deaikeitaiken_novel

【PCMAXやれる】美人の読者モデルと3Psexで3発中出し

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は何時ものごとく出会系SNSでかわいい女性と出会いまくって、タダマンセックスをやってヤりまくっています(o^∇^o)
 
さて、今回は出会いまくれる登録は無料の出会い系マッチングサイトのPCマックスで出会ったかわゆいモデルと東京都港区で会ってセフレにしてすぐ3P乱交sexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山取れましたのでリポートします。
 
※この記事には過激なエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系サイトのPCMAXで出会った女はモデルで、名前はアヤちゃんと泉水ちゃんといいすげえ美人でした(^_^)
 
モデルとは、出逢い系アプリのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、六本木駅近辺のお洒落なフレンチレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホに行って3P乱交エッチをしました。
 
sexフレンドのモデルと僕が東京都港区の六本木駅近辺のラブホテルの部屋に入ると、「3P乱交なんて楽しみだね」 ラブホに入った読モの阿弥といずみが、室内を見回して言った。 休日の昼過ぎである。もちろん俺は、二人が乱交したいというラインがきてから、急いでシャワーを浴びて歯磨きし、放尿も済ませ全身くまなく綺麗にして準備万端に整えていた。 3P乱交のために来たので、阿弥と泉水は早くもほおを上気させ、期待と興奮で目をキラキラさせていた。 二人は六本木駅近く街で落ち合い、昼食を済ませて来たようだ。 俺も待ちきれない思いで勃起し、先に脱ぎはじめた。「じゃ、脱ごうね」 言うと、そのつもりだった巨乳のモデルも手早く服を脱いでいった。 たちまち室内に、アヤと読者モデルの泉水の匂いが甘ったるく混じり合い、生ぬるく立ち籠めはじめた。 先に全裸になった僕は布団に仰向けになりながら、(ああ、隠し撮りのセットをしておけば良かった……) と思った。何しろ乱交なんて幸運な機会は一生に一回かも知れず、今後のオナニーライフのため撮っておくべきだった。 しかし、考えてみればまた求めれば誰だって二人で来てくれるだろうし、絶大な女性運もあるのだから、もうあまりオナニーのことなど考えなくて良いのでは、と思い直した。 そう、隠し撮りすればカメラが気になるので、今は二人を相手という贅沢な状況に専念すべきであった。 やがてモデルのあやとイズミも一糸まとわぬ姿になり、左右に座って僕を見下ろしてきた。
 
「先に、私たちで好きにさせて」 阿弥が言い、申し合わせたように二人は同時に屈み込んできた。 まず、僕の左右の乳首に二人がチュッと吸い付き、熱い息で肌をくすぐりながらチロチロと舌を這わせてきたのだ。「ああ……」 俺は快感に喘いだ。もともと男でも乳首は感じる部分だし、ダブルの愛撫となると快感も倍だった。「か、かんで……」 強い刺激が欲しくて思わず言うと、二人も綺麗な前歯でキュッと軽く両の乳首を?んでくれた。「あう、気持ちいい、もっと強く……」 甘美な刺激にクネクネ身悶えて言うと、さらに清純な読モも遠慮がちながら徐々に力を込めて歯を立ててくれた。 そして充分に左右の乳首が唾液にまみれると、二人は俺の肌を舐め下り、時に脇腹にもキュッと歯が食い込んだ。「アア……」 俺は読モたちに食べられていくような快感に喘ぎ、勃起したおちんちんをヒクヒクと上下させた。 読モの阿弥とイズミは交互に俺の臍を舐め、腰から太腿、左右の脚を舐め下りていった。 そして同時に足裏に回り込むと、厭わず踵から土踏まずを舐め、とうとう両の爪先にもしゃぶり付いてきたのである。「あう、いいよ、そんなことしなくて……」 指の股にヌルッと舌が割り込んでくると、俺は申し訳ないような快感に呻いて言った。 しかし阿弥といずみは愛撫を止めず、自分たちが以前僕にされたように、全ての指の間を舐め、生温かな唾液でヌルヌルにしてくれた。 僕のために愛撫しているというより、自分たちの欲望を満たすため男を隅々まで貪っているようだ。 僕は、まるで生温かなヌカルミでも踏んでいるような心地で、読モたちの濡れた舌を足指に挟んで感じた。 やがてしゃぶり尽くして口を離すと、二人は僕を大股開きにさせ、脚の内側を舐め上げてきた。左右の内腿にもキュッと歯が食い込むたび、俺はウッと息を詰めて興奮を高めた。
 
 いよいよ二人はほおを寄せ合い、僕の股間に顔を迫らせてきた。 するとモデルのあやが、まず俺の両脚を浮かせて尻の谷間に舌を這わせてきた。 チロチロとアヌスホールが舐められ、ヌルッと舌が潜り込んでくると、「く……!」 俺は妖しい快感に呻き、反射的にキュッときつく読者モデルの舌先をお尻の穴で締め付けた。 あやは内部で舌を蠢かせ、すぐに引き離すと、すかさず泉水も同じように舐め、潜り込ませてくれたのだ。「ああ、気持ちいい……」 僕は喘ぎ、やはりモグモグと尻穴を締め付けていずみの舌先を味わった。 彼女に立て続けに愛撫されると、舌の微妙な感触や温もり、蠢き方の違いがよく分かり、そのどちらにも俺は激しく反応した。 内部で泉水の舌が蠢くたび、中から刺激されたチ○ポがヒクヒクと震え、やがて読モが舌を引き離すと脚が下ろされた。 そして二人は再びほおを寄せ合い、熱い息を股間に混じらせながら、同時に陰のうを舐め回してきた。それぞれの睾丸が舌で転がされ、時にそっと吸われ、袋全体は混じり合った唾液に生温かくまみれた。 女同士の舌が触れ合っても、レズビアンの関係だったから全く気にならないようで、やがてアヤとモデルのイズミはちんこの裏側と側面をゆっくり舐め上げてきた。
 
 滑らかな舌が二人分這い上がり、先に読者モデルの阿弥が粘液の滲む尿道口をチロチロと舐め、張り詰めた亀頭を含むとスポンと引き抜いた。 すぐにいずみも同じように舌を這わせ、亀頭を含んで吸い付いてきた。「アア……」 僕は喘ぎ、やはり立て続けだと二人の口腔の温もりや舌の感触の違いに快感が高まった。 含んで吸い付いては離し、それが二人交互に延々と繰り返されると、いかに我慢しても絶頂が迫ってしまった。「い、いきそう……」 俺は腰をくねらせて警告を発したが、アヤと読モのイズミはまるで意に介さず愛撫を止めず、果ては二人同時に亀頭をしゃぶりはじめていた。 何やらディープキスしている読者モデルたちの口の間におち○ちんが割り込んでいるような、あるいは美人姉妹が一緒にキャンディーでもしゃぶっているようだった。「い、いく……、アアッ……!」 ひとたまりもなく昇り詰めた僕は、激しく身をよじりながら喘ぎ、熱い大量のセーシをドクンドクンと勢いよく口内発射てしまった。「ンン……」 ちょうど含んでいた読モのイズミが喉の奥を直撃されて呻き、口を離すとすかさずモデルのアヤが含んで余りを吸い出してくれた。
 
「ああ、気持ちいい……」 僕はズンズンと股間を突き上げ、阿弥の口の摩擦を味わいながら心置きなく最後の一滴まで出し尽くしていった。 アヤも、まるで舌鼓でも打つように舌の表面と口蓋に亀頭を強く挟んで吸い付き、やがて僕がグッタリと身を投げ出すと愛撫も止めた。 そして亀頭を含んだまま口に溜まった白濁液をゴクリと飲み干すと、「く……」 俺はキュッと締まる口腔に刺激され、駄目押しの快感を得て呻いた。 ようやくモデルのアヤが口を離し、なおも幹をしごきながら白濁の雫の滲む尿道口を舐め回すと、読モの泉水も顔を寄せて一緒に舐めてくれた。 もちろん読者モデルのいずみも、口に飛び込んだ濃い第一撃は飲み干していた。「あうう……、も、もういい……」 二人分の舌遣いに刺激され、僕はヒクヒクと過敏に幹を震わせながら降参したのだった。 モデルの阿弥と読者モデルの泉水も全て綺麗にしてから舌を引っ込めて顔を上げ、「ずいぶん出たわ。すごく濃いのが」 読モの阿弥は言い、ヌラリと淫らに舌なめずりした。 僕は身を投げ出し、荒い息遣いを繰り返しながら余韻に浸っていた。 もちろん力を宿しているので、ここで果てたところで何度でも回復するし、快感が減るようなことはない。 そして相手が二人いると、回復も早かった。「さあ、どうすれば、すぐにまた出来るようになるか言って。二人で何でもしてあげるから」 モデルのあやに言われると、その言葉だけで俺は期待にムクムクと反応してきたのだった。「じゃ、二人の足裏を僕の顔に……」
 
 僕が仰向けのまま呼吸を整えて言うと、阿弥と読モの泉水もすぐ立ち上がった。 顔の左右に二人がスックと立つと、熱気が顔を包み込んできた。 全裸の読モが二人の立つ姿を、真下から見上げるのも実に壮観だった。どちらもお○んこの割れ目からは、大量の膣液が溢れているように見えた。 やがて二人は互いに身体を支え合いながら、そろそろと片方の足を浮かせ、同時に僕の顔に乗せてきたのだった。「ああ、変な気持ち……」 イズミが息を震わせ、脚をガクガクさせながらモデルの阿弥にしがみついて僕の顔を踏みしめた。 僕も二人分の足裏に舌を這わせ、それぞれの指の間に鼻を割り込ませて嗅いだ。どちらの指の股も汗と脂に湿り、ムレムレになった匂いが濃厚に沁み付いていた。 しかも、微妙に異なる二人分の匂いだから贅沢なものである。 俺は充分に鼻腔を満たしてから、爪先にしゃぶり付いていった。 先に阿弥の指をしゃぶり、次にモデルのイズミを味わい、足も交代してもらうと、俺は全ての味と匂いを堪能し尽くしたのだった。「じゃ、跨いでしゃがんで」 口を離して言うと、やはり姉貴分のあやが先に僕の顔に跨がり、和式トイレスタイルでゆっくりしゃがみ込んできた。 スラリと長い脚がM字になると、脹ら脛と内腿が量感を増してムッチリと張り詰めた。 すでに濡れているスリムなモデルのまんこの割れ目が鼻先に迫ると、悩ましい匂いを含んだ熱気が僕の顔中を包み込んだ。 腰を抱き寄せ、黒々とした茂みに鼻を埋め込むと、汗とオシッコの匂いが蒸れて濃厚に沁み付いていた。
 
俺は胸いっぱいに嗅いで鼻腔を湿らせながら舌を挿し入れ、淡い酸味のヌメリに合わせて膣口を探り、突き立った大きな陰核まで舐め上げていった。「アアッ……!」 読者モデルの阿弥が喘ぎ、新たなぬめり汁をトロリと漏らしてきた。 そんな様子を、もうすぐ自分の番だと期待するモデルのいずみが覗き込んでいた。 さらに俺は読者モデルの阿弥の尻の真下に潜り込み、顔中に張りのある双丘を受け止めながら、レモンの先のように突き出た谷間の蕾に鼻を埋め、蒸れた匂いを嗅いでから舌を這わせた。 ヌルッと潜り込ませ、滑らかで微妙に甘苦い粘膜を探ると、「あう、いい気持ち……」 阿弥が呻き、尻穴で舌先を締め付けてきた。 そして俺が読モの阿弥の前も後ろも充分に舐めると、モデルの阿弥も泉水のため股間を浮かせて場所を空けた。 すぐにもいずみが跨がってしゃがむと、俺はやはり大量の粘り汁に濡れているま○この割れ目を引き寄せた。 恥毛に鼻を埋めると、やはり甘ったるく蒸れた汗の匂いに、ほのかな残尿臭が混じって籠もり、嗅ぐたびに鼻腔が悩ましく刺激された。
 
 舌を這わせると淡い酸味のヌメリが動きを滑らかにさせ、俺は充分に膣口をかき回してから一番敏感な豆まで舐め上げた。「アアッ……! いい……」 イズミも熱く喘ぎ、思わずギュッと座り込みそうになりながら足を踏ん張った。 処女を失ったばかりだが、すでに阿弥の手ほどきでバイブ挿入に慣れ、充分に快感を知っているので、期待に膣液の量も多かった。 俺はチロチロとクリトリスを舐めては、新たに漏れてくるヌメリをすすり、さらに尻の真下にも潜り込んだ。 谷間の可憐な蕾に鼻を埋めると、やはり蒸れた微香が籠もり、僕は嗅いでから舌を這わせ、ヌルッと潜り込ませた。「あう……」 読者モデルの泉水が呻き、お尻の穴で舌先を締め付けた。 すると阿弥が、すっかり回復している僕のち○こにしゃぶり付き、充分に舐めて濡らしてから、待ちきれないように跨がってきたのだ。 ヌルヌルッと一気に根元まで膣口に受け入れると、「ああッ……、感じる……!」 読者モデルのアヤは喘ぎながら股間を密着させ、前にいるイズミの背にもたれかかった。 僕は読者モデルの泉水の前も後ろも味と匂いを貪り、あやの膣内でヒクヒクと快感に幹を震わせた。 やがてアヤが身を重ねてきたので、泉水も俺の顔から股間を引き離した。
 
 モデルのあやが重なったので、僕も抱き留め、両膝を立てて尻を支えた。 するとモデルがすぐにも股間をしゃくり上げるように擦り付け、動きはじめた。「アア、すぐいきそうよ……」 やはり三人だから興奮も倍加し、実際すぐにモデルの阿弥は膣内を収縮させ、粗相したようにラブジュースを大洪水にさせた。 僕も、さっき果てたばかりだから暴発の心配もなくズンズンと股間を突き上げると、あっという間にモデルのアヤがオルガスムスに達してしまった。「あう、気持ちいいッ……!」 声を上ずらせ、ガクガクと狂おしい痙攣を繰り返しながら、やがてグッタリと身を預けてきた。俺は、収縮と摩擦の中でも果てることなく、チ○ポは次のイズミに備えるように屹立したままだった。「アア……、勿体ないわ、すぐいっちゃって……」 読者モデルの阿弥が息を弾ませて言いながら、しばしヒクヒクと震えていたが、間もなくモデルのイズミのため場所を空け、ゴロリと横になっていった。 するとモデルの泉水が身を起こして僕の股間に跨がり、モデルの阿弥の膣液にネットリとまみれた先端にオマ○コの割れ目を押し付けてきた。 息を詰めてゆっくり腰を沈めると、やはり阿弥とは微妙に温もりと感触の違う膣口に、俺のオチンチンはヌルヌルッと滑らかにのみみ込まれていった。「ああ……、いい気持ち……」
 
 完全に座り込むと、モデルの泉水が顔を仰け反らせて喘ぎ、上体を起こしていられないようにすぐに身を重ねてきた。 俺も彼女のま○この肉襞の摩擦と締め付けを味わいながら、下から両手を回して抱き留め、さらに添い寝して荒い呼吸を繰り返している読モの阿弥まで抱き寄せた。 そして潜り込むようにしながら、二人分の乳首を順々に含んで舐め回し、顔中で柔らかな膨らみを味わった。「アア……」 モデルのいずみが喘ぎながら腰を動かしはじめ、アヤも余韻の中で身をくねらせ、俺の顔におっぱいを押し付けてきた。 俺は二人分の混じり合った体臭に包まれ、それぞれの腋の下にも鼻を埋め込み、ジットリ湿って甘ったるい汗の匂いに噎せ返った。 腋はどちらも似た匂いで、次第に俺も高まってズンズンと股間を突き上げはじめていった。「い、いきそう……」 読者モデルのイズミも絶頂を迫らせて言い、大量に漏らす淫液で律動を滑らかにさせた。 僕はいずみの顔を引き寄せて唇を重ね、舌を挿し入れて歯並びを舐めると、彼女も歯を開いて舌をからめてきた。 さらに俺はモデルの阿弥の顔も抱き寄せ、三人で唇を重ね、それぞれの舌を味わったのだった。 生温かな唾液に濡れて蠢く二人分の舌を舐めると、三人が鼻を突き合わせているため、清純な読モたちの吐息で顔中が湿り気を帯びるほどだった。「もっと唾を飲ませて……」 高まりながら囁くと、二人も懸命に唾液を溜め、唇をすぼめてクチュッと俺の舌に垂らしてくれた。
 
 俺は混じり合った唾液を味わい、うっとりと喉を潤して突き上げを強めた。「い、いっちゃう……、アアーッ……!」 たちまち読モのいずみが収縮を高めて声を上げ、ガクガクと狂おしい痙攣を開始してオルガスムスに達してしまった。 俺も、二人の口から吐き出される濃厚な息を嗅いで昇り詰めた。 アヤはいつもの甘い花粉臭、読者モデルのイズミは甘酸っぱい果実臭を含んでいたが、二人とも昼食の名残でオニオンやガーリックの成分も淡く混じり、悩ましく俺の鼻腔が刺激された。「い、いく……!」 二人分の息の匂いに包まれ、ひとたまりもなく僕は呻きながら、ありったけの熱いザ○メンをドクンドクンと勢いよく中出しした。「あう、もっと……!」 噴出を感じたイズミが駄目押しの快感で呻き、さらにキュッキュッときつく締め上げてきた。 俺も心ゆくまで贅沢な快感を味わい、最後の一滴まで出しきってすっかり満足した。そして徐々に突き上げを弱めながら力を抜いていくと、「アア……」 イズミも力尽きて声を洩らし、グッタリともたれかかってきた。 まだ収縮する膣内で、過敏になったちんこがヒクヒクと跳ね上がり、僕は清楚な読者モデルたちの混じり合った吐息を胸いっぱいに嗅いで、うっとりと快感の余韻に浸り込んでいったのだった。
 
「じゃ、二人一緒にオシッコしてね」 バスルームで身体を洗い流したあと、僕は床に座って二人を立たせて言い、左右から肩を跨がらせた。 読モのあやもいずみも、素直に俺の顔に股間を突き出し、また上で互いの身体を支え合いながら、懸命に息を詰めて尿意を高めてくれた。 俺は二人の片方の脚を抱き込み、左右にあるオ○ンコの割れ目を交互に舐めた。 濃厚だった匂いは薄れたが、二人のぬめり汁は尽きることなく溢れて舌の動きを滑らかにさせた。 そして舐めているうち、先に阿弥の柔肉が妖しく蠢いてきた。「あう、出るわ……」 読モの阿弥が言うと、読モの泉水も後れを取るまいと吸い込んだ息を止めて身じろいだ。 間もなくアヤのおめこの割れ目からチョロチョロと熱い流れがほとばしり、俺は舌に受けて味わい、喉に流し込んだ。 味も匂いも淡く上品で、それでも飲み込めなかった分が口から溢れると肌を温かく伝い流れた。 すると反対側の肩に、読モの泉水のオ○ンコの割れ目からポタポタと温かな雫が滴り、すぐにもチョロチョロとした流れとなって注がれてきた。「アア……」 モデルのイズミも声を洩らし、勢いをつけて僕の肌に向かい放尿した。
 
 そちらにも顔を向けて口に受けると、やはり味も匂いも控えめで抵抗なく飲み込むことが出来た。 その間も阿弥の流れが肌に注がれ、さすがに二人分となると混じり合った匂いが悩ましく鼻腔を刺激してきた。 やがて二人は、ほぼ同時に流れを治め、僕は交互にマンコの割れ目を舐めて余りの雫をすすり、濃厚な残り香の中で柔肉を探った。「あう、もうダメ……」 感じすぎるようにイズミが言ってビクリと腰を引き離したので、僕も舌を引っ込めた。やがて三人でもう一度全身を流してから、身体を拭いて部屋へと戻っていったのだった。「ね、今度は私の中に出して」 読者モデルの阿弥がせがみ、再び仰向けになった僕に肌を密着させてきた。 やはりさっきは性急に済んでしまったので、二度目はじっくり味わいたいようだった。「私はもう充分、慣れてるので自分でするわ」 いずみが言い、快感の重い膣感覚より、肉豆へのオナニーで仕上げたいのだろう。 するとモデルの阿弥が僕の股間に屈み込み、充分にしゃぶり付いてチ○チンを濡らし、身を起こして跨がってきた。もう前戯よりも、少しでも早く一つになりたいようだった。 先端におま○この割れ目を押し当て、今度は味わいながらゆっくり座り込み、ヌルヌルッと滑らかに根元まで受け入れていった。「アア……、奥まで届くわ……」 
 
阿弥が顔を仰け反らせて喘ぎ、密着した股間をグリグリ擦り付けてきた。 添い寝したイズミも、自分でクリをいじりながら、身を乗り出して僕に唇を重ねてきた。 俺はネットリと舌をからめ、読者モデルの阿弥の内部でヒクヒクと幹を震わせた。 読者モデルのあやも対抗するように身を重ねると、また三人で舌をからめはじめた。 僕も、二人分の舌の感触と唾液のヌメリ、混じり合った吐息の匂いに包まれるのは最高だった。 俺が股間を突き上げるとモデルのアヤは息を弾ませて高まり、いずみも舌をからめながらオナニーで絶頂を迫らせてきたようだ。「ね、顔に強く唾を吐きかけて……」 ゾクゾクと興奮しながら言うと、先に読者モデルの阿弥が、続いて読者モデルの泉水もためらいなく口中に溜めた唾液を、ペッと強く吐きかけてくれた。 モデルのあやも、読モのいずみも、今後一生人にしない行為を、俺だけにしてくれたのだ。「ああ……」 俺は顔中に二人分の熱くかぐわしい吐息を受けて喘ぎ、生温かな唾液の固まりで鼻筋を濡らされた。二人分の粘液がヌラリとほおの丸みを伝い流れると、さらに悩ましい匂いが漂った。「顔中ヌルヌルにして……」 僕が高まりながら言うと、あやとモデルの泉水も僕の顔中にヌラヌラと舌を這わせはじめてくれた。 それは舐めるというより、吐き出した唾液を舌で塗り付ける感じで、たちまち顔中は読モたちの唾液にパックされたように生温かな粘液にまみれ、混じり合った吐息と唾液の匂いが悩ましく鼻腔を刺激した。
 
「い、いく……!」 たちまち僕は三度目の絶頂を迎えて口走り、まだこんなに余っていたかと思えるほどの白濁液をドクンドクンと勢いよく中出しした。「あう、いく……、アアーッ……!」 奥深い部分に噴出を感じた読モのあやも、オルガスムスのスイッチが入ったように喘ぎ、ガクガクと狂おしい痙攣を開始した。「き、気持ちいいわ……、あう……!」 するとさらに、二人の絶頂が伝わり合ったように泉水も声を上ずらせ、自ら陰核をいじりながらガクガクと痙攣しはじめたのだった。 三人が同時に果てるというのも、実に希有なことであろう。三人とも悶えながらとことん快感を味わった。 僕も快感を?み締め、心置きなく最後の一滴までアヤのおめこの奥に生中し尽くしていった。三度目でも全く快感に衰えはなく、またこれからすぐ出来そうな気になった。「ああ、もうダメ、良かったわ、すごく……」 読者モデルの阿弥が力尽きたようにグッタリともたれかかって言い、名残惜しげにキュッキュッと膣内を締め付けてきた。 俺が突き上げを止めて力を抜くと、横から密着している泉水も気が済んだように硬直を解き、自身の股間から手を離して荒い呼吸を繰り返していた。「三人もいいわね、またしましょう」「ええ、いつでも……」 読モのアヤが囁き、俺も答えながら、二人の混じり合った吐息の匂いを嗅いで、うっとりと快感の余韻を味わった。 やがて読モの阿弥がそろそろと股間を引き離して添い寝し、左右から俺を挟み付けてきた。 泉水も満足げに息遣いを整え、たまに思い出したようにビクッと震えながら、ピッタリと横から密着しているのだった……。
 
出会い系サイトPCMAXでのスレンダーな読者モデルとの3P乱交エッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓







































































 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐエッチできる美人の女の子と出会ってセックスフレンドにしてただまんエッチできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出逢い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCMAXは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.