deaikeitaiken_novel

【PCMAX体験談】調布市でセックスレスの巨乳人妻と不倫sex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はせっせと出逢い系コミュニティでかわいい女漁りをして、ハメどりエッチにいそしんでいます(^^)
 
さて、今回は秘密の出会いができる有名な出会系コミュニティのPCマックスで出会ったsexフレンドの若妻と東京都調布市で会ってセフレにしてすぐ即ハメエッチをしてきたのですが、ハメ撮り写メがいっぱい撮影できましたのでレポします。
 
※この記事にはエロいsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系サイトのPCマックスで出会った女の子は人妻で、名前はユカさんといい超絶美人でした(o^∇^o)
 
スタイル抜群の美人妻とは、であいけいサイトのPCMAXで知り合ってラインでやり取りした後、調布駅近くのおしゃれなフレンチレストランに食事に行った後sexしてもOKとのことだったのでいつも通りラブホに行ってはめ撮りsexをしました。
 
巨乳の主婦と東京都調布市の調布駅周辺のラブホテルの部屋に入ると、
「先にシャワー浴びてきて」 人妻が言い、俺も言葉に甘えて脱衣所で全裸になり、シャワーで全身を流した。 もちろん口もすすいで放尿も済ませると、妖しい期待にチ○チンはピンピンに勃起してしまった。 そして脱衣所に出ると、ちょうどタオルを持ったスレンダーな奥さんが入ってきたのである。「あ、ごめんなさいね。まあ、すごい……」 勃起したオチン○ンに熱い視線を注ぐとセフレの若妻は目を見張って言い、急激に淫気を湧かせたようだった。 元より、俺の備えている力に反応したのだろう。 僕も午前中に出会い系サイトピーシーマックスで出会ったセフレにに口内発射しているが、やはり力を宿しているので何度でも出来そうだ。いや、そんな力がなくても、男というものは相手さえ変わればリセットされるのである。「私と、したいの?」「ええ、もちろん」「じゃ待ってて、急いでシャワー浴びるので」「いえ、そのままの方が嬉しいので」 僕は言い、渡されたタオルで手早く身体を拭くと、全裸のままアラサーの若妻を引っ張って寝室に行ってしまった。 「だって、すごく汗かいてるのに……」 専業主婦はためらいながらも、僕のパワーに圧倒されるように、待ちきれないほど高まってきたようだった。 僕がブラウスのボタンに手をかけると、人妻も意を決したように手早く自分で脱ぎはじめた。 先に俺は布団に横になったが、まだ来たばかりだから枕にもそれほど濃い匂いは沁み付いていなかった。 やがて彼女も最後の一枚を脱ぎ去り、窓のカーテンを閉めてから添い寝してきた。カーテン越しにも光が射し、充分に観察できる。 僕は甘えるように腕枕してもらい、生ぬるくジットリ湿った腋の下に鼻を埋め込んで嗅いだ。「いい匂い……」
 
 人妻が濃厚に甘ったるいミルクに似た汗の匂いで鼻腔を満たして言い、スベスベの腋に舌を這わせて見ると、息づく巨乳の、やや濃く色づいた乳首に、ポツンと白濁の雫が浮かんでいた。 俺は嬉々として乳首に吸い付き、生ぬるい雫を舐め取って顔中を彼女の巨乳に押し付けた。 強く吸うと、さらに薄甘い新たな母乳が滲んで舌を濡らしてきた。「アア……、もっと吸って……」 彼女も夢中になって喘ぎ、さらに分泌を促すように自ら指で巨乳を揉みしだいてくれた。 俺は彼女の母乳を吸って喉を潤し、もう片方にも吸い付いて新鮮なミルクを貪った。 最初から感じていた甘ったるい匂いは、汗ではなく母乳だったのだ。 赤ん坊の分がなくなるのではないかと思えるほど左右の乳首を交互に吸い、充分に胸を満たすと、僕は滑らかな肌を舐め下りていった。 sexフレンドの主婦の張りのある腹部の弾力を顔中で味わい、腰からムッチリした太腿に移動し、脚をたどっていった。 足裏にも舌を這わせ、蒸れた匂いの沁み付く指の股にも鼻を押し付けて嗅ぎ、爪先をしゃぶって全ての指の間を味わった。「ああ、ダメよ、汚いから……」 彼女が身をよじり、まるでペットの悪戯でも叱るように言いながらも拒みはしなかった。 
 
僕は両足とも全ての指の股を貪り尽くすと、股を開かせて脚の内側を舐め上げ、白く張りのある内腿をたどって股間に迫った。 ふっくらした股間の丘に茂る恥毛は濃く、黒々と艶があった。 お○んこの割れ目からはみ出した陰唇はすでにヌラヌラと淫液に潤い、指で広げると襞の入り組む膣口が息づき、小指の先ほどの肉豆もツンと突き立って光沢を放っていた。 堪らずに顔を埋め込み、柔らかな恥毛に鼻を擦り付けて嗅ぐと、濃厚に甘ったるい汗の匂いが蒸れて籠もり、それに残尿やラブジュースなど様々な成分が入り混じって俺の鼻腔を刺激してきた。 淡い酸味のヌメリを?き回し、膣口から肉芽までゆっくり味わいながら舐め上げていくと、「ああッ……、いい気持ち……!」 巨乳の若妻がビクッと顔を仰け反らせて喘ぎ、量感ある内腿でキュッときつく僕の顔を挟み付けてきた。 僕は舌先で弾くように陰核を舐めては、新たなぬめり汁をすすり、さらにビッチな若妻の両脚を浮かせて豊満な尻に迫った。 顔中を弾力あるオッパイに密着させ、谷間のピンクの蕾に鼻を埋めて嗅ぐと、やはり30代の美人妻の汗の匂いが籠もり、秘めやかに蒸れた匂いも微妙に感じられた。 舌を這わせて襞を濡らし、ヌルッと潜り込ませて粘膜を探ると、微妙に甘苦い味覚もあった。
 
「あう、ダメ……」 彼女が呻き、キュッときつく尻穴で舌先を締め付けた。舌を出し入れさせるように蠢かすと、鼻先にあるセフレの美人妻のオマ○コの割れ目からは母乳に似て白濁した蜜汁がトロトロと漏れてきた。 俺は舌を引っ込めて脚を下ろし、再びマンコの割れ目に戻ってヌメリをすすり、クリトリスに吸い付いた。さらに僕は左手の人差し指を、若妻の唾液に濡れたお尻の穴に浅く押し込み、膣口には右手の二本の指を潜り込ませた。 そして前後の穴の内壁を、クチュクチュと小刻みに擦りながらクリを刺激すると、「アア、い、いきそう……、お願い、入れて……!」 人妻が嫌々をしてせがみ、前後の穴で指をきつく締め付けてきた。 やはり最も感じる三カ所への刺激は、相当に激しいようだ。 俺も執拗にクリちゃんを吸い、アヌスホールに入った指を出し入れさせ、膣内の指も内壁を擦り、天井の膨らみも圧迫してやった。「ダメ、お願い……!」 とうとう絶頂を迫らせた奥さんが半身を起こして言い、僕の腕を?んで股間から引き離した。 ようやく俺も指を引き抜き、身を起こして股間を迫らせていった。 膣内に入っていた二本の指は攪拌された白っぽい粘液にまみれ、指の間に膜が張るようだった。お尻の穴にあった指に汚れはなく、爪にも曇りはないが悩ましい微香が感じられた。 まずは股間を進め、濡れたおま○この割れ目に先端を擦り付け、ゆっくりと膣口に挿入していった。 ヌルヌルッと心地よい肉襞の摩擦が幹を包み、ち○ちんは熱く濡れた柔肉に滑らかに根元まで吸い込まれた。「アア……、いいわ……」
 
 再び仰向けになった奥さんが、顔を仰け反らせて喘いだ。 深々と貫き、股間を密着した俺は脚を伸ばして身を重ね、胸で巨乳を押し潰して唇を重ねていった。「ンンッ……」 人妻も熱く鼻を鳴らして舌をからめながら、下から両手を回して激しくしがみつき、ズンズンと股間を突き上げはじめた。「い、いっちゃう……、アアーッ……!」 突き上げに合わせて僕が何度か腰を突き動かしただけで、30代の主婦は口を離すなり、淫らに唾液の糸を引いて声を上ずらせた。 巨乳の奥様はどうやら妊娠以来、夫婦生活も疎くなっているようで、あっという間にオルガスムスに達してしまったようだ。喘ぐ口から洩れる熱く湿り気ある息はシナモン臭に似て、悩ましく僕の鼻腔を刺激してきた。 スリムな人妻はガクガクと狂おしく腰を跳ね上げ、何度も身を仰け反らせて膣内を収縮させ、粗相したように大量の潮を噴いた。 しかし俺は、圧倒されるばかりで果てそびれてしまった。「アア……」 専業主婦は満足げに声を洩らすと、熟れ肌の硬直を解いてグッタリと身を投げ出していった。 僕も動きを止め、収縮する膣内で勃起したままのち○ぽを震わせ、人妻の呼吸が整うのを待ちながら、どのように果てさせてもらおうかと思った。「ああ……、良かったわ。こんなに感じたの初めて……」 奥様が息も絶えだえになって言い、薄目で俺を見上げながらキュッキュッと締め付けてきた。「まだいってないの? お願い、いったん離れて……」 感じすぎるように言い、僕も身を起こしてヌルッとおちん○んを引き抜いた。「あう……、お願い、バスルームに連れていって……」 
 
やはり若妻は汗ばんだままの肌が気になるように言い、俺は支え起こすと、一緒にバスルームへと移動していった。 力なく椅子に座ったビッチな主婦にシャワーの湯を浴びせ、俺も股間を洗った。 徐々に奥さんも人心地ついてきたようだ。「あんなにすごいなんて、驚くことばかりだわ……。今日、本当に出会えて良かった……」 巨乳の若妻が言い、やがて僕は床に座って目の前に奥さまを立たせた。「ね、オシッコするところ見せて」「アア……、無理よ、そんなの、恥ずかしくて出来ないわ……」 言うと、新婚の人妻は立ってられないほどフラつくので、仕方なく俺は床に仰向けになって奥さまを引き寄せた。それほど広くないが、両膝を立てれば横たわることが出来た。 そして顔に跨がらせると、人妻もバスタブのふちに両手でつかまり、まるでオマルでも跨ぐような体勢になった。見上げるとま○この割れ目は満足そうに息づき、それでも新たな分泌液がヌラヌラと溢れはじめていた。「出して」「ああ……、ダメよ、そんなこと……」 真下からせがむと、巨乳の若妻も拒みながら、和式トイレスタイルだと徐々に尿意を催しはじめたようだ。たちまち柔肉が蠢き、思わずチョロッと熱い流れが漏れてきた。「あう、ダメ……」 ビッチな人妻は呻き、慌てて止めようとしたようだが、いったん放たれた流れは止まらずにチョロチョロと勢いを増して注がれてきた。 僕は口に受け止め、仰向けなので噎せないよう懸命に喉に流し込んだ。 味も匂いもやや濃いが、人妻から出たものだから嬉々として受け入れた。 口から溢れた分が顔中をビショビショに濡らし、?の丸みを伝って温かく耳の穴にも入り込んできた。 彼女は放尿しながら、また昇り詰めそうなほど朦朧となり、何度か思わずギュッと僕の顔に股間を押し付けてきた。 間もなく流れが治まると、僕は残り香に包まれながらマ○コの割れ目を舐め、余りの雫をすすった。「ああ、もう出ないわ……」 彼女がバスタブに?まりながら言い、懸命に股間を引き離してシャワーの湯で股間を洗い流した。僕も起きて身体と顔を流し、互いに身体を拭いてバスルームを出た。
 
 そして全裸のまま布団に戻ると、俺は仰向けになっていった。 すると人妻が僕の股間に腹這い、両脚を浮かせて尻の谷間を舐めてくれた。「こんなところ舐めるの初めて……」 巨乳の主婦は言いながら股間に熱い息を吐きかけ、チロチロとお尻の穴を舐めて濡らすと自分がされたようにヌルッと舌を潜り込ませてきた。「あう、気持ちいい……」 僕も快感に呻きながら、モグモグと味わうようにセフレの奥さんの舌先をア○ルで締め付けた。 若妻も厭わず内部で舌を蠢かせてから、脚を下ろして陰のうにしゃぶり付いた。 二つの睾丸を舌で転がし、生温かな唾液で袋全体をまみれさせると、いよいよ身を乗り出しておちん○んの裏側を舐め上げてきた。 滑らかな舌がゆっくり先端まで来ると、粘液の滲む尿道口をチロチロと舐め、そのまま丸く開いた口でスッポリと喉の奥までのみ込んでいった。 快感の中心が、生温かく濡れた心地よい口腔に包まれ、俺はヒクヒクと幹を震わせて温もりを味わった。「ンン……」 激カワの人妻も深々と含んで吸い、執拗にクチュクチュと舌をからめてくれた。 さらにズンズンと股間を突き上げると、人妻も顔を上下させ、スポスポとリズミカルな摩擦を繰り返した。「い、いきそう……」 
 
すっかり高まった僕が口走ると、巨乳の主婦もすぐにスポンと口を離して顔を上げた。「どうする? お口に出す?」「跨いで、上から入れてほしい……」「いいわ。私ももう一度入れたいの」 言うと彼女は身を起こして答え、前進して跨がってきた。 オ○ンチンの先端にお○んこの割れ目を押し当て、ゆっくり腰を沈めると、ヌルヌルッと滑らかに膣口に受け入れていった。「アアッ……、またすぐいきそう……!」 ピッタリと股間を密着させ、根元まで入れると奥さまが顔を仰け反らせて喘いだ。俺も肉襞の摩擦と温もりを味わいながら、両手を伸ばして奥さまを抱き寄せていった。 美人妻が身を重ねてくると、僕も両膝を立てて股間を突き上げはじめた。 溢れる淫液に、すぐにも律動が滑らかになり、ピチャクチャと淫らな摩擦音が聞こえてきた。「ミルクを、顔にかけて……」 僕が言うと、30代の主婦も巨乳を突き出し、両の乳首を指で強くつまんだ。 すると白濁の母乳がポタポタと滴り、無数の乳腺からは霧状になったものが僕の顔中に生ぬるく降りかかった。 僕は甘ったるい匂いに包まれ、雫を舌に受けて味わい、さらに左右の乳首に吸い付いて、薄甘い母乳で喉を潤した。「アア……、いい気持ち……」 
 
若妻は喘ぎ、あらかた搾り尽くすと、母乳でヌルヌルになった俺の顔に舌を這わせてくれた。 僕も湿り気あるシナモン臭の吐息を嗅ぎ、顔中にヌメリある舌を感じながら突き上げを激しくさせていった。そして人妻の唾液も口に垂らしてもらって飲み込み、ネットリと舌をからめながら、今度こそ高まっていった。「い、いく……、アアッ……!」 僕は昇り詰めて喘ぎ、ありったけの熱い白濁液をドクドクと噴出させた。「あう、感じる。またいくわ……。アアーッ……!」 奥深くを直撃された途端、主婦も再びオルガスムスのスイッチが入って声を上ずらせ、ガクガクと狂おしく痙攣した。 俺も、キュッキュッときつく締まる膣内に摩擦され、唾液と吐息を貪りながら心ゆくまで快感をかみ締め、最後の一滴まで中出しし尽くしていった。「ああ……」 すっかり満足して声を洩らし、徐々に俺が突き上げを弱めていくと、「すごいわ、何度もいきそう……」 セフレの奥様も息を弾ませて言い、力尽きたようにグッタリと遠慮なく体重を預けてきた。 僕が完全に動きを止めるとスタイル抜群の主婦の汗ばんだ柔肌が密着し、まだ収縮する膣内に刺激され、射精直後で過敏になった幹がヒクヒクと内部で跳ね上がった。「あうう、もうダメ……」 若妻も感じすぎるように呻き、幹の震えを押さえつけるようにキュッときつく締め上げてきた。僕は重みを受け止め、彼女の悩ましい吐息で鼻腔を満たしながら、うっとりと余韻を味わったのだった……。
 
出会い系サイトPCマックスでのsexフレンドの若妻とのただまんエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓
































なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐセックスできる奇麗な女の子と出会ってsexフレンドにしてタダマンセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出合い系コミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.