deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールヤリモク】鷲見玲奈似の爆乳女子アナと中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は相も変わらずであいけいサイトで美人の女の子と出会いまくって、オフパコセックスをやってヤりまくっています(o^∇^o)
 
さて、今回は知り合えるサクラ無し出逢い系コミュのハッピーメールで出会った鷲見玲奈似の清楚で爆乳のヤリマン女子アナと千葉県君津市で会ってセックスフレンドにして今すぐオフパコ中出しセックスをしてきたのですが、はめどり写メがたくさん撮影できましたのでレポします。
 
※この記事には過激なsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系マッチングサイトのハピメで出会った女の子は女子アナで、名前は和美ちゃんといい、顔は鷲見玲奈似の相当美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトハピメでの爆乳の女子アナのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での清純な女子アナの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
20代の女子アナとは、出合い系サイトのハッピーメール(happymail)で知り合ってラインでやり取りした後、君津駅近辺の高級イタリアンレストランに食事に行った後エッチしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってはめどりセックスをしました。
 
僕と女子アナが千葉県君津市の君津駅近辺のラブホの部屋に入った。出会い系アプリのハッピーメール(happymail)でのメールでのやりとりの、鷲見玲奈似の女子アナの「それなら今夜……」との約束が、正しく実行に移されようとしている。 君津駅で待ち合わせした二人は、会話もまばらなうちにラブホテルについてしまった。 俺はこんな願ってもないチャンスを逃す手はないとも思い、ずっと揺れながら一日を過ごした。「カズミちゃんにチューをしてもらうだけで、それ以上のことなんて起きたりしないさ……。それが済んだら部屋に帰るのだ……」 爆乳の女子アナからキスしてもらえるだけでも法外なのに、それ以上のことなど望むべくもないと自らに言い聞かせている。 けれど、どうだろう。この緊張した空気。まるで恋人になったばかりのカップルが、はじめて互いのカラダを求めあうような、そんな気まずくもドキドキするような空気感。期待と不安が入り混じり、思春期の頃に戻ったような甘酸っぱい想いが胸に込み上げている。「カズミさんがしてくれるのなら、たとえそれが子供っぽくても最高のご褒美です」「そんな、私たいしたことないだし……。私の舌入れキッスなんてそんなご褒美になるようなものでもないと思うのだけど……」「そんなことありません。カズミちゃんは、ものすごく綺麗で……。かずみちゃんは一生懸命だから、俺がうっとりと見つめていたなんて知らないでしょう?」 正直に俺は白状した。口説いているつもりはない。本当のことをそのまま言葉にしているだけだ。「まあ、ゆうきくん、さっきからそんな風に気を散らしていたの?」「あっ!でも、本当のことですから……。一実さんは、ものすごく綺麗で、なのにとってもセクシーで……」 爆乳の女子アナの反応を気にもせず、セクシーと自然に口を吐いた。それは鷲見玲奈似の女子アナを性的な目で見ていたとの告白であり、セクハラと取られても仕方のないセリフだ。「正直、俺、エッチな目で一実さんを見ています。それほどかずみちゃんは魅力的で……。」 本音を口にするうちに、徐々に自分でも何を言っているのか判らなくなっていた。挙句、自分の邪な想いまで吐き出してしまうのだ。 せっかくのチャンスを自らぶち壊しにしている自覚はあったが、なぜか今夜の俺は邪心も純真も溢れ出る想いを口にせずにはいられなかった。「でも、やっぱりかずみさんは、物凄く綺麗で、やばいくらいセクシーで……。ほら、今もこんなに綺麗な目をしています。その眼で見つめられたら……」
 
「もう。嫌なゆうきくん……。そんなに甘く褒められたら照れちゃうじゃない。年下の癖にぃ……。ほら、いいから、そこに座って……」 ソファに腰掛けるよう促され、素直に従うと、その正面に巨乳の女子アナが立った。 おもむろにヤリマンの女子アナはレディーススーツの上着を脱ぎ棄てた。たった一枚脱いだだけでも、女子アナの清楚な色香が濃密に漂いはじめる。 オフホワイトシャツの胸元のふくらみ具合が、相変わらず悩ましい。 女子アナは後ろ手に髪を束ねていたシュシュを外すと、途端に華やかなおんなっぷりが振りまかれた。「約束通り……。私からのキッス……」 ゆっくりと床に膝をつくと目の前で両膝立ちした女子アナが、僕の頬にやさしい手指を添えてくる。その指先から女子アナの緊張が伝わった。 ヤリマンの女子アナの美貌がスローモーションのようにゆっくりと近づいてくる。(えっ……?) 至近距離に近づいたヤリマンの女子アナの朱唇は、けれど、想定外のあらぬ位置に押し当てられた。 男の理想を象ったような健康的な唇が、そのふっくらした感触をこともあろうに僕の唇に伝えてくれたのだ。(ウソだろ……。僕、和美ちゃんとキスしてる! キスしてもらえているんだ!) 天にも昇らん心地とはまさしくこのこと。半ば陶然と、そして半ば呆然自失状態で、うっとりと女子アナの施しを受けている。 やさしく触れるばかりの穏やかなキッスだったが、興奮はうなぎ登りに急カーブを描き、自らが暴走してしまわぬよう自制するのに必死だった。 厚すぎず薄すぎず、ほどよい厚さの女子アナの唇は、瑞々しくもつやつやと潤っていて、やさしく触れるだけでも俺の官能を痺れさせる。 しかも、そのキスはおざなりに一度だけというわけではなく、遠慮がちにくっついては離れを繰り返すのだ。「んふん、んむん……ん、んんっ……」 激カワの女子アナはセクシーに小さく鼻息を漏らしながら、ちゅっ、ちゅちゅっ、ぷちゅぅっと悩ましい水音を響かせる。やがて啄まれるのは唇のみにとどまらず、瞼や頬、おでこや鼻の頭と、顔のいたるところに押し当てられ、また唇へと戻る。 ドクターフィッシュのようなやさしい愛撫。くすぐったいような、気持ちいいようなベロチューだった。「ゆうきくん、お願い。私を抱き締めて……」 20代の女子アナのシルキーな声質が色っぽく掠れて促してくれる。 そうしたくてたまらなかった俺は、何も考えられぬまま20代の女子アナの女体をぎゅっと抱き寄せた。 膝立ちのまま舌を絡めるキスをくれていた美形の女子アナの女体が、さらに前のめりに俺に軽い体重を預けてきた。「カズミさん……」 ため息とも、感嘆ともつかぬ声で呼んでみる。 抱きしめた女子アナの女体は、凄まじいまでに肉感的で、おんなとしての成熟に満ち満ちて、見事なまでの豊満ボディだ。 胸板にあたる大きな巨乳のバストはひどくやわらかく、それでいて心地よく反発する。 顔の位置が僕よりも下になった20代の女子アナが、そっと瞼を閉じ、さらにツンと朱唇を突きだした。なおも、女子アナはキスをさせてくれるつもりなのだ。 その色っぽい表情に、僕は魅入られるように朱唇を求めた。「ふむん……ぬむん……はふうう……ぬふう……」 唇が歪むほど強く押し付け、清純な女子アナの存在を確かめる。 並外れた美貌を誇るスリムな女子アナが、俺にキスを求めてくれる。それだけで泣き出したいほどしあわせだった。「はうううっ……ぉふう……あぁ、情熱的なベロちゅう……はぬん……」 熱く滾る男心が満たされていくのに、いくら奪おうともスタイルのいい女子アナの唇への渇望が収まることはない。キスすればするほど、また欲しくなる朱唇。これほどまでにキッスとは、官能的なものであっただろうか。 薄く開かれた口をやさしく吸うと、爆乳の女子アナが朱舌を差し出してくれる。生暖かくやわらかな舌に自らの舌腹をべったりと重ね、互いの存在を確かめるように擦りあう。「んふっ……ん、んんっ……ぉふぅ。ゆうきくんのベロ……んぷ……おいしい……。んっく!」「ふぐぅ……ぉふっ……和美さんの舌は……むぷっ……あ、甘いです……。ぶちゅるるる」 長い長い蕩けるようなフレンチキッスをようやく終えると、激カワの女子アナの美貌は蒸されたかと思うほどに上気していた。 ツルフワのsexフレンドの女子アナの肌が鴇色に染まると、ひどく美しく、悩ましいほど色っぽい。「ゆうきくんのキス、やさしいのに情熱的で、とっても気持ちがよくて……。こんなフレンチキスされたら蕩けてしまうわ……。これまでに何人のおんなを、蕩けさせてきたのかしら……何だか妬けてきた!」 Yシャツの上から二の腕をぎゅっとつねられてもまるで痛くない。それどころか、鷲見玲奈似の女子アナから愛撫を受けたようで快感にさえ思えた。「いたたたた……かずみちゃん、痛いよぉ!」
 
 なのに褒められたことへの照れ隠しもあって、大げさに痛がってみせた。「ああん。ごめんなさい。強くつねり過ぎだったぁ? ちょっと見せて……」 清楚な女子アナは慌てて心配そうな表情を浮かべる。Yシャツの袖をめくりあげ、自らがつねったあたりを子細に確かめている。「ああん、赤くなってるぅ……本当にごめんなさい」 鷲見玲奈激似の女子アナの滑らかな掌が二の腕を摩ってくれる。それすらも愛撫を受けているようで、心地よい刺激だ。「ウソですよ。ほんとは痛くなんかありません……」 安心させようとしても、ヤリマンの女子アナはナイチンゲールのような眼差しで、腕を撫でてくれている。何を思ったのかセフレの女子アナは朱舌を伸ばし、赤くなった部分を舐めてさえくれるのだ。「うわあっ、一実さんっ!」 これには俺も驚いた。清純な女子アナのふっくらほっこりの朱唇にねちょっと吸いつかれ、舌先でレロレロッとくすぐられるのだ。 決して強い刺激ではないが、さらに性欲が膨らんでいく。ただでさえ接吻で興奮していた俺は、節操なくスラックスの上からむぎゅっとおちんちんを揉んだ。もちろん無意識であり、ズギュンと背筋を走り抜けた電流で、自分がち○こをいじっていると気づく始末だ。 大急ぎで手を逃がしたが、まずいことに女子アナにも知られたらしい。女子アナの視線が、そこに張り付いている。「あ、あの……。和美さんがあまりにも魅力的すぎるせいで……。えーと、これ以上ここにいると、もっとおかしなことをしでかしそうなので、今夜はこれで退散します。おやすみなさい」 焦りに任せ早口でまくしたてソファから腰を浮かした。 そんな僕の腕が、女子アナに捕まった。「待ってゆうきくん……。そのおかしなこと……してみない……?」 20代の女子アナは茹で上げられたかのような赤い顔をセミロングの髪の中に俯かせながらも、俺の腕を離そうとしない。 キスくらいで身持ちの硬いセフレの女子アナのガードがとかれるとは思えない。けれど、目の前の20代の女子アナは、その凛とした貞淑さを脱ぎ捨てようとしている。「そ、それって、カズミちゃん?」 うれしい誘いに感激しながらも、信じられない展開に現実感が湧かない。否、心のどこかでは予感めいた期待があった。けれど、それはあまりに自分に都合のよいもので、希望的観測が過ぎると眉に唾していたものだ。だからこそ僕は、恥ずかしげに女子アナの髪の中に隠れた双眸を覗き込み、確かめずにはいられないのだ。「だから、その……。和美にして欲しいの……」「して欲しいって、何をですか? 俺にはエッチなことをして欲しいと望んでいるように聞こえますけど……」 これまで出会い系アプリのハッピーメールで出会ったセフレのお陰で、俺にも少しは女性に対する免疫ができている。不器用なりに相手の気持ちを読み取る能力も備わってきた。 じっとヤリモクの女子アナの眼の中を覗くと、うろたえるように視線が外される。女子アナは、こんなに可愛い女性だったのだ。「ああん、ゆうきくんの意地悪……。こんなに恥ずかしいのに、まだ言わせたいのね。いいわ、言ってあげる……。かずみを抱いてください……ゆうきくんが欲しいの」 セフレの女子アナのふっくらした朱唇が、今度は直截に求めてくれた。「俺も、かずみさんが欲しいです! こんなに色っぽい一実さんが相手なら僕、一晩中でも愛しちゃいます!!」 僕は再びソファに腰を落とし、女子アナの女体をぎゅっと抱きしめた。 「こ、ここではなくベッドで……」 巨乳の女子アナは美貌を真っ赤に染めながら、俺の手を引き寝室まで導いてくれた。再びその身をすーっと俺の腕の中に滑り込ませてくる。 僕は女子アナの背中に回した手指を慎重に彷徨わせた。 腕の中で、びくんと身じろぎする女子アナの女体。どこまでも肉感的でありながら、羽毛布団のようにふんわりやわらかい。(性急にしてはいけない……。焦らず、ゆっくりと性感を湧き立たせるように……) 出会い系アプリのハピメで出会ったセフレと結ばれて以来、女体の取説が頭の中に出来上がりつつある。実地に学んだことに、ネットや本などで裏付けを取ったものだ。 時には怪しい情報もあったが、それは俺の短小包茎や経験不足を補って余りある武器となりつつある。 今も、激情に押し流されそうになる自分を頭の中のマニュアルが抑制している。「本当は僕、コンプレックスの塊なのです……」 ひたすらバカ正直に自分を曝け出しながら、その手指は、オフホワイトのシャツをくしゃくしゃにするようにスリムな女子アナの背筋をまさぐっている。抱きしめられるしあわせと、背中の性感帯をあやされる快感が、穏やかな悦びとなって女体を濡れさせるはずだ。
 
 その方程式の正しさが、「ふん、うふん」と女子アナの愛らしい小鼻から漏れる吐息で伝わる。「女性から嫌われる短小包茎で……。でも、だから、大したことのない俺なんかにやさしくしてくれたり、情けをかけてくれたりする人を大切にしたい。特にそれが女性なら……。せめてしあわせな気分になってもらえるように……」 執拗に付きまとう劣等感をエネルギーに変えようと、俺は吐き出しているのかもしれない。「ゆうきくんが私のことを見てくれていたように、私もゆうきくんを見ていたけれど……きみは自分が思っているほど劣っていないわ。何事にも一生懸命で、根気強さも持ち合わせている。いろいろ工夫もしているし、結果が出るまではもうすぐのように思うの……」 僕の腕の中で、びくん、びくんと悩ましい反応を見せながらも女子アナが勇気づけてくれている。どんなに若々しく見えても、やはりキュートな女子アナは、大人の気遣いができるいいおんななのだ。「それにね……。男の価値なんてチンポの大きさで決まるものではないわ。それを補う以上の愛情を示してくれれば、おんなはイッてしまうものよ……。うふふ。」 やはり清純な女子アナは、それなりのセックス経験があるのだ。男の生理を踏まえた慰めには説得力がある。「もっと自信を持っていいのよ……。男としてもゆうきくんはとても素敵……」「大人なかずみちゃんにそう言ってもらえると、とてもうれしいです。でも、できれば、もっともっと、一実さんから勇気をもらいたいです」 勇気づけてくれるやさしい女子アナに、思い切り甘えたい気分になる。「勇気が欲しいの? どうしたらゆうきくんに勇気をあげられるかしら……?」 またしてもチュッと朱唇が俺の唇を甘く啄んでくれる。セフレの女子アナの左右の唇で、僕の上唇を挟み込み、やさしく唇粘膜を味わわせてくれるのだ。「カズミさん、いっぱい感じてください。一実さんのような大人の女性が俺の手で感じてくれたら何よりの自信になります。もちろん、感じてもらえるよう一所懸命頑張りますから!」「か、感じちゃえばいいのね……。判ったわ。感じさせて……。恥ずかしいけど、ゆうきくんがそれで自信を持てるなら、いっぱい一実が感じる姿を見せてあげる。うふふ。ゆうきくん、うまいこと考えたわね。確かにそれは爆乳の女子アナの役割よね……」 僕に自信をつけさせるのはセフレの女としての仕事のひとつ。それを免罪符にすることで、より奔放に女子アナはおんなを解放できるはず。 そこまで熟慮したわけではないが、そう取ってくれても、それはそれで構わない。「かずみさん……」 清楚な女子アナの利発さやそのやさしさごと、ぎゅっと強く抱き締めた。 背中を彷徨わせる手指に、さらに情熱を込める。「ん、んん……っくぅ……んんっ……うんっ、ううん……」 ビッチな女子アナのつぐまれていた朱唇から、やわらかく悩ましい声が漏れ出した。それを契機に俺の手指はsexフレンドの女子アナの女体の側面へと進む。ブラウス越しだから多少強くしても大丈夫なはずと、情熱的な手つきで服の下のビッチな女子アナの女体を探った。「和美さんは、どこが感じるのですか? 弱いところはどこです?」 声を潜め耳元に吹き込むと、むずかるように女子アナの美貌が振られた。「教えてください。カズミさんを感じさせたいのです……」 女子アナの瞑られていた瞼がうっすらと開き、くっきりの二重の瞳が俺の目の奥を探ってくる。 どんな宝石よりキラキラしたそれは、じっとりと濡れ、色っぽいことこの上ない。 清楚な女子アナの目を超近距離で見て、はじめて気づいたが、白目の部分がピンクがかって見える。(かずみちゃんの目、色っぽ……。長い睫毛といい、大きな涙袋といい、ウルウルの瞳といい……。その濡れた瞳で見つめられるとゾクゾクしてくる……) じっとこちらを見つめているようで、焦点を合わせていないような瞳。女子アナは羞恥に耐えきれなくなったのか、視線を躍らせると、ほどよい厚さの唇が微かに動いた。「く、首筋とか……おっぱいも感じやすい……かな」 小高くなった頬を一段と赤くさせながらも20代の女子アナはそっと教えてくれた。だからと言って、すぐにそこを責めようとはしない。焦らすことでメリハリをつけるのだ。 代わりに手指を進めたのは、ほこほこの太ももだった。清純な女子アナの意識がそこになかったせいか、あからさまに女体が震えた。「あんっ……そ、そこは……」 グレーのタイトスカートに手首をくぐらせ、sexフレンドの女子アナの内もものやわらかい部分をまさぐる。 熱を孕んだセフレの女子アナの内ももは、焼きたてのパンのようにふっくらやわらか。その官能的な触り心地は、ひとたびそこに触れるや、二度と離れたくなくなる。「カズミさんの内もも、ほこほこで、やらかくて……。手が吸い付いて離れません!」 囁きながら耳朶を唇に挟んだ。
 
「あぁんっ……っく……」 20代の女子アナの白い首筋が竦み、短い喘ぎが漏れる。けれど、決してももが閉ざされることはない。それをいいことに俺は、さらに指を伸ばし、掌をたっぷりと擦りつけた。 ベージュのストッキングが邪魔をして、爆乳の女子アナの素肌のなめらかさは判らない。けれど、そのやわらかさや弾力は十分以上に官能的で、手指から性の悦びを感じさせてくれる。「ああ、和美さんの太ももだ……。俺、触っているのですね……。この奥には、和美ちゃんのオマンコがあるんだ……!」 昂ぶる思いを上品な耳に吹き込むと、色っぽい女子アナの肉感的な女体が妖しくくねる。「ああん、僕くぅ~~んっ」 女子アナのシルキーな声質が情感たっぷりに掠れた。 ここぞとばかりに僕は、その唇を女子アナの白い首筋に吸いつけた。舌先を伸ばし、爆乳の女子アナの官能成分を舐めとりながら唇粘膜であやしていく。「あはん、あぁ、あんんっ……あぁ、はあぁ~~」 より奔放に朱唇が弾け、艶めいた響きを漏らす。 女子アナの喘ぎは、俺の魂を鷲つかみにして離さない。まるでダイレクトに下腹部を刺激されるようで、あちこちに鳥肌が立ったほど。「かずみさんの啼き声……天使のようです……僕、その声だけで射精しちゃいそう!」「天使だなんて……。恥ずかしいわ……」「そんなこと……。こんなにきれいで、若々しくて……。本気で僕は一実さんを天使だと思っているのですよ」 ねっとりと清純な女子アナの太ももを撫で回していた手指を激情に任せて女体の中心へと運んだ。「あんっ……」 鷲見玲奈似の女子アナが小さな悲鳴をあげたのは、ブラウスのボタンを俺が外しはじめたからだ。「いいですよね? 和美ちゃんを裸にしても……」 許可を求めるのは口ばかりで、手はさっさとボタンを外していく。 女子アナの上品な美貌が縦に振られた頃には、半分ほど外し終えていた。「へへぇ。こんなにフライングしちゃいました……」 笑って見せはしたが、まるで余裕などない。緊張に指先がもつれそうになるのを禁じ得ないのだ。 それでもなんとか全て外し終えると、オフホワイトのブラウスをゆっくりと観音開きにして、巨乳の女子アナの細い肩の向こう側に送る。「次は、スカートにしますね……」 まずは女子アナを下着姿にしてしまおうと、タイトスカートの脇に着いたファスナーに手を伸ばす。 焦るなと自らに言い聞かせながらゆっくり引き下げ、ホックも外してしまうと、そのままグレーの布地を床に落とした。「ついでだから、ストッキングも……」 手早くベージュのストッキングもぎ取る。女子アナのすべすべの脚から薄布を抜き取る作業は、ことのほか楽しい。「かずみちゃんの下着姿、目が眩みそうです」 かわいい女子アナの肌を覆う下着は、上下おそろいの黒。大人の女子アナには、それが似合いだ。「ああっ……。ゆうきくんのギラギラした目……。恥ずかしさを煽るわ……」 とてもじっとなどしていられないとばかりに、清純な女子アナがベッドの上に足を投げ出すように腰を降ろす。セックスフレンドの女子アナは羞恥に身じろぎしながらも、それでも僕の眼差しを受け止めてくれるのは、プロポーションへの自信の表れか。 僕にも、ベッドの上に誘う眼差しが向けられ、自らのYシャツのボタンを外し脱ぎ捨てた僕は、四つん這いになってベッドに上がった。 セミダブルサイズのベッドは、二人の体重にやわらかく沈みながらも、やさしく反発して重力を感じさせない。 セックスフレンドの女子アナの胸元がふるんとやわらかく上下するのが悩ましい。「やっぱり、俺の天使です。カズミちゃん!」 晒された女子アナのパーフェクトボディに、俺は溜息ともつかぬ感嘆の声を上げた。 きつく押し込められていた巨乳の乳房が、なおもフルフルと震えている。 スリムな女子アナの悩ましい胸元に、当然の如く僕の視線は吸い込まれてしまう。「ああ、カズミちゃんのおっぱい、やっぱり大きい……。ブラジャーからお肉が零れ出てしまいそうなのが危うくて、悩ましくて……」 女子アナのEカップと目される爆乳のバストは、その乳肌の半分ほどを露出させ、そのやわらかさを見せつけるかのように迫力たっぷりに揺れ続ける。
 
 女子アナの知的で清楚な容姿とはあまりに対照的で、ひどくエロチックに映る。 その充実度といい、色艶やハリといい、桁外れに官能的に感じられた。「は、恥ずかしい。そんなに見ないで……。本当にゆうきくんの視線、熱くて痛い!」 清純な女子アナは自らの細肩を抱き締めるようにして身をくねらせる。桜色に紅潮させた爆乳の女子アナの目元が、処女のように初々しい。「見ないわけにいきません。こんなに綺麗でエロいおっぱい! こ、これも外してしまいますね。かずみさんのおっぱい見せてくださいね」 両腕をセフレの女子アナの脇に差し入れ、抱きしめるようにしてブラのホックを探る。「あんっ、くすぐったいわ……」 漏れ出した女子アナの声に、ホックが外れる音が重なった。刹那、ブラのスキンに手指を引っ張られる。 撓むゴムに任せると、緩んだところで女子アナは爆乳のバストがズレ落ちた。 解放された巨乳のおっぱいは、下乳の丸みが、たぷんとマッシブに揺れ、深い谷間が左右に開いた。けれど、だらしなさは感じられない。張り詰めた乳肌を支えに、水風船のようにぶるるんと上下してから少しだけ重力に負け、僕を悩殺するのだ。「ああんっ!」 反射的に女子アナの両腕が胸元を抱え込む。 清楚な女子アナの乳肌の下、スライムのような巨乳のおっぱいが、むにゅんと腕にしなだれかかる。誇らしげに咲き誇るスレンダーな女子アナの乳肌は見るからにきめが細かく、そのふわふわすべすべの触り心地が約束されている。「隠さないでください。かずみさんのおっぱい、見せてください!」 促すために僕は、爆乳の女子アナのむきだしのデコルテラインにキスを浴びせた。「あんっ、でも、恥ずかしいわっ……」 ビッチな女子アナの滑らかな肌が、その高い透明度の奥まで純ピンクに染まっている。それがまるでピンクの朝霞を纏うようで、幻想的なまでに美しい。「そんなに恥ずかしがらないでください。こんなに綺麗な肌のおっぱいなのですから! 焦らさずに、この美しい巨乳のオッパイの全てを見せてください!」 俺の言葉は、その全てが本音であり微塵も誇張やおべっかは含まれていない。その正直な求めに、女子アナが小顔をこくりと頷かせてくれた。 そして、ついに胸元の手指が解かれていくのだ。 清純な女子アナの両腕に支えられていた巨乳のオッパイが、再びたぷんと悩ましく弾む。「ああ……!」「おおっ!!」 セフレの女子アナの羞恥と、僕の感嘆がシンクロした。 たわわに実っていながらも、女子アナの巨乳のオッパイには品が満ちている。美白滑肌が、その所以だろう。清楚そのものの純ピンクの乳暈も犯しがたいほどの気品に溢れている。 ダイレクトに俺の性欲に訴え、早く触りたくてたまらない気持ちにさせられた。「ああ、一実さんのおっぱい綺麗だぁ……んちゅっ、ちゅばばぁ……!」「えっ? あ、あぁんっ、僕くぅん……! そんな、いきなりなの? ……あっ、あん、おっぱい感じやすいって教えたじゃない……。あはぁ、舐めちゃいやぁ」 ヤリマンの女子アナの巨乳のおっぱいの外側に舌腹をあて、ぞぞぞぞっと舐めあげた。 他方の巨乳のバストに手指を運び、やさしく温めるように覆う。「あふっ、あんっ、あっ……。ゆうきくん……んふぅ……ああ、だめぇ、そんな、いやらしくおっぱい触られると、気持ちよくなっちゃう……っ」「それでいいのですよ。気持ちよくなってほしいのですから……。でも和美ちゃん、言ってた通り、ほんとうにおっぱい敏感なのですね……」 人差し指から薬指の三本で、丸みの側面にゆっくりと圧力をかけていく。清楚な女子アナの乳肌を舐める舌先には、お腹から吐き出した息を吹きかける要領で、側面から下乳にかけて進める。途中、丸く円を描いては、激カワの女子アナの乳暈に触れるか触れないかの際どい所で焦らす。そんなやさしい愛撫でも、ヤリマンの女子アナは細腰を捩り身悶えるのだ。「すべすべなんですね。それに甘い!」 少しだけ乳臭い匂いに、ほんのりと潮のような香りが混じっている。女子アナの乳肌に浮いた汗粒が塩味を感じさせ海を連想させるのか。(ああ、もうダメだ。早く一実ちゃんの乳首を……!) 俺の愛撫に反応を示した乳頭が、ツンと澄まし顔で自己主張している。女子アナの淫らで可憐な乳首に、もっと焦らすべきと判っていながらも僕は唇を近づけた。 ちゅばちゅちゅ、ぢゅッちゅぶぶちゅ──っと、いやらしく吸い付けると、円筒形にしこる乳首が、心地よく口腔内で踊った。(うおおおおっ、俺は、かずみちゃんのおっぱいを吸っている! ずっと盗み見ていたおっぱいを舐めているんだぁあああ~~っ!) 心中に快哉を叫びながら、夢中で清純な女子アナの乳首をしゃぶりつけた。「ちゅっぱ!! やばいです。甘くて美味しい……ぢゅッちゅば、塩気もまた絶妙で……レロレロン……ああ、こんなに乳首が膨れて……ぢゅちゅばばっ!」「ゃあ、ゆうきくん、そんなに強く吸っちゃダメぇ……乳首大きくなっちゃう……あはんっ……大きめなの……ふっく……き、気にしてるのにぃ~~っ」
 
「大きいですか?……ぢゅぢゅばばっ……おっぱいが大きいから、ちょうどいいバランスで……いやらしくって……ぶぢゅぶちゅるるるっ……きれいですよ」 大きく口を開け、頂きを吸いつけながら、やさしく歯を立てる。 セフレの女子アナの媚麗な女体が、びくん、ぶるるるっと派手に反応するのが愉しい。 清楚な女子アナの女体には女盛りを迎える肉体ならではの艶めいた官能味がある。羞恥しながらも、責められると敏感に反応してしまうバツイチならではのこなれた味わい深さも加味され、僕はその興奮をいやというほど煽られている。 忍耐強く、セフレの女子アナの女体を快感に追い込むつもりが、あっという間に挿入したくてたまらない気にさせられた。「ああ、ヤリモクの女子アナは、淫らね……ゆうきくんに弄ばれて……こんなにも乳首を硬くさせている……。おっぱいも張り詰めて、恥ずかしいくらい大きくさせているの」 自覚すればするほど恥じらいと興奮が入り混じり、エロ反応が増していく。 脳味噌まで蕩けはじめた鷲見玲奈似の女子アナでは、もはやその発情を隠しきれない。「うおっ。カズミさん、超エロい!! そのエロさに僕も興奮しちゃっています!」 女子アナの乳肌を舐めしゃぶり、涎でヌルついた乳首を親指と人差し指に挟み込んだ。 ぷりんとグミほどに肥大したビッチな女子アナの二つの乳頭を、ダイヤルでも回すようにクリクリと回す。 感度の周波数がぴたりと合ったらしく、ベッドの上で女子アナの艶腰がビクンと跳ねた。「あ、あはぁ……そんな、おっぱいばかり……感じ過ぎて、切なくなっちゃう……」 ぷりぷりぷりっとビッチな女子アナの乳肌が音を立て、さらに肥大するのがそれと判った。血流をよくした巨乳のオッパイが、ひどく敏感になりながら、その発情ぶりを露わにしたのだ。「んんっ、あ、あぁ、あん、ああん……だめ、おっぱい破裂しちゃいそう……」 女子アナの甘い呻き、悩殺的な女体のくねり。整った理知的美貌が、はしたなくよがり崩れる。振りまかれる清楚な女子アナの濃厚なフェロモンに、早くも俺は、射精寸前のようなやるせなさを感じた。「揉まれるたび一実ちゃんの上品な顔がエロくなります。もう蕩けそうですね」爆乳の女子アナはやさしい頬の稜線を風呂上がりのように上気させ、噴き出した汗を雫にして、細い頤からポタポタと滴らせている。「だめえ、もう、だめえ……あ、ああん、おっぱい許してぇ~~っ」 奇麗な女子アナは上体を起こしていることも辛くなったのだろう。女体がベッドに倒れていく。 俺は、かわいい女子アナのの肉感的な女体を支えるようにして、仰向けに横たわらせると、それを契機に左右に張り出した腰つきへと向かった。     ビッチな女子アナの女体に覆いかぶさり、俺は伸ばした手指を臀朶にあてがった。成熟した女子アナの逆ハート型のムッチリヒップを鷲つかんだのだ。(す、すごい! お尻も、ふかふかなんだぁ……!!) 爆乳の女子アナの二の腕を引きつけ、胸板にあたるおっぱいクッションを意識しながら、臀朶の触り心地を心ゆくまで堪能した。 パンティ生地は何ら妨げにならず、ダイレクトに尻肉の感触を味わえる。その肌触りのよい薄布ごと、グリグリと捏ね回し、丸い輪郭にあわせて撫でまわす。「あっ、あたってる……ゆうきくんのちん○ん、清純な女子アナのあそこに、あたってる……」 力強く尻朶を引きつけたため、女子アナのデルタ地帯に勃起ちん○んが押しつけられるのだ。それは僕が確信犯でやったことであり、そうすることでやるせなく疼くちんぽに刺激を送り込んでいる。 短めながら太く猛々しく昂ぶったチ○ポは、多量のガマン汁を噴き出し、その濡れジミがスラックスの生地にまで浮き出ている。「気持ちいいです……。一実ちゃんのふっくらした土手に、いやらしく俺、擦りつけているのですね……」 腰を突き出し、オチン○ンの切っ先でほじるように擦りつける。「あうんっ……」 メコ筋をテントの先で掘り起こすたび、切なげにセックスフレンドの女子アナが短く喘ぐ。 手指の位置をじりじりとずらし、掌全体で太もも周辺を撫でてみる。女子アナのお尻同様に太ももにも、ほどよく脂肪を載せている。しかも爆乳の女子アナの絹肌が発情汗にじっとりと湿り、いやらしいほど吸いついてくるのだ。「かずみさん、これも脱がせていいですよね?」 意地悪な求愛にドキンとしたのか、ボリュームたっぷりの美尻がキュンと収縮し、パンティごと一本の溝を作った。「い、いいわ。脱がせて……」 許してはくれたものの女子アナは、その美貌を両手で覆ってしまった。 出会い系サイトのハピメで出会ったセフレの女子アナが見せる可憐な仕草に、否応なく俺の男心が震える。興奮を隠せぬまま起き上がり、自らのズボンとパンツを脱ぎ捨てると、すぐさまヤリモクの女子アナの細腰にへばりつき、その薄布に手を掛けた。
 
「あんっ……!」 いくら覚悟していようとも、巨乳の女子アナは羞恥の声を漏らさずにいられないのは、当然かもしれない。けれど、僕は容赦なく、爆乳の女子アナの女体に残された薄布をベージュのストッキングと共に一気につるんと?いた。 淑やかに生え揃った繊毛が露に濡れ光り、宝石が輝くよう。一本いっぽんの細い毛が密に折り重なったその下に、マ○コがひっそりと息吹いている。「ああっ、どうしよう。やっぱり、恥ずかしいっ」 女子アナの腿が重ねられ、少しでも俺の目を逃れようと細腰が妖しくうねる。「ほら、じっとしていてください。カズミさんのオマンコ、僕に見せて!」 閉ざされた内ももに手を差し入れると、びくんと怖じけるように女子アナの裸身が震えた。 それでも太ももを割り開く僕に躊躇いはなく、緩やかに美脚がほつれていく。それをよいことに女子アナの両膝を折りたたみ大きくM字にくつろげさせた。「あぁ、そんな……」 カエルの解剖のようにくつろげた股間に、僕は素早く陣取った。「あっ、んん。もうゆうきくんのバカぁ……。本当に恥ずかしいのよ……。でも、いいわ。見て……。女子アナのあそこを……」 晒されたのは、あまりに卑猥で、そして美しいマンコ。楚々とした薄紅のまんこの縦割れがまるで唇のように、ひくひくと喘ぎ、左右に楚々と咲いた儚げな花菖蒲がそよいでいる。「こ、これがカズミちゃんのおまんこ……」 鷲見玲奈激似の女子アナは色白のせいもあり、薄紅がいっそう鮮やかに際立っている。そこから立ち昇るのは、生々しいまでに濃厚なフェロモン。無自覚なまま発散させた女子アナの淫香は、どこまでも淫らであり魅惑的だ。「触ってもいいですか?」 俺の求めに、女子アナはビクンと身を震わせながらも首を縦に振った。(カズミちゃんのおまんこに触らせてもらえる……っ!) 緊張に指先を震えさせながらも、ビッチな女子アナのお○んこへと進めた。けれど、いきなりマンコには触れず、ぷっくらした肉土手の外周からそっとなぞり、徐々にオマンコの縁に寄せていく。「んんっ……っく、ふあぁっ」 苦しげに息が継がれ、わずかに女子アナの細腰がくねった。 繊毛に付着した透明な淫液を指になじませ、鷲見玲奈似の女子アナのおまんこの表面をあやしはじめる。人差し指を触れるか触れないかのフェザータッチで滑らせた後、ちょんちょんと軽く突いてやる。さらにまんこのびらびらを親指と中指に挟み、甘く圧迫した。「はんっ……ううっ……はふぅ……あんっ……あっ、あぁっ……!」 膣口に入るか、入らないかの際どい部分で、表面に小さな円をいくつも描く。 sexフレンドの女子アナのオマンコの右の花びらから左側へと移り、丁寧にやさしく弄った。「あうっ! あぁっ……やぁっ……だめよっ……感じちゃうっ!」 くちゅ、くちゅん、と微かな濡れ音が響くたび、女子アナの艶腰が悩ましく捩れる。白い歯列が奔放にほつれ、ヤリマンの女子アナのシルキーな声質がどんどん濡れを帯びていく。「やさしく触っているだけでも感じるのですね? 一実さん、敏感なんだあ……」 確かな反応に気をよくし、俺はさらなる責めを繰り出した。 伸ばした中指を清純な女子アナのまんこの中に、ぬぷぬぷぬぷっと埋めていく。「あうっ……!」 反射的にヤリモクの女子アナの女体が逃れようとして、ベッドの上をずり上がる。けれど、俺がもう一方の手を爆乳の女子アナの太ももに回しているため逃げきれずにいる。「うわああ、カズミさん、すごいですっ! 膣内の襞々が絡みついてきますよ」 ヤリモクの女子アナの成熟したま○この中には、肉襞が密生し、ここにちんこを埋めたらさぞかし気持ちよかろうと想像させてくれる。しかも、肉襞は触手のように僕の指にまとわりついて、さらに奥へと誘おうとするのだ。「いやあ、ゆうきくんの意地悪。言わないでぇ……!」 ヤリマンの女子アナの紅潮した頬が激しく左右に振られる。さらに分泌液が、どくどくと溢れてきた。「すごい! 本当にすごいです! 指がふやけそうなくらいお汁が出てきますよ!」 辱めれば辱めるほど、女子アナの美貌が冴えていく。
 
 そんな20代の女子アナにうっとりと見惚れながら、人差し指と薬指の背中をまんこにぴとっと密着させた。中指がつけ根まで埋まったところで、まんこの孔をほじるように、くいっくいっと蠢かせる。「あっ、あうん……。いやん、エッチな動かし方……。あぁ、かき混ぜたちゃダメぇっ! んふぅ……あっ、あぁん、腰に力が入らない。蕩けてしまうぅ……」 刺激されたオマ○コが妖しくうねり、指にねっとり絡みつく。 汁気が増すにつれ、粘り気も強くなり、あんかけのとろみを撹拌させるよう。 ぬぷ、くちゅん、ぢゅぶちゅぅっと、指をおま○この中で戯れさせるだけでは飽き足らず、秘口をリズミカルに出し入れさせてやる。 女子アナのオ○ンコの肉は、指を抜こうとすると行かないでとすがりつき、挿し入れると奥に導くように膣内が膨らむ。淫らにもいやらしく男を悦ばせる構造に仕上がっているのだ。「んふうっ、あっ、あんんっ……んっく、ぅふっ、ふぅんっ……。ねえ、このまま和美に恥をかかせるの? ああん、ダメよっ……あっ、ああん!」 ビッチな女子アナの我慢の限界を超えた喘ぎは、悩ましくもあられもなくオクターブを上げていく。ついには節操を失い、清純な女子アナの細腰がいやらしい波打ちをはじめる。美人の女子アナの太ももが、ぐぐっと内またになり、若鮎のようなふくらはぎにも緊張が漲った。「うぐぅうう、ああ、いやん、和美、乱れちゃうぅ……っ!」「乱れてください。カズミちゃんのいやらしい姿が、僕に自信をくれるのですから!」 手指の抜き挿しを二本に増やし、さらに激しい抽送へとシフトチェンジさせた。 身持ちの堅さを淫靡な分泌液に溶けさせ、スリムな女子アナがよがり啼きしている。「あっ、ああ、いい……和美、気持ちいいのっ……恥をかくわっ……もうダメぇっ!」 束ねた指への締めつけが、精子を子宮に浴びたいとねだるように倍増する。悦びの証しを感じ取り、俺は嬉々として色っぽい女子アナのマンコを蹂躙していく。「恥をかくって、イクってことですよね? 僕に、マ○コをほじられて、イッちゃうのですね?」 出会い系サイトのハッピーメールで出会ったセフレの女子アナが、ついに極めようとしているのだ。鳥肌がたつほどのうれしさを噛みしめながらセフレの女子アナの、膣孔を抉る指をいよいよ忙しくさせた。「イッてください。 僕に和美さんのイキ貌を見せて! ほらもっと、気持よくしてあげますから……」 俺は顔をビッチな女子アナの股間に近づけ、受け口にしておめこへと向かわせた。 そこに立ち込めるヨーグルトにはちみつを溶け込ませたような甘酸っぱい匂い。ビッチな女子アナの清楚な美貌に似合わず、どこまでもいやらしい濃厚フェロモンが俺の鼻っ面をガツンと殴りつけてくる。「えっ? ああ、いやあっ、いま、そんなところ、舐めちゃいやあぁ……!」 羞恥と戸惑いに爆乳の女子アナの蜂腰が左右に大きく揺れる。けれど、僕は両腕を女子アナの太もものつけ根に回し、宙づりにするよう抱きかかえ、陰唇にぶちゅりとディープキスをした。「きゃうううっ、あっ、あはあぁん、俺くぅ~~んっ!」 べったりと張り付けた舌先をピチャピチャと音を立て、下から上へとこそぎつける。さらにはセックスフレンドの女子アナのマンコを唇に咥え舌先で洗う。繊細なしわ模様の一つひとつを味わいつくし、秘口をべろべろと舐めあげた。「ちゅちゅっ、レロン、レロレロ……一実ちゃんのお○んこ、とてもおいしいです……ちゅぶちゅるるっ……」 セフレの女子アナのしっとりとしてやわらかな内ももに頬を挟まれ、ま○こをしゃぶるしあわせ。男冥利に尽きる瞬間を文字通り僕は味わい尽くした。「ひうっ、あっ、あぁっ……。だ、だめぇ~~っ……気持ちよすぎて、おかしくなる……おふぅ、巨乳の女子アナ、溶けちゃいそぅ~~っ」 巨乳の女子アナはふくよかな頬を強張らせ、朱唇をわななかせる。女子アナは激しくも淫らに女体を震わせ、おんなの歓びを謳いあげている。「あはぁっ……そ、そんな……いやらしく舐めないで……そんなに……あぁっ」 背筋をくねらせ、腰を捩らせて女子アナは逃れようとしている。否、痺れるような悦楽電流を求め、自らあさましい腰つきで俺のフェラに擦りつけているのかも。「あううっ、ああ、すごいっ……。舐められるのって、こんなに気持ちよかったかしら……あっ、あああっ」 ツンとしこったピンク色の突起をぞろりぞろりと舐めあげると、ぐいっと女子アナの腰が反らされる。そのまま蜂腰を押し付け、またも揺らしてくる。女子アナは俺が与える官能にすっかり溺れているのだ。「ふごい! はむはむはむ……生臭い塩辛さ……海に口をつけているようです……なのに……びちゅずず、ずびぢゅちゅっ……カズミさんのマ○コ、甘いぃ~~っ!」 おまんこ全体に大きく開いた口を押し付け、もぐもぐさせると、女子アナの悩ましい腰つきが激しくくねまわる。 硬く窄めた舌を目いっぱいに突き出し、ゆっくりと膣内に沈めていく。唇がヤリモクの女子アナのオマンコに密着すると、肉襞の一つひとつを味わうように胎内でそよがせた。「ひやんっ……舌を挿入れられたの? あぁん、女子アナ、お腹の中を舐められているのねっ!」 熱い胎内で舌と膣の粘膜が融合してしまいそうだ。「あっ、あっ、あん、感じちゃうっ……。もうダメっ! どうしよう、本当に恥をかいてしまいそう」 20代の女子アナの切羽詰まった掠れ声。ぶるぶると震えた太ももが、しきりに俺の頬にぶつかる。 湧きあがる快感に、セフレの女子アナの足の裏が拳を握るようにギュッと丸まった。
 
「カズミちゃん、もうイクのですね?はふう……ぐぢゅるっ……イッてくださいっ……俺に一実さんの恥ずかしいイキ貌を見せてくださいっ……ぶぢゅぢゅるっ」 けれど、女子アナにとって絶頂することは、よほど恥ずかしいことらしく、懸命にこらえようとしている。 それがいかにも巨乳の女子アナらしいと思いながらも、俺はオマンコから離れようとしない。それはクンニというよりも、貪っていると言った方が正しい激しさで、ついにはセフレの女子アナのオマンコ全体を唇で覆い、思い切り吸いつける始末だった。「ああん、吸っちゃいやぁ……あんっ、あん、あぁんっ……だめよ、許して、吸っちゃ……あっ、ああんっ」 ヤリマンの女子アナは双臀をぐんと浮かせたまま左右にうねくねらせ、腹部を荒く前後させて、よがり悶える。「かずみちゃんっ、ぶちゅるるるっ……和美ちゃん……っ!」 止めとばかりに俺は、妖しくそよぐ細腰を両腕で?まえ、ビッチな女子アナの一番敏感なピンク色の突起に口腔を移動させた。「あ、ああぁっ……だめえぇ~~っ……そこは、だめっ、もう耐えられないぃっ!!」 鮮烈な快感に鷲見玲奈似の女子アナの細腰ががくがくと宙を泳いだ。びくびくんとあちこちの美肉が妖しい痙攣を繰り返す。「あううっ、もうイクっ! カズミ、ゆうきくんのお口でイッちゃうぅ~~っ!!」 張り詰めていたものが崩落するように、女子アナの堰が切れた。堪えに堪えていただけに、そのアクメは凄まじく大きなものとなったようだ。「ほううううぅぅっ、イックぅ~~っ! あっ、あはああああああああぁんんっ!」 白く練り上げられたラブジュースが、ドクンと膣奥から吹きこぼされた。続いたのは、女子アナの全身にこむら返りが起きたような引き攣れと派手な痙攣。鷲見玲奈激似の女子アナのしなやかな美脚がピーンと一直線に伸びる。 繊細な淫毛まで逆立てて、かわいらしい女子アナがイキまくった。「ゆうきくん、素敵だった……。セフレにイカされてしまうなんて……」 20代の女子アナがイキ極めて強張った美貌を、いまはうっとり弛緩させている。 絶頂の余韻に、未だひくついている女子アナの女体の上に覆いかぶさり、俺は朱唇を掠め取った。「でも、気持よかったでしょう?」 じっとりと露を含んだ女子アナの瞳が、落ち着かずに左右する。それでも素直に頷いてくれるセフレの女子アナ。発情色に染まるヤリモクの女子アナは、どこまでも美しい。「あん……ゆうきくんのちんぽがあたってる……可哀そうなくらいに硬くさせているのね……」 滾りたったちん○んが、しきりに爆乳の女子アナの秘口を啄んでいる。そのちんぽは以前出会い系アプリのハッピーメールで出会ったセフレとセックスした時と同じく、いつもよりはるかに太く猛っていた。「あっ! あうん、んん……っ」 早く埋めたいとばかりに、あえて俺は濡れ粘膜に擦らせていた。「カズミさんだけがイッちゃうから、僕、置いてきぼりにこんなに疼いて……」「それは、ゆうきくんが……あんっ」 お○んちんに手をあてがい、ぴとっとまんこに寄り添わせ、ぞりぞりと撫で上げた。「ああん、ゆうきくん……。もう、そんな悪戯ばかりしていないで、早くビッチな女子アナの膣中に挿入れちゃいなさいよぉ!」 それを言わせたかった俺だが、言わせたら言わせたで、思わずハッとセフレの女子アナの美貌を見てしまう。そんな僕の視線をいかにも恥ずかしそうに受け止めながら、女子アナが頬を輝かせ頷いてくれた。「ゆうきくんもそのつもりでしょう? いいのよ。sexフレンドの女子アナを抱いて……。もちろん、巨乳の女子アナの膣中で中出ししてくれてかまわないから……」 鷲見玲奈似の女子アナは中出しを促してくれた。 気高い精神の持ち主が、出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの男のオ○ンチンを求めてくれている。巨乳の女子アナに僕は心から感動した。(カズミちゃん、ああ、かずみさんとやれる……) 出会い系アプリのハッピーメールで出会ったセフレに中出しまで許されるのだ。(なんか僕、全ての運をこれで使い切るのかも……。それでもいいさ。たとえ、これで人生が終わっても、一実さんとやれるならその価値はあるよな……) 理知的な清純な女子アナといえども、ひとたび女を解放してしまえば、官能に囚われるのも当然なのかもしれない。決して外では見せることのない素のままの女子アナが、俺を求めてスッと立膝に女体を開いてくれるのだ。「一実ちゃん、挿入れますよっ!」
 
 ベッドに落ちた膝を駆使して、挿入角度に腰位置を整える。 掌でさらに女子アナの太ももを押し開くと、甘酸っぱくも濃厚な女臭が立ち昇った。 ビッチな女子アナのまんこの奥から溢れ出た魅惑の蜜汁がトロトロと零れ、太ももまで濡らしている。たっぷりとマン肉を啄んでいたため、既にち○ちんの切っ先にはそのヌルつきがまぶされていた。「来て、ゆうきくん、私の膣中に……」 あらためて亀頭部をマンコの中心にあてがうと、チン○ンの熱さに驚きまんこがむぎゅっと収縮した。「んっ、あううぅっ!」 セフレの女子アナの熱い咆哮と共に、ほっそりした頤がぐんと天を仰いだ。あてがったチンチンがびちゅっと卑猥な水音を立て肉の帳をくぐったのだ。「うぐうううぅっ!」 清純な女子アナの官能味溢れる朱唇がわななき、開股した太ももがぷるぷると震えた。女子アナは白いシーツをぎゅっと握りしめ、眉根を寄せる苦悶の表情。女子アナのそそる美貌にうっとりと魅入られつつ、ゆっくりと腰を押し進める。「ああっ……くるわ……ゆうきくんが挿入ってくる……っ」 いきり立つ亀頭でマンコの天井を擦りながらずずずっとめり込ませる。(一実さんのおまんこに、俺のち○こがめり込んでいく……。ああ、和美ちゃんが、俺のものに……) 脳内に快哉を叫びながら細身の女子アナのビロードのようなおまんこの肉をチンコでかき分けていく。「くふっ……お、大きい、ゆうきくんの大きなチンチンが、カズミのお腹に挿入ってくる……」「ち、違いますよ……。かずみちゃんのマ○コが……窮屈……なんです」 処女と見紛うほどのオマ○コ。それでいて爆乳の女子アナのオ○ンコの柔軟さは相当のもので、よく熟れている証しだ。 イキ極め、こなれているからこそ俺の太いオチンチンを呑み込んでいくが、そうでなければ挿入に苦労していたかもしれない。「上品なおまんこなのに、やわらかく拡がって……。ぐはぁ、襞がうねって奥に引き込まれます!」 極上の名器に、僕は歯を食いしばりながら腰を進めていく。蛇腹状であり、さらにうねくる複雑な膣肉。スタイルのいい女子アナのマンコの具合を確かめ、濡れ襞のまとわりつきを堪能しながら挿入した。「す、すごくいいっ。挿入れるだけで、こんなに気持ちいいなんて……。カズミちゃんのマンコ、激ヤバ!」 凄まじい官能が背筋を駆け抜け、射精寸前の危い悦楽に全身が痺れた。「あ、あぁ……くふぅ、ううっ……え、ゆうきくんもすごいわ……苦しいくらい広げられているのにぃ……あふあぁ、はああああぁぁ!」 喜悦に痺れているのは、俺ばかりではない。狭隘なおまんこを内側から押し広げられつつも、それ以上の快感がセフレの女子アナの女体に押し寄せているらしい。「ああ、うそっ……かずみ、すぐにイッちゃいそう……挿入れられているだけで……はああぁ、気持ちいいっ!」 女子アナは絹肌の産毛を逆立て、媚肉はじゅーんと分泌液を溢れさせている。キュンキュンと子宮が疼くらしく、膣肉の蠕動は大きく高まるばかり。「いやん! 恥ずかしいけど、本当にイッちゃう……。あぁ、イッたばかりなのに……。挿入れられているだけなのにぃ……」 ヤリモクの女子アナの豊麗な女体がびくびくと痙攣し、またもイキ乱れる。お陰で、僕も挿し入れた男プラグが、道づれに蹂躙される。男女の官能神経が直結したように、凄まじい悦楽に翻弄されまくる。早漏気味の僕が射精せずに済んだのは奇跡に近い。「あっ、ああぁ……。恥ずかしいけど、こんなに気持ちがいいのはじめてだわ。ゆうきくん、凄すぎっ!」「かずみちゃんのすっごくエロい貌……。和美ちゃんの凛とした顔が、よがり崩れて。ああでも、そんなかずみさん、最高に素敵です!」 俺が面食らうほどの淫らな昇り詰めようだ。抽送もくれぬうちに、挿入しただけなのに、感度の上がり過ぎたスリムな女子アナの女体は初期絶頂に身を焦がしている。 イキ恥じらう心とは裏腹に、熱くただれたまんこは、愛しいチンコを抜き去られまいとするかのようにおちん○んの根元を締めつけている。「だって、ああっ、気持ち……いい……女子アナのカラダ、壊れちゃったみたい……ゆうきくんに溺れちゃいそう……。ゆうきくんのち○ぽに清純な女子アナのおま○こリセットされて、作り替えられたみたいね」 爆乳の女子アナの細腕が首筋に絡みつき、やさしく抱き寄せてくれる。ふんわりとした巨乳のおっぱいが胸に潰れ心地よい。清楚な女子アナの硬く勃った乳首が、甘くなすりつけられている。下腹部に擦れているお腹のすべすべ感も相当なもの。奇麗な女子アナが持てる全てを使い、俺をもてなしてくれるのだ。 情感に突き動かされ、俺は蕩けた表情で見つめてくる女子アナの朱唇を掠め取った。「むふん、あふぅ、むむんっ、んんっ」 口腔に舌を挿し入れ、唇裏の粘膜や歯茎を夢中で舐めすする。「おん、ひううっ、むふぅむむっ」 清純な女子アナの素晴らしい手触りの絹肌を撫で回し、その手指をさらに下方へとずらした。sexフレンドの女子アナのやわらかな陰毛を弄んでから、媚肉の合わせ目に忍ばせる。「ああんダメっ……そこを触られたら、また一実は……ひっ! ……あ、あはぁ!!」
 
 セフレの女子アナをさらに官能へと堕とすべく、巧妙に陰核をあやしていく。蕾の頭を転がし、指で摘みとり、擦り、なぎ倒しと執拗に嬲った。「ひっ、だめよっ……女子アナまたおかしくなる……ああっ、こんなことって……」 太マラを埋められたまま敏感な器官を弄ばれては、女子アナの熟れた女体が初期絶頂に兆すのもムリはない。巨乳の女子アナは兆した美貌をこわばらせ、必死に僕にしがみついてくる。首筋に巻きつけられた腕が息苦しいほどだ。「いいの……どうしよう、女子アナ、お○んこが浅ましく悦んでしまうの……っ!」 押し寄せる喜悦に、もはや思考が正常に働かぬ奇麗な女子アナは、汗みずくの発情色に肉体を染め、せりあがりつつある女の絶頂を告白している。「ああ、すごいわ……すごくしあわせ……こんなにイキ乱れて、恥ずかしいくらいなのに……。ゆうきくんとこうしていると最高にしあわせっ」「僕もしあわせです。かずみさんと一つになれただけでもしあわせなのに……。ああ、だけどもう限界です。切なすぎて、動かしたいです!」「ああ、来てっ。一実をもっとしあわせにして……」 甘く促された僕は、腰を引いた。ずぢゅぢゅぢゅっと引き抜くと、すぐにぢゅるるるっと挿し戻す。擦れあう粘膜が、互いの性神経を鋭く刺激した。「ひゃぁんっ、あ、あはぁ~~……っ!」 甲高く啼くヤリモクの女子アナのマンコに、亀頭エラを擦りつけるように捏ねまわす。「はぁあっ、あんっ! んんぅ……もういっぱい感じているのに、そんなにされたらぁ……あぁあんっ!」 徐々に抑えの利かなくなった俺のピストンにも敏感なセックスフレンドの女子アナの肉体は、派手に跳ねあがる。 たわわな爆乳のおっぱいも大きく揺れ動き、長い黒髪もクシャクシャに乱れていた。 女子アナは全身が強張り、眉間の皺が大きくなっていく。「あ、ああん、そんな、切ないぃぃ~~っ」 震える声で抑制を求める鷲見玲奈激似の女子アナだったが、その腰つきは、さらなる捏ねまわしを求めるようにのた打っている。 ぢゅぼっ、ぬぼっ、という濁った水音とともにちんぽに絡みついて引きだされる肉ビラは、女子アナの内に潜む貪欲なおんなの本性そのもの。「だめッ、ああッ、ダメぇッ……そんなに激しくしちゃ……乱れちゃうぅっ!」 堪えても堪えきれない喜悦を噛みしめた女子アナの美貌は、汗に光ってこのうえなく色っぽい。うねりくる官能の大波に呑まれ、もう何も考えられないのだろう。「あんっ……あはぁっ……いいわ。ゆうきくんのオチンチン、気持ちいいっ……。あぁっ、おま○こ、イクぅっ……!」 ヤリモクの女子アナは恥も外聞もなく問われるまま従順に淫語を吐きながらよがり啼く。その火照った面差しを愛しげに見つめ、甘ったるい喘ぎに心を蕩かせ、ひたすらお○んこに打ちつける僕。「カズミちゃんの極上まんこもいいです! ぐずぐずにぬかるんで、すごく熱くて、超気持ちいいっ!」 痺れる快感の連続にビッチな女子アナは脳を蕩めかし、綻んだ理性を淫蕩な興奮で塗りつぶしている。爆乳の女子アナは僕の首に両手を絡めてすがりつき、ただひたすらアンアンと女鳴きを極めるばかり。「ああ、ゆうきくんのも熱いっ……和美、恥ずかしいくらい蕩けているの……こんなに蕩けるのはじめてなのぉ……お、おん……イクッ、またイッちゃうぅ~~っ!」 十分以上に潤滑なのに、オマンコがチンコにひどく擦れる。かわいい女子アナの名器に慰められ鎌首をもたげた射精衝動に、ひたすら頭の中を白くさせていく。遠慮も気兼ねもなく、ドスンドスンとペ〇スを打ちこんでゆく。「あおおおッ、あおおおッ」 仮借ない抜き差しに、爆乳の女子アナの身悶えは一段と激しくなった。セックスフレンドの女子アナは獣じみた声をあげ、双臀をうねくねらせてのたうちまわる。悩ましい女啼きも徐々に掠れ、セフレの女子アナはもうまともに息もできない有様だ。「ぐうおおぉっ、カズミさん、射精くよ……り、一実さんも一緒にイッて~~っ!」 僕の中出し予告を受けたsexフレンドの女子アナの蜂腰が、ぐぐぐっと浮き上がり、抜き挿しにシンクロしてくる。思いがけないふしだらな練り腰。眉根をたわめ、朱唇をわななかせる扇情的な表情も俺の崩壊を促している。「ぶふぉあっ! カズミさんのいやらしい腰つき、やばすぎっ!」 セフレの女子アナのくねる細腰に合わせ俺もぐいぐい勃起を突き出し、激しい抽送を重ねる。「あ、ああんっ……膣内に擦れちゃうぅっ……くふううっ、子宮が破れそうっ」 スタイルのいい女子アナの尻が浮き沈みを繰り返すたび、真空に近い状態の膣肉がザーメンを搾り取ろうと、ヌチュチュ、ヌクプッと吸いついてくる。「ぐわあああっ。一実ちゃん、もうダメです。僕、でますっ!」 やせ我慢のしすぎでチ○ポは感覚を失っている。にもかかわらず、びりびりとした射精衝動が、蟻の門渡りのあたりから皺袋までを切なくさんざめかせている。「あぁ、待っていたの……ゆうきくんの中出し……早く女子アナの子宮に浴びせて……ゆうきくんを……最後まで感じたいのぉ……!」 焦点の合わないトロンと潤みきった桃花眼が、僕の中出しをねだっている。もはや限界だった。
 
 甘く汗ばんだセフレの女子アナの肢体をこれでもかと抱きしめ、孕むことを望み降りてきた子宮口に亀頭を密着させ、お尻の孔の戒めを解く。「でます。カズミちゃんっ、ぐぅおおおぉ~~っ!」 出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレの美女を自らのおんなとした証に、雄叫びと共に中出しをする。 上半身をべったりセックスフレンドの女子アナの女体に張り付け、力いっぱい抱きしめた。極上の抱き心地を堪能しながら俺が「うっ!」と言いながら女子アナのま○この中に精液をたくさん中出しした。男冥利に背筋が震える。「かずみもイクわ……あはぁイクぅうう!! ああっ、イクぅううう……」 僕とほぼ同時に鷲見玲奈激似の女子アナも絶頂を極め、のど元をくんっと天に晒した。女子アナの兆し潤む表情は、どこまでも美しく、あまりにもいやらしい。 俺はイキ緩んだ媚膣にどくどくと精子を中出ししていく。お○んちんも亀頭も爆発するようにザーメンを中出しし続けた。 互いにきつく抱きしめ合いながらの体液交換に、僕は涎を垂らしながら放心している。ただお○んちんだけを拍動させ、鷲見玲奈似の女子アナの胎内に己が精子を染みこませていく。 やせ我慢にやせ我慢を重ね、たどり着いた悦び。狂おしい快美感に、魂までが射出される思い。「んふぅ、ふあぅっ、おうぅっ、おうううぅ~~っ!」 長く続く中出しに、ヤリマンの女子アナもまた女イキの悦びを甲高く謳いあげている。艶やかに発情色に染めたかわいい女子アナの女体が、ガス欠のクルマのようにガクン、ガクンと痙攣している。そうして啜り泣きを零しながら、多量のスペルマをビッチな女子アナの子宮でごくごくと受け止めるのだ。 暫しの空白の後、ビッチな女子アナは、浮かしたままの蜜腰をどっとベッドに落とした。 一滴残さず中出ししつくした僕も、セックスフレンドの女子アナのの女体の側にどさりと体を落とす。「よかったわ。本当に素敵だった……。ああ、ゆうきくん好きよ。大好きっ!」 ビッチな女子アナは絹肌に汗を噴き出させながら微笑んでいる。 熱いsexの後の満ち足りた悦びを、二人はうっとり噛みしめた。
 
出会い系サイトハピメでのセフレの女子アナとのタダマンセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓






















































 
今回細身の女子アナといますぐオフパコセックス出来た出会い系はハッピーメール(happymail)です。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐsexさせてくれるきれいな女の子と出会ってセックスフレンドにしてタダマンsexできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出会い系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.