deaikeitaiken_novel

【ハッピーメールハメ撮り】貧乳のヤリマンキャバ嬢と中出しセックス

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は相も変わらず出合い系アプリで可愛らしい女の子をsexフレンドにして、はめ撮りセックスにいそしんでいます(^▽^)
 
さて、今回は出会いまくれる悪質でない出逢い系マッチングサイトのハッピーメール(happymail)で出会った若槻千夏似の貧乳のヤリマンキャバ嬢と千葉県八街市で会ってセフレにして今からすぐオフパコsexをしてきたのですが、はめどり写メがいっぱい撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なエッチのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系マッチングサイトのハピメで出会った女の子はギャルで、名前はなつみさんといい、顔は若槻千夏似のとても美人でした(^^)
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのヤリマンのキャバ嬢のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)でのヤリマンのキャバ嬢の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
ギャルとは、出合い系アプリのハッピーメール(happymail)で知り合ってラインでやり取りした後、八街駅近辺のお洒落な海鮮居酒屋に飲みに行った後sexしてもOKとのことだったのでそのままラブホテルに行ってはめ撮りエッチをしました。
 
俺とセックスフレンドのキャバ嬢が千葉県八街市の八街駅周辺のラブホの部屋に入った。「今、私、ゆうきくんに、興味津々なの……それに、ゆうきくん、さっきから私の太ももばかり見ているよね……」 ぎゅっと握り締められていたギャルの手が、ゆっくりと太ももへと導かれた。「なつみさん……」 さきほどから触れてみたいと願うきれいなギャルの朱唇が、まるでベロちゅうを求めるように愛らしく窄められている。 まるでホイップクリームのようにふわりとやわらかい太ももの感触に脳髄まで痺れさせながら、セフレのキャバ嬢の朱唇との距離を縮めていく。 爽やかな柑橘系のパフュームとギャルの体臭が、いっぺんに濃厚になった。 小首を傾げ互い違いに唇を重ね、むにゅんと潰し合う。 キャバ嬢のやわらかくも、ぽってりとした朱唇を堪能していると、そっと唇がほつれ、舌の侵入を許された。「あぅ……っく、ふむぉう……ふうぅっ」 とぎれとぎれに息を継ぎながら、俺は舌をセフレのキャバ嬢の口腔内で躍らせた。出迎えた薄い舌先が、俺の舌腹を刺激してくれる。かと思うと、今度は、細身のギャルの薄い舌が口腔内に侵入してきて、歯の裏側やほおの内側をくすぐられた。「頭がぼーっとしちゃうよ」 目の前の微乳のキャバ嬢が、なぜそんな気になったのか今一つ判らない。パイパンのキャバ嬢が言うように遊びたいだけなのか、少しでも俺のことを気に入ってくれたのか。それでいてセフレのキャバ嬢と、こんなふうにできることが、うれしくてならなかった。「ふうんっ、うぅっ、ほぉぅっ。はぁっ」 若槻千夏似のギャルと甘い接吻を交わしながらも相変わらず俺の手指は、太ももをまさぐっている。 ぴちっと締まっていながらも、ふっくらした感触は、素晴らしいの一言だ。 レギンスの上からであるため、ギャルの肌の質感は知れないが、弾力もやわらかさも最高だった。ピンと張りがあるにもかかわらず、指先を受け入れるやわらかさはパン生地のよう。ほのかに伝わるほっこりした温もりも、ヤリマンのギャルの女体に触れている醍醐味を味わわせてくれる。「あふぅっ、ゆうきくんの手つき、いやらしいっ」 うっとりと濡れた瞳に小悪魔の気配を載せ、セフレのギャルが囁いた。 前後不覚の様相で僕は、掌の性感を全開にさせ、パイパンのギャルのふかふかムチムチな太ももをひたすら撫で回していた。「え、あ、ごめん」 恐縮して謝ってみたものの、どうしても掌を離す気にはなれない。ずっと触っていたい欲求でいっぱいなのだ。 そんな僕を若槻千夏似のキャバ嬢がクスクスッと笑った。「ゆうきくんって本当に素直。いいよ。もっと触っても。ほら、そっちの手も……」 空いていたもう一方の掌も、キャバ嬢の太ももに導かれる。 鉤状に丸めた掌を太ももに滑らせる歓び。いつしか僕は前のめりになって、夢中できれいなキャバ嬢の美脚をまさぐっていた。「あん……」 鼻にかかった声で、若槻千夏激似のキャバ嬢が啼いたのは、手指が内ももに掛かった時だった。 ビクンと、艶めかしい震えも起きた。 若槻千夏激似のキャバ嬢のうれしい反応に、もう一度同じ場所をまさぐってみる。「んんっ、あ、ああん……」 内ももの特にやわらかいお肉には、セフレのキャバ嬢の性感帯があるらしい。 ねっとりした手つきで、ギャルのミニスカートの内側にまで指先を侵入させる。
 
「あん、ゆうきくんの指、本当にいやらしい……」 セフレのギャルのももの内側の付け根に中指をあてがい、やさしく揉んだ。わざと爪の先を外側に反らせ、おま○このあたりにも悪戯をする。その行為をいやらしいと指摘されても仕方がない。 ついには床にうつ伏せになって、キャバ嬢の股間に陣取り、脚線美をうっとりと撫で回した。「菜摘ちゃんの脚、ほんとうにきれい。人魚みたい……」 キャバ嬢の腰高の美脚は、宝石のように光り輝き眩しい限りだ。すんなりと伸びた脚は、美しい流線型のフォルムを悩ましく形成している。ヤリモクのギャルのふくらはぎは、まさに若鮎のようで、そこからきゅっと締まって足首へと続くのだ。「やだ、ゆうきくんったら、人魚に脚ないし……。でも、褒められるのうれしいかな」 決してお世辞ではない素直な感想が、ギャルのおんな心をくすぐるらしく、うっとりとした表情で触るに任せてくれる。 調子づいた俺は、ビッチなキャバ嬢のすらりとした美脚をたっぷりと撫でさすった後、またしても太ももへと立ち返った。「あうっ、うふん……もっと触りたいの? いいわ、こうすれば触りやすいでしょう?」 ビッチなギャルはあられもなく美脚をくつろげてくれる。そんなキャバ嬢に僕は、ミニスカートの股座に鼻先を擦りつけんばかりにまで接近して、太ももをあやした。「すごいよ。奈津美さん。こんなに触り心地のいい太ももは初めてだ」 ギャルの美肌の下からもうもうと立ち昇る女フェロモンが、俺を大胆にさせている。ほっこりした温もりが、sexフレンドのギャルの女体の昂ぶりを伝えるようで、さらに興奮を煽られた。「あううっ、そ、そんなところ、キスしちゃダメぇ……。う、内もも舐めてるう……。そんなことしていいなんて言ってないからぁっ!」 本能のまま、セフレのギャルの内ももにぶちゅりと唇を吸い付ける。レギンスの上からとはいえ、さすがにきれいなキャバ嬢も前屈みになった。けれど、それは僕を咎めだてするものではない。その証拠に、セックスフレンドのキャバ嬢のしなやかな手指が、僕の髪に挿し込まれ、愛しげにかき回してくるのだ。 開かれていたセフレのキャバ嬢の太ももの間が狭くなり、僕のほおをやわらかな感触が圧迫した。「あうん……そこは……そ、そんなやわらかいところばかり……あんっ! だめよそこは、もう太ももじゃない……」 キャバ嬢のミニスカートを鼻先でめくり上げ、限界まで伸ばした舌を、股座の付け根に到達させた。ぴんと張った付け根の筋をレロレロとくすぐり、たっぷりと舐めしゃぶった。ほんの数センチ左にずれれば、舌先は若槻千夏激似のキャバ嬢のおまんこに到達する。 あたりに漂う濃厚な匂いは、あるいはキャバ嬢が吹きこぼした蜜汁が源泉かと、夢想するだけで全身の血が熱く滾った。「ねえ、奈津美ちゃん、直接触りたい! これ脱がせちゃダメ?」 見境いのなくなった僕は、返事も待てぬ勢いでパイパンのキャバ嬢の細腰にすがりつくレギンスのコンドーム紐に手を掛けた。「やっと言ってくれたね。男の子なのだから、どうしたいのかちゃんと口にしなくちゃだめだぞぉ。おんなはそれを待っているの……」 やさしくキャバ嬢が、頭にキスをしてくれた。僕を勇気づける仕草だった。「うふふ、ほらゆうきくん、脱がせてもいいよ」 両腕を床につき、キャバ嬢が丸いお尻を持ち上げさせた。 小さく頷いた俺は、ゴム紐に手指を潜らせ、息を詰めながらずり下げた。はやる気持ちを抑え、キャバ嬢のつるんとしたお尻からむき取るのだ。「きゃあ、ゆうきくんずるい! パンツも一緒に脱がせちゃうなんて聞いてないぃ」 レギンスと一緒にピンクのパンティが、貧乳のギャルの細腰を離れ、一気に太ももまで?いてしまった。奇麗なギャルが抗議するのは当然だったが、けれど決して慌てたり、嫌がる素振りでもない。それを覚悟していたかのようですらあるのだ。 動転しているのはむしろ僕の方で、貧乳のキャバ嬢のパンティまで脱がせてしまったのは不可抗力でしかない。「うわあああ、ご、ごめん……ああ、だけど、こ、これって……」 眼下に広がる魅惑の光景に、僕はなす術もなく心奪われた。 絹肌の中央にひっそりと茂る恥毛。密に茂っているため全体に濃い印象を与える。毛先に光る滴は、セフレのキャバ嬢がすでに潤っている証だった。「陰毛がきらきらしてる……」 陶然と僕は、その声を上ずらせてつぶやいた。途端に美貌が羞恥に染まる。 ギャル自身も、濡らしている自覚があったのだろう。「もう、ゆうきくんのエッチ! そ、そうよ。私、触られて感じていたもの。濡れて当然じゃない……」 拗ねたように唇を尖らせながらも、パイパンのギャルが美脚を浮かせた。中途半端に留められているレギンスとパンティを全て脱がせろと催促するのだ。それも目元を赤く染めながら。「うわっ、なつみちゃん、エロかわいいっ!」
 
 歓声を上げながら僕は、促された通り若槻千夏似のキャバ嬢のレギンスとパンティをはぎ取った。「ああ、やっぱり恥ずかしい……」 赤く染めたほおをさらに茹で蛸のように紅潮させて、若槻千夏似のキャバ嬢がつぶやいた。 どんなに奔放に僕を誘惑しようも、やはり若槻千夏激似のキャバ嬢は年若い乙女であり、恥じらいは隠せない。「やだっ、そんなに見ないでよ」 引き込まれるように、頭を起こして覗き込む僕に、セフレのギャルは怖気づいたように下半身が震えた。「み、見ないわけにいかないでしょう。なつみさんのお○んこだもの……」 ごくりと生唾を呑みこみ、俺は凝視した。 ピチピチと瑞々しいギャルの美肌の狭間に、ひっそりと色づく縦割れのまんこ。使いこまれた感じのしない楚々としたサーモンピンクが、目にも鮮やかだ。さらに、ぺちゃぱいのキャバ嬢のマンコの両端を妖しく飾る薄花びらがまるで風にそよぐようにヒクヒクと揺れていた。「きれいだ……なつみちゃんのおめこらしく、なんとなくカワイイ!」「もうっ、だからカワイイって言うな! これでもか!」 覚悟を決めたように20代のキャバ嬢の右手と左手の中指が、膣口の両側から添えられ、ぐいっとまんこの肉割れをくつろげてくれた。セフレのキャバ嬢はギャルのおまんこの新鮮なサーモンピンクの粘膜を奥まで露わにし、おんなの発情臭をむんむんと立ち昇らせるのだ。「うわあ、きれいな肉色……。る、ナツミさん触ってもいい?」 声を上ずらせてお願いすると、貧乳のキャバ嬢の小顔が縦に振られた。「そんなに真顔で求められたら断れないよ。ゆうきくんなら、いいよ……」 やさしく許してくれるキャバ嬢に、満面の笑みを浮かべ僕は、ミニスカートの内側に顔を寄せた。 くつろげられた太ももに無意識のうちに掌をあてがうと、びくんと下半身が震えた。「すごい。なつみちゃん、すべすべだあ……」 キャバ嬢の水をはじくほどの美肌の触り心地たるやどうだろう。あてがった掌が何もせずとも、つるんと滑ってしまう。思わずほおずりしたくなるほどの極上肌だった。「あ、ああん、そんな触り方、くすぐったいよぉ……あ、ああん!」 ビッチなキャバ嬢の細っそりとした頤が、くんと上を向き白い喉元を晒した。「くすぐったいのは、感じる部分でもあるって聞いたよ?」 素晴らしい触り心地に、夢中になって触りまくる。手の甲でやさしくなぞり、手指でやわらかく揉み、ねっとりと掌で擦りながら、様々なやり方でスレンダーなキャバ嬢のビロードのような脚を愉しむのだ。 ついには、20代のギャルの内ももにぶちゅりと唇を吸い付けた。さすがに「あん」と甘く呻き、キャバ嬢のももの感覚がせばまるが、それがほおに当たってかえって心地よい。「ああ、そんなところ……。ううんっ! 確かにくすぐったいけど、気持ちいい……」 素直になったsexフレンドのキャバ嬢をもっと素直にさせようと、伸ばした舌をまたしても股座の付け根に到達させる。先ほどはレギンスに邪魔されたが、今度はギャルの滑らかな肌をたっぷりと堪能するように付け根の筋を舐めしゃぶる。「いやん、あ、あうう……か、感じちゃうぅっ」 今にもマ○コにかぶりつきそうな俺に、羞恥を煽られたのか、微乳のキャバ嬢の頭がふるふると左右に揺れる。M字にくつろげられたセックスフレンドのキャバ嬢の太ももが、さらに閉じられ俺のほおをむにゅんと圧迫した。「すっごくナツミちゃんのお肌って、なめらかなんだね。この太ももなんて、俺のほっぺたが溶けちゃいそうになるよ」 いつまでもキュートなキャバ嬢の美脚を撫で回していたいのはやまやまだったが、まるで誘うようにフルフルとそよぐおめこの誘惑には敵わない。「ここにも触るよ……」 俺は、顔の位置を微妙に変えて、小さくはみだしたかわいらしいキャバ嬢のおめこに狙いを定めた。 「ああ、触るならやさしくしてね。でないと、私……」 ビッチなキャバ嬢の太ももを両腕で抱え、そのフォルムを撫でさすりながら、鮮紅色のまんこに舌先をあてた。 つんつんと軽く突いてから、オマ○コの表面に小さな円を描く。「あうう、そんないきなり舐めちゃうの? あ、ふぁああ……」 ビッチなギャルは小さく首を蠢かし、舌先をレロレロと振動させながら、なめらかな粘膜をあやす。
 
「んんっ……っく、ふあぁっ」 20代のキャバ嬢は苦しげに息が継がれ、わずかに腰がくねった。 透明なラブジュースがじわわーっと滲み出てくる。けれど、俺の愛撫は舌先を触れるか触れないかの繊細さで滑らせる程度だ。「あ、んん……うっく……はあぁ、はううっ」 ちょんちょんと軽く突くだけでも、微乳のキャバ嬢は悩ましい吐息を漏らしてくれる。じくじくと濡れが広がった頃合いを見計らい、僕はさらに鶏冠のようなおまんこのびらびらを上下の唇で甘く圧迫した。「ふぐぅ……っく……はふぅ……んんっ……あぁっ……」 舌先をセフレのキャバ嬢の膣口に入るか入らないかの際どいところまで、その表面に小さな円を描きながら進めていく。右の花びらから左側へと移り、丁寧にやさしくあやした。 ツー、ツツーッ、くちゅん、ぴちゅちゅ―。 微かな濡れ音が響くたび、若槻千夏激似のキャバ嬢の艶腰が悩ましく捩れる。食い縛られていたセックスフレンドのキャバ嬢の白い歯列がほつれだし、喘ぎがさらに濡れを帯びた。「やさしく触っているだけなのに感じるの? 菜摘ちゃん、敏感なんだあ……」 明らかな反応に気を良くして、僕はさらなる責めを繰り出した。 いっぱいに開けた口腔に、おま○こを吸い込んだのだ。「あうっ……!」 キャバ嬢の女体が反射的に逃れようと、絨毯の上をずり上がる。けれど、僕の両腕がヤリマンのギャルの太ももに回されているため、逃げ腰にも限界があった。「ぶぢゅちゅっ……うわああ、なつみさんのおま○こ、おいひいよぉっ!」 セフレのギャルのやわらかなおまんこを口腔で泳がせ、レロンレロレロレロと舐めしゃぶるのだ。「あ、ああん、それダメぇっ! か、感じすぎちゃうぅ……」 セックスフレンドのキャバ嬢の紅潮したほおが、激しく振られる。マン汁がどくどくと溢れてきた。「ふごい! 本当にふごい! 舌がふやけそうなほろ、お汁が出てくる!」 あふれ出た粘り汁が飛沫となって俺のほおを濡らすほどだ。 後ろ手を支えにして上体を持ち上げていたギャルは、そうしているのも苦しくなったのか、ついに女体を仰向けに横たえた。「おいしい花びら、こちら側も味わわせてね」 呼吸を荒げ身悶えはじめたヤリマンのキャバ嬢に、俺はキャバ嬢のもう片方の肉花びらも同様に口腔に含んだ。「あふん、あ、あうあああっ……」 かわゆいギャルの細腰が軽く持ち上がり、左右に踊ろうとするように力が入る。けれど、やはり抱えたままのため、その動きは小さなものにしかならない。そのせいか、むしろそれは俺の顔に細身のギャルのオマ○コを擦りつけているようでさえあった。「ナツミさん、気持ちよさそう……。もっと、もっと気持よくなってね……」 あれほど愛らしいセフレのキャバ嬢が乱れると、そのギャップからか一種壮絶な色香が発散される。濃厚な女フェロモンを皮下やおめこからもうもうと立ち昇らせている感じだ。 そんなセフレのキャバ嬢に魅入られた僕は、太ももを抱えていた右腕を移動させ、透明な蜜汁を指先に馴染ませた。 ぬめ光る中指をピンと伸ばし、そのままセフレのギャルのオマンコの中にぬぷぬぷっと埋めた。「あ、ふむむむむうっ……!」 ギャルの愛らしい美貌が強張り、髪が左右に揺れた。 俺の愛撫を受けるほど、セフレのキャバ嬢の美貌は冴えていく。その艶姿を網膜に焼き付けながら、人差し指と薬指の背中をお○んこにぴとっと密着させた。中指が付け根まで埋まったところで、マ○コの孔をほじるようにくいっくいっと蠢かせる。「す、すごい! 菜摘ちゃんのまんこ、指を求めて絡み付いてくるっ! 指先が襞々に持っていかれるよ」「いやん、恥ずかしいこと言わないで……」 汁気が増すにつれ、粘り気も強くなり、ゼリーを攪拌させているようだ。 ぬぷ、にちゅん、くちゅくちゅ、ぬぽ、くちゅ、ぐちゅんっ―。 美形のキャバ嬢のまんこの入り口付近で戯れ、ぐぐっと奥深くまで突き挿す。 指先をくいっくいっと蠢かせては、膣壁をやさしくかいてやる。腕を前後させて、リズミカルな出し入れも忘れない。「ああん……あふあっ、んんっ、あんんっ……うっく、うああっ、ああんっ、んあああぁっ……」 貧乳のキャバ嬢の我慢の限界を超えたような喘ぎが、次々と搾り出される。さすがに恥ずかしいのかセフレのキャバ嬢は、右手の人差し指をつかんでいる。それでも艶声は、あられもなくオクターブを上げ、切羽詰まった様子をみなぎらせている。
 
 ミニスカートを穿いたままのギャルの細腰が、いやらしい波打ちをはじめている。貧乳のキャバ嬢のピチピチの太ももが、ぐぐっと内またになり、若鮎のようなふくらはぎにも緊張が走った。「うぐぅうう、ああ、もうダメぇ、菜摘、イキそう……っ!」「いいよ、ナツミちゃんのイキ顔を見せて。菜摘ちゃんのこんないやらしい姿を見られて、俺、最高に幸せだよ」 手指の抜き挿しを二本に増やし、さらに激しいものへと変化させた。 束ねた指への締め付けも倍加するが、それは悦びの証と思い、嬉々として蹂躙した。 出会い系サイトのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレのキャバ嬢が、ついにアクメを迎えようとしているのだ。鳥肌がたつほどのうれしさをかみしめながら、ヤリマンのキャバ嬢のまんこを抉る指をいよいよ忙しなくさせた。「ほらもっと、気持よくしてあげるよ。これならイケるでしょう?」 僕は再び顔を股間に近付け、受け口にしておまんこへと向かった。 キャバ嬢のマンコに立ち昇る濃厚フェロモンを肺いっぱいに吸い込んで、ツンとしこったピンク色の突起にぶちゅりと口づけをした。「ひうっ、ピンク色の突起だめぇ~~っ……気持ちよすぎて、おかしくなるぅ~っ」 充血したクリちゃんをぞろりぞろりと舐め上げると、ぐぐっとギャルの腰が反らされる。そのまま腰を押し付けるように揺らしてさえくる。セフレのキャバ嬢は乙女の恥じらいを忘れ、僕が与える官能に溺れてくれるのだ。「あ、あああ、感じるっ……。菜摘、もうイッてるよぉ」 切羽詰まった掠れ声。キャバ嬢の太ももがぶるぶると震えだし、しきりと僕のほおにあたる。湧きあがる快感に、パイパンのキャバ嬢の足の裏が拳を握るようにギュッと丸まった。「菜摘さん、イッてるんだね? はふう……ぐちゅるるるっ……エロいイキ顔最高だぁ……ぶぶぢゅぢゅうるる」 双臀をぐんと持ち上げ、左右にうねくねらせ、腹部を荒く上下させて、キャバ嬢がよがり悶える。抗えぬ快感を必死で一つずつ乗り越えている。官能を貪るように味わうセフレのキャバ嬢は、凄絶に色っぽい。「くふうう、もうだめぇ、許して……大きいのが来ちゃいそう……っくぅ……」 妖しく上下する細腰を両腕でつかまえ、ほおを真っ赤にさせて、ビッチなギャルの一番敏感な陰核を吸い付けた。「あ、ああぁっ……だめえぇ~~っ……吸わないで、ああっ、イクぅっ!!」 鮮烈な快感に、キャバ嬢の細腰が跳ねた。びくんびくんとあちこちの筋肉を痙攣させている。 張り詰めていたものが崩落するような、そのアクメは凄まじく大きなものだった。「まだイケそう? 遊び足りないんでしょう? ……ナツミさんがあんまりカワイイから、意地悪したくなる……。ほら、ほら、もっとイカせるよ……」 ひくつくお○んこに言い聞かせるように囁いた僕は、唇に挟んだ細身のギャルの肉芽をくりんと甘く潰し、そのまま摘み取った。指二本をふたたびキャバ嬢のマンコに挿入させ、躊躇なくかき回す。「あ、ああ、ぐうううっ……ああ、すごい……意識が飛びそう……ああ、またくるっ……だめっ、ナツミ、イッちゃうよぉ~っ!」 ビッチなギャルのピンク色の突起をぐりぐりと揉み潰し、くにゅんとなぎ倒す。どろどろにぬかるんだオマ○コを絡めとり、ぐちゅぐちゅんと愛液と共にむきだしてやる。俺の若さに任せた暴走も、兆しきったキャバ嬢には快感でしかない。 官能に溺れるヤリモクのキャバ嬢の表情が、わなわなと唇を震わせて悲鳴を上げた。「はううううっ、イックぅ~~っ!」 白く練り上げられた蜜汁が、ドクンと膣奥から吹きこぼされた。続いたのは、かわいらしいギャルの全身にこむら返りが起きたような引き攣れ。しなやかに背筋がぐんと反らされ、虚空にブリッジを作る。細身のキャバ嬢は繊細な淫毛までを逆立てて、イキまくった。 ビッチなキャバ嬢は絶頂の余韻に身をうねらせる。秀でたおでこを脂汗で輝かせ、なす術もなく悦楽に身をゆだねている。 荒く上下するキャバ嬢の胸元がようやく落ち着くと、翼のように両手が広げられた。「ごめんねゆうきくん、私だけが気持ちよくなっちゃって……」 その腕の中に、俺は滑り込んだ。「とっても気持ちよかったよ……こ、今度は、ゆうきくんの番……。挿入れさせてあげる」「ええっ、sexさせてくれるの?」 期待していたことが現実となりはしても、どこか信じられないような思いもある。こんなにカワイイ人がいるのかと思うほどのキャバ嬢と結ばれるなんて。「ゆうきくんとならいいよ……。うううん。ほんとはゆうきくんとしたいの」
 
 言いながらもなお、スリムなギャルは悩ましげに太ももを擦り合わせている。本気で、オマンコに埋めて欲しいのだろう。「イッたばかりなのに、私、ふしだらね……」 キャバ嬢のくりっとした瞳がじっとりと潤むのは、壮絶なまでに色っぽい。 微乳のキャバ嬢の透明度の高い素肌全体が朱に染まり、ゾクゾクするほどの官能が滲み出ている。「それじゃあ。これも脱いじゃおうか?」 俺はのしかかっていた女体の上から半身を起こし、セフレのキャバ嬢の上半身からオフホワイトのニットをはぎ取った。「ゆうきくん、おねがい、はやくぅ」 純白のキャミソールも手早く脱がせると、ギャルの薄紅のブラジャーだけを身に着けたスレンダーな女体が露わとなった。 ブラジャーにやさしく包まれたギャルの微乳のおっぱいは、やや小ぶりながらも身体の線が細いせいもあって、思いがけないくらいに豊かな印象だ。「ああ、やっぱり、奈津美ちゃん、綺麗だぁ……」 呆けるようにつぶやく俺の下半身に、膝立ちしたセックスフレンドのキャバ嬢の腕が伸びてきた。 ギャルはアクメの余韻に気だるげながらも、僕を待ちきれないとばかりに腰のベルトを外し、ジーンズをずり下げてくる。「うふふ、ゆうきくんも待ちきれないでいるのね」 ジーンズの圧迫から解放された柄パンの前部分が、ぶるんと震えて飛び出していた。痛いくらいに大きく膨らませていたから、その勢いも凄まじかった。「だ、だって奈津美ちゃんが、まぶしいくらいに素敵だから……」 照れまくりながらも俺は、セフレのギャルのしなやかな背筋にその手を伸ばし、手探りでブラのホックを外した。 両腕にキャバ嬢の美肌が微かに触れるだけで、なんとも言えない心地よさにくすぐられる。「全部、脱がされちゃった……そんなに見ないでよぉ……恥・ず・か・し・いっ!」 ギャルはおどけることで、羞恥心を押し殺そうとしているのだろう。これまで俺が目にしたことがないほどの、健康的で清潔な色香が発散されていた。 Cカップ程の貧乳のバストながら、瑞々しくも初心な印象を与えてくれる。薄紅の乳暈の中、恥じらうようにヤリモクのキャバ嬢の乳首が顔を隠しているギャルには、なんともふさわしい気がした。「ゆうきくんもパンツ脱いじゃおうね」 あっけらかんと貧乳の胸を晒しながら、セフレのキャバ嬢は俺の最後の砦を?ぎ取った。 勢いよく零れ出たチ○ポが、ぶるんと震えながら天を衝いた。「お、おっきい……。ゆうきくんって、こんなに大きいんだぁ……」 熱を孕んだちんぽに、ツヤツヤのほお?をさらに紅潮させて、キャバ嬢がつぶやいた。「これがキャバ嬢の中に挿入るんだね、ゆうきくん、いいよ、して……」 スリムなギャルの膝立ちしていた女体が、すとんとお尻を絨毯につき、再び両手を開いた。キャバ嬢は両膝もM字にくつろげ、僕を妖しく誘ってくる。「お願い、ゆうきくん。奈津美を抱いて……」 僕も床にお尻を落とし、上体を前かがみにさせて女体に近づいた。 ビッチなキャバ嬢の肉体は、十二分以上に大人のおんなとして成熟していながらも、どこか初々しさを残している。セフレのキャバ嬢の微乳のオッパイへと両手を伸ばし、掌ですっぽりと覆い尽くした。「んっ……」 ぴくんと震えたものの、ヤリマンのキャバ嬢は決して拒もうとしない。むしろ胸元をややそらし気味にして、僕のやりやすいようにしてくれる。 キャバ嬢のすべやかなぺちゃぱいのオッパイは、触れてみると思った以上にやわらかかった。指先がすっと乳丘に呑みこまれていく。それでいて心地よい弾力で反発もしてくる。むぎゅっと絞れば、新鮮な果汁が滴り落ちるのではないかとさえ思われた。 恥じらうように乳暈に隠れていたセフレのキャバ嬢の乳首が、きゅっと揉み絞ると何事が起きたのかと少しだけ顔を覗かせる。「あふうっ、あ、ああん……やさしい触り方……誰に教わったの?」 キャバ嬢は朱唇をつんと尖らせて拗ねたような口調で問い詰めてくる。それでいて、セフレのキャバ嬢は答えなど求めていないことは、鈍感ぎみな俺でも判った。「ナツミさんの乳首カワイイ……。かくれんぼしているみたいだね」 櫓を漕ぐようにして両膝を動かし、さらにヤリマンのギャルとの距離を縮める。 間近にきたギャルの乳肌に顔を寄せ、小山のふもと部分からずずずずっと舐め上げた。「乳首のことはカワイイって言われるとうれしいかなぁ。気にしてるから……」 陥没した乳首の持ち主は、それにコンプレックスを抱きやすい。ぺちゃぱいのギャルもまた、それに引け目を感じていたのだろう。普段、颯爽としたヤリモクのギャルにも、こんな劣等感があることが意外だった。
 
「大丈夫、本当に可愛いから。それにほら、恥ずかしがりやな分、感じやすいってことかも……」 顔を覗かせた乳頭を、つんつんと指先で軽く突いただけで、びくびくんとビッチなキャバ嬢の女体が派手に震える。「ほら、ほら、感度抜群だぁ!」 嬉々として俺は、キャバ嬢の貧乳のバストを責めていく。 内心では、そのコールドクリームのような滑らかさに舌を巻いている。スタイルのいいキャバ嬢が好んで使うパフュームがそう連想させるのか、フルーツ系のスイーツにディープキッスしていると錯覚をしそうなほどだ。 かわいらしいキャバ嬢の左右の微乳のおっぱいのあたりを掌で擦り、ぺろぺろとソフトクリームでも舐めているように貧乳のオッパイを舐めまわした。「あああん、あ、はあぁ……」 甘く身悶えるセフレのキャバ嬢の、くびれた腰に手を添え、ぐいっと自らの側に引き付ける。小柄なキャバ嬢だからさほどの力もいらない。急接近した若槻千夏激似のキャバ嬢の女体を、俺はひょいと持ち上げ、胡坐をかいた自らの足の上に載せてしまった。「えへへっ、こんなふうにするのもいいでしょう? ラブラブって感じで……」 キャバ嬢は積極的に太ももをくつろげ、膝上に跨る。「私たちラブラブなんだぁ……」 貧乳のキャバ嬢は照れたような表情ながら、八重歯を覗かせて愛らしく微笑んでくれる。(すっごく色っぽいのに奈津美ちゃん、きゃわわゆいっ!) 高まる情感にア○ルをギュギュッと絞り、滾るチンチンを引き付ける。 先走り液がどぴゅんと吹き出し、いつでも結合可能な状態になった。「あたしからゆうきくんに跨っているのって、いけないことをするみたいで、ちょっぴりドキドキするぅ」 太ももあたりにあったヤリモクのギャルの女体が、じりじりとその位置をずらしはじめ、やがて勃起チ○ポが繊細な草むらと擦れた。 腰のくびれにあてがった掌で、微妙に位置を探る。美人のキャバ嬢も腰位置を変えさせて、粘膜同士が触れ合う部分を探っている。 ぴとっと濡れ音を聞いた気がした。 互いが腰を微妙に振り、的確にペ〇スの切っ先がおま○この中心部にくるように最終調節すると、自然に亀頭部がまんこの肉をくぐった。「んうっ、んんん……」 キャバ嬢のおまんこのきつい入口がぢゅぷぷっとちんこを呑み込んでいく。「あんんっ、大きいっ、ああ、ゆうきくんの大きいっ!」 エラ首までが生温かい粘膜に包まれると、あとはズブズブズブと呑み込まれていった。「ああ、すごい、奥まで届いちゃうっ……こんなの初めてぇ……」 ほおを紅潮させて、セックスフレンドのキャバ嬢が呻いた。 対面座位の交わりで、しかも俺は胡坐をかいているから、根元まで埋まったわけではない。それでも、小柄な若槻千夏似のキャバ嬢だから子宮近くにまで達したらしいのだ。「ナツミちゃん……」 ラブホは昔ながらの木造の建物の部屋だから、エアコンを効かせても肌寒い。にもかかわらず、僕と可愛いギャルは共に顔を真っ赤にさせ、うっすらと汗までかきはじめている。 僕は、激情とやるせなさに腰をぐんと突き上げた。本能的に両手を伸ばし、ヤリマンのキャバ嬢の瑞々しい貧乳のおっぱいを下乳からすくい取る。「あっ、待って……もう、肌が敏感になり過ぎていて……あ、ああっ」 それでも高ぶりきった僕は、むにゅにゅっとsexフレンドのキャバ嬢の微乳のオッパイへの愛撫を止めようとしない。 揉み絞るたび、悩ましい呻き声が朱唇から零れ落ちるからだ。 しかも、キャバ嬢が啼くと、肉襞が蠢くように吸い付き、いやらしくうねくりまわる。まるでマンコ全体が別の生き物であるかのように蠕動するのだ。「な、なにこれ……ち○ぽが菜摘ちゃんにくすぐられる……中で、蠢いてるよぉ」 見下ろすギャルの瞳が潤みを増し、目元を紅潮させている。激しくなったギャルの呼吸に、貧乳のオッパイが大きく波打っている。「すごいよ。菜摘ちゃんのなか、やばいくらい気持ちいい!」「ゆうきくんだってすごいよ。お腹の中にち○ぽがあるだけで、イッてしまいそうになるの。ああ、太くて、硬くて、それに熱い……」 セフレのギャルのうっとりした表情が、俺の顔に近づいた。 口角の上がった愛らしい唇が、ぶちゅっと僕の同じ器官に重ねられた。「ナツミさん、きれいだよ……」 離れゆく唇に甘く囁きかけると、うれしそうにぺちゃぱいのキャバ嬢が微笑んだ。
 
「ゆうきくんも素敵……っ」 貧乳のギャルの小作りな手指に顔を包まれ、やわらかくなぞられる。ふっくらとしたキャバ嬢の朱唇が、ほおや瞼、鼻の頭に押し当てられ、再び熱く唇に重ねられた。 その間もずっと勃起は膣襞にあやされている。細かい蠕動と収縮に、みるみる感覚をなくしていく己がチ○チン。やるせない射精衝動に、チンポが激しく疼いた。「すごく温かくって、中でうねうねして、超気持ちいい……。ち○ぽが溶けそうだ」「私も、ナツミも気持ちいいっ……。ゆうきくんが悦んでくれるのも誇らしいっ……ああ、でも、本当に大き過ぎて壊れちゃいそう……」 ちんぽのきつすぎる太さと長さに下腹部が重く痺れるのか、セフレのギャルは結合したまま太ももをモジつかせている。「ほんとうに気持ちいいっ……こんなにいいエッチ久しぶり……。ああ、奥で擦れて火がついちゃうぅ!」 キャバ嬢は悩ましく細腰を捩り、奔放に本音を聞かせてくれる。しかも、セックスフレンドのギャルは悦びが高まったのか、柔襞の蠢動がさらに大きなものとなっている。「こうしてじっとしているだけでも、性感が高まって身体が火照ってきちゃう……。ねえゆうきくん、動かしてもいい? 菜摘、もうじっとしていられない」 発情を露わにしたキャバ嬢は、もう一度僕の唇を求めてから、細腰をゆっくりと引かせた。sexフレンドのキャバ嬢は苦しげにも映る表情を浮かべながら、少しだけ腰が前後する。途端に、くちゅくちゅんと淫らがましい水音がたった。「うおっ! ちょい待ち。なつみさん、やばい。ストップ!」 あわてて俺はsexフレンドのキャバ嬢の腰のくびれに両手をあてがい、その前後運動を妨げた。「ええっ、どうしてぇ?」 ぺちゃぱいのギャルはせっかく沸き上がりかけた愉悦をあきらめるのはつらいらしい。不満そうに、若槻千夏激似のキャバ嬢が唇をつんと尖らせた。「だ、だって僕だめだっ……。めちゃくちゃよすぎて、出そうっ!」 早撃ちしそうな自分に、情けなく思いながらも悲鳴を上げずにいられない。絶え間なく襲いくる射精感に、懸命に歯を食いしばった。「いいんだよ。ゆうきくん、ナツミは一度イッてるのだし、今度はゆうきくんの番。ね、なつみの中に、全部ちょうだい」 セフレのキャバ嬢の励ますようなやさしい物言いに、僕は感動を覚えながら、こくりと大きく頷いた。満足そうに微笑みながら、キャバ嬢がゆっくりと細腰を退かせていく。「ぐはああ、いいよ。ああ、おち○ちんが蕩けていきそうだ」 自らも快楽に耽るためか、ヤリモクのキャバ嬢は亀頭のエラ首をオマンコ上部の敏感な場所に触れさせる。互いの快感がバチバチッと電撃のように弾け、一段階上の官能が押し寄せる。「あはあっ……射精してぇ……なつみのオマンコに、いっぱい中出ししてぇ……」 急速に上昇する愉悦に、パイパンのキャバ嬢のヒップの揺さぶりは我を忘れている。「うぐううっ、そ、それ、いい! 超気持ちいい!」 ビッチなキャバ嬢ははしたない尻振りを自覚してか目元を上気させている。それでも、いったん動き出した腰づかいは止まらない。ずりずりと臀肉をチ○コの根元に擦り付けるように前後させるのだ。 キャバ嬢のピチピチ肌が、太ももを滑らかに擦っていく。お○んこのあらゆる部分が、俺を悦ばせる淫具と化し、凄まじい官能がかき立てられた。「ちんこが膨れてきたっ、もう射精そうなのねっ!」 さらなる追い打ちをかけるように、キャバ嬢の艶臀が持ち上げられては沈み込むを繰り返す。「あはんっ……ああん……はああ……け、ゆうきくんっ、早くイッて……でないとパイパンのキャバ嬢……ああ、イッちゃいそう!」 セックスフレンドのキャバ嬢は俺の首にすがりつき、ぐちゅん、ぶちゅんと抽送させる。膣奥まで迎え入れたまま、セフレのキャバ嬢はずりずりと腰を練り込み、奥の奥に亀頭を擦らせる。「ぐはっ! うがあぁあああっ……菜摘さん……ああ、ビッチなギャルぉ!」「あふん、ゆうきくんのおち○ちん、すごいぃ……腰がっ、ああんっ、勝手に動いちゃうっ」 ギャルのたゆとうていた官能の堰が切れたようだ。愛らしいほおを強張らせ、キャバ嬢はセクシーによがり啼いている。「ああんっ……いいっ、気持ちいいっ!」 僕を官能に導くためのセフレのキャバ嬢の腰振りは、いつしか汲めども尽きぬ自らの愉悦を追って、その振り幅を増した。 淫蕩に細腰がひらめくと、sexフレンドのキャバ嬢の瑞々しい膨らみがぶるるんと上下する。ヤリマンのキャバ嬢のぺちゃぱいのバストに隠れていた乳首も今やツンツンに勃起して、その興奮度合いを露わにしている。「ふおぅ、はああん、ふううぅぅ」 たまらなくなった俺が、キャバ嬢の腰付きに合わせて突き上げると、ぺちゃぱいのバストはさらに大きく踊った。「スレンダーなギャルのおまんこよすぎて、僕、もうだめだあっ……」「ああ、ギャルもイクッ! もうだめ……イッちゃうぅっ!」 共同作業で絶頂へと向かう二人。せわしなく腰をぶつけ合い、男女の粘膜を擦らせている。「ゆうきくんっ!」
 
 くびれ腰にあてがった手で、キャバ嬢の軽い女体を持ち上げては落とし、ゴンゴンと子宮壁を突き破らんばかりに出入りさせる。「ああっ、イクッ……イクぅ~~うぅっ!」 セフレのギャルのやわらかな肉花ビラを巻き込み、チンコを何度も何度も嵌め倒す。凄まじいまでの快感に頭の中を真っ白にさせ、ひたすら抜き挿しを繰り返した。「なつみさんっ! イクよっ! ああ、いるっ!」 チンポを限界まで膨らませた。続いて起こる痙攣のような射精。僕が「おおう、いく!」と言いながらスレンダーなキャバ嬢のまんこの中に精液を勢いよく中出しした。ギャルの膣いっぱいにザーメンが広がると、胎内温度が急上昇した気がした。「あぅんっ! あ、熱いっ! あつい~~ぃぃっ!」 灼熱のザーメンに焼かれ、ギャルが二度目三度目のアクメに喘いでいる。激しい絶頂に晒されたギャルは、朱唇をパクパクさせて酸素を求めた。 ヤリマンのギャルの瑞々しい肉体のあちこちが、悩ましくヒクついている。しかし、俺の射精発作は、激しい興奮に晒されたせいか、なかなか止まろうとしなかった。「こんなに? あぁ、こんなにたくさん? お腹の中がいっぱいになるっ」 スペルマで子宮を満たされる感覚をギャルはそう表現した。 オルガスムスに浸り続ける微乳のキャバ嬢に、俺は熱っぽくぺちゃぱいの胸を弄びながら、うっとりと見惚れていた。
 
出会い系サイトハピメでのセフレのキャバ嬢とのタダマンsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




















































 
今回若槻千夏似のキャバ嬢と今からすぐただまんエッチ出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハピメを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即セックスさせてくれるかわゆい女と出会ってセフレにしてただまんエッチできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出会い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体的に解説していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメール、PCMAXに次いで3番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


 

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【PCMAX体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【PCMAXセフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【PCMAXやれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【PCMAXセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【PCMAXヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【PCMAX体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【PCMAXハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【PCMAXヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【PCMAXやれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【PCMAXセフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.