出なくても、気持ちいいの?」「一応気持ちいいけど、いや、苦しいというか、微妙だな」「何回くらいお○にーすると、出なくなるの?」 ロリ地下アイドルの奈々さんは目を輝かせて訊きながら、手の平の残滓をティッシュで拭った。「五回か六回くらいだな」「えええっ。一日でそんなに、自慰をしたことがあるってこと?」 しまった、喋りすぎたとゆうきは思ったが、もう遅い。とりあえず、一回少なく親告することにした。「いや、四回までしかないよ。そのとき、ほとんど出なかったから」「わたし、イッたのに出ないところも見たいなあ」「見世物じゃねえし」「でもAVとか妄想じゃなくて、生身の女がオカズなんだから。ゆうき、今から挑戦してよ」「いやだよ。空砲は、苦しいんだってば」「残念だわぁ。やっぱり、いっぱい出るときのほうが快感なのかしら?」 とにかく美形のロリアイドルは、男のオナニーに興味津々らしい。
 
こうなったら、納得するまで説明するしかない。「まあね、ザ○メンが尿道を通るときに快感が生まれるらしいよ」「じゃあ、満タンになってるときが一番気持ちいいってこと?」「たぶんね。あと寸止めをすると、たくさん出るな」「寸止めって何?」「イキそうになったところで止めるんだよ。それを繰り返すと、一回目に出す白濁液の量が増えるんだよ」「へええ、面白い。今度やってみたいなあ」 メンヘラのロリアイドルは言って、萎えたおち○ちんを弄り始めた。無邪気にはしゃぐようすは、まるで新しいオモチャを与えられた幼児みたいだった。寸止め手コキに関してはゆうきも、ぜひとも彼女に実施してもらいたかった。「ところでゆうき、昨日はオナニーしたの?」「う、うん」「そっかあ、最初に射精したときも満タンじゃなかったんだ。ねえ、何日くらいで満タンになるの?」「二、三日らしいよ」「じゃあ、次に会うまで、自慰禁止ね」「どうして俺が、射精管理されちゃうんだよ。なんだか、割に合わないと思うんだけど」 ゆうきがぶんむくれると、アイドルは男根から手を離した。「それくらい我慢できないの? 毎日射精しないと、ムラムラしちゃう? ちゃんと守ってくれたら、フ○ラをしてあげてもいいんだけど」「本当に?」 手コキは気持ちよかったし、もちろん膣内は最高だが、口の中はいったいどういう感じがするのだろう。風俗経験のある友人には、本番よりもフェ○チオが好きだというやつもいるのだ。 キスをしたときの唇や舌の動きを、チンコで体験できると考えるだけで、チ○コの底が疼いた。「わたしがゆうきに?をついたことがあるかしら。よし、決まりね。マブダチ同士の約束よ。もしも今日より量が少なかったら、絶交だからね」 処女のロリ地下アイドルは言って、ゆうきのほおにチュッとキスをした。
 
出会い系サイトPCマックスでのセフレのロリ地下アイドルとの即ハメセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓























































 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.