deaikeitaiken_novel

【PCMAXやれる】欲求不満の貧乳主婦と不倫中出しsex

投稿日:

 


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人はあいわらず出合い系アプリで奇麗な女の子をsexフレンドにして、はめどりsexに励んでいます\(*T▽T*)/
 
さて、今回は即日即ハメできる違法でないであいけいSNSのPCMAXで出会った貧乳の専業主婦と東京都板橋区で会ってセフレにしていますぐオフパコエッチをしてきたのですが、ハメどり写メが沢山撮れましたのでレポします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系コミュニティのピーシーマックスで出会った女の子は主婦で、名前はまいちゃんといいすごく美人でした(^0^)
 
美人妻の舞ちゃんとは、出会い系コミュニティのPCMAXで知り合ってLINEでやり取りした後、成増駅近辺の高級個室居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってタダマンエッチをしました。
 
週末の朝、僕は奥様に会うために車で出かけた。土曜日の朝は渋滞もなく予定通りに到着しそうだ。待ち合わせ場所の東京都板橋区成増駅前まで1時間程度かかるため、途中にメールで到着時間を知らせた。 待ち合わせ場所の東京都板橋区成増駅前のコンビニの駐車場には、予定より10分早く到着した。可愛らしい主婦に着いたとメールすると、コンビニの中から出てきた。店の中で待っていたらしい。彼女は、エコバッグを持って車の助手席を開けて座った。「おはよう!今朝は早くからお弁当を作っちゃった。ほら!」清純な美人妻は人懐っこい笑顔でエコバックに入ったタッパを自慢気に見せる。「土曜日の朝から、弁当を作ったりして家族に変に思われなかった?」「今日は、子供は部活があるから弁当作てたら喜んでたよ。旦那には、ショッピングに行くといって出てきてるから大丈夫。ホテルで一緒に食べようよ」
 
彼女はトレーナーにGパンというラフな格好だが、引き締まった身体にはよく似あっていた。彼女はショートカットのヘアスタイルで、パッチリした瞳で良く笑う明るい専業主婦だ。セフレの奥さまが、いざエッチになると淫乱なほど乱れ、満足するまで求めてくるとは誰も想像しないだろうなと俺は思った。 東京都板橋区成増駅周辺のいつものラブホテルに車を走らせた。この近くには数件のラブホがあるが、主婦はここが一番のお気に入りらしい。このラブホは、外観がマンションのような造りで、明るいピロティーで部屋を選ぶ形式だ。ピロティーを抜けると広い廊下の両方に各部屋がある。内装も派手さはなく、普通のマンションのような趣だ。窓もカーテンが明けてあり自然光が部屋に差し込み家のリビングの雰囲気になっている。値段がリーズナブルなのも、ゆうきには有難い。 部屋に入ると、主婦は直ぐに浴室に入った。ゆうきは一緒にお風呂に入って、イチャイチャしたりするのが好きなのだが、主婦は一緒に入るのは嫌だと言っていた。以前に誘ったが「一緒に入るのは絶対に嫌、子供の頃に親と入ってからは誰とも一緒に入ったことは無いよ。」と拒否された。
 
夫とも一緒に入ったことは無い様だ。人妻の舞ちゃんが浴室から出てくるまで、手持ち無沙汰なおれは、テレビを付ける。以前にAVでも観ると盛り上がるかなと、アダルトビデオにした事があるが、浴室から出てきたアラサーの奥さんが呆れたような顔をして、TVチャンネルを変更したので、AVも好きでは無いようだった。 暫くして、人妻がバスタオルを体に巻いて出てきた。長身の主婦のまいちゃんは、バスタオルを巻いても下半身はかろうじて茂みが隠れている程度のきわどい恰好になっていた。奥様のまいちゃんは手足が長く、ウェストは引き締まっているが、下半身はボリュームがある。特に太ももは筋肉質で逞しく重厚だった。 入れ替わりに、ゆうきが浴室に入る。ラブホテルの広い浴室は、一人で入るのには寂しさを感じる。無香料のボディーソープで体を洗って急いで浴室からでると、窓のカーテンが閉められて、薄暗くなっていた。美人妻の麻衣ちゃんはベッドのシーツの中で背中を向けて横たわっている。 おれは、腰に巻いていたバスタオルを取り、かわいい奥様の背後にすり寄った。後ろから軽く抱きしめる。彼女の体は女性の柔らかさよりも、筋肉の逞しさを感じる。ぼくは既に硬く反り返っているチ○チンを、背後から尻の谷間に当てた。ひんやりとした尻が、ちん○んに伝わり気持ち良い。
 
背中にキスをしながら、掌で触るか触らないかの加減で愛撫をする。「うーーん」主婦のマイちゃんはかすかな声を発した。唇で背中を触れて、舌で背中を舐める。徐々に下に移動してゆく。かぶさったシーツが邪魔なのでシーツをはぐり取る。うつ伏せのセフレの主婦の背中、引き締まったウエスト、豊かなヒップ、スラリと伸びた脚が露になった。太ももはボリュームがあり豊かなヒップを支えるには充分なバランスを保っている。バレーボールで鍛えられた下半身は力つよく、彼女の体力を象徴するようにも見えた。細い女性には無い、健康的な裸体はエロチズムに溢れていた。 僕は彼女の身体にキスをしながら舌先で愛撫する。尻の谷間に顔を埋めて、内腿を舐めると「うーん…ああーん」と声を出し始め、少しずつ足を開いてきた。中心部は後回しにして、足先に移動し、ふくらはぎ、膝の裏へと順次舌を這わす。舌の愛撫と同時に足の裏に掌を合わすと彼女がビクンと反応して「あん…気持ちいいよ…あーん」甘えるような、切ない声が聞こえてきた。再び尻の割れ目に舌を這わせるころには、内股は汗ばんで、甘いフェロモンが発せられていた。ヒップの谷間に手を入れると、既に湿っていた。 僕は、若妻を仰向けにしてキスをした。唇を合わせると、すぐに清純な奥さんの舌が口に差し込まれてきた。セフレの奥様の舌は生き物の様に動いた。お互いの唾液を混ぜるように舌を絡める。ぼくは胸に手を伸ばして優しく揉んだ。
 
先端の突起を指先で触ると、既に硬く尖っている。「んーーんーーー」専業主婦は鼻を鳴らしながら、舌を激しく動かす。唇を離し、かわいらしい若妻の乳房を口に含んだ。上気した肌からは、甘い体臭が鼻孔を刺激する。奥さまのバストは、大きくはないが、形もよく、乳首も綺麗だ。乳輪は小さく乳首がツンと突き出ている。その尖った乳首がセフレの美人妻のエロさを象徴しているようでもあった。僕は乳首を口に含み、舌で転がす。「ああーん、気持ちいい…ねぇ…もっと吸って、優しく噛んでぇ」ぼくは貧乳の奥さんが言う通りに、吸って歯を当てて甘噛みをする。人妻のマイちゃんの乳首はちんちんの様に大きく硬く腫れてきた。「あああー…乳首が感じるーもっと強く噛んでぇー」双方の胸を揉みながら、交互に乳首を吸い、舐めて、噛んで、舐めるを繰り返した。 ぼくの舌は、徐々に下半身へと降りていく。へその周りを舐め、ザラザラとした濃い茂みも舌で舐めまわす。内ももの外側から徐々に、敏感な部分へと近づく。セフレの美人妻の茂みは密林の様に茂り、剛毛が肛門近くまで生えている。小陰唇は、アーモンド色をして薔薇の花びらのように開き、膣口からは、大量のマン汁が流れていた。人妻の麻衣さんのお○んこのの上部にはピンク色をした真珠が顔を出している。 セックスレスの主婦は、あどけない顔をしているのに、マンコは卑猥だった。性器からはヨーグルトに似た、酸味を帯びた香りを発している。ぼくは薔薇の花びらを舐め、膣口に舌先を差し込む。愛液をたっぷり含んだ舌先で、ピンク色の真珠を舐めた。
 
セックスレスの主婦は一瞬体を震わせて、おれの頭を押さえてきた。「あああーーー…そこよ…気持ちいい…ああーん…いいー」キュートな奥さまはゆうきの髪の毛をかき乱して、もっと舐めるように催促し、腰を動かし始めた。セフレの人妻がぼくの頭を強く引き付けるので、鼻と小陰唇が密着して呼吸が苦しくなってきた。それでも、ぼくはクンニを続ける。一度スイッチが入ると快感に貪欲な人妻だった。「あああー気もちいいよー…ねぇ…指を入れてぇー…指を入れて中をかき回して…」おれは、いわれるままに、陰核を舐めながら中指を膣口に挿入した。クリの裏にあるGスポットを指先で刺激する。「あぅぅぅー…すごい…ああーー」彼女の声は一段と大きくなった。さらに膣の奥に指を伸ばして探るように指を動かす。奥のザラッした部分に触れた瞬間、色っぽい主婦が激しい反応をした。「あっ、あーー、今凄い気持ちいいところに当たった、ああーもっとしてー…ああー」僕は、中指を一旦引き抜き、中指と薬指の二本で先程のポイントを刺激する。「ううっ…あっあっ…そこすごい気持ちいい…はああーん…いきそう」さらに指を奥深く挿入すると、指先がコリコリした物に当たる。感じて子宮が降りてきたみたいだ。こりこりした部分を、指先で触ると「はああー奥気持ちいい…あっあっ…だめ…いちゃう…うううーイクッ、イクッ」彼女は体を痙攣させながら、頭を枕に沈める。ゆうきは指二本を出し入れし始めた。「はぁはぁー、気持ちいい、ふぁあああー、いちゃったから、ついちゃダメーああー」専業主婦の麻衣ちゃんの身体が再び大きく痙攣して、ぐったりと力が抜けた。おれがゆっくりと指をぬくと、指はふやける程にマン汁で濡れていた。 貧乳の主婦は、「はぁはぁ…」と肩で息をしながらも、俺のちんぽを握り締めて無邪気に笑った。俺はこの無邪気な笑顔の奥にどれだけエロさが隠されているのだろうと思った。若妻の舞さんは、チンチンの亀頭を丁寧に舐め始める。
 
「あっ…ううう…おおおー」彼女にかり首の裏を舌先でなどるように舐められると、ゆうきも、ビクンと反応し思わず声をあげてしまった。次に、尿道口に舌先を差し込むように舐めてきた。敏感な先端を舐められて、おれの腰はビクンビクンと波打つ。チン○ンの尿道口から、我慢汁があふれているはずだ。しかし、今はsexフレンドの主婦の唾液が混じっておちん○ん全体がドロドロになっている。綺麗な奥さんは音を立てて反り返ったチ○チンを吸い始めた。喉奥いっぱい迄咥え、吸いながら亀頭まで引き抜く。引き抜くときに、かりは唇で引っ掛けられる。唾液にまみれたフ○ラは、気持ちよすぎて、俺はたまらず声を出してしまった。フェラ○オだと滅多に射精しない僕だが、こんな快感で一方的に攻められたら不本意に射精させられてしまいそうだった。なんとか反撃したくて欲求不満な人妻に声をかける。「気持ちいいから、いっしょに舐めっこしよう。」頷いたスタイル抜群の主婦は、フェラ○オをしたままで、僕をまたがってくる。目のまえに再び、濡れた膣口が迫ってくる。長身の奥様のまいさんがシックスナイン(69)の体勢をとると、陰核が丁度舌先にくる。肉芽を舐めるには丁度いいのだが、主婦のまいさんが腰を降ろすと鼻が小陰唇で埋まってしまった。これでは息ができない。僕は顔と太ももの間に両手を差し込み、若妻の腰を持ち上て呼吸出来る隙間を確保した。しかし豊満な太ももに挟まれてしまったため、身動きが取れない。俺は、人妻のクリちゃんだけでなくオマ○コをところかまわず舐めまわした。
 
暫くすると、人妻はおちん○んを吐き出して喘ぎ声を出し始める。「はぁ、はぁぁぁー…あっあっ…もうだめ…欲しい…おちんちんを入れて」太ももの拘束から解放されたゆうきの顔面は分泌液で、ねちゃねちゃになっていた。 仰向けになった貧乳の人妻の両脚を開き、正常位で挿入する。激カワの美人妻は生理不順のために日頃からピルを飲んでいるから中に出しても大丈夫だと最初のエッチで言われている。膣口にチン○ンをあてて、ゆっくりと挿入すると、膣壁を押し広げながらズズズーと入っていく。膣の中は滑らかで柔らかい。奥まで挿入すると、美人妻の麻衣さんは顎を突き出して口を半開きにしながら、両腕でシーツを掴んでいた。「あああー、気持ちいい…あっ、奥、奥が気持ちいい、さっきいっぱいいちゃったから、凄く気持ちいいー、あううー…これ気持ちいいー」ゆうきは、ゆっくりと腰を動かし抽挿を始めた。人妻の麻衣ちゃんは僕をきつく抱きしめながら歓喜の声をあげ続ける。「はぁぁー気持ちいい…ああーん・・・もっと動いて…ああーとけちゃいそう」ゆうきは抽挿の速度を速める。膣の中がギュウーと締まってくるのを感じた。「ああー、中で大きくなってるー奥、奥…気持ちいいー」膣が収縮して締まっているので、オチ○チンが大きくなると感じるらしい。「あああーいきそう、はあーっあっ、いく、いく」美人妻の抱きしめる力がさらに強くなる。
 
セックスレスの若妻が絶頂に近付いた時に、人妻の麻衣さんの腰が上下に激しく動き出した。その動きは、僕の腰の動きより速く激しくなる。俺は奇麗な若妻の腰の動きにあわせるために、さらに早く動く必要があった。主婦のまいさんはさらに腰を激しく大きく動かし、僕を浮かせるほどになる。正常位なのにこれではどちらがリードしているのか判らない。おれは、汗を細身の主婦の胸に落としながら、激しく動く彼女の腰の動きに合わせて懸命に腰を振る。「はぁはぁ…うっ…ううう」僕は専業主婦の舞ちゃんの激しい腰の動きで急激な射精感に襲われた。おれの射精が近い事を感じとった彼女は、「中に出してー…中に…あっあっ…いく、いくー」叫ぶような声でぼくの射精をうながす。俺は腰がしびれるような快感が訪れて、限界をむかえる。「はぁはぁ…ううー…おおおー、イクッ…おおおー」僕は雄叫びをあげて力強く射精した。射精は一度では収まらず、二度三度と繰り返される。膣孔は、セーシを絞り出すかのように、収縮を繰り返した。 射精を終えたぼくは力尽きて微乳の主婦の胸に崩れ落ちる。彼女も汗が噴出していて息も荒い。しかし奥さまは、俺の背中に回された腕を強く抱きしめたままだ。僕はまだ、解放を許しては貰えなかった。さらに人妻のマイさんはぼくの腰に足を回して固めてくる。一回の射精では許さないと強くホールドされてしまった。おれは、息を整えながら、ゆっくりと再び抽挿の再始動を試みる。お○んちんはまだ固さを保っている。
 
膣の中は、滑らかで殆ど抵抗が感じられなかった。蜜液とセーシが混ざって、滑りがよくなっているのだろう。快感を得る目的ならば、物足りないが、射精した直後の敏感なチン○ンを回復させるには塩梅が良かった。しかし、安心できたのもつかの間だった。抽挿を繰り返して、チ○ポが力強く復活すると、膣内は痛い位に締まってきた。「あっ、あっ…いいー…もっともっと」若妻の麻衣ちゃんは、貪欲に快感を求め激しく腰を動かし始めた。こうなると、もう俺のペースではない、膣壁がお○んちんを締め付けて、強制的に射精に導かれてしまう。「あああーいくーまたいっちゃうー」奥さんのマイさんの腰の動きは又、速度を速めてくる。俺に二度目の射精感が訪れた。「うあああー、だめ、また出る、うっ…ううー」腰の奥がしびれて、精子がほとばしる。ゆうきはお○んちんを美人妻のマイちゃんのマ○コの奥深く打込み、子宮めがけて射精した。苦しいほどの快感が腰から頭を突き抜けた。俺もう限界とばかり、崩れ落ちて彼女の横で仰向けに倒れた。ぼんやりした頭のなかで、抜かずの二発なんて何十年ぶりだろう。この歳でも意外と出来るものだなと自画自賛していた。二人とも荒い息使いの中で言葉が発せられない。少し休むと息も落ち着いたので、後戯のつもりで主婦の乳首を吸った。乳首は汗でしょっぱくなっていた。「ううーん…気持ちよかったぁー。おれ、元気だねっ!」「彼女のおかげです。(笑)」ゆうきはセフレの奥さまに意地悪するつもりで、乳首を強くすったり、舐めたりした。美人妻の舞さんの股間に手を伸ばす。セックスフレンドの主婦のマンコは、ぬめり汁と白濁液が混じりヌルヌルになっていた。クリちゃんの周りを掌で覆い円運動で刺激をした。
 
しかし、これが再び奥さんの舞ちゃんに火を着けてしまった。「ああーん、だめぇー…今敏感になってるからだめぇー…あぅううー」清楚な若妻も、ゆうきの股間に手を伸ばして、しなだれたちん○んを指で触ってきた。柔らかなおちん○んを手にすると、上体を起こして、ゆうきのチ○チンを咥える。「えっ!ダメだよ、今いったばかりだから、敏感になってる。ちょっと待ってぇ」「うふふ…さっきのお返しよ」30代の美人妻は、二度の射精で、汚れているはずのお○んちんをためらいも無く咥え、しゃぶり始めた。まだ敏感な亀頭や、尿道口を舌で刺激されると、快感を通り過ぎて苦しい。「うううーダメだって…もう本当にだめ。ギブアップするから許して」「うふふ…じゃぁ、許してあげる。シャワーしてくるねっ」専業主婦はザー○ンで濡れたチ○ポをティッシュで拭くことも無く、ベッドから浴室に向かった。ベッドに一人残されたぼくが、寝返りをすると、シーツが汗で冷たくなっていた。ベッドの中央は、先程の激しさを語るかのように濡れ滲みが広がっている。シーツが少しでも早く乾くように、乱れた掛け布団をベッドの足元に折りたたむ。俺のおち○ちんはだらしなくうなだれている。いつまでも裸なのはみっともないので、腰にバスタオルを巻いて清純な美人妻が浴室から出てくるのをまった。セフレの若妻を追って浴室に入ろうかとも思ったが、機嫌をそこねる可能性があるので諦めた。専業主婦の舞さんと入れ替わりに浴室に入った。顔は彼女の蜜だらけで、髪の毛も汗で濡れていた。
 
全身を洗い、シャンプーをしてゆっくりと湯舟に浸かった。太ももと、背筋に筋肉疲労を感じる。バスローブを着て歯磨きをし、部屋に戻るとカーテンが明けられ、明るい部屋に戻っていた。ソファーの前テーブルには、若妻の手作り弁当と、コンビニで買ったペットボトルのお茶が置いてあった。「お昼ご飯にしようよ。お腹すいちゃった」若妻のマイさんの手作り弁当は、卵焼き、唐揚げ、エビフライ、おむすび、といったごく普通の弁当だった。でも朝から、唐揚げとか手間だったと思う。いつもはラブホのフードサービスで昼食をとっていたのに今日は、何故わざわざ手間のかかる手作り弁当にしたのだろうか不思議だった。「急にお弁当とか、どうしたのかな?」「たまにはいいでしょう。本当は外で食べたかったんだけど、そうすると時間がもったいないし、俺が帰るのが遅くなるといけないから、ここで食べることにしたんだ。」「ありがとう。美味しそうだね。お腹空いた。食べよう」弁当の味は、普通だったが、少し量が多かった。残すと悪いと思って全部平らげる。食べ終わり、もう一度歯磨きをして、ベッドで横になると、運動後の満腹感で眠くなった。それから僕は一時間位眠ってしまったようだ。目を覚ますとバスローブを着たsexフレンドの主婦が横で寝息をたてていた。主婦の寝顔は、初めて見る。殆ど化粧も落ちてスッピンで、あどけない寝顔だ。こうして寝顔を見ていると、奥さんのマイさんがとても激しいセックスをする女性には見えない。ぼくは、清楚な主婦のそっとバスローブの紐をほどき、乳房に手を添えた。
 
反応がないので、胸元を広げて、乳首を口に含む。「ううーん」三十路の専業主婦は少し反応して声を出すが、目が覚めているのか判らない。ぼくは下半身に手をのばして、彼女の性器に手を添えた。膣は乾き小陰唇は閉ざさえていた。陰核全体を掌で縁を描くように愛撫をする。「うーん……あっ…」貧乳の若妻から声が漏れ始めた。おそらく目は覚めたのだろうが、快感に集中しようとしているのだろう。乳首を舌で転がしながら、下半身の円運動を続ける。指先で膣口を触ると、かすかに湿ってきている。指先を湿らせて、肉芽を優しくなぞる。「ああーん…うーん」欲求不満な専業主婦は甘えたような声を発して、キスを求めてきた。舌を絡めながら、クリトリスの愛撫を続けると、大量の蜜があふれ出してきた。お互いのバスローブを脱ぎ捨て抱き合うと、屹立したちんちんがスレンダーな奥さまの下腹部に当たる。チンチンで奥様のマイちゃんの性器を軽く刺激すると、スレンダーな若妻は腰の位置を微調整した。ち○ちんは吸い込まれるようにマンコに吸収された。「ああーん、気持ちいい」スレンダーな若妻はゆうきの首に手を回してきた。ゆうきは腰をゆっくり動かし、膣奥を刺激する。「あっ、奥にあたるー…奥気持ちいい…はああーん」ゆうきは抽挿の速度を徐々に速める。暫くすると、ふくらはぎに違和感を感じた。「あっ、やばい…脚がつりそう」動きを停めて、仰向けに横たわった。「大丈夫?」かわいい主婦が心配そうに声をかけてきた。「ごめん。少し休むと大丈夫だと思う」「さっき、いっぱい動いたからだね。そのまま少し休んでていいよ」彼女はそう言いながら、天井に向けてそそり立ったお○んちんを、手にとりフェラを始めた。今迄とは違って、優しくいたわるようなフェ○チオだった。僕は目をつむりちんこの快感に集中した。「うふっ、こっちは元気だね。今度は私が上になってあげるね」奥さまは、俺をまたいで、直立したオチンチンを静かに沈めた。「ああー…気持ちいい…ゆうきのち○こ気持ちいいよ」
 
彼女は、クリトリスをゆうきの股間で擦るように前後に動き始める。「あっ、あっ、あっ…」自分の動きに合わせて、スタッカートで声をあげる。やがて、自身の手で胸を揉み始めた。それは、自身のみだらな姿を僕に魅せているかのようだ。おれは堪らなくなり、貧乳の美人妻のオッパイに伸ばした。乳首を指でつねるように挟んだ。「ああー…感じるーもっと強くつねって」ゆうきは、痛いのではないかと思う程の力で乳首をつねる。「あーん…気持ちいいー…もっと強くつねってー」かなり強めに押しつぶしたつもりだった。人妻のまいちゃんは乳首を強く刺激されるのが好きだったんだと初めて知った。しかし、おれにはこれ以上強く押しつぶす事は出来なかった。これ以上力を入れると乳首がつぶれてしまうかもしれないと思ったからだ。若妻のマイちゃんの腰の動きは前後から上下に変わってきた。チンチンが膣に出入りしているのが見える。ゆうきは美人妻のまいさんの腰の動きを援助するように、下から動かし始めた。腰を突き上げると、ちんぽは奥様の舞さんの最深部に刺さる。「あああー…すごい…あああー」美人の若妻はショートカットの髪を振りながら乱れた。バランスを取るために、ゆうきは美人妻のまいさんの両手を握り、激しくしたから突き上げる。「あううー…いくっ、いくっ…あああああー」彼女は絶頂に達して、ぼくの胸に倒れ込んできた。ぼくは目のまえの乳首を唇で咥えて、強くつぶした。「ああーん、それ気持ちいいー」
 
やはり、乳首を強くつぶされるのが感じるらしい。ぼくは、sexフレンドの若妻を開脚させて上体を起こす。対面座位の姿勢を取った。この姿勢は、男は動きにくいがチ○ポが膣の奥まで挿入出来る。「ああー奥にあたるー…これ凄い…気持ちいい」人妻は対面座位は初めてのようだったが、おれが奥さんの尻を抱えて上下に動かすと、背中にしがみ付いて体ごと上下に動き始めた。背の高い微乳の奥様の対面座位は重量感があった。ゆっさゆっさと動くと、ベッドのスプリングも深く沈む。跳ね上がる動きにも勢いがあった。「ああー…またいっちゃううー…あああー」セックスレスの人妻は俺の肩を強く抱いて動けなくなった。騎乗位~対面座位と動き続けたから、人妻の麻衣さんは疲れたようだ。逆に体力が回復した僕は、すかさず奥さまのまいさんの背後に回って後ろから貫いた。「あああー…おおおー…だめー…またいっちゃうから…あー」俺は、人妻の腰を両手で押さえて、根本まで挿入しては、切先まで引き抜く、長いストロークで美人妻の舞さんを攻めた。きれいな主婦の背中は、背筋が盛り上がり、一般女性にない逞しいエロチズムがある。徐々にピストン運動の速度を増す。腰と尻があたり、パンパンパンとリズミカルな音が響いている。「あああーああー…すごい、すごい、はあぁぁーはあああー」美人妻は叫ぶような声を張り上げている。ゆうきも遂に三度目の射精感が訪れた。「はうーうううー」僕は腰を突き出して、残ったザ○メンと精力全てを膣奥に吐き出した。
 
彼女も背中を震わせながら反り返る。「あああーイグッ、イグッゥゥーはあぁぁー・・・あっ・・・・あっ」ぼくが腰から手を離すと、若妻のまいさんは崩れ落ちた。ぼくも若妻の背中に覆いかぶさるように崩れる。美形の若妻に体重がかからないように自分の体重を支えるのが精いっぱいだった。セフレの若妻とおれは暫く二人共動けなくなり「はぁはぁ」という息だけが聞こえた。 暫く休んでから、順番にシャワーを浴びた。時間は17時になろうとしていた。帰りは渋滞もあるだろうから、そろそろ帰らないといけない。彼女も夕飯の準備とかもあるだろう。「もう帰らなくちゃね」先に言いだしたのは、彼女だった。彼女を待ち合せをいたコンビニ迄送った。おれはコンビニに入って、コンビニのスイーツを六個買って人妻のマイさんに渡した。「お弁当のお礼だよ。家に持って帰って家族で食べてよ」「うわーありがとう。僕って優しいから好き!」駐車場で別れて帰路に車を走らせた。今回も、精根尽き果てるようなエッチだった。しかし、何故かぼくの心中は虚しかった。セックスレスの若妻は好色でセックスフレンドには最適だと思う。しかも、可愛くて魅力的だ。しかし俺にとって、エッチを楽しむだけの都合の良い相手でしかなかった。お互い同意とはいえ、今の関係をこのまま続けるのは若妻のマイさんに申し訳ないような気がしてきた。やっぱり人妻との関係は1回限りで終わりにしようと考えながら車を走らせた。
 
出会い系サイトPCマックスでの清楚な奥さんとのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓









































 
なおPCMAXを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチさせてくれるキュートな女性と出会ってsexフレンドにして即ハメエッチできませんので、PCMAXに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCマックスのような出合い系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますので見てください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

 
 

セフレと今すぐSEXできるおすすめ出会い系ランキング

ハッピーメール

ハッピーメール

ハッピーメールは今すぐsexできる巨乳の女がたくさん登録している日本最大級のの出会い系です。累計登録数は2000万人を超え、男女比率が6:4~7:3位と女子の比率が高めなので、初心者でも即出会い即セックスできる激カワの女の子に出会えてセフレにしてすぐsexできます。実際僕の経験でも概ね登録して数日くらいでかわいい女性とセックスできますし、実際自分も数多くある出会い系の中で、ハピメが一番セックスやらせてくれるエロい女の子に出会えていますので、即やりSEXしたい方はハピメは必須の出会い系です。


Jメール

Jメール

Jメールは女性会員を積極的に集めている出会い系で、軽い気持ちで登録する激カワの女子も多いので、すぐセックスさせてくれるヤリマンの女性が多くいる出会系サイトとして有名です。僕の体感では、Jメールは激カワの女子に出会える確率はハッピーメールに次いで2番手というところですが、女性会員は多い割に男性会員が少なめで穴場の出会い系アプリなので、今すぐsexできるかわいい女の子をセフレにして即はめsexしたいなら登録しなきゃ損する出会い系サイトです。


PCMAX

pcmax

PCMAXはエッチしたい可愛い女がいっぱい登録している日本最大級の出会い系サイトです。累計登録数は1400万人を超え、また女性会員がたくさん登録しているので、SEXしたいエロい女に出会えてセフレにしてすぐSEXできます。僕の経験ではピーシーマックスは出会ってSEXできる確率も高く、PCMAXでsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い出会い系です。

出会い系でのセフレとのハメ撮りsex体験談【ハメ撮り画像あり】

僕の出会い系サイトでのセフレとのセックス体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。

⇒【ハッピーメール体験談】有村架純似の読者モデルと今すぐsex


⇒【出会い系体験談】筧美和子似の巨乳グラビアアイドルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】加藤綾子似の美人女子アナと中出しセックス


⇒【出会い系セフレ】広瀬すず似のロリ爆乳女子大生と中出しsex


⇒【ハッピーメールハメ撮り】川口春奈似の美人フリーターとセックス


⇒【ハッピーメールやれる】みちょぱ似のパイパンギャルとセックス


⇒【出会い系やれる】セフレのセックスレスの美熟女と中出しsex


⇒【ハッピーメールセフレ】秋元真夏似の処女のロリアイドルとセックス


⇒【Jメールセフレ】矢口真里似のヤリマン保母とオフパコsex


⇒【ハッピーメールヤリモク】指原莉乃似のナースと中出しセックス


⇒【出会い系ヤリモク】石原さとみ似の激カワ売り子と中出しsex


⇒【ハッピーメール体験談】欲求不満の新婚若妻と不倫sexで中出し


⇒【出会い系体験談】深田恭子似の主婦と不倫セックスで無許可中出し


⇒【ハッピーメールハメ撮り】吉岡里帆似の公務員と中出しSEX


⇒【Jメールハメ撮り】若槻千夏似のセフレのギャルと中出しセックス


⇒【ハッピーメールヤリモク】宇賀なつみ似の清楚な受付嬢と中出しsex


⇒【出会い系ヤリモク】ゆきぽよ似のキャバ嬢と中出しセックス


⇒【ハッピーメールやれる】橋本環奈似のロリのリケジョと処女喪失sex


⇒【出会い系やれる】西野七瀬似のセフレの婦人警官と中出しセックス


⇒【ハッピーメールセフレ】磯山さやか似のぽちゃの生保レディとsex


⇒【出会い系セフレ】トリンドル玲奈似のシンママと中出しセックス


⇒【ハッピーメール体験談】桐谷美玲似の清楚な美人妻と不倫sex

-deaikeitaiken_novel
-, ,

Copyright© 出会い系でセフレと今すぐSEXヤレた体験談【ハメ撮り画像あり】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.