deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールやれる】爆乳グラビアアイドルと中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分は何時ものごとくであいけいアプリで可愛い女をsexフレンドにして、タダマンエッチをやっています(^▽^)
 
さて、今回は本当に出会える良心的な出合い系SNSのハッピーメール(happymail)で出会った爆乳のグラビアアイドルと東京都文京区で会ってセフレにして即ただまんsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが沢山撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系サイトのハッピーメールで出会った女性はグラドルで、名前はりのさんといいものすごく美人でした((^┰^))
 
爆乳のグラドルとは、出会系コミュのハッピーメールで知り合ってLINEでやり取りした後、湯島駅近くのおしゃれな海鮮居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホテルに行ってはめ撮りセックスをしました。
 
俺とグラビアアイドルが東京都文京区の湯島駅近くのラブホの部屋に入ると、俺の淫気を察したようにグラビアアイドルが立ち上がって自分から服を脱ぎはじめてくれた。言葉など交わさなくても、最初からそのつもりで会ってくれたようだ。 僕も手早く全裸になると、ピンピンに屹立したチ○ポを震わせながら布団に仰向けになった。「ここに座って」 俺が下腹を指して言うと、やはり一糸まとわぬ姿になったセフレのグラビアアイドルが跨がり、ためらいなく俺の下腹に座り込んでくれた。「ああ、気持ちいい。じゃ脚を伸ばして足の裏を顔に乗せて」 いちいち言わなくても分かってくれるのだが、声に出すことにより僕の羞恥と興奮が増すのだった。 奇麗なグラドルも湿りはじめたオマ○コの割れ目を密着させ、俺が立てた両膝に寄りかかりながら脚を伸ばし、足裏を顔に乗せてくれた。 俺はビッチなグラビアアイドルの全体重を受け止め、ヒクヒク跳ね上がるオチ○チンで軽くセフレのグラドルの腰をノックし、顔中に感じる足裏を味わった。 舌を這わせ、可憐に揃った足指の間に鼻を割り込ませて嗅ぐと、さんざん歩き回ったからそこは生ぬるい汗と脂にジットリ湿り、蒸れた匂いが濃厚に沁み付いて鼻腔を刺激してきた。 俺はグラビアアイドルの足の匂いで胸を満たし、爪先にしゃぶり付いて全ての指の股を味わった。「あう……!」 グラドルが呻き、腰をよじるたび密着したオマ○コの割れ目に生ぬるい潤いが増してくるのが分かった。 やがて両足とも味と匂いを貪り尽くして舌を引っ込めると、彼女は察して俺の顔の左右に両足を置き、前進して顔に跨がってきた。 脚がM字になって内腿がムッチリと張り詰め、ぷっくりしたマンコの割れ目が鼻先に迫った。
 
熱気と湿り気も顔中を包み込み、僕がそっと指を当てて爆乳のグラビアアイドルのマ○コを広げると、処女を失ったばかりの膣口が花弁のように閉じられてヌメり、ツンと突き立ったクリトリスも光沢を放っていた。 腰を抱き寄せておま○この割れ目に鼻と口を埋め込み、柔らかな恥毛に籠もった匂いを貪った。グラビアアイドルの甘ったるい汗の匂いに混じり、オシッコの匂いも妖しく鼻腔をかき回してきた。 僕はグラドルのにおいを嗅ぎながら舌を挿し入れ、濡れた膣口をクチュクチュ?き回して淡い酸味の潤いを味わい、ゆっくりと肉豆まで舐め上げていった。「アアッ……!」 彼女が喘ぎ、思わず力が抜けてギュッと俺の顔に座り込んできた。 もちろん力を宿しているので苦痛ではないし、彼女も懸命に両足を踏ん張って股間を浮かしてくれた。 俺は執拗にグラビアアイドルの肉芽を舐め回しては溢れる淫液をすすり、さらに尻の真下に潜り込み、双丘に顔を密着させていった。 蕾に籠もる蒸れた汗の匂いを嗅ぎ、舌でチロチロと襞を濡らしてから、ヌルッと潜り込ませて滑らかな粘膜を探った。「あう、変な気持ち……」 爆乳のグラドルが呻き、和式トイレスタイルでしゃがみ込んだまま、潜り込んだ僕の舌先を尻穴でキュッキュッと締め付けてきた。
 
俺は舌を蠢かせて粘膜を味わい、再びオマ○コの割れ目に戻って新たなラブジュースをすすり一番敏感なところに吸い付いた。「い、いきそう、もうダメ……」 セックスフレンドのグラドルは声を震わせ、懸命に股間を引き離した。 そして今度は自分の番とばかりに、仰向けの僕の胸に屈み込んで乳首を吸い、舌を這い回らせてくれた。「ああ、気持ちいい……」 俺も受け身になって喘ぎ、身を投げ出してかわゆいグラドルの舌を味わった。 乳首も感じる部分で、グラドルも左右の乳首を交互に吸って唾液に濡らしてから、肌を舐め下りていった。 大股開きになるとヤリマンのグラドルは真ん中に腹這い、まずは俺の両脚を浮かせて尻の谷間を舐めてくれた。 チロチロと舌先が尻穴に這い回り、ヌルッと潜り込んでくると、「く……」 僕は妖しい快感に呻き、モグモグとアヌスホールでグラドルの舌を締め付けた。 彼女も中で舌を蠢かせてから引き離し、脚を下ろして陰?にしゃぶり付いた。 二つの睾丸を舌で転がし、袋全体を満遍なく生温かな唾液にまみれさせると、前進して肉棒の裏側を舐め上げてきた。 滑らかな舌が先端まで来ると、ヒクヒク震える幹にそっと指を添え、爆乳のグラドルは粘液の滲む尿道口を舐め回した。 張り詰めた亀頭にも舌を這わせてから、小さな口を精一杯丸く開いてスッポリと喉の奥までのみ込んだ。「アア……」
 
俺は快感に喘ぎ、彼女もち○この幹を締め付けて吸いながら、熱い鼻息で恥毛をくすぐり、口の中で舌をからめてきた。 たちまちちんぽ全体は、巨乳のグラドルの清らかな唾液にまみれてジワジワと絶頂を迫らせていった。 彼女は顔を小刻みに上下させ、スポスポとリズミカルな摩擦を繰り返しては、笑窪の浮かぶ?をすぼめてチューッと強く吸った。 そして僕の高まりが限界寸前まで来ると察して顔を上げ、身を起こして前進してきた。 自らの唾液に濡れた先端にオ○ンコの割れ目を押し付け、ゆっくり腰を沈めて張り詰めた亀頭を膣口に受け入れていった。 たちまち僕のちんちんは、ビッチなグラビアアイドルのヌルヌルッと滑らかな肉襞の摩擦を受け、根元まで深々とのみ込まれた。「ああッ……、いい気持ち……」 ぺたりと座り込んだ色っぽいグラドルが顔を仰け反らせて喘ぎ、味わうようにキュッキュッと締め付け、密着した股間を擦り付けながら、身を重ねてきた。 僕もかわゆいグラビアアイドルの温もりと感触を味わいながら両手を回して抱き留め、潜り込んでピンクの乳首にチュッと吸い付いた。 彼女がビクリと反応すると、連動するように膣内がキュッと締まり、マン汁の量がさらに増してきた。 僕は左右の乳首を交互に含んで舌で転がし、顔中で張りのある膨らみを味わい甘ったるい体臭に酔いしれた。 さらにグラドルの腋の下にも鼻を埋め込み、濃厚な汗の匂いで胸を満たしながら膣内のおちんちんをヒクヒク震わせると、「アア……」 ビッチなグラドルが喘ぎ、自分から徐々に腰を動かしはじめてきた。 僕も下から両手でしがみつきながら、徐々に股間を突き上げると、溢れる分泌液でたちまち二人の動きが滑らかに一致し、クチュクチュと淫らな摩擦音が聞こえてきた。
 
俺は高まりながら、清純なグラドルの顔を引き寄せピッタリと唇を重ねた。 柔らかな弾力と湿り気が伝わり、舌を挿し入れて歯並びを舐めると、セフレのグラドルも舌を触れ合わせてチロチロと滑らかにからみつけてくれた。 俺は股間の突き上げを強くさせはじめ、執拗にグラドルの口の中を舐め回した。 彼女も下向きのため、溜まった唾液が生温かくトロトロと大量に滴り、俺はうっとりと味わい喉を潤した。「美味しい。いっぱい出してくれて嬉しい……」俺がなおも股間を突き上げ続けていると、「アア……、いきそう……」 絶頂を迫らせたセフレのグラドルが熱く喘ぎ、俺も湿り気ある吐息を嗅ぎながら、甘酸っぱい芳香に高まった。「ああ、なんていい匂い……」 俺がグラビアアイドルの吐息に酔いしれて喘ぐと、彼女も僕の心根を読んだように、大胆に口を開いて迫り、下の歯並びを僕の鼻の下に引っかけてくれた。 俺は心ゆくまで、キュートなグラドルの口の中の熱気を嗅ぎ、うっとりと悩ましい果実臭で胸を満たした。 甘酸っぱい吐息の匂いも、甘いのは発酵、酸っぱいのは腐敗と分かっていながら、グラドルの口の中で発酵や腐敗が行われていること自体に俺は激しい興奮を覚えるのだった。
 
動くうち爆乳のグラドルのぬめり汁は大洪水になり、溢れて股間を伝い流れる分が俺の陰のうまで生温かくネットリと濡らしてきた。「い、いっちゃう……、アアーッ……!」 とうとうスレンダーなグラドルが声を上ずらせ、ガクガクと狂おしいオルガスムスの痙攣を開始した。 膣内の収縮が高まり、続いて僕も大きな絶頂の快感に全身を激しく貫かれてしまっていた。「く……!」 突き上がる快感に呻きながら、熱い大量の精子をドクンドクンと勢いよく内部にほとばしらせると、「あ、熱いわ、もっと……」 噴出を感じたグラドルが、駄目押しの快感を得て口走り、飲み込むようにキュッキュッときつく締め上げてきた。 その収縮で僕の快感も増し、心置きなく最後の一滴まで出し尽くしていった。 満足しながら突き上げを弱めていくと、グラドルも肌の強ばりを解き、「ああ……」 声を洩らしながら力を抜いて、グッタリともたれかかってきた。 俺はグラドルの重みと温もりを受け止め、まだ息づく膣内でヒクヒクと過敏に幹を震わせた。 そして甘酸っぱい吐息を間近に嗅ぎながら、うっとりと快感の余韻を味わったのだった。「すごく、良かったわ。溶けてしまうかと思った……」「乱暴に突いちゃったけど、大丈夫かな」「ええ、大丈夫……」 グラビアアイドルが小さく答え、そろそろと股間を引き離してゴロリと横になった。 そして二人で身を寄せ合いながら荒い呼吸を整え、やがて身を起こすとバスルームに移動したのだった。
 
「出るかな……?」 バスルームで互いの全身を流してから、俺は可愛らしいグラドルに例のものを求めた。「オシッコするところ見られるなんて恥ずかしい・・・」 グラドルは、まだ余韻に朦朧としながらも言い、床に座った俺の前に立って股間を突き出してくれた。 俺も、匂いの薄れてしまったマンコの割れ目に顔を寄せ、陰唇を広げて柔肉を覗き込んだ。彼女の息づく膣口は、また新たなヌメリを宿しながらヒクヒクと妖しい収縮を繰り返していた。 舌を這わせると、グラビアアイドルも僕の頭に両手をかけながら息を詰め、下腹に力を入れてためらいなく尿意を高めてくれた。 舐めていると粘り汁が溢れ、淡い酸味のヌメリが舌の動きを滑らかにさせた。 すぐにも柔肉が迫り出すように盛り上がり、味わいと温もりが変化した。「あう、出るわ……」 グラビアアイドルが言うなり、熱い流れがチョロチョロとほとばしってきた。 僕は口に受けながら味わい、淡い匂いを貪りながらグラドルの出したものを喉に流し込んでいった。 味も匂いも実に控えめで、他の誰が出したものより清らかで、すんなりと飲み込むことが出来たものだった。「アア、いい気持ち……」 グラビアアイドルが息を詰めて言い、遠慮なく勢いをつけて放尿を続けた。 俺も余さず取り入れたい気持ちになり、口から溢れてしまう前に全て受け入れていった。
 
あまり溜まっていなかったようで、間もなく流れが弱まると、すぐに治まってしまった。 俺は全て飲み込むことが出来、残り香の中で温かな雫をすすり、念入りに柔肉の隅々に舌を這わせてヌメリを舐め取った。「あう、もうダメ……」 グラビアアイドルがビクリと股間を離して椅子に座り込んだので、俺ももう一度互いの全身をシャワーの湯で洗い流すと、身体を拭いて部屋に戻っていった。 もちろん俺自身はピンピンに回復していた。「悪阻とかはまだないの?」「ええ、生唾が湧くだけだから、寝るときは吐き出せるように、枕元に洗面器を置いておくの」 「指でして……」 僕は言い、仰向けのままグラドルの顔を引き寄せ、上から唇を重ねてもらった。 すると彼女もチロチロと滑らかに舌をからめながら、勃起したちんぽを手のひらに包み込み、ニギニギと愛撫してくれた。 舌を蠢かせながらも、グラビアアイドルはことさら大量に生温かな唾液をトロトロと口移しに注ぎ込んでくれた。 俺は、うっとりと喉を潤しながらジワジワと高まった。 最初はぎこちなかったセフレのグラドルの指の動きも、次第にリズミカルになり、幹の震えを察しながら感じる愛撫を繰り返してくれた。 彼女の唾液で充分に喉を潤すと、僕は唇を離し、グラビアアイドルの開いた口に鼻を押し込んで、甘酸っぱい濃厚な吐息を胸いっぱいに吸い込みながら絶頂を迫らせていった。 グラビアアイドルも惜しみなく熱い息を吐きかけてくれ、筒状にした手でおちん○んを上下に擦ってくれた。「い、いきそう……」「飲ませてね……」
 
僕が限界に達して言うと彼女も顔を上げて答え、すぐにも移動してくれた。 張り詰めた亀頭をパクッとくわえると、スレンダーなグラドルは僕の心を読み、女上位のシックスナインで俺の顔に跨がり、オ○ンコの割れ目を押し当ててきた。 僕も下からおま○この割れ目に顔を埋め、目の上にあるピンクのお尻の穴の収縮を見ながらグラドルの口の中でヒクヒクと幹を震わせた。「ンン……」 ち○ぽをズンズンと小刻みに突き上げながらま○この割れ目を舐めると、喉の奥を突かれたグラドルが呻き、熱い鼻息で陰?をくすぐってきた。 そしてグラドルも顔を上下させ、スポスポと強烈な摩擦を繰り返し、チンポをたっぷりと温かな唾液に濡らしてくれた。「い、いく……!」 たちまち僕は大きな絶頂の快感に包まれて口走ると、同時にありったけの熱いザ○メンをドクンドクンと口内発射してしまった。「ク……」 喉の奥を直撃された彼女が小さく呻き、ほおをすぼめてチューッと全て吸い出してくれた。「アア……、気持ちいい……」
 
直に吸い出される感覚に思わず腰を浮かせながら、僕は心置きなく最後の一滴まで出し尽くしてしまった。 すっかり満足しながら突き上げを止めると、彼女も摩擦と吸引、舌の蠢きを止め、亀頭を含んだまま口に溜まったスペルマをコクンと飲み干してくれた。「あう」 喉が鳴ると同時に口腔がキュッと締まり、俺は駄目押しの快感に呻き、目の前で蠢く艶めかしいマンコの割れ目とお尻の孔を見上げながら、グッタリと力を抜いて身を投げ出していった。 ようやくかわいいグラドルもチュパッと口を引き離し、なおも余りをしごくように幹を握って動かし、尿道口に脹らむ白濁の雫まで、丁寧にチロチロと舐め取ってくれたのだった。「く……、も、もういいよ、有難う……」 俺はクネクネと腰をよじらせ、過敏に反応して呻いた。すると細身のグラドルも舌を引っ込めて移動し、再び添い寝してくれた。 僕は20代のグラビアアイドルの胸に甘えて腕枕してもらい、果実臭の吐息を嗅ぎながら、うっとりと快感の余韻を?み締めた。もちろんグラドルの息に精子の匂いはなく、さっきと同じ甘酸っぱい芳香だった。 やがて充分に呼吸を整えて身を起こすと、もうシャワーも浴びずに二人で身繕いをした。
 
出会い系サイトハッピーメールでのセフレのグラビアアイドルとのタダマンsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






































 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐsexさせてくれる色っぽい女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコエッチできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハピメのようなであいけいアプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.