deaikeitaiken_novel

【PCMAXヤリモク】アラフォーの巨乳熟女と即はめsex

投稿日:

 


 
以前の成功に味をしめた俺は、出会い系サイトPCマックスで女性にアプローチをかける事が多くなった。そんな中で、かずえと知り合った。かずえは、38歳の美魔女で、サイトのプロフィールの写真はピアスをした耳しか出してなかった。主婦らしいので、身バレを考えると当然の事だと思う。俺は、既婚者が顔を出している方がどうかしているのではないかと思っていた。清純な美熟女とは、出会い系サイトピーシーマックス内で5回メッセージをした後に、LINEのID交換が出来た。LINEをしてすぐに、写メ交換をしようと、いう事になった。アラフォーの美魔女から送られてきた写真は、色っぽい美熟女だった。(素敵ですね)と褒めると、気を良くしたのかそれからは、頻繁に自撮りの写真を送って来るようになった。勿論、送られてきた写真に対しては(綺麗ですね。美しい。色っぽいですね。笑顔が素敵ですね。)などとあらゆる誉め言葉で返していた。程なく、熟女とドライブデートをしようという事になった。土日、休日は家族の手前、外出するのは難しいと言うので、平日に仕事と偽って会う事となった。 
 
待ち合わせ時間は、清楚な熟女のいつもの出勤時間に合わせて8:30とし、待ち合せ場所はセフレの美魔女の通勤途中にある東京都品川区大井町駅近くの大型ショッピングモールの駐車場にした。 当日は、天候にも恵まれ最適なドライブ日和だった。待合せの駐車場は、朝早いので殆ど車は泊まっていなかったが、通勤で駐車場を通り抜ける人もいるので、目立たない場所に車を停めて美熟女の連絡を待った。 約束の時間を3分過ぎてから、熟女からメールが届いた。(すいません。もうすぐ着きます。車は何処に停めていますか?)僕は、場所を伝えてから、車の外に出た。車の側に立つ方が見つけやすいと思ったからだ。やがて、こちらに歩いてくる一人の女性に気が付いた。ライトブルーのセーターに紺色のパンツを着た女性は、写真で見るよりも、ややぽっちゃりした感じだったが、彼女だった。LINEでいつも送ってくる写真よりも、やや年齢を感じたが、美魔女はバストとヒップにボリュームがありグラマーな感じで男好きするタイプだった。「ごめんなさい。お待たせしちゃいました。熟女です、宜しくお願いします」美熟女は、歯切れのよい喋り方だった。「有難うございます。会えて良かったです。どうぞお乗りください。」俺は助手席のドアを開け、セフレの熟女を招き入れて運転席に座った。
熟女はハンドバッグを助手席の床に降ろしてから俺に振り向いた。「朝早くてごめんなさいね。いつもと同じ時間に家を出ないと、娘が気にするから。でも、いつもより準備に少し時間が、かかってしまって遅くなりました。」「いえ、そんなに待っていませんよ。写真でみるより、ずっと素敵な女性で良かったです。」美魔女はまんざらでもない顔で「本当ですかぁ~。写真は、良い写真が撮れた時だけ送っていたので、がっかりしていませんか?」「そんな事ないですよ。いつも素敵な写真を送ってもらって、やっと、本人に会えると思うとドキドキしてました。私の方こそ大丈夫ですか?」「ゆうきさんって、写真でもそうですが、やっぱり若いですよね。年齢を逆サバよんでいませんか?」「たまに、言われます。(笑い)年齢の割に貫禄がないからですかね?」「私も、ドキドキです。今日はお願いします。」「よかったです。それでは、出かけましょう。」僕はシートベルトをして、車を走らせた。今日は海を観に行こうと話してあったので、ふ頭公園に行く予定だ。カーナビの案内で首都高速に乗り、お台場方面に車を走らせた。ふ頭公園は観光地化したお台場にあるが、昔ながらの静かな公園で俺の好きな場所だった。 車の中では、出会い系のPCマックスについて話した。
 
「ゆうきさんは、出会い系サイトのピーシーマックスをよく使われるのですか?」「そんなには、使ってないですよ。出会いと言っても、援助交際的な目的で利用されているのが殆どみたいですし、なかなか出会うのは難しいなと思っていました。かずえさんと仲良くなれてよかったです。かずえさんはサイトを、よく使われるのですか?」「私も、たまにです。凄く沢山のメッセージが届くから、びっくりしてしまって、メッセージもあまり見てないのです。中には、(僕のは、何センチあって必ず満足させます)とか(幾らならいいですか?)とかのメッセージもあって、もうサイトを辞めようかと思ってたのよ。」「かずえさんが、出会い系サイトのPCマックスを辞める前に知り合えてよかったです。僕は、運が良かった。神様に感謝ですね。」「ゆうきさんは、どうしてサイト始めたのですか?」美熟女は、あけすけに話してくるので、俺も本音で話をしてみようと思った。「そうですね…正直に言いますと、実は、セックスレスなのです。夫婦仲は悪くはないのですが、もう何年もしてなくて…そんな感じです。」「それなら、私なんかよりも、もっと若い女性の方が良かったのじゃないですか?」「ん~…若い女性って、トゲがあるというか、傷つく事を平気で口にするから苦手なんです。和江さんくらいの年齢の方が、安心出来ます。」
 
「一恵さんは、どうして出会い系サイトのPCMAXを始めたのですか?」「私は、前に付き合ってた人がいたのですけど、その人が転勤で引っ越してしまって。最初の内は、無理して会いに来てくれてたのですが、会うのも難しくなってしまったので…」「そうなのですね。それは寂しいですね。よかったら、僕が立候補しますので、宜しくお願いします。」運転中に一瞬、欲求不満な熟女の方に顔を向けて様子を伺うと、40代の美熟女も僕を見て笑っていた。僕の車は、運転支援機能が着いているので、高速道路では、自動運転に近い性能がある。少しくらい、目を外しても安心なので時々、隣の彼女の顔を伺っていた。「別れた、彼はどんな方だったのですか?」 四十路の美魔女の話によると、前の男は、僕よりも年上だが、夕方に呼び出したりする身勝手な男みたいだった。W不倫なのだろうが、少し問題がある感じがした。清純な熟女はそんな男に惹かれるタイプなのかもしれない。俺はただ相槌だけを返して聞いていた。 一通り話終えたスレンダーな美魔女は一瞬無口になった。隣の人妻が何故か、可哀そうに思った俺は、左手を伸ばして熟女の右手をそっと握った。
 
拒まれる様子もなかったので、握る手を少し力を強めて、振り向くと照れた様に笑っていた。(はっきりと喋るから、気が強い女性だと思っていたが、案外押しに弱いのかもしれないな。)俺はそんな事を考えていた。やがて、目的地に着き、駐車場に車を停めて公園を散歩した。緑の芝生の歩道がまっすぐに伸びて、策の外は東京湾が広がっている。潮風が気持ち良い。海沿いの柵に釣り竿をかけて釣りを楽しんでいる人や、子供連れの家族がいたが、平日のお午前中という事もあり、人影はまばらだった。空には旅客機が飛んでいた。 僕は山育ちのせいか、海が好きだった。本当は、水平線が観える広大な海が好きだが、東京湾の近場だと、そんな景色は観れない。 二人は立ち止まって海を眺めていた。僕はそっと巨乳の熟女の腰に手を回すと、熟女は僕に寄り添うようにしてきた。腕と腰に美熟女の弾力のある肉体と、温かな体温を感じる。僕の股間に血液が集まってきた。しかし、ここでやり過ぎて嫌われてしまっては、意味がないのでそれ以上は何もしなかった。 側の木陰のベンチに座り、海を観ながら美熟女の仕事の話を聞いた。欲求不満な美熟女は、結婚する前はホテルのフロント係にいたらしい。フロント係と言っても、ビジネスホテルなので、何でもやらされていたそうだ。結婚を期に退職して、今は栄養士の資格を取得して、老人福祉施設で献立を作っているのだそうだ。 昼食時間に近くなったので、予約したレストランに車で移動した。レストランは少し高級感のあるイタリアンレストランだ。
 
テーブル席にすわりランチコースを注文した。スタイル抜群の熟女が今までずっと横にいたので、初めて対座する形になった。正面から向き合うと、少し緊張する。巨乳の美熟女にグラスワインを勧めたら、一杯だけ飲んでみようと言うので、私もノンアルコールビールを注文した。 スレンダーな美熟女は、栄養士をしているせいか、出てくる料理の食材、調味料、盛付など興味深々の様子だった。料理はどれも美味しく、食事を終える頃には、すっかり打ち解けた雰囲気になれた。コース最後のデザートとコーヒーを飲み終えると、欲求不満な美魔女が化粧室に席を外したので、その間に支払いを済ませて、美熟女が席に戻るのを待った。美魔女が戻ると、「よろしいですか?出ましょうか。」と声をかけて出口に向かった。レジの前で、美魔女は一瞬ハンドバッグを手にしたが、僕がレジを素通りするのを見て、後を追ってきた。外に出た美魔女は「ごちそうさまです。おいしかったです、ありがとうございます。」とお礼を言ってくれた。僕は、彼女の手をそっと握って「美味しかったですね、お腹一杯になりました。よかったら、少しゴロゴロして休みませんか?」と、かわいらしい熟女を誘ってみた。
 
熟女は俺の顔を見てから「今日は、そういうのはないのかと思ってました。まだ時間もありますし、いいですよ」と答えてくれたので、車に乗ってラブホに向かった。 ラブホの部屋は、白い色調で清潔な感じだった。荷物を置いた美熟女は、バスタブに湯を張る準備をするために浴室に向かった。こういう場所に慣れているのかもしれない。戻ってきた彼女は、俺の隣に座った。 肩を抱いて、キスをした。柔らかな唇が心地良い。触れるか触れないかのソフトなキスを繰り返し、徐々に強く唇を強く重ねる。お互いの唇を挟み、舌を差し込むと、sexフレンドの美魔女の舌が迎えにきてくれた。柔らかく、滑らかな感触で僕の脳が溶けそうになった。舌をからめ、お互いの唾液が混じりあり、クチャクチャという音が聞こえてくる。 僕は、思わず美魔女の胸に手を伸ばし豊かな胸のふくらみを包んだ。片手ではつつみ切れない胸は、全体にまるみがあり弾力に富んでいた。「んっ…うーん…」と言葉にならない声をあげる熟女をベッドに移動しようとすると「先にお風呂に入らせて」と言って少し体を離した。「一緒にはいりませんか」
 
と俺が誘うと「終わったあとに一緒に入りましょう」と彼女が言って、先にバスルームへと向かった。俺はシャワーの音を聞きながら、用意した極薄のコンドームを取り出して、ベッドの枕元に用意した。備え付けのスキンは厚くて感触が劣るので、薄いコンドームを用意していたのだった。部屋の照明を落として暗くしたが、少しだけ外の自然光が入る様にカーテンを調整した。白い色調の部屋の白いシーツには、太陽の白い光が昼間の情事に相応しいと思ったからだ。 清純な熟女は、バスタオルを巻いてバスルームから出てきた。白い肌からは、湯上りの甘い香りが漂っていた。僕も交代でバスルームに向かった。体を洗い、歯磨きを済ませて部屋に戻ると、熟女はベッドのシーツの中で横になっていた。 薄暗い部屋に、カーテンの隙間から入る自然光が程よい明るさを演出していた。自然な光は、昼間の不貞さを健康的なものに変える手助けをしてくれている気がした。 僕は腰に巻いていたバスタオルをとり、背中を向けて横になっている美魔女の背後に潜りこんだ。 後ろから、熟女の首筋にキスをし、唇と舌で愛撫を始める。唇は肩から背中へと移り、背骨に沿って舌を滑らせると「あ~ん…」と小さな声をもらし始める。
 
背中の中央辺りに、軽く歯を当てた後に、舐めると美熟女は「あ…あっ…あっ…」と身もだえしながら、声が高ぶってきた。シーツをはぐって、愛撫が腰迄降りる頃には、美魔女の体から力が抜けていた。再び首筋に愛撫を戻すと、四十路の熟女は振り向きキスを求めてきた。先ほどのキスよりも濃厚で、唾液を含んだ舌はより滑らかで、まるで生き物のように動き回り二つの口が一つになった錯覚さえ覚えた。 熟女は、「んっ…ん~…んっ…んー」と鼻を鳴らし、舌の動きが激しくなってくる。 俺は、彼女の豊かなバストを下から持ち上げる様にもみほぐした。小玉スイカのようなおっぱいは押し戻す弾力が強く張りがあった。両手でバストをもみながら、乳輪を舌先で舐めると40代の美魔女の声は一層大きくなった。唇で乳首を挟み、固くなった乳首を舌で転がしている時、僕は至高の喜びに満ちていた。(やはり、女性の胸をもみながら、乳首を舌で味わうのは男にとって神が与えた最高のご褒美ではないか。)おっぱいを堪能していると、美熟女は 「上手すぎる。だめっ…あ~…だめー…いっちゃいそう…あ~いくっ、いくっ、あ~」胸が感じる美熟女は、胸の愛撫で軽く絶頂を迎えたのだ。下半身へと手を伸ばしすと、オマンコは滴たる程濡れていた。中指と人差指二本の指先で、小陰唇を数回なぞって、潤った指先でクリトリスを軽く刺激した。「あああああ~」と切ない声を出して、ビクンと体を痙攣させる。
 
 僕は体を下半身に移動し、濡れたオマ○コに顔を近付けた。恥丘の陰毛は濃く茂っていたが、手入れがされて形は綺麗だった。やはり、今日こうなる事を意識していたのだろう。小陰唇は少し長くて、花びらの様に広がり、エロをかもしだしていた。ピンク色の突起は、大きくピーナッツくらい膨張していた。ピンク色の突起は包皮から剥きだしになっていた。 鼻を近付けたら、かすかに磯の匂いがしたが、匂いは少ない。浴室で丹念に洗ったのだろう。小陰唇のヒダを唇で挟んだが、馬刺しを口にしかのように柔らかだった。膣口に舌を差し込むと、やや塩味がしたが不快ではない。膣口の中は滑る様に滑らかだった。肉芽を舌先でなめると、美熟女の喘ぎ声はさらに大きくなる。「あああー、いくっ…いくっ…ああああー」全身を痙攣させて、クンニで絶頂を迎えたセフレの美熟女のまんこはマン汁と唾液でベトベトになっていた。 僕が体を起こすと、清楚な美魔女はちん○んを求めて股間に顔を近付けてきた。僕は仰向けになり身体を任せた。美熟女のフェラチオは、触るか触らないかの微妙なタッチの舌使いだった。俺は物足りなさで、じれったかったが、その感触が新鮮でもあった。
 
まるでちんぽをいとおしむ優しいフェラチオに、お○んちんの硬度は最高を迎えた。 体制を入れ替え、上から固いオ○ンチンを、濡れた膣口に軽く当てた。当てた後に、枕元に忍ばせたゴムを装着するつもりだったが、「中に出しちゃだめよ」と彼女が言ったので、中に出さなければこのまま挿入してよいのだと解釈して、このまま挿入する事にした。 ち○ちんは摩擦も少なく滑らかに挿入されたが、吸い付くようだった。あまりに滑らかなので、少し動いてみたが、固いチン○ン全体を柔らかに包み込むようにまとわりついてくる。ゆっくりとチンチンが抜ける寸前まで引き、奥までいれる長いストロークをすると、お○んちん全部が真綿でしめられているように感じられる。凄い快感だ。僕は、激しい動きはしないで、スローな抽挿を繰り返した。「あ~気持ちいい…すごい…体中が溶けちゃいそう。こんなの初めて…何をしたの?」熟女は、石の様に固い僕のオチンチンが、ゆっくりと抽挿されると何度も絶頂を迎えた。僕も、動くたびに鬼頭から、ち○こ全体に伝わる快感で腰の奥がしびれてきた。徐々に抽挿の速度は増して、一気に射精感が訪れた。「うおおおおー」射精する寸前にちん○んを引き抜き、美熟女の腹に精子を放出させた。ぐったりと倒れた俺は、彼女とディープキスをしながら、二人共余韻にひたった。 二人一緒にバスルームに入り、お互いの体をボディーシャンプーで洗って湯舟につかった。肌を密着すると、俺のオチンチンは再び硬度をまして巨大化してくる。
 
「もう、元気になってるよ。うふふふ」奇麗な熟女は、嬉しそうに固くなり始めたチンポを触ってきて、優しくしごきはじめた。セックスをした後の熟女は、言葉遣いもフレンドリーになり、積極的になったようだ。僕は、浴槽の中で熟女を引き寄せて対面座位で奥深くに挿入した。対面座位はおちん○んを奥深くに挿入出来るが、ベッドの上だと男は動きにくく女性に動いてもらうが、浴槽の中だと両手を浴槽縁に手をかけて腰を浮かせられる。浴槽のお湯をゆらしながら子宮口を目指して抽挿をするのだった。浴室内には、美熟女の喘ぐ声が、反響してさらに大きく響いた。 「汗かいちゃったね。」バスタオルを体に巻いた彼女は、冷えたペットボトルのウォーターを飲みながら、ベッドで横たわる僕の隣に座っている。ゴクゴクと半分程飲むと、俺にペットボトルを渡してきた。僕が、仰向けになったまま「飲まして」と言うと「いいよっ」と言って、口に含んで俺の口にゆっくりと流し込んでくれた。口の中の水が無くなると、そのまま舌をからめたディープキスになった。巨乳の美熟女は、そのまま僕の上になり乳首を吸ったり、舌で舐め始めた。
 
「うっ…あっ…気持ちいいよ」僕が思わず、声を出してビクンと反応すると、気をよくしたのか、積極的になった。乳首をなめながら、オチンチンをしごき始めた彼女も、自ら興奮してきたらしく「あ~ん…あっ」と声を上げている。清純な美魔女のフェラチオは、前回よりも、激しくなっていた。チュボッチュボッと強く吸って、舌全体で鬼頭を舐めて刺激する。硬度を取り戻したチンチンは、細身の美魔女の唾液でヌルヌルになった。俺が、そのまま騎乗位なるように仕向けると、固いちんぽを膣口に誘導した。 吸い込まれるように挿入されたち○ちんは、またもや膣壁に包まれ、チ○チン全体を締め付けてくる。しかし、彼女は奥深く迄挿入して動こうとしなかった。体重の殆どを、僕に預けて動きにくそうだった。やがて、膝をたてて上下に動くが、どことなく動きがぎこちない。騎乗位にあまりなれていないようだった。僕は、そのぎこちない動きがういういしく思えて、おまんこの気持ちよさとは違う快感を覚えた。熟女は、なれない騎乗位で、すぐ疲れてしまったみたいなので、俺が下から腰を突き上げて抽挿を開始した。腰を突き上げると、合わせるように美熟女の声が大きくなってきた。「ああああああー気持ちいい…あっあっ…すごいー」美熟女は、のけぞり自分の乳房をもむようにしながら自らも腰を上下に動かすようになってきた。
 
間もなく絶頂に達し、僕のうえに崩れてきた。 俺は、体制をかえて彼女の背後に回り、膝立ちで彼女を後ろから貫いた。「ああああー、だめー、いっちゃったすぐあとだからダメー、あっあっ…あああー奥を突いちゃだめー」俺は清楚な熟女の訴えなど聞こえてないかのように、腰を強く抑えて、激しく腰を打ち続けた。バックから見下ろす40代の美魔女のウエストからヒップは素晴らしく美しい曲線を描き、丸くボリュームのあるヒップも欲情をそそるものだった。俺は夢中で腰をふる。尻と腰が当たりパンパンパンと音が立ち、僕の滴る汗が巨乳の美魔女の背中にポタポタと滴り落ちる。「ああああー…いくーいくー、もう本当にだめ、お願いだからもうやめてーああああああーー」激しく絶頂した熟女を見届けた直後に、俺も限界に達して、チンコを抜き魅力的な美魔女の尻に射精した。二人共、力尽きたかのように、ベッドの上にうつ伏せで倒れ込んだ。 sexフレンドの美魔女は、仕事に行ってくると家族に言って出てきているので、定時には帰さないといけない。ホテルを出て熟女の最寄りの駅の大井町駅まで車で送り届けた。巨乳の熟女は帰路の車中で、何度も絶頂を迎えられた事に満足の様子だった。勿論、俺にとっても思い出になるセックスだった。次の日、彼女からメールで(今日、急に生理がきちゃいました。子宮がびっくりしたのですかね(´∀`) )とニッコリ笑った顔写真付きのメールが届いた。
 
出会い系サイトPCMAXでのセフレの美熟女とのハメどりエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓












































 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即エッチさせてくれるキュートな女性と出会ってsexフレンドにしてタダマンエッチできませんので、ピーシーマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出会い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.