deaikeitaiken_novel

【PCMAX大人の関係】バツイチ子持ちの巨乳シンママとsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は日々出会い系SNSで美しい女の子を釣って、即ハメセックスをやっています(o^∇^o)
 
さて、今回は秘密の出会いができる合法の出会い系アプリのピーシーマックスで出会った子持ちのシングルマザーと東京都日野市で会ってセフレにして今からすぐただまんセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メがたくさん撮れましたので報告します。
 
※この記事にはエロいエッチのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系マッチングサイトのPCマックスで出会った女の子はシングルマザーで、名前はりほさんといい、顔は沢尻エリカ似のすげえ美人でした(^_^)
 
シンママとは、出合い系サイトのPCMAXで知り合ってラインでやり取りした後、日野駅近くのお洒落な海鮮居酒屋に飲みに行った後sexしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってただまんsexをしました。
 
俺と彼女が東京都日野市の日野駅近辺のラブホの部屋に入ると、まず俺からシャワーを浴びた。
体をきれいに洗ってそろそろいいかなと、浴室を出ようととしたとき、いきなり浴室のドアが開いた。「あら、ここももう出るの?」 シンママの声。全裸の俺は、慌てて湯船に飛び込んだ。「な、何ですか、いきなり──」 振り返った途端、目が点になる。なんと、彼女も素っ裸だったのだ。 着やせするのか、スーツやジャージ姿ではさほど目立っていなかったおっぱいには、たわわに実ったふたつのふくらみ。ローズピンクの乳頭がツンと上を向いた、なかなかの美乳だ。引き締まった腹部といい、むっちりと女らしい下半身といい、巨乳のシングルマザーは実に魅惑的なプロポーション。 それらのどこも隠そうとせず、セフレのシングルマザーは誇らしげに見せつけている。
 
「あたしもいっしょに入らせてもらうわ」 バツ1のシングルマザーがおっぱいを揺らして洗い場にしゃがみ込む。手に持っていた脱ぎたてらしきパンティをタライの中に入れ、シャワーでざっとからだを流す。お湯が白い肌を伝うのを、俺は茫然と眺めた。(?だろ……) シングルマザーのナマの女体を目の前にするのはもちろん初めて。けれど、あまりに鮮烈過ぎて、興奮するというより驚きで固まっていたのだ。シンママが脚を開いて股間に水流を当てるのにも、夢か幻でも見ている気分にさせられる。「ねえ、場所を空けてよ」 立ち上がった彼女に言われて、ようやく我に返る。見あげれば、滴の伝うなめらかな肌に、今にもこぼれそうなまん丸のおっぱい。そして、しっとり濡れた恥叢も視界に入ってドッキリする。 シンママが有無を言わせず浴槽の縁を跨ぎ、脚を入れてくる。彼女のあらわに開かれた股間の、陰毛の向こうのオマンコがチラッと見えた。俺は慌てて顔を背け、両脚を抱えるようにして場所を空けた。
 
 ひとり用の小さな風呂である。たちまちお湯がザバッと溢れ、ふたりの肌が否応なく触れ合った。(わわ、わ、わあ──) 巨乳のシングルマザーのなめらかで柔らかな肌の感触に、俺は頭の中で焦った声をあげ続けた。少しでもくっつく面積を小さくするべく、身を小さく縮こまらせる。 その一方で、股間のちんちんはムクムクと膨張しつつあった。「あら、そんなに逃げなくてもいいじゃない」 向かい合ったシングルマザーが、悪戯っぽくほおを弛ませる。膝をのばし、脚を割り込ませてきた。 ふっくらした脹ら脛が当たる。さらにシングルマザーの爪先が腿の付け根近くに触れたのに、俺はうろたえた。陰のうのすぐそばで、そこからゾワゾワした悦びが広がったのだ。(ま、まずいよ……) チンポがいっそう力を漲らせる。「赤くなっちゃって、可愛いわ。女に慣れてないの?」 彼女にからかわれても、僕は対応できる余裕はなかった。湯が熱いわけでもないのに、額から汗が噴き出す。「ま、そんなわけないか。あんなに余裕シャクシャクだったんだし」 シングルマザーに軽く睨まれて、俺は「え?」となった。「なんか、あたしのことを女として見てないのかなって思って、ちょっとムカついたのよね」
 
 だからスリムなシンママはこういう暴挙に出たのかと、俺はのぼせそうになっている頭で考えた。 と、お湯の中を覗き込んだ彼女が、小気味よさそうにニヤッと笑う。「ま、でも、さすがにチンチンは反応してくれたみたいね」 シングルマザーが視線を落として、僕はますます焦った。反り返った股間のち○ちんが、お湯の揺らめきの中にはっきりと見えたのだ。「あ、あの、これは──」 手で隠そうとしたものの、ギュウギュウ詰め状態だから動けない。膝を閉じようにも、あいだにシンママの脚が割り込んでいるからそれも無理。 おまけに、セフレのシンママに見られていると知ったことで、勃起はいっそうの猛りを示した。はしゃぐみたいにビクンビクンと脈打つ。「ふふ」 艶っぽい笑みを浮かべたシングルマザーが、爪先で陰?を刺激する。中心の縫い目をスッと撫でられ、僕は思わず「あうっ」と声をあげた。 くにっ、くにっ、さわり──。 シングルマザーにさらに袋越しに睾丸を転がされ、鼠蹊部にも指が忍び込む。むず痒さを極限まで高めた快さに、頭がボーッとしてきた。(まずいよ、これ……) 文字どおり手玉に取られた状況。いけないと思いつつも、逃れることができなかった。 からだが動かせなかったからではない。シンママを押しのけてでもという気持ちにならなかったのだ。それだけ、あやしい快感の虜になっていたのである。
 
 間もなく、シンママの悪戯な爪先がチ○チン本体に迫る。「あ、ああ」 歓喜の震えが湯面にさざ波をたてる。筋張ったチ○チンを指で挟まれたのだ。 足指の腹は皮膚がちょっぴり硬く、ザラつきもあった。普段ヒールで痛めつけられているせいだろうか。だが、女性の足でおちん○んを悪戯されるという状況だけで、頭がクラクラするようだった。(うう……こんなのって) チン○ンの根元に、早くも歓喜のトロミが集まってきた感がある。下半身が甘く痺れ、射精欲求も秒単位で高まった。「すごく硬いわ」 sexフレンドのシングルマザーがうっとりした声で言う。くびれの辺りをキュッと摘まれ、俺は身悶えしたくなる悦びに身をよじった。お湯がチャプッと波打つ。(き、気持ちよすぎる) 自分の右手では味わえない快感だ。 すり……すり──。 シングルマザーの二本の指がオチ○チンをしごく。異性からの愛撫が手でなく足というのは、何だかイケナイ道にはまってしまいそうだ。(そう言えば、理帆さんって何歳なんだろう……) 上昇を回避するためでもなかったが、僕はあらぬことを考えた。 スタイル抜群のシングルマザーはまだメイクを落としていないから、顔からでは判断がしにくい。けれど湯面から出た肩は、ツヤツヤした肌が水滴をはじいており、けっこう若そうに見える。(リホさんはおっぱいも垂れてなかったし、アラサーくらい? いや、顔の感じが大人っぽいから、もっと上かもしれない)
 
 シングルマザーは外見に気を配るから、ボディの若さを保っているのだろう。シンママは実際は三十路後というところではないだろうか。 そんなことを考えているあいだにも、気がつけばシングルマザーは両足で股間を責めていた。陰のうを弄びながら、おち○ちんを摩擦する。早くも滲み出た先走り液がお湯に溶ける前に、亀頭にヌルヌルと塗り広げられた。「あ、ああ、う──」 俺は息を荒らげ、呻きをこぼした。狭い浴槽の中で限界まで脚を開き、美形のシンママの足責めを享受する。「ねえ、気持ちいいの?」 ヤリマンのシンママの問いかけにも答えられない。快感とお湯の相乗作用で、のぼせそうになっていたのだ。(あああ、もう限界だよ) 額から垂れ落ちる汗は眉毛や睫毛でも塞き止められず、目に入って視界をぼやけさせる。おまけに頭の中もぼんやりしてきた。(ああ、ヤバい……本当に出ちゃう) チン○ンが大きくしゃくりあげ、ちんぽの膨張率も硬さも限界に達している。ちん○んの付け根あたりに蕩ける感覚があり、からだのあちこちがピクピクと痙攣した。いよいよ爆発へのカウントダウンが始まったようである。(このまま出してもいいんだろうか?) ちん○んにしつこく愛撫を施すということは、彼女も射精させるつもりなのだろう。だが、風呂の中でセーシをほとばしらせるのは、さすがにどうかという気がした。(でも、もう──) 目が眩み、視界がキュウッと狭まる。このまま流れに身を任せるしかないと思ったところで、「こんなことしてたらのぼせちゃうわ」 無慈悲にもシングルマザーが足を外してしまった。(も、もうちょっとだったのに) 欲望が宙ぶらりんのまま放り出され、俺は情けなく顔を歪めた。だが、これで終わりではなかった。「背中を流してあげる」 バツイチのシングルマザーがお湯をザバッと割って立ち上がる。目の前に滴を垂らす恥毛があり、俺は強ばりきったチンチンで下腹をペチリと叩いた。
 
「じゃ、背中を流してあげるあいだに、あたしのパンツを洗ってね」 浴用イスに腰かけた俺に、シンママが背中越しに声をかけた。「え?」 ふり返ったところ、すぐ目の前にどアップのおっぱいがあったものだから、慌てて前に向き直る。「そこのタライの中にあるでしょ。石けんで手洗いしてね。けっこう高いやつだから、丁寧に扱ってよ」 彼女は奉仕するようなことを言いながら、結局こちらも働かせるのか。(ちゃっかりしてるよな……) だが、ただ背中を流されるだけなのも手持ち無沙汰かもしれない。俺は紫色の下着が入ったタライにお湯を入れた。「はい、これ」 バツイチのシングルマザーに手渡された石鹸を、濡れた薄布にこすりつける。乱暴にしないよう、揉むようにして泡立てた。「うん、そんな感じ。オ○ンコのところは、特にしっかり洗ってね」 彼女のオマンコが密着していたクロッチ部分のことだというのは、すぐにわかった。俺はパンティを裏返し、白い布が縫いつけられたそこを表にした。(これが──) 何かをこすりつけたような茶色いシミを認めて、胸の鼓動が速まる。女性でもこんなふうに下着を汚すということを知ってドキドキした。
 
「ちょっと、そんなところあんまり見ないで」 手の中でクロッチを広げていると、後ろからシングルマザーが咎める。しっかり洗えと言っておきながら、見ないでというのもおかしな話だ。(汚れてるから恥ずかしいんだな) だったら他人に洗わせなければいいのにと思う。 清楚なシングルマザーがスポンジで背中をこすりだす。僕も手にした薄物を揉み洗いし、染みついた汚れを丁寧に落とした。(ここってどんな匂いがするのかな……) 嗅いでみたい衝動にもかられたが、すぐ背後にスタイル抜群のシンママがいては難しい。変態となじられてまでそんなことをする勇気もなかった。(ああ、でも、誰かに背中を流してもらうのって気持ちいいや) それが魅力的なボディの女性なら尚更だろう。スポンジだけでなくシングルマザーの手指も肌に触れ、そこからくすぐったいような快さが広がる。 チ○コはさっきからいきり立ったままだ。けれど、向き合っていないからそれほど恥ずかしくない。シングルマザーに背中を流してもらえる心地よさにうっとりしながら、お返しをするようにパンティを洗う。(女性って、みんなこんなふうに下着を手洗いしてるんだろうか……?) そんなことを考えながら、シングルマザーのクロッチをお湯につけてシャボンを落とし、ちゃんと汚れが落ちたか確認する。触れるとまだヌメつきが残っていて、それがなくなるまで綺麗にした。「ずいぶん丁寧にやってくれるのね」 自分がそうしろと命じておきながら、シングルマザーが他人事みたいに言う。無視していると、「そんなに女のパンツが好きなの?」 聞き捨てならない問いかけを浴びせられた。「あの──」 反論しようとふり返るなり、「ねえ、これからパンツの洗濯もお願いできる?」 図々しいことを頼まれて面喰う。「いや、それは──」「洗濯のほうは、ちゃんとお礼をするからさ」
 
 言うなり、シンママが背中越しに手を回してきた。「あうう」 強ばりきったち○ぽを握られ、全身が気怠い快さにひたる。「さっきからずっとちん○んを勃たせたまんまじゃない。やっぱり若いのね。すっごく元気だわ」 ビッチなシンママに耳もとで悩ましげに囁かれる。温かな吐息が耳たぶをくすぐり、くたくたと力が抜けるようだった。 シングルマザーはからだをぴったりと密着させていた。背中に押しつけられている柔らかなものは、紛れもなくおっぱい。ぷにぷにした感触は凶悪的で、湯に浸かっているわけでもないのにのぼせそうになる。「ね、こんなふうにサービスしてあげるから、いいでしょ?」 シンママにチンコをシコシコと摩擦される。膝が笑うほどの悦びが背すじを駆け抜け、俺はどうすればいいのかわからずうろたえた。「りほさん──」「匂い嗅いでもいいわよ」「え?」「パンツの匂い。さっき、嗅ぎたそうにしてたじゃない」 バレていたのかと、ほおが熱くなる。
 
けれど混乱していたこともあって、手にした薄物を鼻先にかざしてしまった。 しかしながら、汚れを落とされたクロッチは、もう石鹸の香りしか残っていない。そうとわかっていたから、ヤリマンのシンママも許したのだろう。「ほら。そこにあたしのオマンコがくっついてたのよ」 だが、シンママのこの言葉に、頭の芯が痺れるほど興奮する。彼女がそんな淫らな単語を口にするなんて、とても信じられなかった。「女って、けっこう下着が汚れるものなの。だから毎日穿き替えて、綺麗にしなくちゃいけないのよ」 それが洗濯をさせる口実なのか、あるいは女性の日常を暴露しているだけなのか、俺には判断がつかなかった。ただ与えられる快感に身をワナワナと震わせ、荒ぶる息づかいのままに石鹸の香りを吸い込むばかりであったのだ。「ほら、ゆうききんだって興奮すると、こんなにお汁が出ちゃうでしょ。女だってそうなのよ」 ち○こからとめどなく滲み出る先走り汁が、亀頭粘膜にヌルヌルと塗り広げられる。むず痒いような快美に頭の芯がボーッとなって、何も考えられなくなった。 ただ、『女だってそうなのよ』という巨乳のシングルマザーの言葉が、胸に刻みつけられた。
 
「すごいね、ガチガチ……ポキッて折れちゃいそう」 ため息まじりにつぶやいたかわゆいシングルマザーが、もう一方の手を固く縮こまった陰のうに添えた。オチ○チンをしごきながら、そちらもすりすりとさすられる。快感が爆発的に高まった。「ああ、ああ、ああ」 身悶えせずにいられない歓喜に、声が自然と出てくる。背中に当たるシンママの胸が縦横にはずむのも悩ましく、気がつけば、何やらクリクリした感触もあった。(これって乳首──!?) 理解するなり目の前が眩み、限界の波が押し寄せる。「うあああ、いく」 ギクギクと腰を揺すりあげ、俺はセーシを射精した。 びゅるッ、ビクンっ、ドクッ──。 濃厚な白濁液が宙に舞う。「あは、出た出た」 はしゃいだ声をあげた彼女が、粘りにまみれた陽根をなおもニチャニチャとしごきたてる。魂まで抜かれそうな快感に、僕は息も絶え絶えであった。(このまま死ぬんじゃないだろうか……) 動悸がかつてないほどに乱れている。自分のからだなのに、ちっとも制御ができない。不安が募った。「すごいね。あんなに出したのに、まだ硬いままじゃない」 手筒に強弱をつけながら、シングルマザーがほうとため息をつく。射精後の過敏になった頭部も刺激され、ますます胸が壊れそうになる。「あああ、も、もう──」「あら、感じすぎちゃった?」
 
 シングルマザーに手を外してもらい、ようやく人心地がつく。それでもオ○ンチンは強ばりきったままだった。あまりに強烈な射精感に、勃ちグセがついたのかもしれない。 シングルマザーがシャワーを使い、飛び散ったスペルマを洗い流す。しかし、浴室内に立ちこめた青臭さはなかなか消えない。それだけ濃いものが出たのだろう。 と、悩ましげに鼻をヒクつかせていた彼女が、浴用イスに腰かけたままの僕を見下ろして問いかけた。「ねえ、さっき言ったこと憶えてる?」「え?」 ふり仰げば、彼女のやけに艶っぽい濡れた眼差し。「女も興奮すると濡れちゃうって話」 そんな内容だったろうか。返事もできずに黙っていると、「あたし今、そうなってるの」 シンママが脚をそろそろと開く。視線を下げれば、ちょうど目の前にシングルマザーのおまんこがあった。(え?) しっとり濡れた恥叢の向こうに、くすんだ色合いのまんこが見える。そこから酸っぱいような匂いが漂ってきた。(じゃあ、りほさんも濡れて──) 理解した途端に、全身がカッと熱くなる。どうすればいいのかわからず、身を強ばらせていたところを、「あたしも気持ちよくしてよ」
 
 巨乳のシンママにいきなり頭をつかまれ、顔をお○んこに押しつけられた。「むうぅッ!」 口許を完全に塞がれて呼吸困難になったばかりか、彼女のオマ○コの蒸れた淫臭が鼻奥にまで流れ込む。俺は危うく咽せそうになった。いったい何がどうなったのかと、焦って顔を背けようとしたものの、「ほらあ、舐めて」 シンママはなおもおめこを密着させてくる。俺の後頭部を両手で固定し、逃げることを許さなかった。(おれ、今、女性のま○こに……) ようやく自らの置かれた状況をのみ込む。まだ完全には混乱から抜けきれないままに、僕は舌を突き出した。 ぬち──。 ぬるい粘つきにまみれたところに、舌先がもぐり込む。そこからほのかなしょっぱみが広がった。「はふぅッ」 シンママが腰を揺らし、熱っぽい喘ぎをこぼす。さらにヌメつくところをほじるように動かすと、立っていられなさげに下肢をわななかせた。「あ、あ、気持ちいい」 ただ闇雲に舐めているだけなのに歓びを訴えられて、俺は嬉しくなった。(おれ、リホさんを感じさせてるんだ……) そうすると不思議なもので、鼻をくすぐる陰毛の鬱陶しさも、女陰の粘つきも気にならなくなる。
 
悩ましさの強いお○んこの臭いもかぐわしく感じられた。 僕は一心に舌を躍らせ、巨乳のシンママにさらなる悦びを与えられるよう努めた。「はひっ、あ、んふぅ」 ワレメからはみ出すクニャクニャした貝肉をこねると、20代のシンママの喘ぎ声が甲高くなる。それをかき分けて舌を差し込み、内部の深いところを探索すると、内腿に著しいわななきが生じた。「ああ、あ、も、もっと」 よがるシングルマザーから髪の毛をクシャクシャにされる。 最初はただ舌のみで愛撫していたが、なんだか物足りない。俺は両手でヤリマンのシングルマザーの臀部をもみ、ぷりぷりしたお肉を揉みまくった。(ああ、いいおしりだなあ) きれいなシングルマザーの肌のなめらかさと、中にみっちり詰まったような張り具合が、極上の手ざわりを生む。まだバックスタイルを拝んでいないが、ここはかなりのボリュームがありそうだ。「やぁん、もう」 揉み撫でられて感じたのか、彼女が腰をクネクネさせる。臀部がいっそうはずみ、重たげな肉感触に心も躍った。 そうやって尻を愉しみながら、甘じょっぱい愛液をこぼす恥唇を味わう。ピチャピチャと舌を鳴らすと、ワレメがすぼまるのがわかった。
 
「あ、ああっ、エッチぃ」 甘えた声でなじり、けれど逃れようとはしない。むしろ歓迎するように、彼女は脚を開いた。 唾液のまぶされたおめこが、生々しい匂いを発しだす。指を臀裂の谷に忍ばせれば、そちらも熱く湿っていた。20代のシンママはお湯で濡れた名残ではなく、汗をかいたのだろう。 さらに奥まったところを探ると、指先が小さな窪みを捉えた。力を加えると、誘い込むように閉じる。(あ、これは──) アヌスホールに触れているのだとわかった。「いやあ、も、バカぁ」 アヌスホールをなまめかしく収縮させ、sexフレンドのシンママは臀部をキュッと閉じた。むっちりしたお肉に指が挟み込まれ、なぜだかゾクゾクする。お○んこを舐める以上に、犯し難い秘密を暴いたような気がした。(ああ、ここはどんなふうになっているんだろう) オマンコもお尻の穴も舌と指を触れさせているだけで、その部分の佇まいを目にしていない。まだ見ぬ彼女のオマ○コを確かめたいという熱望が募る。
 
 だが、いやらしいと蔑まれそうで、見せてほしいと口にすることはできなかった。仕方なく手探りならぬ舌探りで形状を見極めようとする。舐め方が自然とねちっこくなり、結果的にそれがシングルマザーを悦ばせることになった。「あああ、やん、じょうずぅッ」 俺に体重をあずけるように、セフレのシンママが腰を押しつけてくる。太腿がピクピクと痙攣し、かなり感じていることがわかった。「た、立ってらんない」 けれど、クンニの快感を中断するのは惜しいらしい。膝を震わせながら、懸命に僕の頭につかまる。「うっ、う──」と声を詰まらせるような呻きも聞こえた。(なんていやらしいんだ) 僕はかわいいシングルマザーの尻肉を揉み、たまに秘肛も悪戯しながら、僕は舌の疲れも覚えずおま○こ舐めに精を出した。滾々と湧き出る蜜汁はトロミを増し、気のせいか甘みが強まったようにも感じられる。「あふ、あ、はふうぅぅ」 シンママの息づかいも深いものになる。 巨乳のシングルマザーのお○んこのワレメからのはみ出しは上端にもあった。フード状の包皮で、その中に女性の性感ポイントが隠されていることは知っている。舌先で清楚なシンママの肉芽のフードをめくりあげ、コリコリしたものをはじくと、「ふはあああああッ!」 ひときわ大きな声がバスルームに反響し、下半身が暴れた。
 
「そ、そこ……あああ、もっとぉ」 やはりシングルマザーのお気に入りの部分らしい。腰の位置を調節して、舐められやすい姿勢をとる。俺も重点的に敏感な花の芽を責めたが、すぐに包皮が戻ってしまい、なかなかうまくいかない。「やあん、意地悪しないで」 セフレのシングルマザーが泣きそうな声をあげ、指を恥丘側から忍ばせた。自らフードをめくり、秘核をあらわにする。「クリちゃん舐めて、吸ってぇ」 シンママはしたないおねだりを口にして、腰をいやらしくくねらせる。 全貌を晒したそれは、ピンクに艶めく真珠であった。むきたての肉豆から、ツンとした香ばしさが漂ってくる。普段は隠れているようだから、亀頭のくびれ部分と同じで垢が溜まるのではないか。 恥ずかしい匂いにも興奮させられ、俺は唇を尖らせると、肉豆をチュッチュッと吸った。「あ、あっ、ああッ」 沢尻エリカ似のシングルマザーがよがり、下腹をヒクヒクと波打たせる。片手で俺の頭につかまり、どうにかからだを支えている様子だ。 もはや臀部を閉じる余裕もなくなったらしく、後ろは開きっぱなしであった。僕は彼女のお尻の穴も遠慮なく愛撫し、指の腹ですぼまりを圧迫した。「ふうううう、あ、はぁ」 浅くめり込んだ指をさらに引き込もうとするかのように、括約筋がいやらしく蠢く。どうやらそこも感じるらしい。クンニとの相乗作用で、シンママはいっそう乱れだした。「いい、いい、いい、も、だめぇ」
 
 シンママはハッハッと息をはずませ、今にも崩れそうにからだを揺らす。このまま続けていればイクのではないかと思ったとき、「い、ひ──いぐぅッ」 喉によがりを詰まらせて、シンママは絶頂に達した。崩れるように膝をつき、俺に縋りついて体をピクピクとわななかせた。(おれ、女のひとをイカせたんだ……) これは充分自慢できる快挙なのではないか。俺は気分を高揚させた。 深い呼吸を繰り返し、大きく肩を上下させる彼女のからだは、甘ったるい匂いを振り撒く。間近で嗅ぐそれにうっとりと鼻を蠢かせていると、いきなりオチンチンを握られた。「ううッ」 ずっと猛りっぱなしのちん○んは、柔らかな指の感触を得て力強く脈打つ。「こんなに硬くして……」 息をはずませながら、彼女が勃起をゆるゆるとしごく。舌奉仕をしながらも高まっていたものが、たちまち気怠い歓喜にまみれた。「あ、あッ──」 爆発しそうになって焦った声をあげると、すぐに手がはずされる。「そこに坐って」 浴槽の縁に腰かけるよう促され、僕はのろのろと立ち上がった。あまり幅のないところに尻をつき、よろけて後ろにひっくり返りそうになる。
 
(ひょっとして、リホさん──) わざわざこんなところに坐らせたということは、何か特別なことをするのではないか。期待が大きくふくらむ。 脚を大きく開かされ、その真ん前にスレンダーなシンママが膝を進める。下腹にくっつきそうに反り返るものに、再びしなやかな指が絡んだ。「あたしもお口でしてあげる」 悪戯っぽく目だけで笑い、清楚なシンママがその部分に顔を寄せる。 チュッ──。 敏感な包皮のつぎ目にキスをされ、痺れるような快さが走る。「あああ……」 俺は膝をカクカクと震わせた。 彼女がピンクの舌を大きくはみ出させる。あやしい輝きを見せるそれが、ちんこの根元からくびれまでをねっとりと舐めあげた。「くううっ」 吸いつくような舌の感触に、新たな先走りがジワリと溢れる。睾丸もめり込みそうなほど持ち上がる。「うふ、すごいね。ビンビンだよ」 うち震えるオチンチンに巻きつけた指を軽く締め、沢尻エリカ激似のシンママが白い歯を見せる。それから口をOの字にした。(ああ、いよいよ) ち○こが期待にビクンビクンと小躍りする。俯いて見えなくなったシンママの顔の中心に、無骨なチンチンが吸い込まれた。 ちゅぱッ。 軽い舌鼓が打たれるなり、強ばりが悦びに包まれた。「かはッ」 咳き込むような声が洩れたところで、チュウと吸われる。尿道に溜まっていたカウパー液と一緒に、ザ○メンまで吸い取られる気がした。「ンううう」 膝が震えて、また後ろに落ちそうになる。 バツ1のシンママがさらにちんぽを?み込み、ひと息ついてから後退する。再び深々と喉まで入れて、また下がる。あとはその繰り返し。 ちゅ、ぢゅぷ……。 口許から淫らな吸い音がこぼれた。(こ、これがフェラチオ──)
 
 初めての濃厚なフ○ラに、俺は全身を可愛いシングルマザーに含まれているような錯覚を起こした。それだけたまらない気持ちよさだったのだ。 シンママの舌がチ○ポにまつわりつく。軟体動物みたいにニュルニュルと蠢き、快感がいっそうふくれあがる。僕は尻の穴を引き絞って爆発を堪えた。 一度精液を射精したあとにもかかわらず、ほとばしらせたいという欲求はマックス近くまで大きくなっていた。しかし、少しでも長く、この素晴らしい状況を愉しみたい。忍耐も最大限に発揮して、上昇をおしとどめる。「んふ──」 セフレのシングルマザーが鼻息をこぼす。陰毛がそよぎ、それにも昂りを覚える。 ぴちゃぴちゃ──ねろり。 自分が音を立てて舐められたお返しをするかのように、巨乳のシンママの舌が派手に躍る。「あああ、あ、むふぅ」 僕は一時もじっとしておられず、息を荒ぶらせて身悶えた。 もう我慢できない。早く出したい。いや、もうちょっと──。 悦びに蕩ける頭の中で、せめぎあいが続く。それを打ち破ったのは、スレンダーなシンママの指であった。 さわさわ……。
 
 固く縮こまった陰のうが、絶妙なタッチで撫でられる。柔らかな指頭がシワをくすぐり、それによって忍耐が粉砕される。「うううう、出る」 僕は腰をギクギクと揺すりあげた。彼女も終末を悟ったはずだが、口がはずされることはなかった。それどころか、強く締められた彼女の指の輪が搾りとるように上下し、チ○ポがストローのごとく吸われたのだ。「あああああっ!」 ザー○ンが高速で尿道を駆け抜ける。亀頭がはじける感覚とともに撃ち出されたものは、巧みに蠢く舌でいなされた。「ああ、ああ、ああ……」 呼吸の仕方を忘れるほどの快感に、恐怖さえ抱く。目が眩み、すべての神経が馬鹿になった気さえした。 チン○ンのヒクつきがおさまってようやく彼女が離れる。うなずくような動作をして喉を鳴らしたのに、彼女が牡液を飲みこんだことを悟った。「すごいね。二回目なのに、精液がゼリーみたいに濃かったよ」 冷やかす声が、僕にはやけに遠くからのものに聞こえた。 僕がぐったりと湯に浸かっている横で、シンママは洗い場にしゃがみ込み、メイクを落とした。それが終わると、また浴槽に足を入れてくる。
 
「ほら、よけてよ」 言われて、僕はまだ抜けきらない気怠さを持て余しながら、シンママは尻をずらした。お湯に身を沈ませる全裸の女をぼんやりと眺める。 シングルマザーはメイクで飾っているより、このほうが綺麗だとすら感じた。「何よ、ジロジロ見て」 視線に気づいて、きれいなシンママが睨み返してくる。悔しげに唇を歪めたところを見ると、素顔を晒したことを後悔しているようだ。「どうせメイクの顔と素っぴんは大違いだわよ。しょうがないじゃない。そういう仕事をしてるんだから」 そういう巨乳のシングルマザーを、俺はほほえましく思った。「いや、でも、素顔も魅力的ですよ」「え?」「けっこう可愛いって思いますけど」 たちまちシングルマザーの?が赤くなる。「ば、バカじゃないの!? いちいちおだてなくたっていいわよッ!」 シンママがうろたえ気味に声を大きくするのがいじらしい。「べつにおだててなんかないですよ」「だったら何だっていうのよ。ふん。口がうまいんだから。そうやって何人も女の子を泣かせてきたんでしょ?」「そんなことしませんよ。だっておれ、女のひととこんなことするの、生まれて初めてなんですから」「え、ウソ──」
 
 ビッチなシンママは本当に驚いたというふうに、目を見開いた。「じゃ、童貞なの!?」「ええ」「へえ……ま、たしかに感じやすいち○ちんだとは思ったけど。でもクンニとか、けっこうじょうずだったじゃない」「あれだって初めてですよ。だいたい、女性のアソコを見たことだってないんだから」「ふうん」 バツ1のシングルマザーに感心したようにまじまじと見つめられ、俺は耳まで熱くなった。全裸を晒しているのであり、今さら恥ずかしがる必要はないのであるが。「ねえ、だったら、見たい?」 唐突な問いかけに、きょとんとなる。「オマンコ」 言われて、ほおがいっそう熱くなる。しかし、俺は反射的にうなずいていた。「じゃ──」 シンママが立ち上がる。どうしようかと迷う顔を見せてから、くるりと背中を向けた。(ああ……) 目の前に、むっちりと重たげなヒップ。そこを揉み撫でながら、どんなふうなのかと想像したが、思い描いた以上に魅惑的な眺めであった。 巨乳のシンママのふくよかな曲線で構成された丸みは、今にもこぼれ落ちそう。腿との境目にも、雫のような綺麗な半円を描く。見るからにぷりぷりの、柔らかそうな肉感だ。シングルマザーの水をはじいた肌も艶めいて麗しい。
 
下側にわずかなくすみがあり、それがやけに生々しくて興奮させられる。熟れた色気を発散する、女体美を凝縮した見事な臀部であった。 沢尻エリカ似のシングルマザーのおめこに顔を埋めたい。いや、いっそ顔を潰されたいという熱望も募る。思わず手をのばしかけたとき、屈んだシンママが尻を突き出した。(え!?) 深い臀裂が割れる。色素が沈着した谷底があらわになった。 中心にはちんまりと愛らしいアナル。整った放射状のシワが、可憐な蕾をかたち作る。そこに触れていたのだと、思い出すだけであやしいときめきを覚えた。 その真下には、ぷっくりしたもうひとつのおしり。短い恥叢が囲む中心は、色濃い花弁をはみ出させたオマンコの割れ目であった。(これが女のひとの──) 想像していたよりも動物的な眺めであった。それでいて、シンママがさっき口にした四文字以上の卑猥さを感じる。 息をのんで凝視する目の前で、手が左右から視界に入った。沢尻エリカ激似のシンママの大陰唇に添えられた指がオ○ンコのワレメを広げ、くすんだ肉色の花びらが、ぴちゃっと小さな音を立てて離れる。 狭間に覗いたのは、眩しいほど鮮やかなピンク色の粘膜だ。細かな凹凸が珊瑚礁のよう。
 
オシッコの穴や膣口があるはずだが、どれがそうなのかよくわからない。ただ、胸が破られそうなほどに、いやらしいと思った。「どう、見える?」 彼女がさらに尻を突き出し、いっそう大胆に内部を晒す。迫ってきた艶尻に圧倒されつつ、淫らなマ○コから目が離せなかった。(ああ、濡れてる……) ヌメヌメとあやしい光を放つ彼女の粘膜は、ただお湯に濡れただけではなさそうだ。そうやって見ているあいだにも、何かが滲み出ているよう。ほんのり酸っぱい匂いがむわっと漂ってきたから、きっとそうなのだ。「やん、見てるの?」 自分から見せておきながら、シングルマザーがもどかしげに腰を揺する。そうすると、あらわに開かれたところのアヌス側に、窪みのような穴が見えた。(じゃあ、ここが膣──) sexでお○んちんを挿れるところだ。まだ経験したことのない行為が、ふいに身近に迫ってきたような気がした。 きゅむきゅむと開閉する穴から、分泌液がトロリと溢れる。なまめかしい匂いが強まった。(なんていやらしいんだ) お湯に浸かったまま、またのぼせそうになる。「ね、ねえ」 シングルマザーに焦れた声で呼びかけられ、じっと見入っていた俺は我に返った。「え?」「また……舐めてくれる?」
 
 お願いが口にされるなり、彼女のマンコ全体がキュウッとすぼまった。恥ずかしいけどそうされたいという、切なる思いを訴えるかのように。 返事をするのももどかしく、僕は前に出た。たわわなヒップを両手で?み、谷間に顔を埋める。「あああッ!」 シンママの甲高いよがりが、浴室にわんわんと響いた。
 二度目のクンニリングスで彼女を絶頂に導いた後、僕も濃厚なフェラ○オをされた。ひょっとしたらセックスをさせてくれるのではないかと期待したものの、そうはならず、またシンママの喉にザ○メンを放った。 三度の濃厚な射精で腰がフラフラになり、どうにか部屋に戻ったときには、午前四時近かった。三時間ほどしか眠っておらず、瞼がくっつきそうだったものの、彼女の顔を見た途端に目が冴えた。
 
出会い系サイトPCMAXでの巨乳のシングルマザーとのハメ撮りエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓













































 
なおPCマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今からすぐセックスさせてくれるきれいな女の子と出会ってセックスフレンドにしてオフパコセックスできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ピーシーマックスのような出合い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※ピーシーマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.